VMware Virtual SAN は、ハイパーコンバージド インフラストラクチャ向けの、エンタープライズ クラスの非常にシンプルな共有ストレージ ソリューションです。オールフラッシュ ストレージのパフォーマンス向けに最適化されています。

Virtual SAN の製品概要

Virtual SAN の製品概要

Virtual SAN の製品概要 (3:10)

Hyper-Converged Infrastructure Webcasts

ハイパーコンバージド インフラストラクチャの Web キャスト (英語)

ハイパーコンバージェンスによってコストを削減し、運用を簡素化し、IT の俊敏性を向上させる仕組みについてご確認ください。

What's New in Virtual SAN 6.2

Virtual SAN 6.2 の新機能

Virtual SAN の新機能についてご確認ください。

極めてシンプルなストレージ

vSphere のストレージのプロビジョニングと管理を簡素化することで、業務の負担を軽減します。vSphere Web Client でマウスを数回クリックするだけでストレージを展開し、ほかの VMware 製品とネイティブに連携します。仮想マシンを中心としたストレージ ポリシーによって、仮想マシン単位でストレージ サービス レベルを自動化できます。
ビデオ: VMware Virtual SAN の構成 (2:54)

可用性と管理性の向上

あらゆる業種および規模の企業が、重要なビジネス アプリケーションから数千台の仮想デスクトップまで、ビジネス クリティカルなワークロードに Virtual SAN を使用しています。Virtual SAN では、ディスク、ホスト、ネットワーク、またはラックに障害が発生した場合でも、データが損なわれることはありません。また、同期レプリケーションや拡張クラスタを使用することで、サイト全体の障害にも対応できます。

エンタープライズ対応のストレージ

ハイパーバイザーに組み込まれた唯一のストレージ ソリューションに、ミッション クリティカルなアプリケーションを安心して保存することができます。Virtual SAN は、ホスト 1 台あたり最大 10 万 IOPS のオール フラッシュのパフォーマンスを実現します。High Availability (HA)、非同期レプリケーション、拡張クラスタ機能などの vSphere の可用性テクノロジーと、重複排除、圧縮、イレイジャー コーディングなどのオール フラッシュ向けストレージ効率化機能をサポートします。

総所有コスト (TCO) を 50 % 削減

業界標準の低コストなサーバ コンポーネントに展開できるため、多額の初期投資は不要です。独立した専用ハードウェアは使用せず、仮想マシン中心のポリシーによってストレージ サービス レベルの管理を自動化します。重複排除や強化された自動化機能などのストレージ効率化機能によって、総所有コスト (TCO) をさらに削減します。 Virtual SAN の TCO およびサイジング計算ツール (英語) をお試しください。

優れたパフォーマンス

ハイパーバイザー内の最適化された I/O データ パスを基盤とし、フラッシュの速度に合わせて設計されている Virtual SAN は、仮想アプライアンスや外部デバイスと比べてパフォーマンスが大幅に優れています。オール フラッシュでホスト 1 台あたり最大 10 万 IOPS を達成し、クラスタあたりホスト 64 台まで拡張できるので、仮想デスクトップ、リモート IT、およびビジネス クリティカルなアプリケーションに最適です。

リニアに拡張可能なストレージ

Virtual SAN は、ストレージ リソースとコンピューティング リソースの予測が可能で、ダウンタイムなしで柔軟に拡張できるので、多額の費用をかけてアップグレードを行う必要はありません。各 Virtual SAN クラスタは、1 ノード単位でスケール アウトするか、既存のホストにキャパシティを追加することでスケール アップできます。また、8 PB を超える物理ストレージ キャパシティを使用できます。

Virtual Blocks ブログ (英語)

VMware のストレージと可用性のエキスパートが技術情報やヒントを提供しています。

ディスカッションに参加 (英語)

Virtual SAN に関するトレーニング

Virtual SAN のコースを受講して導入の準備ができます。

クラスを検索

Virtual SAN の評価

Virtual SAN が環境にどのように適合するか、また、コストと効率の面で何を実現できるかをご確認いただけます。

詳細情報