vSphere によって、Microsoft Exchange インフラストラクチャのパフォーマンスが 2 倍に向上

Microsoft Exchange 仮想化によるパフォーマンスの向上

VMware vSphere 上で Microsoft Exchange を実行すると、物理サーバの場合と同等以上、場合によっては物理サーバの 100 % 以上のパフォーマンスを実現します。 複数の Exchange サーバ ロールとメールボックスを統合して、インフラストラクチャの占有量を 5 分の 1 から 10 分の 1 にまで削減します。 また、Microsoft 社のクラスタリングのような複雑性なしで、Exchange の可用性を最大にまで向上できます。 Exchange インフラストラクチャを適切にサイジングするとともに、メールボックスの大きさを動的に拡張して、増加する負荷に対応します。

Exchange インフラストラクチャのパフォーマンスを倍増

Microsoft Exchange 2007 および 2010 は、VMware vSphere 上で快適に動作します。 vSphere 上で、メールボックス サーバを含むすべての Exchange サーバ ロールを問題なく実行し、物理サーバと同等またはそれを上回るパフォーマンスを実現できます。 VMware vSphere の各仮想マシンでは、最大 32 個の仮想 CPU と 1 TB のメモリまで拡張でき、I/O 負荷の大きい Exchange メールボックス サーバを容易にサポートします。 VMware vSphere を使用すると、複数のメールボックスを大規模なマルチコア サーバにスケール アウトして、全体のスループットを向上できます。 たとえば 16 コア サーバでは、VMware vSphere は Exchange 2007 の最大スループットを倍増し、エンド ユーザー メールボックスをこれまでの 8,000 個から 16,000 個へと拡張できます。

VMware により Exchange を仮想化する方法

Exchange の使用方法

Exchange インフラストラクチャを最大 5 対 1 から 10 対 1 まで統合

vSphere を使用すると、Exchange のインフラストラクチャを通常 5 対 1 から 10 対 1 にまで統合できます。 複数の Exchange サーバ ロールを共有の物理サーバ上に統合すると、 高可用性ディザスタ リカバリのために、専用のスタンバイ ホストを配置する必要がなくなります。 ハードウェアの数を減らすことで、結果的に電力、冷却、および管理にかかるコストを削減できます。

Exchange の高可用性とディザスタ リカバリの向上

Microsoft 社のクラスタリングのような複雑性なしで、Exchange の可用性を最大にまで向上できます。 vSphere に組み込まれている アプリケーション サービスを活用することで、専用のスタンバイ サーバを使用せずに、すべての Exchange サーバ ロールに、シンプルで費用対効果に優れた高可用性およびディザスタ リカバリを提供できます。 ハードウェアの互換性の制約を緩和し、リカバリ サイトに必要な物理サーバの数を削減することで、ディザスタ リカバリを簡素化します。

Microsoft 社による VMware vSphere の完全なサポート

Microsoft 社は、仮想化された Exchange 環境において、VMware vSphere、vMotion、HA、および DRS を正式にサポートしています。 Windows Server と Microsoft アプリケーションを実行している場合は、 Microsoft 社と VMware が共同でサポートを提供します。 その際、物理サーバと同じレベルのサポートを受けることができます。

関連リソース