VMware で SAP 環境を仮想化

トランザクション ワークロードから分析ワークロードまで、SAP の実装環境全体を変革および仮想化し、Software-Defined Data Center に向けた次の一歩を踏み出すことができます。VMware プラットフォームで SAP を実行し、ミッション クリティカルな企業環境で要求される簡易性、効率性、および俊敏性を提供できます。

メリット

高可用性

VMware vSphere High Availability (HA) の自動フォルト トレランス機能により、SAP 管理者はミッション クリティカルな環境に比類のないアップタイムとビジネス継続性を提供できます。

迅速な自動化されたプロビジョニング

自動プロビジョニングと、テンプレートを使用したクローン作成を活用し、アプリケーションをオンデマンドで数分で展開して、SAP 環境全体の一貫性およびスケーラビリティを確保します。

ダウンタイムなし

vSphere vMotion を使用して、ダウンタイムおよびデータの損失なしで、実行中のワークロードを別の認定済みホストに移行できます。

TCO (総所有コスト) の低減

既存のインフラストラクチャおよびリソースの使用率を向上させ、プロビジョニングと管理を自動化することによって、設備投資コストと運用コストを削減します。

専任サポート

SAP 社と VMware は、お客様のための専任チームで構成された、世界規模のサポート体制を整備しています。

コンサルティング サービス

VMware プロフェッショナル サービスと SAP 社のコンサルティング サービスが連携し、評価から導入、および最適化まで、全体にわたるサービスを提供し、お客様の SAP 環境の変革を支援します。

本番環境用に vSphere 5.5 上で SAP HANA を実行

SAP 社は、vCloud Suite のコンポーネントである vSphere 5.5 上で、本番環境用に SAP HANA を使用することをサポートしています。本番環境でクラウドの簡潔さとスピードを活用し、SAP HANA を実行できます。

詳細情報

現在、メルセデス AMG 社の本番環境は、VMware vSphere 5.5 と SAP HANA を 1 TB のメモリ構成で稼動し、Software-Defined Data Center への移行を促進しています。VMware vSphere と、仮想化された SAP HANA を使用することで、運用コストが削減され、データセンターの運用もシンプルになりました。このソリューションは、今後に向けた重要な鍵になると考えています

メルセデス AMG 社 CIO、Reinhard Breyer 氏