コスト削減と管理性の強化

VMware の仮想化プラットフォームである vSphere® with Operations Management™ を使ってサーバを統合することで、過剰なオーバー プロビジョニングを排除し、サーバ使用率を向上させ、IT による環境への影響を削減します。

サーバを統合すると、企業において次のことが実現されます。

  • ハードウェアおよび運用コストを最大 50 %、エネルギー コストを最大 80 % 削減し、仮想化されたサーバ ワークロードごとに年間 3,000 ドル以上のコストを削減
  • 新規サーバのプロビジョニング時間を最大 70 % 削減
  • ビジネス継続性と組み込み型のディザスタ リカバリ機能による、ダウンタイムの削減と信頼性の向上
  • ハードウェア、オペレーティング システム、アプリケーションまたはインフラストラクチャ プロバイダに依存しない IT サービスをオンデマンドで提供

Revlon 社のお客様事例のビデオ

デスクトップおよびサーバの仮想化によりハードウェアを統合

vSphere with Operations Management でサーバ ハードウェアを仮想化し、既存のハードウェアの使用率を 5 ~ 80 % 向上できます。 また、データセンターのサーバの数を減らし、エネルギー消費を削減することも可能です。 VMware のサーバ仮想化は、ハードウェア要件を 15 分の 1 以下に削減します。企業は、信頼性やサービス レベルを低下させずに、IT による環境への影響を低減できます。

さらに、サーバおよびデスクトップ ハードウェアを統合すると、アプリケーションあたりのコストを 20 ~ 30 % 削減できます。また、データセンターの拡張を遅らせることができるため、1 平方フィートあたり 1,000 ドルの投資を遅らせることができます。★ vSphere with Operations Manager を使用すると、一般的な製品と比べ、仮想マシンのホストあたりの統合率を 50 ~ 70 % 向上できます。

仮想インフラストラクチャの統合管理

サーバの仮想化に対して単一のソリューションのみを提供するベンダーとは異なり、VMware は仮想インフラストラクチャ全体を管理できる、単一の制御ポイントを提供します。 vSphere with Operations Management の機能により、プロビジョニングに要する時間を 50 ~ 70 % 短縮し、仮想マシンを統合管理して、すべての仮想マシンおよびそのホストのパフォーマンスを監視できます。

仮想インフラストラクチャの自動化

仮想インフラストラクチャは、物理インフラストラクチャでは不可能なレベルのパフォーマンス、スケーラビリティおよび可用性を提供します。 VMware vCenter Server を vSphere vMotion および vSphere DRS (Distributed Resource Scheduler) と併用すると、計画的ダウンタイムを回避し、動的なポリシー ベースの IT リソースの割り当てが可能となり、構成およびメンテナンスに関する定常業務を排除できます。 vSphere はディザスタ リカバリもサポートしているため、計画外のダウンタイムを回避することもできます。