すべてのクラウド プラットフォームは同じではありません

今日の IT 部門は、限られた予算の中でビジネス環境の急速な変化に対応し、新のソフトウェア アプリケーションだけでなく、レガシー アプリケーションをサポートするという課題に直面しています。企業には、クラウドをゼロから導入し、クラウド用にすべてのアプリケーション開発し直す余裕はありません。しかし、IT 部門がクラウド サービスをサポートして導入しない場合、業務部門や個々の開発者は IT の管理下にないクラウドを勝手に購入することになり、信頼性、セキュリティ、コンプライアンス、および規制を維持することが困難になります。クラウド コンピューティングには、俊敏性や費用対効果の向上などの大きなメリットがありますが、クラウド プラットフォームは簡単に代用品が見つかるようなコモディティではありません。結果的に、あるワークロードはオンプレミスでのみ実行され、別のワークロードは特定のクラウドでのみ実行されるという状態に陥ります。

現在、多くの企業は、社内および外部サイトの両方の IT 環境を必要としています。しかし、多くのクラウド製品は、新しいアプリケーションにのみ対応しており、レガシー アプリケーションはサポートされていません。必要に応じてワークロードを移動することができないため、ニーズの変動を見越してリソースのオーバー プロビジョニングを行い、低い使用率のリソースに貴重な予算をつぎ込んでいます。

新規およびレガシー アプリケーション対応のクラウド テクノロジー

パブリック クラウド インフラストラクチャを導入する際に、アプリケーションの再設計は必要ありません。VMware のクラウド コンピューティング サービスでは、クラウド内で新しいアプリケーションとレガシー アプリケーションの両方を実行できます。そのため、パブリック クラウドの俊敏性と費用対効果のメリットを享受しながら、既存の資産を活用できます。

世界中で多数の企業が使用している VMware vSphere® 上にインフラストラクチャを構築している場合は、真のハイブリッド クラウド ソリューションのメリットを活用し、迅速、容易、かつ安全にデータセンターをクラウドにまで拡張できます。vCloud Network Services は vSphere 上に構築されているため、社内および外部サイトの IT 環境を統合および接続でき、既存のアプリケーションと新しいアプリケーションは全く同じように実行できます。既存の VMware ベースのインフラストラクチャと同様の俊敏性、自動化、および標準化をクラウドで利用して、パフォーマンス、セキュリティ、およびコンプライアンスを維持できます。

パブリック、プライベート、およびハイブリッド クラウド

Software-Defined Data Center (SDDC) は、 プライベート、パブリック、または ハイブリッド クラウドを構築する基盤となり、ITaaS (サービスとしてのインフラストラクチャ) の提供を可能にします。SDDC アーキテクチャにより企業は、共通の管理、オーケストレーション、ネットワーク、およびセキュリティ モデルをオンプレミス (社内サイト) およびオフプレミス (外部サイト) の両方の環境で活用できます。

  • vCloud Suite を使用して、社内に vSphere ベースのプライベート クラウドを構築できます。
  • VMware のテクノロジーで構築され、世界中の幅広い VMware 認定 vCloud パートナー、または VMware が運営するハイブリッド クラウド、 vCloud Air に vSphere ベースのデータセンターを拡張することが可能です。。
  • 異種混在のハイブリッド クラウドである vRealize Suite 向けに構築された管理ソリューションを使用して、物理クラウド、仮想クラウド、ハイブリッド クラウドを管理します。

ハイブリッド クラウド サービスを柔軟に選択可能

VMware vCloud® Air™ Network は、高い評価を受けている、VMware テクノロジー ベースのクラウド サービスから成る世界最大規模のネットワークです、これまでよりも自由に、さまざまな地域のクラウド プロバイダを選択できます。VMware vCloud Air Network は、VMware が所有、運営するクラウド サービスである VMware vCloud Air と、世界 100 か国以上の 3800 社を超えるVMware vCloud Air Network サービス プロバイダのエコシステムで構成されています。vCloud Air Network プロバイダは、次のメリットをお客様に提供します。

  • vCloud Air とサービス プロバイダのエコシステムは、高い評価を受けているクラウド サービスをグローバルに提供します。
  • 複数のコンプライアンス認定や、業種別の専門性によって、お客様の要件を満たすことができます。
  • データ主権は、ローカルに配備されている vCloud Air データセンターと、vCloud Air Network サービス プロバイダに準じます。

VMware vCloud Air は、幅広い種類のビジネス アプリケーションをサポートし、任意のワークロードを実行するよう設計されています。新しい管理ツールへの投資およびトレーニング、プロセスの見直し、および既存の従業員への再教育なしで、既存のデータセンターをシームレスに拡張できます。

統合管理プラットフォーム

単一の統合管理プラットフォームでポリシー ベースの自動化および管理を行うことにより、異種混在のインフラストラクチャおよびハイブリッド クラウド全体で、アプリケーションとワークロードをまとめて管理および監視できます。 vRealize Suite では、IT の管理性と費用対効果を維持しながら、ビジネスのスピードと俊敏性を向上できます。

クラス最高のサービスおよびサポート

VMware のサポートは、End-to-End の IT ソリューション全体のサポートを提供しています。どのクラウド サービスを選択しても、これまでと同じ電話番号で VMware のサポートをご利用いただけます。コンサルティングおよびサービス パートナーなどの幅広く専門的なテクノロジー パートナーにもご相談ください。クラウドや Software-Defined Enterprise への移行を支援いたします。