サービス レベルおよび柔軟性の向上とコスト削減

Oracle E-Business Suite などの Oracle アプリケーションを仮想化することで、サービス レベルの向上を実現しながら、QA (品質保証) の向上、迅速な展開、および既存ハードウェアの使用が可能となります。

  • 既存ハードウェアを有効に活用
  • 効率的なアップグレードおよび移行の実現
  • 迅速なアプリケーションの展開
  • Oracle E-Business Suite で、QA および開発プロセスを効率化および迅速化
  • ハードウェアを拡張することなく、テストや開発用の複数のインスタンスをサポート
  • 他のアプリケーションに影響を及ぼさずにアプリケーションのパフォーマンスを調整
  • ハードウェア障害時に別の物理サーバに即座にフェイルオーバーし、ダウンタイムを排除

お客様事例

Alstom 社

長期的には 100 % 仮想化を目指していますが、初期段階では、仮想テクノロジーで大規模なワークロードをサポートするための物理キャパシティの拡張に注力しました。

事例のダウンロード (英語) PDF

Indiana University

VMware と House of Brick 社の支援を受け、インディアナ大学の IT 部門は大規模でミッション クリティカルな Oracle Database の拡張性を高め、コスト削減を実現しました。

事例のダウンロード (英語) PDF

大手オイル サンド採掘企業

この企業はサーバ ハードウェア コスト 170 万ドル、電力コスト 140 万ドル、ソフトウェア ライセンス コスト 49 万 5 千ドルの、合計 300 万ドルを超えるコスト削減を実現しました。

事例のダウンロード (英語) PDF

Manitoba Liquor Control Commission (MLCC) 社

VMware 上で Oracle ERP を仮想化することでコストを削減し、災害からの復旧時間を短縮しました。

事例のダウンロード (英語) PDF

General Electric 社は VMware 上で Oracle の 100 % 仮想化に向けたプロジェクトを推進しています

House of Brick 社と GE Appliances and Lighting 社が、Oracle の 100 % 仮想化に向けた戦略の経験とロードマップについて語ります。

Web キャストを今すぐ視聴 (英語)