VMware
Read Success Stories from:
Filtered by Language:

Results 41-60 of 85   |   Previous 1 2 3 4 5 Next
Sorted by Date or Alphabetically


Japanese

株式会社JSOL (JSOL)

 

VMware vCenter Operations Managerにより仮想環境全体の可視化を実現。少人数による大規模な仮想環境の運用・管理が可能に。(new-jp)

仮想環境全体の状態がわからなければ、障害時の原因の追究や影響範囲の把握はできません。仮想環境全体を俯瞰して見ることができる運用ツールが必要でした。vCenter Operations Manager のデモを見たとき、これで改善できると確信しました。

株式会社JSOL アウトソーシングサービス本部 川邊 哲也 氏

三井住友アセットマネジメント株式会社 (SMAM)

 

VMware vCenter Site Recovery Managerにより、BCP 環境の実効性を向上。Disaster Recovery サイトへの切り替え時間を1週間から1日に短縮

以前から災害対策用サーバは設置していましたが、実効性という意味で問題がありました。東日本大震災をきっかけにBCP環境の実効性を強く求める声が経営層からも挙がり、SRMを導入することで災害対策として本当に有効な仕組みを確立しようということになりました(new-jp)

三井住友アセットマネジメント株式会社 事務システム戦略部長 松島 士郎 氏

株式会社GABA (GABA)

 

VMwareによるサーバ統合でサーバ台数を80台から5台に削減。運用コストを50% 削減し、新規サービスにも迅速な対応を実現。 (new-jp)

会社にとってまず最も重要なメリットとなるものとして、会社としても高く評価することになるのは、コストメリットです。運用コストの50% を削減したと言っても差し支えないでしょう。

株式会社GABA IT 部門 インフラストラクチャー課 シニア・マネージャー ニャナデバ クラカニカ 氏

株式会社 日立システムズ (Hitachi Systems)

 

4つのデータセンターに展開される仮想環境をVMware vCenter™ Operations Managerで統合管理
運用効率の向上で2,000台規模のVM管理が可能に (new-jp)

「複数のデータセンターそれぞれに仮想化のエキスパートが配置される中、運用のノウハウやサービスについて、最も上位のレベルに合わせた平準化が図れるようになった点は大きな成果です」

株式会社 日立システムズ クラウド・DC事業グループ アウトソーシングセンタ事業部 第一運用本部
統括運用基盤管理部 第1グループ 主任技師 関谷 龍太郎 氏

学校法人東京電機大学 (TDU)

 

今まで物理環境で稼働していた3D(三次元) CADなど高画質・高性能アプリケーションをVMware View 5の画面転送プロトコルであるPCoIP®を通じてすべて利用可能です。また、仮想デスクトップにはパソコン教室以外でもアクセスでき、学生はいつでもどこでも、自分のPCを使って学ぶことができるようになりました。(new-jp)

データセンターにアプリケーションを置き、ネットワークを介して、シンクライアントを使うために仮想デスクトップの検証を開始しました。そこで、アプリケーションを細かく検証したのですが、特に3D描写の部分がネックになって、条件を満たすものになかなかたどり着けませんでした。1 年近くかけた検討の結果、最終的に画面転送プロトコル『PCoIP』を採用している『VMware View 5』であれば、 満足する形で使えることが分かりました。

SGシステム株式会社( SG Systems co.,Ltd. )

 

プライベートクラウド構築から、VMware vCloudで外部環境も使い始めるクラウドコネクトへ。 (new-jp)

佐川急便を始めとする我々の物流に関するノウハウを外に向かって発信する環境作りを去年から始めて、今回VMware vCloudで外の環境も使い始めるクラウドコネクトが必要となってきました。VMwareを選んだのは、24時間365日可動に耐えられるサポートがあること、管理画面が分かりやすくメンテナンス性に優れていたことです。

楽天株式会社 ( Rakuten, Inc. )

 

Cloud FoundryベースのPaaSプライベートクラウドを採用。 (new-jp)

PaaSのシステムを作るにあたって、色々な製品を評価しましたが、Cloud Foundryがオープンソースであることが決め手になりました。すべてが公開され我々のやり方にシステムをフィットできること、アーキテクチャーが洗練されていて拡張性が高いこと、IaaSと完全に分離されニーズに応じて基盤を自由に選択できること、対応言語の多さと拡張性を高く評価しています。

HOYA株式会社 (HOYA)

 

SAP の運用コストが 75% 削減され、ビジネスの俊敏性が向上したことで多角的な経営拡大が可能になり、より堅牢なディザスタ リカバリを導入するための基盤が整いました。さらに、株式会社クニエが運用するクラウド環境において、利用分のみを支払う ITaaS (サービスとしての IT) モデルに移行することで、設備投資コストが不要になり、一部使用量に応じた課金方式により柔軟性が向上しました。(new-jp)

私たちは 8 つの本番システムの同時移行を達成することができました。リスクが高いと思われるかもしれませんが、VMware のソフトウェアは安定性に優れており、SAP 社も VMware を完全にサポートしています。仮想化を行わなかった場合、かえってリスクが高かったのではないかと考えられます

横手市(Yokote City)

 

秋田県横手市が日立システムズ、デル、ヴイエムウェアによる仮想化基盤を総合行政情報システムの IT 基盤に採用 50 台以上のサーバと 600 台のデスクトップ PC を、仮想サーバ 10 台に統合することで、 設置スペースを1/9 に削減、効率的な電力利用による節電環境を実現 (new-jp)

総務省のガイドラインにおいて、専用ネットワークでの利用が義務付けられている「住民情報システム」の接続用のデスクトップ環境として、同じ仮想化基盤上にVMware Viewを導入し、仮想デスクトップとして利用することとしました。仮想デスクトップの導入により、一般業務端末から住民情報システム、内部情報システム双方への接続が可能となりました。システム切り替え・並行運用期間中においては、Windows XP環境300台、Windows7環境 300台のデスクトップ環境を仮想化し、同時最大接続数で300台の端末から各々の環境への接続を実現するとともに、サーバ仮想化環境とデスクトップ仮想化環境の一元管理が可能になりました。

テュフ ラインランド ジャパン株式会社 (TÜV Rheinland Japan)

 

テュフラインランド ジャパンは、2001年から仮想化技術を導入し、現在は約9割のアプリケーションを仮想化環境で稼働しています。当初から災害対策にも取り組んできた同社は、その基盤としてVMware vCenter Site Recovery Manager を採用。横浜のメインサイトと大阪のDRサイト間のリカバリ作業、データレプリケーションの効率化とともに、災害発生時のリスクを縮小化しています。 (new-jp)

マニュアルで作業していたプロセスが、VMware vCenter Serverからボタンひとつで実行できるようになり、作業効率は飛躍的に向上しています。また、管理の自動化機能が充実して、ユーザーインターフェイスが分かりやすくなったSRMによって、担当者が無駄な作業から解放され、コア業務に集中できるようになったことは大きな成果です

日本通運株式会社 (Nippon Express)

 

インフラ全体最適化プロジェクトにて災害対策も実施 VMware vCenter Site Recovery Manager を採用し DRサイトへの切り替え時間を4分の1に短縮 (new-jp)

多くを人手に依存する従来の環境は、緊急時の対応スピードやBCPの観点で不安がありました。VMware vCenter Site Recovery Manager の性能については、カリフォルニアのヴイエムウェア本社を視察した際のプレゼンテーションで知っていたことから、十分な効果が見込めるという判断で導入を決めました。

住友生命保険相互会社 ( Sumitomo Life Insurance Company )

 

物理サーバの統合をはじめ、ヴイエムウェアの「プロフェッショナル サービス(PSO)」の支援による仮想化統合基盤の構築など、中長期的なITアーキテクチャの最適化に向けた着実な取り組みを進めている。 (new-jp)

仮想化統合基盤のプロジェクトは1 つのシステムを対象としたものではなく、住友生命の中長期的なIT戦略の基盤となる大テーマです。それだけに、仮想化技術のノウハウを短期間で吸収するためのエキスパートの支援が不可欠でした

株式会社オージス総研 ( OGIS-RI Co.,Ltd. )

 

VMware vShereを活用したサーバ統合や、その実績と経験から生まれた仮想ホスティングサービス「サーバ貸そうか」の提供などに取り組むとともに、現在はビジネスの信頼性を支えるセキュリティの担保を目的に、VMware View による仮想デスクトップ環境の導入を推進。社内外で着実な成果を生み出しつつあります。(new-jp)

メンテナンス部門においては、専用の端末を使い、データを社外に持ち出せない絶対的なセキュリティ環境が求められます。一方の営業部門では、データのセキュリティ要件に加えて、ノートPCで社外から多くのアプリケーションを利用できることが業務の生産性向上につながります。このような堅牢性と柔軟性を兼ね備え、さらに将来的な拡張性を考えたとき、その解決策として最も有効な選択肢がVMware Viewでした

宇部市 (Ube City)

 

VMware Viewで市内の小中学校37校のクライアント環境を統合し、効率的な管理体制を実現

小中学校で学ぶ児童・生徒たちの情報リテラシーを高めるICT 教育を積極的に推進する山口県宇部市では、市内の各校で導入されている物理PCの経年劣化に伴うトラブルの増加により、その復旧にかかる手間や管理負担が大きな課題となっていました。教育サービスの低下にもつながるこうした状況を解消するため、同市では市内37校にある1,327台のPC端末をシンクライアント端末に置き換え、VMware Viewで仮想デスクトップ環境に移行。仮想デスクトップによる安定した教育環境の提供とともに、管理負担の大幅な軽減を実現しています。

中外製薬株式会社(Chugai Pharmaceutical Co., Ltd.)

 

VMware環境でSAP ERP 6.0で構成された基幹業務システムを仮想化。 同時にストレージの最適設計およびVMware vCenter Site Recovery Manager の活用で、DRサイトのリカバリ短期化を実現。

中外製薬では、UNIXサーバとSAP R/3で構成、稼働していた基幹業務システムの、SQLサーバへのリプレースとSAP ERP 6.0へのアップグレードに際しVMware vSphereを導入、同時にDRサイトの構築を短期間に実現しました。新たに構築された仮想環境で稼働する本番基幹業務システムはDRサイトに完全同期でレプリケーションされ、災害発生時にはVMware vCenter Site Recovery Managerを活用し、従来は約4日間要していた復旧が約4時間で可能となり、RTOの劇的な短縮を実現しました。

株式会社三菱東京UFJ銀行 (The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ, Ltd.)

 

VMware Viewを活用して50,000台を超える仮想デスクトップ環境を構築。高度なセキュリティ体制の確立と端末の稼働率向上によるコスト削減を実現。 (new-jp)

導入を成功させる最大のポイントは志です。現状を変えるために必要なものは何かを考え、仮想デスクトップがその実現手段だと判断すれば、トップダウンでそれを実行すべきだと思います。

株式会社三菱東京UFJ 銀行 システム部 グローバルコミュニケーショングループ OPEN・BPR基盤チーム 上席調査役 西井 淳 氏

都立府中工業高等学校 ( Fuchu Technical High School )

 

生徒への教育機会を最大限増やすため、15教室300台に VMware Viewを導入し、教室とPCにとらわれない自由な アプリケーション利用を実現

東京都立府中工業高等学校では、一般的な公立高校のIT環境同様、実習室とPC、アプリケーションが結びつき、PCが空いていても、自由にアプリケーションを利用できない状態になっていました。そこで、同校では「VMware View」を導入、2010年4月段階で15教室300台の仮想デスクトップが稼働しています。これによって、生徒は他の実習室から自由にアプリケーションを利用できるようになり、校内のPCリソースを効率的に活用できる環境を実現しました。府中工業高校では、生徒への教育機会を最大限増やすべく「学校間クラウド」の実現に向け、他校とのITリソースの共有化を呼びかけています。

損保ジャパンDC証券株式会社 (Sompo Japan DC Securities)

 

基幹システムにVMwareの「サーバ仮想化」技術を導入、運用負荷軽減とグリーンITを実現

確定拠出年金の運営管理機関である損保ジャパンDC証券は、サービス提供のためのアプリケーションを搭載するサーバ台数が増加してきたことから、基幹システムの基盤にVMwareの「サーバ仮想化」技術を導入しました。その結果、サーバ台数を5分の1、ラック面積を2分の1、消費電力を4分の1に削減。また、情報システム部員のサーバの運用管理にかかる時間と手間をアプリケーション開発へ振り向けるなど、これまでメンテナンスに費やしていた時間を大幅に削減し、お客様向けのサービス開発等の本来のビジネスに、いままで以上に専念することができるようになりました。

キリンビジネスシステム株式会社 ( Kirin Business System Company, Limited. )

 

VMware 仮想化インフラでプライベートクラウド構築

「仮想化ファーストポリシー」のもと、VMware Infrastructure 3によるIAサーバの仮想化に取り組んできました。その結果、2009年末には21台のVMware ESX上で230台の仮想サーバが稼動、2012年には新規アプリケーションの8割を仮想化していく予定です。

エイチアールワン株式会社 (旧人事サービス・コンサルティング株式会社)( HR One Corporation )

 

SAPを活用したASP/BPOサービスの提供基盤に仮想化技術を採用サーバの大規模統合や、仮想化を使ったSAPアップグレードによりプロジェクトを半年前倒し

SAPを基盤に大企業向けのASPサービスおよびBPOサービス(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)を提供するエイチアールワン株式会社では、顧客ごとに最適化された約140台ものサーバを抱え、管理負荷も増大していました。そこで、老朽化したハードウェアのリプレースとSAPアップグレードを機に、VMware Infrastructure 3による仮想化環境への移行を決断。約140台を6台に統合し、機動力に優れたサービス提供基盤を確立。ビジネス価値の創出に向けた有意義な変革を成し遂げました。

Results 41-60 of 85   |   Previous 1 2 3 4 5 Next
Sorted by Date or Alphabetically

  • United States