プライベート、パブリック、およびハイブリッド クラウドへのソフトウェアの提供

企業が VMware ベースのプライベート、パブリック、およびハイブリッドのクラウドへ移行していくにつれ、独立系ソフトウェア ベンダー (ISV) は、クラウド対応アプリケーション市場の急速な拡大を認識することになるでしょう。 VMware の VMware vCloud API を通じて、この大きなセールス チャンスを獲得できます。VMware vCloud API により、クラウド インフラストラクチャにプログラマチックにアクセスでき、vApp を相互運用可能なクラウド環境に容易に展開できます。

  • vCloud API では、新しいアプリケーションを作成するか既存のアプリケーションを適用して、VMware ベースのクラウド インフラストラクチャをプログラマチックに活用できます。
  • 事前構成されたマルチ ティアのアプリケーション スタックを vApp にパッケージングすることで、エンド ユーザーによる事前のパッケージングや構成なしで VMware のプラットフォームと互換性のあるクラウドへ迅速に展開
  • テクノロジー アライアンス パートナー (TAP) プログラムに vCloud ISV パートナーとして参加することで、VMware のリソースおよび専門知識を活用して、お客様に高い付加価値を提供

プライベート、パブリック、およびハイブリッドのクラウドへの相互運用性の提供

vCloud の ISV は、vCloud API を活用し、あらゆる VMware vCloud Director 環境において、自社アプリケーションをプログラマチックにアップロード、展開、および拡張できます。 また、vCloud API により、 プライベートパブリック、およびハイブリッド クラウド内のクラウド リソースを新たな方法で利用できます。 vCloud の ISV は vCloud API を通じて、vCloud Director から継承された機能を拡張し、付加価値を加えることが可能になります。

vCloud API は、クラウドの仮想リソースを提供および使用するためのインターフェイスです。 プライベート、パブリック、およびハイブリッドのクラウドでの仮想ワークロードの展開や管理、およびクラウド間の相互運用が可能になります。 vCloud API は、オープンで RESTful、かつ純粋な仮想化 API であり、マルチテナントをサポートしています。 配布および格納形式として、業界標準の OVF (Open Virtualization Format) を使用しており、さまざまなアプリケーションの展開と、アプリケーション間の互換性をサポートしています。 vCloud API は、vApps のアップロード、ダウンロード、インスタンス化、展開、および運用を可能にします。

この API は、物理インフラストラクチャ (サーバ、ストレージ、ネットワーク) について、または物理インフラストラクチャの仮想化の方法については開示しません。 クラウド サービスでは、仮想化されたインフラストラクチャのみが API を通じて提示されます。 完全な仮想化対応であるという API の性質が、API の使用と実装をシンプルなものにしています。

  • vCloud の詳細については、 vCloud の FAQ を参照してください。