VMware
Read Success Stories from:
Filtered by Language:

Results 61-80 of 85   |   Previous 1 2 3 4 5 Next
Sorted by Date or Alphabetically


Japanese

NECキャピタルソリューション株式会社 (NEC Capital Solutions Limited)

 

SAP ERPのアップグレードに伴い本番系、開発系、検証 系などの各サーバを仮想化。大幅な処理時間短縮と高 可用性を実現

NECキャピタルソリューション株式会社(以下NECキャピタルソリューション)はSAP R/3のアッ プグレードにあたり、VMwareによる仮想化を採用しました。新システムでは、3台のVMware ESX上で、本番アプリケーション、開発系、検証系、ホスト連携など8台の仮想マシンが稼働。仮 想化による運用変更を行わずに管理負荷の軽減を実現すると共に、高可用性の確保に加え大幅な性 能アップを実現することができました。

旭有機材工業株式会社 (Asahi Organic Chemicals Industry Co., Ltd.)

 

基幹システムにVMware Infrastructure 3 を導入

合成樹脂メーカー・旭有機材工業は、基幹システムSAP R/3のアップグレードに際し、VMware Infrastructure 3による仮想化環境を導入しました。仮想化環境は、SAP ERPとSAP BIの開発・テスト機、SAP BI本番機、Webサーバや帳票サーバなど周辺システムで利用されています。これによって、運用コストと消費電力の削減、長期にわたる運用が保障され、業務改革を進める土台が構築されました。

バイエル薬品株式会社 (Bayer Yakuhin, Ltd.)

 

VMware Infrastructure 3 で、プラットフォームの柔軟性を確保、医薬品開発におけるIT業務の品質と生産性の向上を実現

バイエル薬品は、臨床試験、厚生労働省への新薬申請、安全性情報管理を行う開発部門(現在は開発本部およびメディカルアフェアーズ)の58台の物理サーバをVMware Infrastructure 3 で仮想化。VMwareによる仮想サーバ環境は安定的に稼動し、医薬品開発におけるIT業務の品質と生産性の向上に大きく貢献したことから、同社では他の部門での新規サーバの導入の際、VMware製品による仮想サーバを第一候補にすることを決めました。

ヤマハ株式会社 (Yamaha Corporation)

 

全社用システムのサーバ90台を仮想化環境に移行、サーバ管理負荷の軽減と電力料金の大幅削減を実現

楽器・音響機器大手ヤマハ株式会社(以下、ヤマハ)は「脱ホスト」に取り組む中で、サーバ台数が大幅に増加し、サーバの集約による管理負荷の軽減のためにVMware Infrastructure 3を導入しました。これによって、全社システム用サーバの内、90台が仮想化され、管理負荷の軽減と電力料金の大幅削減を実現しました。

株式会社ジェーピー情報センター (JPIC Inc.)

 

ジェーピー情報センターが、VMware製品による仮想化 でASPサービスを実現

 ジェーピー情報センターでは全国の紙卸商に販売した紙卸業システム/物流統合システム用のPC サーバ保守作業が全業務の3分の1を占めるようになったことから、2004年、QUICK電子サービス の提案で、サーバ仮想化によるホスティングサービスを採用、保守業務をほとんどゼロにまで削減 しました。同社ではその結果、余裕が生まれたリソースを新規アプリケーション開発に振り向け、 仮想サーバを利用した紙卸業向けASPサービスの提供を開始、多くの紙卸商が利用するまでに成長 しています。

東映アニメーション株式会社 ( TOEI ANIMATION CO., LTD. )

 

全インフラ仮想化方針のもと、VMware Infrastructure 3でサーバを仮想化 ~少人数で質の高い運用と新しいことに挑戦できる環境を実現~

東映アニメでは全インフラ仮想化方針の下、最後まで課題となっていたIAサーバをVMwareInfrastructure 3で仮想化しました。同社は3台の物理サーバ上で常時27台の仮想サーバを稼働させ、質の高い運用によって、管理負荷を大幅に軽減、少人数での運用体制を実現しています。さらに、その実績をベースに、1 ヶ月1000万ページビューがある東映アニメのホームページ、オンラインショッピング、会員向けのコンテンツサービスなどのWebサイトもVMware Infrastructure 3でIDCに再構築しました。

株式会社ニチレイ(Nichirei Corporation)

 

ステップバイステップでの戦略的なサーバ仮想化方針のもと、環境構築と運用に関わるコストと負荷を軽減

食品の加工・低温物流大手のニチレイグループはVMware Infrastructure 3によるサーバの仮想化技術に注目、2006年11月にWindows NT4.0ドメインコントローラーの延命対応として仮想環境を構築しました。その効果を確認した上で、同グループはステップバイステップで戦略的にサーバを仮想化する方針を定め、2007年12月には、本番用の仮想化環境を構築完了。現在、更なる拡張を含めた2009年6月の第2次本番環境実現に向けた取り組みを進めています。

北陸コカ·コーラボトリング株式会社 (HOKURIKU COCA-COLA BOTTLING CO.,LTD.)

 

1,200台のPCをVMware Virtual Desktop Infrastructureで仮想化へ ~サーバ1台あたり55台の仮想デスクトップが稼動~

北陸コカ・コーラボトリング株式会社ではセキュリティ対策の強化、消費電力の削減などのために 1,200台余りのPCのシンクライアントへの置き換えを計画。仮想デスクトップ統合ソリューショ ンVMware Virtual Desktop Infrastructure(VDI)を導入して、デスクトップを仮想化しました。 VMware VDIを利用することで、マルチユーザー化していないアプリケーションを無修正で利用で き、更にサーバ側の拡張性、耐障害性、リソースの有効活用を実現しました。

エフエックス・オンライン・ジャパン株式会社 (FXOnline Japan Co., Ltd.)

 

24時間、秒単位で稼動するオンライン取引システムインフラを、ディザスタリカバリ(DR)サイトも含めてVMware Infrastructure 3基盤で構築

エフエックス・オンライン・ジャパン株式会社では、高い可用性と安定性を持つ外国為替証拠金取引システムを構築するため、すべてのインフラ基盤を仮想化環境へと移行しました。災害等による取引中断を避けるため、ディザスタリカバリ(DR)サイトも併せて構築された新システムは、VMware Infrastructure 3による高可用性と柔軟性を持ち、災害時における迅速な業務復旧や、短期間での新商品の提供など、ビジネス拡大を目指す同社の基盤になっています。

三井金属鉱業株式会社 (Mitsui Mining & Smelting Co., Ltd.)

 

三井金属がVMware ESX Serverを活用しテスト環境の仮想化と作業の大幅な効率化を実現

VMware ESX ServerによりERPテンプレート「リアルモデル」のテスト環境を1台のサーバに集約。 多様化するテスト環境の構築や管理を容易にし、作業の大幅な効率化を実現しました。

中央三井信託銀行株式会社 (The Chuo Mitsui Trust and Banking co., Ltd.)

 

使い慣れたフロントエンドの状況をまったく変えることなく、バックグラウンドのシステムを刷新

中央三井信託銀行では、ブレード上にVMware ESX Serverの仮想環境を構築し、従来通りの業務環境を再現しました。その導入は非常に短期で達成でき、コスト削減にも大きなメリットがありました。

宇部興産株式会社 (Ube Industries, Ltd.)

 

全社で500台余りに上るサーバを2009年度までの3年計画で仮想化し、30%以上のTCO削減を目指す

 宇部興産では全国の拠点に分散する500台余りのサーバを仮想化ソフトウェアVMware Infrastructure 3を利用した仮想サーバ環境への統合を開始しました。2009年度まで3年計画です が、既存サーバだけでなく、新規サーバの増加分も含め、サーバ統合によるリソースの有効活用、 システム更新頻度の抑制、柔軟な開発・検証環境の提供によるシステム品質の向上など、すでに多 くの効果を生み出しています。このシステムの導入により3年間で30%以上のTCO削減を目指して います。

株式会社千葉興業銀行  (The Chiba Kogyo Bank.,Ltd.)

 

「全てのWindows サーバを仮想基盤で標準化」を基本方針、 VMware Infrastructure 3 の導入により、コスト削減と運用効率向上を実現

千葉興業銀行では、2007 年夏、行内のWindows サーバを「VMware Infrastructure 3(以下VI3)による仮想環境で標準化」を基本方針として決定しました。76 台の支店サーバを5 台へ集約するなど大きな成果を上げ、今後はクライアント環境の仮想デスクトップ化も推進していく計画です。

沖縄県北谷町 (Chatan Town)

 

VMware Virtual Desktop Infrastructure(VDI)で自治体業務に不可欠なセキュアなデスクトップ環境を実現

沖縄県北谷町(ちゃたんちょう)役場では住民情報システムのリプレイスに合わせて、情報漏えい防止対策として、 VMware Virtual Desktop Infrastructure(以下VDI)による仮想デスクトップの導入。VMware Infrastructure 3で基幹の住民情報システムを仮想化すると共に、VDIでPC端末も仮想化、高いセキュリティを確保した自治体業務システムを実現。

日本イーライリリー株式会社 (Eli Lilly Japan K.K.)

 

ディザスタ・リカバリ(DR)サイト・サーバとアセスメントにもとづく本社サイト・サーバの仮想化を連続的に実現

日本イーライリリーでは、ディザスタ・リカバリ(DR)サイト構築にあたり、VMware Infrastructure 3でサーバを仮想化しました。さらに、ヴイエムウェアのコンサルティングサービスVirtual Assessmentによる評価にもとづいて、本社サイトの仮想化も進め、80台のサーバを8台に集約しました。

株式会社ネットケア (Net Care,Inc.)

 

VMware Infrastructure 3を使ったからこそ実現した新しい形のホスティングサービス

株式会社ネットケアの新サービス「f.a.s.t」では、顧客が自由にシステム構築をすることができます。その自由度はVMware Infrastructure 3(VI 3)の仮想化技術によって支えられており、運用コストの大幅削減が実現されています。

日立ソフトエンジニアリング株式会社 (Hitachi Software Engineering Co.,Ltd.)

 

VMwareのVLAN機能によるクローズドネットワークでサービスを提供、それを利用した分散開発環境で開発コストを大幅削減

株式会社デンソー (DENSO CORPORATION)

 

基幹システムへのVMware Infrastructure 3の導入、 10年後を見据え仮想化によるITインフラの標準化を目指す

株式会社デンソーでは、基幹システムを含む事務系サーバ約100台を「ブレードサーバ+VMware Infrastructure 3」により統合しました。そのプロセスは全員参画の形で行われ、仮想化技術の導入を契機に、基幹システムの標準化を進めています。

沖電気工業株式会社 (Oki Electric Industry Co., Ltd.)

 

VMware ESX Serverによる仮想化ソリューションを、 全社に渡っての基幹業務系アプリケーション用の サーバ統合に適用

基幹業務系アプリケーション用のサーバ統合が課題。 完全なマルチタスク環境が実現できる技術は、ESX Serverだけだった。

山陽電気鉄道株式会社 (Sanyo Electric Railway Co.,Ltd.)

 

VMware ESX Serverによる仮想化環境に基幹系11台のWindows NTサーバを統合した山陽電気鉄道株式会社

山陽電気鉄道株式会社様では、本社、鉄道事業本部、自動車営業本部の3拠点に展開していたWindows NTベースの基幹系システムとExchange Serverのマイグレーションとサーバ統合を計画。3拠点で合計11台のWindows NTサーバを、1拠点4台の物理サーバ上のVMware ESX Server仮想化環境に収容。 Windows NTプラットフォームの維持継承と運用管理の大幅な効率化を、最小限のコストで実現しました。

Results 61-80 of 85   |   Previous 1 2 3 4 5 Next
Sorted by Date or Alphabetically

  • United States