VMware Virtual SAN は、vSphere 仮想インフラストラクチャ向けに設計、最適化された、非常にシンプルなハイパーバイザー統合型ストレージです。

仮想マシン用に設計された非常にシンプルなストレージ

Virtual SAN は、vSphere 環境でのストレージのプロビジョニングと管理を簡素化および効率化します。仮想マシン中心のストレージ ポリシーを使用して、ストレージ サービス レベルの詳細な制御と自動化を行います。Virtual SAN には自己調整機能が備わっています。各仮想マシンに割り当てられたサービス レベルに合わせて、ストレージ リソースを自動的に再構築および再調整します。vSphere や VMware スタック全体と完全に連携して、効率的で費用対効果の高い運用モデルを実現します。

TCO を最大 50 % 削減

Virtual SAN は、ビジネスの成長に合わせて柔軟に拡張できる予測可能な拡張性を備えているため、多額の先行投資が不要になります。業界標準の低コストなサーバ コンポーネントを使用し、ベンダーや構成を柔軟に選択できるため、ストレージの設備投資コストを削減できます。また、vSphere のツールによってストレージの管理を簡素化し、仮想マシン中心のポリシーによってストレージ サービス レベルの管理を自動化することで、運用コストを削減できます。

高いパフォーマンス

Virtual SAN は、サーバ内蔵のフラッシュを使用して読み取り / 書き込みキャッシュを実現します。Virtual SAN は、VMware のハイパーバイザーに組み込まれており、I/O データ パスを最適化することで、仮想アプライアンスや外部のデバイスよりも優れたパフォーマンスを実現します。Virtual SAN のオール フラッシュ アーキテクチャでは、SSD 上でデータの永続性を確保し、一貫して短い応答時間で、非常に高いパフォーマンスを実現できます。

柔軟なスケーラビリティ

Virtual SAN は、ストレージ リソースをダウンタイムなしで柔軟に拡張できます。クラスタに新しいホストを追加 (スケール アウト) することで、キャパシティとパフォーマンスの両方を同時に強化できます。また、既存のホストに単に新しい HDD や SSD を追加 (スケール アップ) するだけで、キャパシティとパフォーマンスを別々に強化することもできます。

vSphere 向けの Software-Defined Storage

Virtual SAN は、Software-Defined Data Center 向けの Software-Defined Storage です。Virtual SAN のハイパーバイザー統合型アーキテクチャにより、ストレージとコンピューティングを同じ物理ホスト上で、最小限のオーバーヘッドで実行可能です。vSphere Web Client および VMware スタック全体とのシームレスな連携により、管理が簡素化されます。

vSphere ストレージのブログ (英語)

Virtual SAN のエキスパートによる技術情報やヒントを提供しています。

ディスカッションに参加 (英語)

Virtual SAN

受講可能な Virtual SAN のコース一覧をご確認ください。

クラスの検索

Virtual SAN のハンズオン ラボ

オンデマンドで、Virtual SAN のハンズオン ラボをご提供いたします。

利用開始