デバイスの種類や場所を問わず、クラウド ホスト型のデスクトップやアプリを提供

VMware Horizon Cloud は、クラウド ホスト型のデスクトップやアプリケーションを、あらゆるデバイスに容易に展開します。独自のインフラストラクチャを管理する手間やコストは必要ありません。

(2:12)

VMware Horizon Cloud の概要

Horizon Cloud の詳細情報

機能豊富な仮想デスクトップや仮想アプリケーションを、Horizon Cloud Service を使用して柔軟に展開する方法を紹介しています。

ブログを読む

Horizon Cloud with On-Premises Infrastructure (オンプレミス型)

Horizon Cloud with On-premises Infrastructure によって、オンプレミスの仮想デスクトップやアプリケーションを、クラウド ベースの単一の制御プレーンから統合管理できます。 

詳細情報

Horizon Cloud with Hosted Infrastructure のメリット

クラウドによるシンプル化

Horizon Cloud では、組み込みのエンタープライズ レベルのセキュリティ、本番環境レベルのサポート、アップタイム 99.9 % の SLA により、クラウド内で専用インフラストラクチャを完全に管理できます。VDI のリーダー企業である VMware のサポートと合わせ、もっとも必要とされるときに、クラウド環境をセキュアに利用可能です。

導入時間の短縮

VDI の導入にコストと時間がかかる時代は終わりました。Horizon Cloud を使用することで、従来のオンプレミス環境の数分の 1 の時間で拡張できるほか、デスクトップをわずか数分で展開できるため、新しいユーザーの作業環境をすぐに整えることができます。

包括的なサービスとしてのデスクトップ (Desktop-as-a-Service) ソリューション

Horizon Cloud で、これまでにない柔軟性を実現できます。複数のデスクトップ構成、アプリケーションの提供、グローバルなデータセンターの配置により、エンド ユーザーに、デバイス、時間、場所を問わず、優れた使用環境を提供します。

予測可能なコスト

Horizon Cloud は使用領域に応じた課金モデルになっており、クラウド環境の規模に応じて課金され、巨額の先行投資は必要ありません。シンプルで予測可能なユーザー単位の料金で、将来的なコストを容易に計画できます。

スポットライト 

(2:47)

Horizon Cloud のお客様事例

DaaS についての誤った認識

コスト、セキュリティ問題、統合の制約などに関する事実をご紹介します。

ダウンロード

DaaS を展開する 5 つの理由

DaaS がモバイル クラウド環境に最適である理由を解説します。

ダウンロード

ユースケース

クラウド ホスト型の仮想デスクトップとアプリケーションでは、コスト削減、生産性の向上、ダウンタイムの最小化を実現できます。初めて導入されたお客様にも、すぐに優れた生産性を実感いただけます。あらゆるユーザーに、安全性と信頼性に優れ、モバイルに対応し、任意のワークロードに対して完全に機能する仮想デスクトップおよびアプリケーションがプロビジョニングされます。

Horizon Cloud の詳細なユースケースについては、お客様の成功事例をご確認ください。

高等教育

学生は、時間、場所を問わず、キャンパスの内外からコンピューティング リソースにアクセスできます。すべてのデバイスに 24 時間対応のサポートが提供されます。

モバイル ユーザー

モバイル ユーザーに、デバイスや場所を問わず重要なアプリケーションとデータに安全にアクセスできる柔軟性を提供します。

契約社員と臨時社員

重要な企業情報へのアクセスを制御しながら、新しい従業員が迅速かつ容易に業務を開始できます。

技術仕様

含まれる機能

  • パブリック IP アドレス
  • ディスク I/O
  • VPN
  • VMware Horizon Client ソフトウェア
  • イメージ ストレージ
  • 可用性 99.9 % の SLA
  • 本番環境レベルのサポート

提供製品

  • Horizon Cloud 指定ユーザー ライセンス
  • Horizon Cloud 同時接続ユーザー ライセンス
  • Horizon Cloud Standard Capacity (仮想 CPU 1 個、2 GB の vRAM、30 GB のストレージ)

オプションのアドオン

  • Soft3D
  • 追加の HD ストレージ (1 TB 単位)
  • 追加の IP アドレス
  • Direct Connect 専用接続

Horizon Cloud ホスト型のキャパシティ

Standard Capacity
Workstation Capacity (近日提供予定)
価格
Standard Capacity 1 ユニットあたり月額 16 ドル
Workstation Capacity (近日提供予定) 1 ユニットあたり月額 300 ドル
プロセッサー
Standard Capacity 仮想 CPU 1 個分
Workstation Capacity (近日提供予定) 仮想 CPU 4 個分
メモリー
Standard Capacity 2 GB の vRAM
Workstation Capacity (近日提供予定) 16 GB の vRAM
ハード ディスク
Standard Capacity 30 GB
Workstation Capacity (近日提供予定) 120 GB
GPU メモリー
Standard Capacity
Workstation Capacity (近日提供予定) 2 GB
デスクトップの構成
Standard Capacity 1 ユニット: 仮想 CPU 1 個、2 GB の vRAM、30 GB のストレージ
2 ユニット: 仮想 CPU 2 個、4 GB の vRAM、60 GB のストレージ
4 ユニット: 仮想 CPU 4 個、8 GB の vRAM、120 GB のストレージ
8 ユニット: 仮想 CPU 8 個、16 GB の vRAM、240 GB のストレージ
Workstation Capacity (近日提供予定) 1 ユニット: 仮想 CPU 4 個、16 GB の vRAM、2 GB の vGPU、120 GB のストレージ
2 ユニット: 仮想 CPU 8 個、32 GB の vRAM、4 GB の vGPU、240 GB のストレージ
4 ユニット: 仮想 CPU 16 個、64 GB の vRAM、8 GB の vGPU、480 GB のストレージ
デスクトップ タイプ
Standard Capacity パーシステントとフローティング
Workstation Capacity (近日提供予定) パーシステントとフローティング
ホスト型アプリケーション
Standard Capacity
Workstation Capacity (近日提供予定)
対応 OS
Standard Capacity サービス説明書で、ゲスト OS の互換性をご確認ください。
Workstation Capacity (近日提供予定) サービス説明書で、ゲスト OS の互換性をご確認ください。
対象ユーザー
Standard Capacity タスク ワーカーとナレッジ ワーカー: 業務用アプリケーション、インターネット閲覧、最小限のマルチメディアの利用
Workstation Capacity (近日提供予定) パワー ユーザー: HD ビデオ、3D 編集、開発者やエンジニア

購入方法

Horizon Cloud は、ユーザー 1 人あたり 16 ドル/月から利用できます。Horizon Cloud のユーザー ライセンスで Horizon Cloud の制御プレーンにアクセスできます。このライセンスは、クラウド ホスト型とオンプレミス型のどちらのインフラストラクチャ環境でも使用できます。

必要なユーザー ライセンス数を、仮想デスクトップと仮想アプリケーションを VMware のクラウドにすべて配置するか、社内データセンターにオンプレミスで配置するかなどを柔軟に設定することが可能です。

ライセンス モデルと支払期間の選択
サービスの利用開始にあたり、まず 50 ユーザー分の基本サブスクリプションを購入していただきます。必要に応じて、10 ユーザー単位でいつでもライセンスを追加できます。追加ユーザーの契約期間は基本サブスクリプションと同じです。Horizon Cloud の契約期間は 1 年、2 年、3 年のいずれかで、複数のお支払い方法をご用意しています。

Horizon Cloud には 2 種類のユーザー ライセンス モデルがあります。

  • 指定ユーザー単位: 仮想環境において、従業員が、終日特定の仮想マシンに終日アクセスする場合に適しています。
  • 同時接続ユーザー単位: 1 日の間で複数のユーザーが同じマシンを共有する仮想環境に最適です (学生やシフト勤務の従業員など)。

インフラストラクチャの選択
次に、VMware のクラウド ホスト型でサービスを提供するユーザー数、または社内データセンターのオンプレミス環境でサービスを提供するユーザー数を決定します。ホスト型環境の場合は、次に示すクラウド キャパシティを購入する必要があります。オンプレミス型環境の場合は、認定ハイパー コンバージド インフラストラクチャ アプライアンスの中から選択します。

ホスト型キャパシティの選択
VMware が提供する Horizon Cloud の完全ホスト型インフラストラクチャは、キャパシティのユニット単位で購入できます。このユニットは、必要に応じてデスクトップやアプリケーションのサーバーで容易に設定できます。キャパシティのユニットは柔軟に設定できるため、各ユーザーに必要なデスクトップ性能を事前に決める必要はありません。キャパシティ プールのキャパシティを利用して、さまざまな構成から適切にサイジングされたデスクトップの作成や、必要に応じたキャパシティの追加購入を容易に行うことが可能です。

Horizon Cloud には、2 種類のキャパシティが用意されています。

  • 標準キャパシティ: 主にインターネットの閲覧や、Microsoft Office など標準の業務アプリケーションを使用するタスク ワーカーやナレッジ ワーカーに最適です。
  • ワークステーション キャパシティ (近日提供予定):NVIDIA GRID テクノロジーを利用する Horizon Cloud のワークステーション キャパシティは、高性能のデスクトップを必要とするパワー ユーザーに適しています。HD ビデオや、高い処理能力を必要とする設計用、工業用のアプリケーションのユースケースに最適です。

Horizon Cloud の価格の詳細については、オンラインの料金計算ツールでご確認ください。