Java 環境のサービス品質の向上

仮想化された x86 プラットフォームにエンタープライズ Java アプリケーションを移動することで、ライフサイクルとスケーラビリティの管理が容易になり、リソースをより効率的に利用できます。 Java のプロセスが物理マシンではなく仮想マシンにあれば、アプリケーション サーバの新しいインスタンスを追加したり、アプリケーションを新しいバージョンにアップデートする時間を短縮することができます。 VMware の仮想プラットフォームに移行すると、次のメリットをすぐに活用できます。

  • 可用性の向上と動的なスケーラビリティ
  • アプリケーションのライフサイクルを容易に管理
  • アプリケーション サーバを切り替えずに、効率性と柔軟性の向上を実現
推奨製品

従来のデータセンターでは、一般に、Enterprise Java アプリケーションを多数の物理システムに展開してきました。 本番環境にアプリケーションのセントラル インスタンスが 1 つしかない場合はまれで、通常は、サーバをクラスタ構成にしてアプリケーションをサポートします。 このように、アプリケーションのレプリカが物理的に分散していると、管理が複雑になり、時間もかかります。 アプリケーションの仮想化を行うことで、アプリケーションのパフォーマンスと信頼性が向上し、管理が必要な物理システム数を削減できます。

エンタープライズ Java アプリケーションの仮想化

エンタープライズ Java アプリケーションの仮想化

パフォーマンスを維持したまま Java アプリケーションを仮想化

VMware は、Enterprise Java アプリケーションに最高のスケーラビリティとパフォーマンスを提供します。 ソフトウェアやハードウェアの仮想化手法 (最新のプロセッサに装備されているハードウェア アシストによるメモリ管理機能など) が進化しているため、以前のようにパフォーマンスを心配する必要はありません。

アプリケーションのライフサイクル管理の向上

数十個、数百個にものぼるアプリケーション インスタンスやインフラストラクチャ コンポーネントのバージョンとパッチを適切なレベルに維持するのは、大変な作業です。 仮想化を行うと、アプリケーションのパッチ適用やプロビジョニングが短時間で完了するため、専用ハードウェアを使用した場合のような遅れは生じません。

既存のアプリケーション サーバで Java アプリケーションを仮想化

vSphere では、Enterprise Java アプリケーションの仮想化を行うために、アプリケーション サーバを交換する必要はありません。 多くの企業が、IBM WebSphere、Oracle WebLogic、RedHat JBoss を含む仮想マシンをホストする際に、また vFabric tcServer の軽量のインフラストラクチャとして、vSphere を使用しています。

VMware vSphere への Java アプリケーションの展開

VMware vSphere 上で Java 環境を展開および実行するためのベスト プラクティスをご紹介します。

今すぐダウンロード