SAP の仮想化によるアプリケーションの信頼性と俊敏性の向上

SAP 製品の高度な機能と VMware のソリューションの組み合わせによるビジネス プロセスの自動化システムは、現在のテクノロジーで構築可能なシステムの中で、最も強力なものです。

また、SAP NetWeaver® 拡張パッケージによる俊敏性を活用したいとお考えの VMware のお客様は、VMware のテクノロジーの柔軟性と強力な管理機能を利用して、これまで不可能とされてきた、相互に関連するプロセスのシームレスで効率的なネットワークを形成することができます。

ガートナー社のリサーチ担当バイス プレジデント、Chris Wolf 氏が SAP の仮想化によるメリットと、仮想化導入の障壁がテクノロジーよりも人とプロセスにあることについて説明します (2 分 28 秒: 英語)。

ガートナー社のリサーチ担当バイス プレジデント、Chris Wolf 氏が SAP の仮想化によるメリットと、仮想化導入の障壁がテクノロジーよりも人とプロセスにあることについて説明します (2 分 28 秒: 英語)。

 

SAP の仮想化によるアプリケーションの動的な再調整

VMware の仮想化ソリューションを使用すると、完全な物理インフラストラクチャと比べて、SAP ソリューションに基づく開発、テスト、トレーニング、および本番環境にかかるコストが少なくて済み、生産性が向上します。 SAP の導入規模に関係なく、サーバ統合とサーバ台数の抑制からビジネス プロセスやデータ センターの自動化まで、仮想化のあらゆるメリットが提供されます。

サポート

SAP 社は、VMware ThinApp で作成した SAP GUI パッケージを含む仮想環境向けの一般的なサポート声明を発表しています。 詳細については、 SAP コミュニティ ネットワーク (英語) の情報やリソースをご確認ください。

テスト、開発、QA、トレーニング、および本番環境全体で、リソース使用率を向上しながら、アプリケーションの負荷を動的に再調整できます。 また、VMware のソリューションでは、 vSphere vMotionvSphere High AvailabilityvCenter Site Recovery Manager などのテクノロジーを活用して、SAP アプリケーションの可用性を向上させることができます。

  • VMware のトレーニング: VMware vSphere: Install, Configure, Manage for SAP Administration [V5.0]

SAP ソフトウェア ソリューションを VMware の仮想化テクノロジーで実行する 10 の理由

  1. 最新の SAP ソリューションに安全にアップグレードし、64 ビット環境への移行を簡素化
  2. 低コストですべての環境の可用性を向上
  3. 費用対効果の高いディザスタ リカバリ システムの構築
  4. 新しい SAP ソリューション ベースの開発環境とテスト環境を迅速に展開
  5. SAP リソースをビジネスの優先順位に合わせて調整
  6. SAP データセンターにおいて、設置場所、エネルギー、冷却、ハードウェア、および作業にかかるコストを削減
  7. SAP データセンターの使用率、柔軟性、可用性、および俊敏性を向上
  8. SAP アプリケーション ベースの自社開発において、低コストでソフトウェアの品質を向上
  9. 計画的メンテナンス中の継続的な稼動時間を最大化
  10. 迅速な ROI を実現

VMware のソリューションを当社独自のテクノロジーと組み合わせることにより、アプリケーションの可用性とサーバの使用率が向上するとともに、迅速なリソース管理が可能となり、SAP ソリューションをお使いの当社顧客に対して、真のユーティリティ コンピューティング モデルを競合他社より低コストで提供することが可能となりました。

T-Systems North America 社、ダイナミック サービス ディレクタ、Gregory Smith 博士