VMware Mirage™ は、物理デスクトップ、仮想デスクトップ、および個人所有デバイス (BYOD) のイメージを統合管理します。

動的な階層化によるエンドポイントとアプリケーション管理

PC または Horizon のパーシステント仮想デスクトップを、IT 部門またはエンド ユーザーが所有する一連の論理レイヤーとして管理します。エンド ユーザーのファイルやカスタム設定を維持したまま、IT 部門が管理するレイヤーを更新できます。VMware Mirage のアプリケーションの階層化テクノロジーを活用して、エンド ユーザーのグループに、アプリケーションまたは VMware ThinApp® パッケージを容易に展開できます。

自動バックアップとシステムのフル リカバリ

完全なデスクトップのスナップショットをデータ センターに格納し、IT 部門やエンド ユーザーによる変更を継続的に同期します。デスクトップ イメージを中央に格納し、エンドポイントのスナップショットを定期的に取得することで、デスクトップの一部または全体を必要に応じてリカバリすることが可能になります。エンド ユーザーはセルフ サービスでのファイル リカバリや、デバイスに関係なくブラウザから自身のファイルにアクセスできるため、生産性がさらに向上します。

Windows 7 および Windows 8.1 への移行の簡素化

VMware Mirage は、Windows 7 および Windows 8.1 への一般的な移行方法を促進します。これには、既存の Windows XP デバイスを Windows 7 にアップグレードする方法、既存の Windows 7 デバイスから Windows 8.1 へアップグレードする方法、またはエンド ユーザーのプロファルとファイルを新しい Windows 7 や Windows 8.1 マシンに移行する方法があります。

分散環境向けに設計

Mirage Branch Reflector は、Mirage サーバからあらゆるアップデートを一回ダウンロードし、その後支店内のほかの Mirage Client に対して Branch Reflector からピア ツー ピアでアップデートすることができます。最小のインフラストラクチャおよび制御された帯域幅を使用して、多数のデバイスを管理します。

PC ライフサイクル 管理 (PCLM) ツールの機能を容易に拡張

動的な階層化機能、バックアップとリカバリ、およびロールバック機能によって既存の PCLM ツールを補完し、ヘルプデスク サポートの負荷を最小に抑制します。既存の PCLM ツールの機能を拡張し、わずか数回のマウス クリックで、オペレーティング システムを大規模に展開できるようになります。API の拡張性とレポート作成フレームワークを使用することで、より効率的にデバイスを管理できるようになります。

個人所有デバイスの持ち込み (BYOD)

VMware Mirage が管理するイメージは、Windows PC にネイティブにインストールできます。また、Fusion Pro を使用すると、Windows、Mac、または Linux が搭載されたデスクトップやラップトップ上の仮想デスクトップとして展開できます。VMware Mirage によってエンド ユーザーは、個人所有の PC などローカルのコンピューティング リソースを活用できるため、オンライン時とオフライン時の生産性を維持できます。

Windows XP または Windows 7 からの移行を簡素化する VMware Mirage を割引価格でご提供します。

Mirage では、動的な階層化と移行前の環境のスナップショットをサポートします。これにより IT 部門は、エンド ユーザーの生産性を維持しながら、迅速かつ完全に移行を完了することができます。

詳細情報

VMware Mirage のサポート

VMware Mirage に関するセルフサービスのサポートと情報のダウンロード

VMware Mirage のサポート

VMware Mirage のトレーニング

VMware Mirage のトレーニング クラスのスケジュール、日程をご確認ください。

クラスの検索

VMware Mirage のコミュニティ

VMware Mirage のコミュニティで、技術的なヒント、ベスト プラクティス、FAQ などの情報をご確認いただけます。

ディスカッションに参加 (英語)