プロビジョニングからデータ ディザスタ リカバリまで対応

VMware は本番環境で実績があり、幅広い機能を含む 仮想化およびクラウド管理ソリューションで提供します。このような仮想化プラットフォーム ベンダーはほかにありません。 特に VMware vCloud Suite は、すべてのアプリケーションに最適な SLA (サービス レベル アグリーメント) を実現しながら、IT の運用を簡素化する完全な統合スイートです。

vCloud Suite には次の機能がすべて含まれています。

  • 仮想化環境の統合管理
  • ホストへのパッチ適用の自動化
  • 運用管理
  • ディザスタ リカバリ
  • サードパーティとの連携

数千台もの仮想マシンの統合管理

VMware vCenter Server は、数百台のホスト (vCenter }Server あたり最大 1,000 台) と数千台の仮想マシン (vCenter Server あたり最大 10,000 台) を統合管理し、運用の自動化、リソースの最適化、および高可用性を IT 環境に提供します。 管理者は、すべての作業に単一の Web ベースのクライアントを使用して、仮想マシンのプロビジョニング、構成、起動、停止、削除、再配置、およびリモート アクセスを、キーボードとマウスで制御できます。 また、VMware vCenter Server には、複数の vCenter Server インスタンスにわたる視認性を提供するリンク モードがあります。インフラストラクチャ全体で、ロール、権限、およびライセンスがレプリケーションされるため、最大 10 台の vCenter Server に同時にログインし、インベントリの表示や検索を実行できます。

VMware vSphere with Operations Management では、 キャパシティの最適化を自動化することで、オーバープロビジョニングされたキャパシティを再利用でき、リソース使用率が向上し、スプレッドシートや複雑なスクリプトを使用する必要がなくなります。 また、ウィザードによる 「What If」 シナリオ分析により、キャパシティ最適化を行い、不必要なハードウェアへの投資を先送りすることができます。

他の仮想化プラットフォームの場合、提供するソリューションが不完全であるか、またはお客様自身が複数のアプリケーション (多くの場合、サード パーティー製) を導入、構成、および管理する必要があり、VMware vCenter Server の機能の一部しか実装されていません。

VMware vCenter Server は、あらゆる規模の仮想 IT 環境の管理に、最高レベルの簡易性、効率性、セキュリティ、信頼性を提供します。これには次ものが含まれます。

  • 統合管理
  • パフォーマンスの監視
  • 操作の自動化
  • 物理リソースのクラスタリングとプール機能
  • 迅速なプロビジョニング
  • 安全なアクセス コントロール
  • 統合のための完全な SDK サポート