アプリケーションに適したプライベート クラウド: デスクトップからデータセンター、さらにはパブリック クラウドまで

信頼性が高く、 業界で実績のあるハイパーバイザーは、仮想インフラストラクチャの重要な基盤となりますが、ソリューション全体を構成するものではありません。 ビジネスを継続するには、適切なインフラストラクチャとアプリケーション サービスを提供する IT サービス プラットフォーム、つまりプライベート クラウドが必要です。 このプラットフォームには、移行、統合、割り当て、および可用性の各サービスを組み込む必要があります。

VMware vSphere は、次の組み込みサービスをすべて提供する 唯一の仮想化プラットフォームです。

  • 統合: リソースの共有プール
  • 割り当て: 柔軟なリソース プール
  • 可用性: 柔軟で、統一された高可用性
  • ストレージ管理: 連携により、管理を簡素化

統合: 分離されたリソースを共有プールへ転換

VMware vSphere は、コンピューティング リソースを物理サーバ、ストレージ、およびネットワークのファームから論理リソース プールに統合し、効率性と使用率を最大にします。このプール機能は、プライベート クラウド構築の重要な基盤となります。 このリソースの論理プールへの統合機能がない場合、仮想化とサーバ統合を実施したあとであっても、企業のリソースは複数の場所に配置されたままになります。

VMware のみが、物理リソースの自己管理および自己最適化が可能なリソース プール モデルを提供します。また、IT 部門は各部門リソース要求に応じて、その部門に論理リソースの管理責任を分割、割り当て、および委任することができます。

  • VMware のリソース プール ( VMware vCenter Server の一部) 機能では、VMware DRS クラスタ内に CPU とメモリ リソースの共有論理プールが作成され、これにより特定のユーザー グループに対して一定のリソース レベルを保証します。 リソース プールは、ビジネス ニーズや組織変更に合わせて、柔軟に追加、削除、または再編成することができます。 個々のリソース プールは分離されるため、特定のリソース プール内の変更により、関連のないほかのプールが影響を受けることはありません。 この種類の論理リソース プールを提供する製品は、ほかにありません。 Citrix 社と Microsoft 社の製品には 「リソース プール」 と呼ばれる機能がありますが、仮想マシン セットに対する構成の変更をバッチで行うのみで、物理的に紐付いており、共有リソースを割り当てる機能はありません。
  • VMware vNetwork Distributed Switch は、仮想マシン ネットワークのプロビジョニング、管理、および監視を簡素化および強化します。 これにより、クラスタ レベルのネットワーク向けの統合管理が実現されるため、仮想環境内のホストに対して、個々にネットワークを構成する必要はありません。 Microsoft 社や Citrix 社が同様の機能を追加していますが、本番環境で実績があり、連携した、拡張性の高い仮想スイッチを提供しているのは VMware のみです。
    テクニカル ビデオ: VMware vNetwork Distributed Switch and VMware vSphere
  • VMware vCloud Networking and Security は、企業のセキュリティ ポリシーを満たすように仮想データ センター内のネットワーク トラフィックを監視および適用して、規制への準拠を確実なものにします。 この製品は、ユーザー データや機密データの信頼性とネットワークのセグメント化を維持しながら、アプリケーションを共有コンピューティング リソース プール内で効率的に実行します。 Microsoft 製品または Citrix 製品を導入している場合は、仮想化ホストのクラスタを個別に作成し、各クラスタを特定のネットワーク セキュリティ ゾーンにマッピングする必要があります。 仮想マシンをクラスタ間で移動する場合、その仮想マシンのネットワーク セキュリティ ゾーンの要件に違反することになります。
  • vSphere VMFS は、共有ストレージを利用するクラスタ ファイル システムなので、同一のストレージに対して、ESXi / ESX の複数のインスタンスが同時に読み取りや書き込みを行うことができます。 これにより、すべての仮想マシンの状態を統合して効率的に格納し、仮想マシンのプロビジョニングおよび管理を大幅に簡素化できます。 その他の製品のほとんどにクラスタ ファイル システムが含まれていないため、この機能が必要な場合はサードパーティ製品を購入する必要があります。
    テクニカル ビデオ: VMware vStorage VMFS and Volume Grow and VMware vSphere

VMware 企業データシート

Move Beyond: 仮想化とクラウド コンピューティングへの移行を開始しましょう。

今すぐダウンロード