vSphere with Operations Management 環境の主要管理機能を提供し、ワークフローの追加、データの監視やパフォーマンスの管理、キャパシティの最適化により、真の意味で管理された仮想化ソリューションを実現します。 管理機能を使用することにより、IT 管理者はインフラストラクチャ リソースを最大限活用し、ビジネス クリティカルなアプリケーションを確実に実行することができます。

運用管理について

統合管理およびプロアクティブな運用管理

生産性とサービス品質を向上させるには、サーバ仮想化をより多くのワークロードにまで拡張して統合管理することが不可欠です。 仮想インフラストラクチャの構成を詳細に確認できるため、IT 部門はビジネス ニーズに容易に対応できるようになります。 たとえば、一人の担当者が数百ものワークロードを監視することができるため、物理環境に比べてサーバ管理の生産性が大幅に向上します。

ワークフローのオーケストレーション

主要なサーバ管理プロセスを確立したあと、ワークフローのオーケストレーション機能を使用して、これらのプロセスをベスト プラクティスとして利用できます。 これにより、管理時間の短縮、マニュアル作業によるエラーの防止、運用コストの削減、およびサーバ管理の簡素化が可能となります。 管理者や設計者は、ワークフロー デザイナーを使用して複雑なプロセスを自動化し、vSphere Client から直接、またはさまざまなトリガ メカニズムを使用してワークフローを起動することができます。

ワークロードのキャパシティとパフォーマンス

IT 環境全体にサーバ仮想化を拡張した場合でも、単一の画面からワークロードとパフォーマンスのキャパシティの詳細を確認できます。これにより、保守が容易になり、健全な仮想インフラストラクチャを維持することができます。 キャパシティの最適化により、必要に応じて環境を適切なサイズに維持しながら、パフォーマンスの監視によって、エンド ユーザーに影響が及ぶ前に発生しつつある問題を特定することができます。 まとめ ビジネス クリティカルなアプリケーションを確実に提供