サーバ仮想化による IT コストの削減と管理の強化

VMware の仮想化プラットフォームである VMware vSphere® with Operations Management™ を使用してサーバ ハードウェアを統合すると、過剰なプロビジョニングを排除してサーバ使用率が向上し、IT 環境の影響を抑えます。

サーバを統合することによって次のようなことが実現します。

  • ハードウェアのコストおよび運用コストを最大 50%、エネルギー コストを最大 80% 削減し、仮想化されたサーバ ワークロードごとに年間 3,000 ドル以上のコストを削減
  • 新規サーバのプロビジョニング時間を最大 70 % 削減
  • ビジネス継続性と組み込み型のデータ ディザスタ リカバリ機能による、ダウンタイムの削減と信頼性の向上
  • ハードウェア、オペレーティング システム、アプリケーションまたはインフラストラクチャ プロバイダに依存しない IT サービスをオンデマンドで提供

vSphere with Operations Management の概要

vSphere with Operations Management の概要

vSphere with Operations Management の概要 (2:24)

デスクトップおよびサーバの仮想化によるサーバ コストの削減

vSphere with Operations Management でサーバ ハードウェアを仮想化し、既存のハードウェアの使用率を 5 ~ 80 % 向上できます。また、データセンターのサーバ数を減らし、エネルギー消費量を削減することも可能です。VMware のサーバ仮想化は、必要になるハードウェアを 15 分の 1 以下に削減します。信頼性やサービス レベルを低下させずに、IT 環境の影響を低減できます。

さらに、サーバおよびデスクトップ ハードウェアを統合すると、アプリケーションあたりのコストを 20 ~ 30 % 削減できます。また、データセンターの拡張を遅らせることができるため、1 平方フィートあたり 1,000 ドルの投資を遅らせることができます。vSphere with Operations Manager を使用すると、一般的な製品と比べ、仮想マシンのホストあたりの統合率が 50 ~ 70 % 向上します。

仮想データセンターの統合管理

多くのベンダーは、サーバの仮想化に対して単一点ソリューションのみを提供していますが、VMware では仮想インフラストラクチャ全体を管理できる単一の制御ポイントを提供します。vSphere with Operations Management では、健全性の監視、リソースの管理、データセンターの拡張計画すべてを、統合されたダッシュボードから行えます。

仮想データセンターの自動化

仮想データセンターを自動化すると、物理インフラストラクチャでは不可能なレベルのパフォーマンス、拡張性、可用性を実現すると同時に管理を簡素化することができます。vSphere with Operations Management プラットフォームは、ダウンタイムを最小に抑え、ポリシーベースの動的な IT リソースの割り当てを可能にし、構成やメンテナンスの定常業務を排除します。