どのような仮想環境にも、運用管理は重要な要件です。vSphere および vSphere with Operations Management は、どちらも包括的な機能を備えています。一貫した管理性を備えた仮想化を提供し、仮想データセンターのメリットを最大限に引き出し、既存のインフラストラクチャやアプリケーションから最高レベルのパフォーマンス、可用性、および効率性を導入初日から実現するように設計されています。

一貫した管理性: vSphere with Operations Management の機能

  • 統合されたダッシュボード: 主要なパフォーマンス指標が、識別しやすい色付きのバッジで表示されます。パフォーマンスとキャパシティの管理において、現在問題となっているものと、問題となる可能性があるものを一度に確認できます。
  • 予測分析: vSphere には 600 以上のパフォーマンス指標があり、包括的な視認性を活用して、運用の健全性とリスクを管理できます。
  • パフォーマンス監視とキャパシティ管理: vCenter Server のパフォーマンス データを分析して、環境に応じた動的しきい値を設定します。これに基づいて、健全性の低下、パフォーマンスのボトルネック、キャパシティ不足に関するスマート アラートを通知します。

インテリジェントな運用: vSphere with Operations Management の機能

  • アプリケーションの認識と依存関係のマッピング: 影響度分析を簡素化し、問題の根本原因を特定しやすくします。これにより、包括的なディザスタ リカバリ プランを構築できます。
  • ストレージの分析: 仮想および物理ストレージのインフラストラクチャのトポロジーを詳細に確認できるため、構成エラー、リソース不足、およびパフォーマンスに関する問題を容易に特定できます。
  • 高度なキャパシティ モデリング: 分析エンジンに what-if シナリオを保存し、キャパシティ モデルを指定することで、キャパシティ計算とスマート アラートの精度を向上させます。
  • リアルタイムでのログ分析: プロアクティブなトラブルシューティングや、問題の根本分析に役立ちます。

運用の自動化: vSphere with Operations Management の機能

  • ガイド付きの修正機能: 問題に関する具体的でわかりやすい説明と、推奨の修正アクションを提示します。
  • キャパシティを自動的に最適化: キャパシティの最適化およびプランニングを自動化することで、リソース使用率が向上します。
  • 標準構成の自動適用: 標準構成を自動的に検出して適用し、コンプライアンスに確実に準拠させます。

統合管理およびプロアクティブなリソース最適化

  • シンプルな展開: vSphere ホストを展開する際の構成方法と管理方法を標準化および簡素化します。
  • 統合管理: 任意のブラウザを使用して、vSphere の重要な機能を管理できます。
  • プロアクティブなリソース最適化: 同じ物理サーバ上にある仮想マシンのプロセッサとメモリのリソースを管理します。

ワークフローのオーケストレーション

  • ワークフローの作成: ワークフローのオーケストレーション機能を使用して、主要なサーバ管理プロセスをベスト プラクティスとして利用します。
  • プロセスの自動化を促進: 設定なしで利用可能なワークフローや、VMware およびパートナーが提供する vRealize Orchestrator のワークフローとプラグインを使用します。
  • 強力な管理機能: プラグインの拡張、スクリプトとプロセスに関するプリミティブの一元化、ワークフローのエクスポートが可能です。

ワークロードのキャパシティの最適化とパフォーマンスの監視: vSphere with Operations Management で利用できます。

  • キャパシティの最適化: ニーズに応じて、環境を適切なサイズに維持します。
  • パフォーマンスの監視: エンド ユーザーに影響が及ぶ前に、発生しつつある問題を特定します。
  • 運用の視認性: ダッシュボードをカスタマイズし、ロール ベースのアクセスを提供することで、コラボレーションがより強化されます。