ライブ マイグレーションの実行

vSphere のライブ マイグレーションによって、稼動中の仮想マシン全体を別の物理サーバへダウンタイムなしで移行できます。 仮想マシンはネットワーク ID と接続性を維持できるため、シームレスな移行処理が確実に行われます。 仮想マシンのアクティブなメモリと正確な稼動状態を高速ネットワーク経由で転送するので、移行元の vSphere ホストで実行中の仮想マシンを移行先の vSphere ホスト上で即座に実行できます。 このプロセスにかかる時間は、ギガビット イーサネット ネットワークで 2 秒未満です。

  • リソース プール内で、仮想マシンを自動的に最適化
  • メンテナンスのためにダウンタイムを計画したり、ビジネス業務を中断せずに、ハードウェアのメンテナンスを実行
  • 障害が発生したサーバやパフォーマンスが低下しているサーバから仮想マシンを移行
仮想マシンのライブ マイグレーション

仮想マシンのライブ マイグレーション

移行の自動化とスケジューリング

vMotion の自動移行機能により、事前に設定した時刻に管理者の操作なしで移行を実行できます。 vSphere の自動移行機能のひとつである DRS (Distributed Resource Scheduler) は、vMotion を使用して、vSphere クラスタ間で仮想マシンのパフォーマンスを最適化します。

  • vSphere がサポートするあらゆるタイプのハードウェアおよびストレージ間で、任意のオペレーティング システムを実行している複数の仮想マシンを監査証跡付きで移行します。
  • 仮想マシンの最適な配置先を数秒で特定します。

技術的な詳細

Virtual Machine File System (VMFS) の使用

ファイバ チャネル、iSCSI のストレージ エリア ネットワーク (SAN)、ネットワーク接続ストレージ (NAS) などの共有ストレージ ファイルとして、仮想マシン全体の状態がカプセル化されます。 VMware vSphere Virtual Machine File System (VMFS) により、複数の vSphere ESXi が同じ仮想マシン ファイルに同時にアクセスできます。

vMotion による移行のトレーニングのビデオ

vMotion による移行のトレーニングのビデオ

Storage vMotion の統合

VMware vSphere 5.1 以降のバージョンでは、標準の vMotion と Storage vMotion が、単一の移行機能として統合されました。 これにより、ホスト間、クラスタ間、またはデータセンター間で仮想マシン全体のライブ マイグレーションが可能になります。ユーザーの作業が中断することもなく、複数のホスト間の共有ストレージも必要もありません。

ネットワーク状態の維持

基盤となる vSphere ホストは、仮想マシンが使用するネットワークを仮想化します。 これにより、移行後も仮想マシンのネットワーク ID とネットワーク接続が維持されます。 vMotion による仮想マシンの移行では、正確な稼動状態、ネットワーク ID、およびアクティブなネットワーク接続が維持されるため、ダウンタイムの発生やユーザーへの影響はありません。

トランザクションの整合性

仮想マシンのアクティブなメモリと正確な稼動状態を高速ネットワーク経由で転送するので、移行元の vSphere ホストで実行中の仮想マシンを移行先の vSphere ホスト上で即座に実行できます。 vMotion は、実行中のメモリ トランザクションをビットマップに記録し、ユーザーに転送時間を意識させません。 vMotion は、メモリおよびシステム状態すべてを移行先の vSphere ホストにコピーしたあと、移行元の仮想マシンをサスペンドし、ビットマップを移行先の vSphere ホストにコピーして、移行先の vSphere ホスト上の仮想マシンをレジュームします。これにより、トランザクションの整合性が保たれます。