VMware vCenter Converter は、Windows および Linux ベースの物理マシンとサードパーティのイメージ フォーマットを VMware の仮想マシンに変換します。

              

vCenter Converter の機能

パフォーマンスと信頼性

ローカルおよびリモートの物理マシンを、ダウンタイムなしで迅速に仮想マシンに変換します。変換は同時に実行できるため、仮想化を大規模に実装することが可能です。

管理

統合管理コンソールにより、複数の同時変換の実行状況を監視できます。本社や支社など、ローカル環境とリモート環境の両方の変換も監視できます。

相互運用性

変換元の物理マシン、VMware および Microsoft の仮想マシン フォーマット、一部のサードパーティのディスク イメージ フォーマットなどの変換を幅広くサポートします。

スポットライト 

vCenter Converter 使用環境の例

vCenter Converter のコミュニティ (英語)

vCenter Converter に関する最新のニュースや情報を入手できます。

チャットに参加する (英語)

vCenter Converter のドキュメント

vCenter Converter Standalone のドキュメントを参照できます。

ダウンロードはこちら

機能

パフォーマンスと信頼性

- 複数の変換を同時に実行できるため、大規模な仮想化の実装が可能です。

- データを移行する前に、ソース マシンのゲスト OS を静止し、スナップショットを作成することで、変換の信頼性を確保できます。

- ホット クローニングにより、ソース サーバのダウンタイムや再起動を伴わずに、無停止で変換できます。

- セクタ ベースのコピー機能により、クローンの作成と変換を高速化できます。

相互運用性

vCenter Converter は、Windows および Linux の複数のデスクトップやサーバのエディションを含む、さまざまな種類の物理マシンを仮想マシンに変換できます。Hyper-V や KVM など、サードパーティ製の仮想マシンの変換もサポートしています。

管理

- 統合管理コンソールにより、複数のリモート変換とローカル変換の変換状況を監視します。

- 使いやすいウィザードにより、少ない手順で変換が可能です。

- ローカル クローニングと、支社などのリモート ロケーションでの変換が可能なリモート クローニングの両方をサポートします。