VMware vSphere® は仮想環境の可用性を最大にします。仮想マシンの自動的な再起動により計画的ダウンタイムを過去のものとし、計画外のダウンタイムを最小に抑制することが可能です。仮想マシンの配置、ロード バランシング、バックアップとリカバリ、およびサイト全体のディザスタ リカバリを自動化することで、さらなる可用性の向上を実現します。

計画的ダウンタイムの排除

VMware vSphere vMotion では、エンド ユーザーに影響を与えずに、実行中の仮想マシンを別の vSphere ホストに移行できます。これにより、ダウンタイムを計画したり、業務を中断することなく、サーバのメンテナンスとアップグレードを実行できます。vSphere vMotion では、vSphere サーバ間の仮想マシンの配置を動的に再構成できるので、ビジネス ポリシーの変化に対応したり、障害が発生したハードウェアやパフォーマンスが低下したハードウェアから仮想マシンをプロアクティブに移行できます。

VMware vSphere Storage vMotion では、エンド ユーザーへのサービスを中断することなく、仮想マシン ディスク ファイルをデータストア間で移行できます。ストレージ アレイの移行、メンテナンス、およびアップグレードの簡素化や、ストレージ I/O パフォーマンスの動的な最適化などのストレージ運用を管理できます。

vSphere vMotion

vSphere vMotion

vSphere vMotion

サーバおよびストレージの使用の最適化

VMware vSphere Distributed Resource Scheduler (DRS) は、vSphere ホストのクラスタ内すべての CPU およびメモリ使用率を継続的に監視して、ビジネス ニーズに合わせて仮想マシン間にリソースを割り当てます。

VMware vSphere Storage DRS は、プロビジョニングを実行する際に、使用可能なストレージ リソースに基づいてワークロードをストレージ ボリュームに配置します。また、必要な容量を確保し、I/O のボトルネックを防ぐため、データストア間で継続的なロード バランシングを実行します。

機能

高可用性

High Availability (HA) は、仮想マシンで実行するアプリケーションに対して、費用対効果に優れた継続性を提供します。物理サーバがダウンした場合、影響を受けた仮想マシンは、キャパシティに余裕のある別のサーバ上で自動的に再起動されます。オペレーティング システムに障害が発生した場合、vSphere HA は、影響を受けた仮想マシンを同じ物理サーバ上で再起動します。

High Availability に関する詳細情報

Data Protection

VMware vSphere Data Protection (VDP) は、ディスクへの効率的なバックアップと信頼性の高いリカバリを提供する理想的なバックアップおよびリカバリ ソリューションです。vSphere Data Protection のテクノロジーにより、従来のアプローチの高いコストと複雑性が排除されることで、ビジネス要件を満たすことが可能になります。

vSphere Data Protection に関する詳細情報

vSphere High Availability の図

vSphere High Availability の図

Fault Tolerance

VMware vSphere Fault Tolerance (FT) では、仮想ロックステップ方式でプライマリ インスタンスと同期する仮想マシンの、ライブ シャドウ インスタンスを作成します。これにより、ハードウェア障害からの保護を可能にし、アプリケーションに継続的な可用性を提供します。Fault Tolerance は、2 つのインスタンス間で即座にフェイルオーバーを行うことで、データ損失やデータ破損の可能性を完全に排除します。

Fault Tolerance に関する詳細情報

Replication

vSphere Replication はネットワーク経由で、パワーオン状態の仮想マシンを vSphere ホスト間でレプリケーションします。ストレージ アレイ ベースの物理的なレプリケーションは不要です。また、必要な帯域幅の削減、任意のストレージの使用、および柔軟なディザスタ リカバリ構成の作成など、独自のメリットがあります。

vSphere Replication に関する詳細情報

vSphere Replication Calculator を試用