各社が提供するハイパーバイザーの違い

仮想データ センターの基盤として、堅牢で実績のあるハイパーバイザーを選択すると、不要なリスクやオーバヘッドを回避できます。 仮想インフラストラクチャ構築を成功に導くには、適切なハイパーバイザーを選択することが重要です。

ハイパーバイザーにはそれぞれ違いがあります。 ここでは、 VMware vSphere Hypervisor が、業界の最も堅牢で実績のあるハイパーバイザーであり続けている理由、また、仮想インフラストラクチャの構築に VMware が最適な製品である理由について説明します。

  • ハイパーバイザーの比較
  • Hyper-V および Xen アーキテクチャ: 膨大なコードの存在
  • 拡張性のあるパフォーマンスの実現
  • 仮想化対応のネットワークおよびセキュリティ ソリューション
  • VMware に対する業界の認識

VMware vSphere と Microsoft Hyper-V との比較

VMware vSphereは、最も信頼性の高く堅牢な、業界初の x86 「ベア メタル」 ハイパーバイザーです。 2001 年にリリースされ、現在第 5 世代となる VMware vSphere は、世界中の何万ものお客様に導入されている、本番環境で実績のあるソリューションです。

他社のハイパーバイザーは本番データセンターのさまざまな環境での実績がなく、お客様が求める信頼性、スケーラビリティ、およびパフォーマンスを提供するための中核となる機能が不十分です。

「仮想化製品の分野において、VMware は明らかに他社をリードしています。 当社は Microsoft 社と Oracle 社の仮想化製品を試しましたが、機能の面でもパフォーマンスの面でも、VMware の製品には及ばないことがわかりました」

HelioVolt 社、情報サービス担当責任者、David Greer 氏

次の表に示す分野で、VMware 製品は他社製品をリードしています。さらに vSphere の次のリリースでは、より高いレベルのエンタープライズ クラスのハイパーバイザーを提供するため、VMware はさらにリードを広げ、お客様は比類のないレベルのパフォーマンスと信頼性を得ることができます。

ハイパーバイザーの性能 VMware vSphere 5.1 Hyper-V 搭載の Windows Server 2012 (ベータ版) Citrix XenServer 6
ディスク占有量

144 MB のディスク占有量

5GB 以上 (Server Core のインストール)



最大 10 GB (Windows Server のフル インストール)

1 GB 以上
オペレーティング システムへの非依存性

汎用オペレーティング システムに依存しない

親パーティション内の Windows 2012 に依存する

ドメイン 0 の管理パーティション
内の Linux に依存
ドライバの強化

ハードウェア ベンダーと連携して最適化

Windows の汎用ドライバ

Linux の汎用ドライバ
高度なメモリ管理

未使用メモリの再利用、メモリ ページのデデュープ (重複排除) と圧縮、ディスク / SSD へスワップ

バルーニングのみ利用可能、専用ドライバが必要: Linux 非対応、NUMA 非対応

バルーニングのみを使用
高度な CPU 管理

Intel SMT のハイパースレッディングをサポートするよう調整、3D グラフィックス アクセラレータをサポート

確実なハイパースレッディングによるパフォーマンス上のメリットはない

確実なハイパースレッディングによるパフォーマンス上のメリットはない
高度なストレージ管理

VMware vSphere VMFS

統合されたクラスタ ファイル システムの提供なし

統合されたクラスタ ファイル システムの提供なし、ストレージ機能がサポートするのはごく少数のアレイのみ
仮想化セキュリティ テクノロジー
ハイパーバイザー レベルのセキュリティ内部監視

同等の機能なし

同等の機能なし
柔軟なリソース割り当て

仮想マシンの vCPU およびメモリのホット アド、VMFS ボリュームの拡張、仮想ディスクの動的拡張、仮想ディスクのホット アド

同等の機能なし

同等の機能なし
パッチ適用の簡素化

関連性のないパッチは適用しない、ロールバック機能を持つイメージ ベースのパッチ適用によるクリーンでシンプルなホストのパッチ適用

関連性のないパッチの適用、労力と複雑性が増す複雑なパッチ適用アーキテクチャ

関連性のないパッチの適用、手動アップデートが必要