VMware® vRealize™ Operations™ は、特許を取得している分析機能とパフォーマンス、キャパシティ、構成の統合管理アプローチを活用して、運用管理を自動化します。 次の 4 つのエディションが用意されています。

エディション Foundation Standard Advanced Enterprise
説明 vSphere のパフォーマンスおよび健全性 vSphere の監視、パフォーマンスおよびキャパシティの最適化 監視、パフォーマンス、キャパシティ、および構成の管理を含む、仮想および物理インフラストラクチャの運用 オペレーティング システムおよびアプリケーション レベルでの監視、パフォーマンス、キャパシティ、および構成の管理を含む、ハイブリッド クラウド インフラストラクチャの運用
vRealize Operations のコンポーネント
vRealize Operations Manager*
vRealize Configuration Manager*
vRealize Hyperic*
vRealize Infrastructure Navigator
vCenter Chargeback Manager
主な機能
運用の視認性と管理性の実現
プロアクティブなスマート アラート
インテリジェントなグループ別の運用
包括的な運用ダッシュボード
柔軟な運用ポリシー
自動化されたワークフロー トリガ
運用上のコンプライアンスの表示
カスタマイズ可能なダッシュボード
パフォーマンスの監視および分析
vSphere の健全性の監視
自己学習型のパフォーマンス分析
動的しきい値
根本原因の分析と推奨
OS リソース (CPU、ディスク、メモリ、ネットワーク) の監視**
サードパーティ製ストレージおよびネットワーク監視ツールからのデータ フィードによる拡張***
ミドルウェア、アプリケーション、データベースの監視 (完全な機能を持つ vRealize Hyperic)
サードパーティ製 OS およびアプリケーション監視ツールからのデータ フィードによる拡張***
キャパシティ管理
キャパシティの計測とトレンド分析
適切なサイジングとリソースの最適化
シナリオとモデリング
アラートおよびレポート生成
変更、構成、およびコンプライアンス管理
vSphere のセキュリティの向上、変更、構成、およびコンプライアンスの維持
オペレーティング システム レベルの変更、構成、パッチの管理
オペレーティング システム レベルのコンプライアンス コンテンツ パック (PCI、HIPAA、SOX など)*****
アプリケーションの依存関係のマッピング
自動検出
名前付けとバージョン管理
リレーションシップの視覚化
コスト算出とレポート作成
固定費および変動費のコスト算出モデル
業務チーム向けのコストの視覚化
コスト分析とレポート作成

* 実際の機能はエディションによって異なります。
** Advanced エディションに含まれる vRealize Hyperic には、Windows、Linux、AIX、Solaris、HP-UX 用のプラットフォーム プラグインが含まれます (使用許諾契約に制限あり)。 すべての機能を持つ vFabric vRealize Hyperic は Enterprise Edition に含まれています。
*** サードパーティ製アダプタの一覧については、 https://solutionexchange.vmware.com/store を参照してください。
**** Enterprise Edition にはゲスト OS レベルまたは物理サーバのコンプライアンスを維持するための機能が含まれています。

vRealize Operations の購入方法をご確認ください。