多くの企業では、リモート オフィスや支社において少数のサーバーで少数のワークロードが実行されており、リモート オフィスと支社に対する IT サポートの提供には、現地の IT スタッフの不足、ホスト構成の不統一、限られた予算やスペースなど、特有の課題があります。  vSphere Remote Office Branch Office を利用すると、現地の IT スタッフが少数、あるいはまったく存在しなくても、リモート オフィスや支社を管理できます。  複数サイトにわたるサーバーの迅速なプロビジョニング、ホストの構成エラーの抑制、コンプライアンスに関する視認性の向上が可能です。 

ワークロードのライブ マイグレーション

 

vSphere vMotion を利用することで、ダウンタイムを発生させずに、実行中の仮想マシン全体を物理サーバー間で移動できます。仮想マシンはネットワーク ID と接続状態を保持するため、シームレスな移行プロセスが可能です。仮想マシンのアクティブなメモリーと正確な稼動状態を高速ネットワーク経由で転送するため、移行元の vSphere ホストで実行中の仮想マシンを移行先の vSphere ホスト上で即座に実行できます。このプロセスにかかる時間は、ギガビット イーサネット ネットワークで 2 秒未満です。  この機能は、仮想スイッチ間、vCenter Server 間、長距離間でも実行できます。

vMotion の仕組み: ワークロードのライブ マイグレーション

仮想マシンとデータの保護

vSphere Data Protection は、エージェントを使用せずにイメージ レベルで仮想マシンをディスクにバックアップします。また、ビジネス クリティカルな Microsoft の基幹アプリケーション (例: Exchange、SQL Server、SharePoint) を認識して保護することが可能なほか、WAN を効率的に使用し、バックアップ データを暗号化してレプリケートすることができます。主な機能として、可変長重複排除、アプリケーションを認識したバックアップ、ワンステップ リカバリ、緊急時のホストへの直接リストアなどがあります。 

vSphere Data Protection の仕組み

システムの連続稼動の維持

vSphere High Availability (HA) は、仮想 IT 環境内のハードウェアやオペレーティング システムの障害に対して、費用対効果に優れた統合的なフェイルオーバーによる保護を行います。ホストと仮想マシンを監視し、障害が検出されると、クラスター内の別のホスト上で仮想マシンを自動的に再起動するほか、アプリケーションやゲスト OS を修正せず、すべてのアプリケーションを一貫した方法で自動的に保護します。

デモ: アプリケーションの稼動時間の向上

VMware vSphere では、計画外の停止が発生したときに、ダウンタイムを最小に抑制し、迅速にリカバリできます

データセンターのリソースの共有

vSphere Content Library を利用することで、仮想マシン テンプレート、vApp、ISO イメージ、スクリプトを 1 か所で管理できます。個別に構成と管理が可能なライブラリに、コンテンツを構成でき、ライブラリが作成されると、vCenter Server の境界を跨いでコンテンツを共有し、データセンター全体で一貫性を確保できます。仮想マシン テンプレートをホストやクラスターに直接配置できるため、一貫性のあるプロビジョニングが可能です。

VMware vSphere コンテンツ ライブラリによって、vSphere 管理者は、仮想マシン テンプレート、vApp、ISO イメージ、スクリプトを効果的に管理できます。

迅速な展開とプロビジョニング

ホスト プロファイルには、vSphere ホスト間で共有する構成設定が格納され、1 つ以上の vSphere ホストまたはクラスターにアタッチできます。ホストの構成はホスト プロファイルと比較の上、差異があった場合は報告されるため、構成の不一致を自動的に修正可能です。ホスト プロファイルが一度作成されると、Auto Deploy と組み合わせて、迅速な複数の vSphere ホストの展開やプロビジョニングができるほか、専用のスクリプトや手動による構成は不要です。 

ホスト プロファイルの使用

vSphere ホスト プロファイルを使用したホストの構成と展開