サービス プロバイダは、VMware vCloud Director を使用して、エンタープライズ クラスの組織に最適なハイブリッド対応のクラウド サービスを構築し、ほかのクラウド サービスとの差別化を図ることができます。VMware vCloud Director は、vCloud Air Network Program を通じて利用できます。

 



企業ユーザー向け vCloud Director に関するご案内

vCloud Director の機能

仮想データセンターを数分で提供

vCloud Director は、Software-Defined Data Center (SDDC) サービスのプロビジョニングを統合管理し、完全な仮想データセンターをわずか数分で提供します。

データセンター サービスを自動化

ストレージ、ネットワーク、セキュリティなどのデータセンター サービスを、プール化、抽象化、および自動化します。そのため、ハードウェアの物理構成を考慮することなく、完全で、すぐに使用可能なインフラストラクチャをプロビジョニングできます。

マルチテナント プラットフォームを提供

単一のプラットフォームを使用してセキュアなデータセンターをホストすることで、運用コストを削減できます。データセンターは、ロール ベースのアクセス コントロールによって複数のテナントで使用できます。

オープンな API をサポート

vApp のアップロードとダウンロード、カタログ管理、その他の操作など、クラウド リソースを利用するための作業をスクリプトによって処理できます。サービス プロバイダは、REST ベースの API と SDK を使用して vCloud Director の機能を拡張し、差別化を図ることができます。

セキュリティを適用し、リソースの使用を効率化

vCloud Director は、ソフトウェアで定義したリソース消費制御を組み込む、ポリシー ベースのプロビジョニング手法を採用しています。そのため、事前に構成した IT ポリシーを自動的に適用することができます。

アプリケーション カタログ サービスの提供

カタログを使用して、仮想アプライアンスやメディア ファイルを単一のテナントまたは複数のテナントに公開できます。

vCloud Director のコミュニティ

ユーザー コミュニティで vCloud Director に関する詳細情報を入手できます。

コミュニティ フォーラムに参加 (英語サイト)

vCloud Air Network Program

パートナーは、VMware のインフラストラクチャを月単位のサブスクリプションで購入し、パブリック クラウドおよびハイブリッド クラウドを成功に導くことができます。

詳細情報