IT の俊敏性を通じたビジネスの俊敏性の向上

今日企業は、IT を利用して革新へ取り組み、競争力を強化しています。 クラウド コンピューティングを導入することで、新しいサービスの提供や新しい市場への参入が可能になります。また、お客様の情報を把握できるほか、モバイル化が進み、要求の厳しい従業員の生産性を向上させることができます。

成功した企業では、クラウド テクノロジーを活用して新しいシステムやプロセスを導入し、IT 部門を定常業務から解放することで、運用効率の向上だけではなく、ビジネス上でも大きな成果を上げています。

クラウドへの移行プロセス

クラウドへの移行プロセス

クラウドの新しい運用モデル

クラウドの導入により、IT 部門はビジネス向けのサービスの構築と提供方法を再定義することができます。 IT 部門の効率性、信頼性、俊敏性の向上はクラウドによって確実に達成されますが、単にそれだけを目的としているわけではありません。新しいサービスを導入し、ビジネス バリューを構築する能力に基づいて、業務担当者と新しい協力関係を結ぶことも目標の一つです。

今日、IT 部門は、これまでにない次のような課題に直面しています。

  • より柔軟かつ革新的になることで、競争上の脅威とユーザーの要求に迅速に対応
  • 外部のサプライヤが提供する低コストなオン デマンド サービスに対抗するため、より高レベルな効率性と即応性を実現
  • ビジネスに必要なすべてのアプリケーションとサービスの信頼性、セキュリティ、および管理性を継続的に確保

既存システムの維持と、増え続ける未処理プロジェクトへの対応に追われている IT 部門がある一方で、クラウドを活用した新たな方法で業務部門との協力関係を強化して、ビジネス目標を達成するための価値を提供し、差別化を実現する IT 部門が増加しています。

クラウドの新しい運用モデル

クラウドの新しい運用モデル

IT 部門を強化するクラウド コンピューティング

クラウド コンピューティングの力を最大限に活用するために必要な 2 つの要素として、クラウドを支える適切なテクノロジー プラットフォームを選択すること、そして、クラウドの長所を活かせるように最適化された運用モデルを導入することが必要です。 つまり、最も成功している組織は、一貫した戦略としてクラウドを利用しており、クラウド環境の構築と運用、およびスタッフの配置の方法について検証しています。同時に、クラウド コンピューティングの効率性、俊敏性、信頼性の向上についても継続的に評価しています。

VMware はグローバル企業やサービス プロバイダと協業する中で、クラウド コンピューティングを採用した IT 企業と、その能力にはさまざまな種類があることを突きとめました。

事後対応型: IT 部門は、既存システムの維持にリソースを費やしており、将来のビジネス成果のために求められる貢献を行うことが困難になっています。 新しいサービスの迅速な提供を求める業務担当者は、従来の方法で IT 部門に依頼する代わりに社外の解決策に目を向けているため、IT 部門と業務部門の間に緊張が生じています。 その結果、クラウドが無計画にビジネスに導入され、それぞれ個別に運用されるため、セキュリティ、リスク管理、およびコンプライアンスの基準から逸脱する恐れがあります。

プロアクティブ型:効率性、信頼性、俊敏性の向上により、革新をもたらすためのモデルとして、IT 部門がクラウドの導入を進めています。 プロセスおよび組織の責任分担を変えることで、クラウドに関する意思決定や方向性についての仕組みを構築しようとしています。 さらに重要なのは、IT 部門がサービス ブローカーという新しい役割を持つ点です。 これにより、IT 部門は、外部のプロバイダを活用して IT の管理構造の範囲内で迅速な技術革新を実現し、コスト、リスク、サービス レベルのバランスを取ることができます。

革新型: IT 部門は、コンピューティングの構築および利用モデルとしてクラウド コンピューティングを完全に実装しています。レガシー システムは、より柔軟性の高いインフラストラクチャへと移行され、自動化とポリシー ベースの管理への投資によって効率性と信頼性が向上しています。さらに、幅広い関係者がセルフ サービスで IT サービスを利用しています。 詳細な評価機能により、IT 部門はリソースの購入を決定する際の財務的な影響を数値化できます。これにより、ビジネス目標を達成できる新しいサービスや機能に節約した分のリソースを活用することができます。

VMware を選択する理由

VMware のソリューションは、世界中で最も成功した最大規模のクラウド環境における共通の要素となっています。この中には、あらゆる規模の企業で運用されているプライベート クラウド環境、VMware のテクノロジーを標準の基盤として活用しているパブリック クラウド プロバイダのグローバル ネットワークが含まれます。

VMware の クラウド コンピューティング ソリューションにより、IT の効率性、俊敏性、および信頼性が向上し、革新への取り組みが促進されます。 また、クラウドの構築、運用、管理、およびスタッフの配置に必要なテクノロジー、サービス、支援を合わせて提供することによって、組織がクラウド コンピューティングのメリットを最大限に活用できるようにします。 VMware のクラウド ソリューションの技術的な基盤である VMware vCloud Suite® は、業界初の完全に統合されたクラウド インフラストラクチャ スイートであり、Software-Defined Datacenter の基盤を提供するプラットフォームです。 vCloud Suite は、IT の運用を大幅に簡素化し、すべてのアプリケーションに最適な SLA (サービス レベル アグリーメント) を実現します。

事後対応型の IT から脱却する方法をご確認ください。