VMware vRealize Operations による IT 運用管理の効率化と自動化

VMware vRealize Operations によって、アプリケーションからインフラストラクチャに至るまで、物理、仮想、クラウド環境全体をインテリジェントに運用管理できます。

(2:33)

拡大する環境の追跡

vRealize Operations を使用すると、IT 環境全体を単一の運用管理スイートによって管理できます。 

スポットライト 

vRealize Operations はアプリケーションのパフォーマンスを向上させ、ビジネスの中断を防止し、IT の効率性を向上させます。 

(0:44)

vRealize Operations に関するデータ

インフラストラクチャとアプリケーション全体を容易に運用管理する方法をご確認ください。 

vRealize ソフトウェアの活用

vRealize Operations、vRealize Automation、vRealize Business のインストールと最適化に関する、VMware のエキスパートからのアドバイスをご確認ください。

Web キャストを見る

vRealize Suite と vCloud Suite へのアップグレード キャンペーン

vRealize Operations、vRealize Operations Insight、vSphere with Operations Management Enterprise Plus を特別価格で vRealize Suite または vCloud Suite にアップグレードできる、期間限定のキャンペーンです。 

詳細情報

クラウド管理ブログ (英語)

vRealize Operations の使用や仮想環境の管理に関する、最新のニュースやエキスパートによる技術的なアドバイスを確認できます。

(3:39)

vRealize Suite Standard Edition

vRealize Suite Standard Edition が物理、仮想、クラウド インフラストラクチャにまたがってインテリジェントな運用管理をどのように行うのかをご確認ください。

機能

SDDC のパフォーマンスと可用性

予測分析、スマート アラート、ガイド付きの修正機能によって、ストレージからアプリケーションまでのパフォーマンスと健全性の監視を統合することで、Software-Defined Data Center (SDDC) のパフォーマンスの向上、システム停止の回避、プロアクティブな管理を実現します。

パフォーマンス管理

vSphere と Virtual SAN を含む SDDC 全体で、健全性とパフォーマンスを完全に把握できます。予測分析とスマート アラートにより、複数の現象を相互に関連付けて注意喚起することで、パフォーマンスの問題をプロアクティブに解決できます。問題の原因に関する的確でわかりやすい解説と、推奨される修正方法を提示します。直感的でカスタマイズ可能なダッシュボード、ビュー、レポートから必要なデータを取得し、運用とキャパシティ管理について、情報に基づいたインテリジェントな意思決定ができます。

アプリケーション対応のインフラストラクチャ管理

アプリケーションとインフラストラクチャの依存関係は、運用ビューでまとめて確認できます。使用中のコンピューティング、ストレージ、ネットワーク リソースをマッピングして、依存関係を評価、分析し、通常の状態との違いを検出して根本原因を迅速に特定します。健全性、リスク、効率性の状態をグループ レベルとコンポーネント レベルで表示できるため、インテリジェントな運用が可能になります。

ポリシー ベースの自動化

すぐに利用できるカスタマイズ可能なポリシー、ガイド付きの修正機能、標準の自動適用によって主な IT プロセスを効率化します。IT 運用の完全な制御を維持しながら、パフォーマンス、キャパシティ、コンプライアンスを最適化します。

インフラストラクチャの運用とコンプライアンスの確保

再利用と適切なサイジング、クラスター間でのワークロードの配置、計画や予測の向上によって、リソースの使用率を最適化します。IT と構成の標準を適用し、最適なインフラストラクチャを実現します。

クラスター間でのワークロードの配置

Distributed Resource Scheduler (DRS) との緊密な連携によって、クラスター間でワークロードを調整し、リソースの使用率を最適化します。リバランス処理によって競合を解決し、ワークロード使用率のダッシュボードで状態を容易に確認できます。

キャパシティの管理とプランニング

リソースの自動最適化機能によって、オーバープロビジョニング状態のキャパシティを再利用して、仮想マシンを適切にサイジングします。柔軟なキャパシティのモデリングにより、サービス レベル アグリーメント (SLA) やビジネス ニーズに合わせてリソース戦略や What-if シナリオを作成できます。

構成とコンプライアンス管理

ワークフローの自動化、スマート アラート、原因のシンプルな説明、推奨されるアクションの表示によって、構成標準の適用、構成エラーの検出、IT ポリシーへの違反の自動修正をプロアクティブに実現します。すぐに利用可能な構成とコンプライアンス ポリシーを活用することも、自分でポリシーを作成することもできます。

vSphere のセキュリティの強化

仮想インフラストラクチャと物理インフラストラクチャ全体にわたり、vSphere のセキュリティ強化に関するコンプライアンスを維持します。ユーザー環境が、数百ものセキュリティ強化条件に適合しているかを詳細に表示するテンプレートにより、コンプライアンス違反を特定し、修正することが可能です。コンプライアンスの確認作業をスケジュール設定して自動で実行させることができます。

統合管理

異種混在のデータセンターや複数のパブリック クラウドにまたがって統合管理できます。サードパーティ製管理パックを利用できる拡張可能なプラットフォームにより、アプリケーション、物理インフラストラクチャ コンポーネント、パブリック クラウドを 1 つの画面で包括的に把握できるため、運用が簡素化されます。

包括的な視認性

パフォーマンス データを変更イベントに接続する単一のインターフェイスを使用して、vSphere や Hyper-V から Amazon Web Services におよぶ物理インフラストラクチャ、仮想インフラストラクチャ、クラウド インフラストラクチャ全体にわたって、アプリケーション、ストレージ、ネットワークの視認性を獲得できます。

拡張可能なオープン プラットフォーム

拡張可能なオープン アーキテクチャにより、大規模で複雑な異種混在のハイブリッド環境を管理できます。非常に複雑な環境にも対応し、スケーラビリティと耐障害性に優れています。VMware、サードパーティのハードウェア ベンダー、アプリケーション ベンダーが提供するドメイン固有の管理パックを展開できます。

ビジネス継続性

アプリケーションの検出とマッピングの自動化を使用したり、インフラストラクチャの変更がアプリケーションに及ぼす影響を特定したりすることで、ビジネス継続性とディザスタ リカバリ プランニングが向上します。ディザスタ リカバリ プランから見落とされがちな仮想マシンと重要な接続との依存関係を検出します。

比較

主な機能

単体製品のエディション (CPU 単位のライセンス)
Standard
Advanced
Enterprise
単体製品のエディション (CPU 単位のライセンス) 単体製品のエディション (CPU 単位のライセンス)
Standard Standard
Advanced
Enterprise
単体製品のエディション (CPU 単位のライセンス) 本製品を含む VMware のスイート (CPU 単位のライセンス)
Standard VMware vSphere with Operations Management
Advanced VMware vRealize Suite/vCloud Suite Standard、Advanced、Enterprise
Enterprise vRealize Suite/vCloud Suite Enterprise の一部として vRealize Operations のアプリケーション監視機能のみが含まれる
Standard
Advanced
Enterprise
スケールアウト可能なプラットフォーム
Standard
Advanced
Enterprise
シングル サインオン
Standard
Advanced
Enterprise
リモート コレクタの高可用性
Standard
Advanced
Enterprise
自動化フレームワーク (自動修正)
Standard
Advanced
Enterprise
組み込みの高可用性機能 (プラットフォーム ノードの自動フェイルオーバー)
Standard
Advanced
Enterprise
Standard
Advanced
Enterprise
運用ダッシュボード、ビュー、レポート
Standard
Advanced
Enterprise
カスタマイズ可能なダッシュボードとレポート機能
Standard
Advanced
Enterprise
スーパー メトリック
Standard
Advanced
Enterprise
Standard
Advanced
Enterprise
柔軟な運用ポリシーと運用グループ
Standard
Advanced
Enterprise
ガイド付き修正機能
Standard
Advanced
Enterprise
ロール ベースのアクセス コントロール
Standard
Advanced
Enterprise
Standard
Advanced
Enterprise
vSphere の健全性の監視
Standard
Advanced
Enterprise
自己学習型分析機能と動的しきい値
Standard
Advanced
Enterprise
スマート アラート
Standard
Advanced
Enterprise
推奨されるアクションのランディング ページ
Standard
Advanced
Enterprise
根本原因の分析と推奨の提示
Standard
Advanced
Enterprise
OS リソース (CPU、ディスク、メモリー、ネットワーク) の監視
Standard
Advanced
Enterprise
Standard
Advanced
Enterprise
キャパシティの測定、トレンド分析、適切なサイジング、リソースの最適化
Standard
Advanced
Enterprise
カスタム データセンターの作成
Standard
Advanced
Enterprise
カスタム キャパシティ プロファイル
Standard
Advanced
Enterprise
キャパシティ モデル、What-if シナリオ
Standard
Advanced
Enterprise
モデル ベースの分析用のキャパシティ予約のコミット
Standard
Advanced
Enterprise
リソースの監視、プランニング、最適化 (あらゆるオブジェクトに適用可能)1
Standard
Advanced
Enterprise
Standard
Advanced
Enterprise
移行操作
Standard
Advanced
Enterprise
リバランス処理2
Standard
Advanced
Enterprise
ワークロードのプランニングとバランシング用のダッシュボード
Standard
Advanced
Enterprise
Standard
Advanced
Enterprise
vSphere のセキュリティ強化
Standard
Advanced
Enterprise
vSphere の変更、構成、コンプライアンスの維持
Standard
Advanced
Enterprise
オペレーティング システム レベルの変更、構成、パッチの管理
Standard
Advanced
Enterprise
オペレーティング システム レベルのコンプライアンス管理パック (PCI、HIPAA、SOX など)*
Standard
Advanced
Enterprise
Standard
Advanced
Enterprise
アプリケーションの自動検出と依存関係の視覚化
Standard
Advanced
Enterprise
名前付けとバージョン管理
Standard
Advanced
Enterprise
Standard
Advanced
Enterprise
アプリケーション、ミドルウェア、データベースの監視
Standard
Advanced
Enterprise
Standard
Advanced
Enterprise
vCenter Server/vRealize Log Insight/vRealize Automation/vRealize Business/vRealize Orchestrator
Standard
Advanced
Enterprise
Management Pack for Storage Devices4
Standard
Advanced
Enterprise
マルチ クラウド (vCloud Air、AWS、OpenStack)
Standard
Advanced
Enterprise
EPIC と Meditech の管理パック5
Standard
Advanced
Enterprise
Standard
Advanced
Enterprise
コンピューティング/サーバー
Standard
Advanced
Enterprise
ストレージ、ネットワーク、コンバージド/ハイパー コンバージド
Standard
Advanced
Enterprise
その他のハイパーバイザー
Standard
Advanced
Enterprise
マネージャーのマネージャー (MoM)/コネクタ
Standard
Advanced
Enterprise
データベース/アプリケーションとミドルウェア
Standard
Advanced
Enterprise
Standard
Advanced
Enterprise
vRealize Operations Manager
Standard
Advanced
Enterprise
vRealize Infrastructure Navigator
Standard
Advanced
Enterprise
vRealize Configuration Manager7
Standard
Advanced
Enterprise

 

 

1 高度な API を使用してカスタマイズするか、関連する管理パックを利用します。

 

2 DRS をオンにする必要があります。

 

3 アプリケーション監視は、vRealize/vCloud Suite Standard と Advanced のアドオン、または vRealize Enterprise の一部として利用できます。アプリケーション固有の管理パックを追加で購入することが必要な場合もあります。

 

4 VMware Virtual SAN (VSAN) に限定 (Standard エディションのみ)

 

5 EPIC と Meditech は別売です

 

6 vRealize Operations の製品パッケージとダウンロード版には含まれていません。別売の場合もあります。

 

7 実際の機能はエディションによって異なります。vRealize Suite/vCloud Suite には含まれていません。

 

サードパーティ製管理パック: サードパーティ製管理パックと拡張機能の一覧については、https://solutionexchange.vmware.com/store (英語) を参照してください。

価格設定

vRealize Operations はスタンドアローン製品として購入可能なほか、VMware のさまざまな製品にバンドルされています。3 種類のライセンス モデルがあります。

  • Portable Licensing Unit: vRealize Operations は、VMware vCloud SuitVMware vRealize Suite の一部として、Portable Licensing Unit でご購入いただけます。
  • プロセッサー単位 (仮想マシン数は無制限): vRealize Operations Standard Edition は、vSphere with Operations Management の一部としてプロセッサー単位で、または単体製品としてご購入いただけます。
  • 仮想マシン単位または物理サーバー単位: vRealize Operations は、25 仮想マシン ライセンス パックまたはオペレーティング システム インスタンス ライセンス パック単位で単体製品としてもご購入いただけます。

エディションの選択

vRealize Operations には、vSphere と仮想インフラストラクチャの管理、異種混在の仮想環境と物理環境の管理、またはオペレーティング システム レベルとアプリケーション レベルでのマルチ クラウド インフラストラクチャの管理といった目的に応じて、Standard、Advanced、Enterprise の 3 種類のエディションが用意されています。

エディション 製品 (バンドル) 説明
Standard   vSphere with Operations Management vSphere のインテリジェントな運用管理を、あらゆる規模の企業に提供します。vSphere 環境全体のデータを関連付けできる統合管理ツールで、使いやすく、他社と比べてお求め安い価格です。予測分析、スマート アラート、ポリシー ベースの自動化機能により、vSphere のパフォーマンスとキャパシティの最適化が可能です。サードパーティ製管理パックを使用することで、プラットフォームをマルチ ベンダーの物理サーバーに拡張できます。
Advanced   vRealize SuitevCloud Suite vSphere や Hyper-V から Amazon Web Services まで、物理、仮想、クラウドのインフラストラクチャ全体のインテリジェントな運用管理を実現します。サードパーティ製の管理パックのサポートにより、物理コンピューティング、ストレージ、ネットワーク、コンバージド システム ハードウェアにまでプラットフォームを拡張できます。表示やレポートをニーズに合わせてカスタマイズできる使いやすい統合管理ツールを使用して、インフラストラクチャ コンポーネント全体のデータを関連付けできます。ポリシー ベースの自動化機能のほか、予測分析やスマート アラートによる事前対応が可能になるため、パフォーマンス、キャパシティ、構成の完全な制御が可能になります。
Enterprise   アプリケーションの監視機能は、vRealize SuitevCloud Suite Standard/Advanced のアドオンとして、または vRealize SuitevCloud Suite Enterprise の一部として使用できます。 Advanced Edition のすべての機能に加えて、次の機能を提供します。
(a) ビジネス クリティカル アプリケーション、ミドルウェア、データベースの管理
、(b) *オペレーティング システム レベルでの構成、変更、コンプライアンス管理の機能

これにより、物理、仮想、クラウド環境のインフラストラクチャとアプリケーションの両方で、サービス品質と運用効率の向上、IT 標準の適用が可能になります。

* オペレーティング システム レベルでの構成、変更、コンプライアンス管理の機能は、vCloud SuitevRealize Suite には含まれていません。