IT の従来の UNIX インフラストラクチャを仮想 Linux に移行します。パフォーマンスが向上し、可用性が強化されるほか、より大規模な仮想マシンやディザスタ リカバリの機能にも対応できます。

ワークロードのライブ マイグレーション

VMware vSphere のライブ マイグレーションによって、稼動中の仮想マシン全体を別の物理サーバへダウンタイムなしで移行できます。仮想マシンはネットワーク ID および接続状態を保持し、シームレスな移行プロセスを実現します。仮想マシンのアクティブなメモリと正確な稼動状態を高速ネットワーク経由で転送するので、移行元の vSphere ホストで実行中の仮想マシンを移行先の vSphere ホスト上で即座に実行できます。このプロセスにかかる時間は、ギガビット イーサネット ネットワークで 2 秒未満です。この機能は、仮想スイッチ間、vCenter Server 間、および長距離間でも実行できます。

vMotion の機能: ワークロードのライブ マイグレーション

仮想マシンへのリソース割り当ての優先順位付け

vSphere Network I/O Control (NIOC) と vSphere Storage I/O Control (SIOC) でネットワークとストレージを監視し、事前に設定したルールとポリシーに従って、優先度の高いアプリケーションにリソースを自動的に振り分けます。CPU とメモリに使用されているシェアと制限の仕組みをここでも適用し、vSphere ホストのクラスタ内に I/O キャパシティを動的に割り当てることで、ネットワークやストレージの使用率の問題に対処します。パフォーマンス管理を頻繁に行う必要がなくなるため、管理者の生産性が向上します。

vSphere Network I/O Control (NIOC) および vSphere Storage I/O Control (SIOC) の機能

ネットワークの統合管理

統合インターフェイスを使用して、複数のホストおよびクラスタにまたがる仮想ネットワークをプロビジョニング、管理、および監視します。vSphere Distributed Switch は、ネットワーク構成に対するパッチ適用とアップデートをサポートするロールバックおよびリカバリ機能、テンプレートによる仮想ネットワーク構成のバックアップとリストアなど、さまざまな監視機能やトラブルシューティング機能を提供します。 

(3:13)

vSphere Distributed Switch

VMware vSphere Distributed Switch (VDS) は、データセンター全体での仮想マシンのアクセスの切り替えを構成、監視、および管理できる統合インターフェイスを提供します。

システムの連続稼動を維持

vSphere High Availability (HA) は、仮想 IT 環境内のハードウェアやオペレーティング システムの障害に対して、費用対効果に優れた統合的なフェイルオーバー保護を提供します。ホストと仮想マシンを監視し、障害が検出されると、クラスタ内の別のホスト上で仮想マシンを自動的に再起動します。HA は、アプリケーションやゲスト OS の修正なしで、すべてのアプリケーションを一貫した方法で自動的に保護します。 

vSphere Demo: Increase Application Uptime

ダウンタイムを最小限に抑え、計画外の停止から迅速にリカバリできます。

迅速な展開とプロビジョニング

ホスト プロファイルには、vSphere ホスト間で共有する構成設定が格納されます。1 つ以上の vSphere ホストまたはクラスタに、ホスト プロファイルをアタッチできます。ホストの構成をホスト プロファイルと比較して、差異があった場合は報告されるため、構成の不一致を自動的に修正できます。管理者は、プロファイルを一度作成し、それを Auto Deploy と組み合わせることで、複数の vSphere ホストを素早く展開およびプロビジョニングできます。特別なスクリプトを作成したり手動で構成したりする必要はありません。 

ホスト プロファイルの使用

ネットワーク、ストレージ、セキュリティなどの設定を構成します。