サービス プロバイダ向けクラウド コンピューティング

安全で互換性があり、柔軟性に優れたクラウド サービスの提供

お客様の VMware ベースのプライベート クラウド インフラストラクチャを補完する安全なクラウドを提供することによって、売上向上を実現します。 VMware の仮想化では、無駄な作業を排除しながら、コスト削減を推進し、企業が提供するサービスの柔軟性を向上させます。 VMware サービス プロバイダ プログラム (VSPP) に参加して、vCloud インフラストラクチャ プラットフォームおよびプログラムのメリットを活用してください。

  • 既存の仮想アプリケーションを即座に実行できる安全なパブリック クラウドを提供することで、売上向上を可能にします。開始時に社内開発者のリソースを使用する必要はありません。
  • VMware のエンタープライズ クラウド インフラストラクチャ プラットフォーム上でサービスを構築することにより、サービスの差別化を図ることができます。
  • VMware とパートナーとなり、エンタープライズ クラウド コンピューティングの幅広い販売機会を利用すれば、売上拡大につながるチャンスとなります。

また、プライベート クラウド インフラストラクチャに移行するにつれて、企業の多くがアプリケーションの一部またはすべてを、安全なパブリック クラウドで実行することのメリットを実感しています。 新しいアプリケーションが開発される際、多くがデフォルトで仮想化され、VMware の 「クラウド対応」 になるため、移行がさらに容易になります。 企業がサービス プロバイダを決定する場合、クラウド プロバイダに柔軟性、拡張性、およびコスト パフォーマンスを要求しますが、レガシー アプリケーションを維持するために、煩雑な移行の問題や再編成、再コーディング、および再テストに取り組もうとします。

社内または外部の VMware のプラットフォーム上で実行されるエンタープライズ クラウド

VMware の仮想化では、既存のアプリケーションを VMware のインフラストラクチャ上へ迅速かつ容易に展開できます。展開先がお客様の社内データセンターでも、外部のサービス プロバイダでも変わりません。 サーバ、ネットワーク、およびストレージをプールすることにより、VMware と互換性があるクラウド コンピューティング サービスを構築して管理し、企業が仮想アプリケーションをクラウド内で容易に実行できるようにします。 VMware vSphere および VMware vCloud Director ソフトウェアが提供する多くの機能を活用し、インフラストラクチャを詳細に管理してサービス レベルを予測することにより、サービスのコストを削減できます。 VMware のソフトウェアによりハードウェアを最大にまで活用して、収益を可能な限り拡大し、VMware のテクノロジー ロードマップを基に、将来の販売機会を活用できます。

セキュリティに関するお客様の要求への対応

VMware の仮想化により、お客様はセキュリティ制御を記録して監査し、社内および外部の規制を遵守できます。 VMware のパブリック クラウド プラットフォームでは、VMware vCloud Networking and Security、レイヤー 2 ネットワークの分離、ロール ベースのアクセス コントロール、および LDAP の統合を含むセキュリティ機能によって、一貫性のある監査可能なセキュリティとパフォーマンスが実現します。

パフォーマンスと可用性の保証

企業は開発、テスト、および本番アプリケーション用に、必要に応じて追加のキャパシティを利用するための柔軟性を求めています。しかし、パフォーマンスや可用性を犠牲にすることは望んでいません。 VMware の仮想化を使用することで、予測可能なパフォーマンスと高可用性を維持しながら、キャパシティを必要に応じて低価格で提供できます。

VMware は

x86 サーバ仮想化インフラストラクチャのマジック クアドラントにおいて、Leaders Quadrant に位置付けられています。

詳細情報