Horizon 7 には、 VMware Horizon Standard Edition、VMware Horizon Advanced Edition、および VMware Horizon Enterprise Edition の 3 つのエディションが用意されています。

Horizon 7 のエディションの比較

機能 サブ コンポーネント / 製品 Horizon for Linux Horizon Standard Horizon Advanced Horizon Enterprise
ライセンス権限
同時接続ユーザー単位  
指定ユーザー単位      
デスクトップおよびアプリケーション
Windows 仮想デスクトップとセッション ベースのデスクトップ VMware Horizon  
Linux デスクトップ VMware Horizon for Linux    
統合ワークスペース: XenApp、RDSH、SaaS、ThinApp VMware Identity Manager Standard    
ホスト型アプリケーション (RDSH) RDS ホスト型のアプリケーション    
パッケージングされたアプリケーション  VMware ThinApp        
Blast Performance (3D グラフィック、ユニファイド コミュニケーション、マルチメディア リダイレクトなど) VMware Horizon
アプリケーションとデスクトップへのシングル サインオン アクセス VMware Identity Manager Standard    
Workspace Environment Management (ワークスペース環境管理)
イメージ管理 
物理デスクトップのイメージ管理 VMware Mirage    
デスクトップとアプリケーションの管理
リアルタイムのアプリケーション提供 VMware App Volumes      
Instant Clone テクノロジーによるジャスト イン タイムの提供 VMware Horizon      
ユーザー環境の管理
ユーザー、プロファイル、およびポリシーの管理 VMware User Environment Manager      
クラウド分析と運用管理
運用ダッシュボード: 健全性の監視とパフォーマンス分析  VMware vRealize Operations for Horizon      
キャパシティ管理: プランニングと最適化  VMware vRealize Operations for Horizon      
インフラストラクチャ
ストレージ
仮想ストレージ  VMware Virtual SAN Advanced for Desktop (オール フラッシュ)    
デスクトップ インフラストラクチャ
クラウド インフラストラクチャ VMware vSphere Desktop と VMware vCenter Desktop

注: Horizon の各エディションの製品、パッケージ、およびライセンスの情報については、 VMware Horizon のパッケージとライセンスに関するガイド (英語) を参照してください。