サーバの仮想化と統合によって既存のデータセンターを柔軟性の高いクラウド インフラストラクチャに変換

クラウドへの移行の第一歩は、サーバの仮想化から始まります。その後、お客様それぞれのペースで、ネットワーク、ストレージ、およびセキュリティを仮想化して仮想データセンターを構築し、最終的には完全に仮想化された Software-Defined Data Center を実現します。IT リソースおよびアプリケーションのプロビジョニングを簡素化し、わずか数分で利用できるようにします。パフォーマンス、キャパシティ、使用率、およびコンプライアンスの最適化の管理を自動化し、完全なプライベート クラウドを実現します。 

(4:18)

クラウド時代の IT アーキテクチャ: Software-Defined Data Center

製品 

vCloud Suite

ソフトウェア定義のサービス、ポリシー ベースのセルフサービス プロビジョニング、および運用管理の自動化が組み込まれた、俊敏性、効率性に優れたクラウド インフラストラクチャを構築できます。

vSphere with Operations Management

vSphere with Operations Management は、インテリジェントな運用と一貫した管理によって vSphere を新たなレベルに引き上げます。詳細な情報が提供されるため、パフォーマンスや可用性の向上につなげることができます。

Virtual SAN

サーバの内蔵ディスクを用いて、仮想マシン用の非常にシンプルな共有ストレージを作成します。回復性とパフォーマンスに優れたスケールアウト アーキテクチャを採用し、TCO を最大 50 % 削減します。

Site Recovery Manager

ディザスタ リカバリ ソフトウェアによって、管理の簡素化、本番環境に影響しないテスト、およびサイト リカバリの完全な自動化を可能にし、アプリケーションを保護します。

vSphere

世界をリードする仮想化プラットフォームを使用して、サーバの統合、可用性とパフォーマンスの向上、およびキャパシティの最適化を実現します。

NSX

仮想マシンの運用モデルをネットワークに適用し、データセンターの運用と経済性を変革します。

EVO:RAIL

VMware のコンピューティング、ネットワーク、およびストレージのリソースを、認定パートナーによって提供されるオールインワン ソリューションである、ハイパーコンバージド インフラストラクチャ アプライアンスで作成できます。

データセンターの仮想化に関するトピック

サーバ統合

ーバ リソースをプールすることで、ハードウェアの台数が約 10 分の 1 になり、運用コストが最大 50 %、エネルギー コストが 80 % 削減されます。仮想化されたワークロードごとに、平均で年間 3,000 ドルを削減できます。

詳細情報

Software-Defined Data Center

IT サービスに、複雑で柔軟性が低い専用ハードウェアを使用する必要はありません。真のクラウド時代のインフラストラクチャを構築することで、ビジネスの俊敏性、最高の SLA (サービス レベル アグリーメント)、運用の簡素化、およびコスト削減を比類のないレベルで実現します。 

詳細情報

ディザスタ リカバリ

アイドル状態のデータセンターの複製を用意しなくても、仮想アプリケーション向けのシンプルで低コストな災害対策を実装できます。わずかな時間でワンステップの自動リカバリを実行します。 

詳細情報

仮想化とクラウドの運用管理

柔軟なクラウド環境向けに設計されたツールにより、インフラストラクチャとアプリケーションの健全性、リスク、効率性、およびコンプライアンスを管理します。プロビジョニングの自動化、管理の簡素化、運用効率の最大化を実現します。 

詳細情報

ビジネス継続性

データ保護機能と高可用性機能が組み込まれたプラットフォームで、サーバ、デスクトップ、およびアプリケーションの仮想化を行います。バックアップとリカバリを簡素化し、計画的なダウンタイムを排除して、計画外のダウンタイムを最小にします。 

詳細情報

すべて表示