サービス プロバイダは、VMware vCloud Director を使用して、エンタープライズ クラスの組織に最適なハイブリッド対応のクラウド サービスを構築し、ほかのクラウド サービスとの差別化を図ることができます。VMware vCloud Director は、vCloud Air Network Program を通じて利用できます。

企業ユーザー向けの vCloud Director に関するご案内

vCloud Director の機能

仮想データセンターを数分で提供

vCloud Director では、Software-Defined Data Center (SDDC) サービスのプロビジョニングを統合管理できます。これにより、即座に利用できる包括的な仮想データセンターを数分で提供できます。

マルチテナント プラットフォームを提供

単一のプラットフォームを使用して複数のセキュアな仮想データセンターをホスティングすることで、運用コストを削減できます。ロール ベースのアクセス コントロールにより、こうした仮想データセンターを複数のテナントで使用することもできます。

データセンター サービスを自動化

ストレージ、ネットワーク、セキュリティなどのデータセンター サービスを、プール化、抽象化、および自動化できます。そのため、ハードウェアの物理構成を考慮することなく、包括的で、すぐに使用可能なインフラストラクチャをプロビジョニングできます。

オープンな API をサポート

vApp のアップロードとダウンロード、カタログ管理、その他の操作など、クラウド リソースを利用する際に、スクリプトを使用したアクセスが可能です。サービス プロバイダは、REST ベースの API と SDK を使用して vCloud Director の機能を拡張し、差別化を図ることができます。

セキュリティを適用し、リソースの使用を効率化

vCloud Director では、ソフトウェアで定義したリソース消費管理機能を組み込んでプロビジョニングを実施する際に、ポリシー ベースの手法を採用します。そのため、事前に構成した IT ポリシーを自動的に適用することができます。

アプリケーション カタログ サービスの提供

カタログを使用して、仮想アプライアンスやメディア ファイルを単一のテナントまたは複数のテナントに公開できます。

スポットライト 

VMware vCloud Director では、パブリック クラウドおよびハイブリッド クラウドのサービスのプロビジョニングを統合管理できます。これにより、使いやすい包括的な仮想データセンターをわずか数分で提供できます。

vCloud Director 8.10 のリリース

以前は API 経由でのみ使用可能だった多くの機能をサポートするため、ユーザー インターフェイスを更新しました。

ブログを読む (英語)

vCloud Air Network Program

VMware のインフラストラクチャ テクノロジーを月単位のサブスクリプションで利用できる、サービス プロバイダ向けのプログラムです。これによって、VMware のサービス プロバイダ パートナーのパブリック クラウドおよびハイブリッド クラウドを成功に導きます。

詳細情報

機能

ソフトウェアで定義された包括的なサービスを仮想データセンターとして提供

仮想データセンターからは、仮想化されたコンピューティング、ネットワーク、ストレージ、およびセキュリティが提供されます。これらの機能を数分でプロビジョニングして、関連する複数のワークロードを処理することができます。

仮想データセンター

コンピューティング、ストレージ、およびネットワーク キャパシティなど、ソフトウェアで定義されたサービスをすべてプロビジョニングできます。プール、抽象化、および自動化に関する方針を適用することで、インフラストラクチャ サービスの利用と基盤となるハードウェアとを完全に分離できます。

効率的なリソースの割り当て

アプリケーションを最適な vCenter Server クラスタに自動的に配置することで、IT 部門によるサーバのキャパシティ調整の負担を軽減します。仮想データセンターのリソースが、それぞれのチームや組織によってどのように使用されるか定義できます。

堅牢なマルチテナント

ユーザーを業務部門や会社など、ポリシー グループごとの組織に分類します。それぞれに対し、分離された仮想リソース、ロールに基づいた個別認証、個別のポリシー制御を割り当てることができます。これらの機能により、安全なマルチテナント環境と、インフラストラクチャ リソースの安全な共有が実現します。

迅速なプロビジョニング

vCloud Director を利用すると、サービス プロバイダは、基盤となるハードウェアの物理構成を考慮することなく、すぐに使用可能なインフラストラクチャをプロビジョニングできます。

vApp テンプレート

OVF (Open Virtualization Format) ベースの vApp テンプレートを利用して、コンピューティング、ストレージ、ネットワーク、およびその他のカスタマイズされたゲストのデータに関する要求をキャプチャします。マルチティア アプリケーションを、仮想マシン、オペレーティング システム イメージ、およびその他のメディアが格納された事前構成済みの仮想アプライアンスとして展開し、利用できます。

vApp カタログ

Web ベースのカタログから vApp のテンプレートにアクセスすることで、動的なプロビジョニングが可能です。データセンター間でアプリケーションを柔軟に移行でき、サービスの標準化が実現する一方で、トラブルシューティング、パッチ適用、および変更管理が簡素化されます。

OVF (Open Virtualization Format)

オープンな vCloud API により、環境間の基本的な転送が可能になります。これにより、異なる環境においてもアプリケーションのプロパティやネットワーク構成、その他の設定を維持できます。

オープンな API

vCloud API は、オープンな REST ベースの API です。これにより、vApp のアップロードとダウンロード、カタログ管理、その他の操作など、クラウド リソースへのアクセスをスクリプトで処理できます。

拡張性の向上

マニュアルとサンプルが付属した新しい API と SDK のセットを使用することで、サービス プロバイダは vCloud Director の機能を容易に拡張し、差別化を図ることができます。

サードパーティ製品との連携

REST ベースの API と SDK を使用することで、vApp のアップロードとダウンロード、カタログ管理、その他の操作など、クラウド リソースへのアクセスをサードパーティのアプリケーションから実行できます。

セキュリティとリソース消費の管理

vCloud Director では、ソフトウェアで定義したセキュリティ機能やリソース消費管理機能を組み込んでプロビジョニングを実施する際に、ポリシー ベースの手法を採用します。そのため、事前に構成したポリシーを自動的に適用することができます。

vCloud Networking and Security と NSX のテクノロジー

vCloud Networking and Security と NSX が提供するセキュリティ機能を、vCloud Director と連携させます。セキュリティ機能には、セキュリティ境界の保護、ポート レベルのファイアウォール、NAT および DHCP のサービスなどがあり、マルチテナント レベルでのセキュリティの提供、アプリケーション展開の簡素化、およびコンプライアンスの順守を実現します。

ロール ベースのアクセス コントロール

vCloud Director 内の各機能について、ユーザーごとに異なるレベルのアクセス権を設定する手法により、サービスの使用を許可します。割り当て、リース、および制限を設定することで、既定の限度を超えて使用されることを防止します。