仮想化とクラウド コンピューティングのパワーを活用

 

業界をリードする仮想化プラットフォームである VMware vSphere 6.0 は、アプリケーションを安全に仮想化し、可用性を再定義し、仮想データセンターを簡素化します。ユーザーは、業界をリードする vSphere の仮想化テクノロジーと vRealize Operations Standard を組み合わせることで、一貫した管理性も実現できます。お使いのインフラストラクチャとアプリケーションのパフォーマンス、可用性、効率性を最大限に引き出せます。vRealize Log Insight for vCenter Server (簡易版) を追加して、ログ データを収集および分析することもできます。

VMware vSphere 6.0 のテクニカル ホワイト ペーパー

vSphere 6.0 プラットフォームの新機能をご確認いただけます。

アップグレードのメリット

 

  • 新しいアーキテクチャのサポート: サポート対象が拡大され、最新の x86 チップ セット、デバイス、ドライバ、およびゲスト OS に対応します。

  • スケーラビリティ: 構成の上限値が拡張されました。仮想マシンには、最大 128 個の仮想 CPU と、4 TB の vRAM を搭載できます。ホストは、最大 480 個の CPU と 12 TB のメモリをサポートし、ホスト 1 台あたり 1024 台の仮想マシン、クラスタ 1 個あたり 64 個のノードをサポートします。

  • マルチ プロセッサ対応のフォルト トレランス: ソフトウェア ベースのフォルト トレランスのサポートが最大 4 個の仮想 CPU のワークロードに拡張されました。

  • Long-Distance vMotion: 業務を中断することなく、最大 RTT 150 ミリ秒の距離でワークロードのライブ マイグレーションを実行できます。Long-Distance vMotion によって RTT が 10 倍に増加したことにより、ニューヨークやロンドンに物理的に配置されているデータセンター間で、ワークロードを相互にライブ マイグレーションできるようになりました。

  • 仮想マシンに最適なストレージ: vSphere Virtual Volumes により、外部ストレージ アレイを仮想マシンで管理できるようになります。Storage Policy-Based Management (SPBM) は、複数のストレージ階層にわたる共通の管理機能およびストレージのサービス クラスの動的な自動化を実現します。これら両方によって、データ サービス (スナップショット、クローン作成、リモート レプリケーション、重複排除など) の適切な組み合わせを、仮想マシンごとにより効率的にインスタンス化できます。

  • 統合リポジトリ: 統合リポジトリを使用することで、仮想マシン テンプレート、ISO イメージ、スクリプトなどのコンテンツをシンプルかつ効果的に管理できます。コンテンツ ライブラリを使用すると、中央からコンテンツを格納、管理し、公開 / 購読モデルにより共有することができます。

  • Log Insight (vCenter Server で簡易版を利用可能): VMware 環境のログをリアルタイムで管理する機能を提供します。機械学習ベースのインテリジェントなグループ化、高性能な検索、およびトラブルシューティングの向上が可能です。vRealize Log Insight for vCenter Server では、最大 25 個のエンティティ (vCenter Server、ESXi ホスト、および仮想マシン) を監視できます。

  • 運用管理機能 (vSphere with Operations Management に組み込みの機能): パフォーマンスの監視とキャパシティの管理という重要な運用機能が強化されます。統合コンソールにより、お客様は仮想環境全体を把握できるほか、パフォーマンスの監視やリソース使用率の最適化も可能になります。これにより、SLA の強化が可能となり、また、インフラストラクチャとアプリケーションの可用性が確保され、IT リソースの使用率が向上します。平均して、アプリケーションのダウンタイムが 36 % 削減され、ハードウェア リソースを 30 % 節約できるほか、トラブルシューティングにかかる時間が 26 % 短縮されます。

  • Certificate Authority: vSphere 環境全体でセキュリティ証明書をプロビジョニングおよび管理するための新しいコンポーネントです。vSphere インフラストラクチャの証明書の生成とメンテナンスを自動化できるほか、カスタム構成で証明書を展開できるため、ほとんどの企業のセキュリティ要件に対応することができます。VMware Certificate Authority には VMware Endpoint Certificate Store (VECS) が含まれます。VECS は、証明書、秘密キー、およびその他の証明書情報の拡張リポジトリとして機能します。

vSphere の各リリースの特長や機能を比較

vSphere のそれぞれのバージョンの機能の違いを比較して、最新バージョンへのアップグレードをご検討ください。

エディションの比較

vSphere 5.x と vSphere 6.0 との比較

各リリースの特長や新機能 PDF でご確認いただけます。

詳細情報

アップグレード

vSphere のアップグレード方法

既存環境の VMware vSphere 6.0 へのアップグレードは段階的に行えます。初期の段階でアップグレードしたコンポーネントは、これからアップグレードするコンポーネントと完全な互換性があります。

vSphere のアップグレード方法

第 1 段階: vCenter Update Manager を使用して vCenter Server のアップグレードを実行する

この段階を開始する前に、vCloud Director (vCD) や Site Recovery Manager (SRM) など、既存の環境に関連付けられているほかのソリューションをメモし、VMware 製品の相互運用性マトリックスを参照して、それぞれのソリューションについて vCenter Server 6.0 と互換性のあるバージョンを確認してください。vCenter 6.0 へのインプレース アップグレードは、vCenter バージョン 5.0 以降でサポートされています。または、vCenter Server 6.0 をクリーン インストールすることも可能です。

 

参考資料:

第 2 段階: vSphere ホストを vSphere 6.0 にアップグレードする

vSphere vMotion を使用して、クラスタ内で実行しているほかのホストに仮想マシンを移行したあと、クラスタ内の各ホストを順次アップデートできます。これにより、仮想マシンのダウンタイムなしで、vSphere ホストをアップグレードすることが可能です。ESXi 6.0 へのインプレース ホスト アップグレードは、ESXi 5.0、5.1、および 5.5 を実行する vSphere ホストでサポートされています。また、vSphere 6.0 をクリーン インストールすることも可能です。vSphere ホストのアップグレードには、ESXi インストーラを使用する方法、ESXi Shell から ESXCLI コマンドを実行する方法、vSphere Update Manager を使用する方法、および Auto Deploy を使用する方法があります。

 

参考資料 (vSphere 6 でもご利用いただけます):

第 3 段階: VMware Tools をアップグレードしてから仮想マシンをアップグレードする (オプションで、仮想ハードウェアをアップグレードする)

vSphere 6.0 ではサポート マトリックスが拡張され、新しいバージョンの ESXi で古いバージョンの VMware Tools や仮想ハードウェアがサポートされます。この拡張により、先に vCenter Server や ESXi ホストをアップグレードして、あとで仮想マシンをアップグレードするという段階的なアプローチを取ることも可能になります。vSphere 6.0 は、VMware Tools バージョン 4.x、5.x および 6.0、仮想ハードウェア バージョン 4、7、8、9、10 および 11 をサポートします。

 

仮想マシンをアップグレードするにはパワーオフする必要があるため、この手順に必要な停止時間について計画を立てる必要があります。vSphere Update Manager を使用すると、複数の仮想マシンを組織的にアップグレードできます。この方法では VMware Tools と仮想ハードウェアを同時にアップグレードできます。

 

参考資料 (vSphere 6 でもご利用いただけます):

VMware Tools のアップグレード フローチャート:

新しいバージョンの VMware Tools を実行している仮想マシンは、古いバージョンである ESXi 5.x ホストでサポートされます。詳細については、「VMware 互換性ガイド」(英語) をご確認ください。

 

仮想ハードウェアのアップグレード フローチャート:

新しいバージョンの仮想ハードウェアは、古いバージョンの ESX / ESXi ホストとの後方互換性はありません。すべての vSphere ホストを ESXi 6.0 にアップグレードしたあとで、仮想ハードウェアをアップグレードするようにしてください。詳細については、「VMware 互換性ガイド」(英語) を参照してください。

第 4 段階: データストアを VMFS バージョン 5 にアップグレードする (まだアップグレードしていない場合)

このステップでは、データストアを vSphere VMFS バージョン 5 にアップグレードします。この作業は、データストア上で仮想マシンを稼動させたまま行うことができ、仮想マシンのダウンタイムは発生しません。vSphere 6.0 は VMFS バージョン 3 を使用したデータストアを完全にサポートしているため、いつでも都合のよいときにデータストアのアップグレードを実行できます。

VMFS-3 のボリュームを VMFS-5 にアップグレードする場合、アップグレードされた VMFS-5 のボリュームは、元の VMFS-3 データストアのパーティションの特性を維持します。共有ストレージ上の大規模な VMFS ボリュームの場合、新しい VMFS-5 のボリュームを作成し、Storage vMotion を使用してデータを移行します。

 

参考資料:

第 5 段階: vRealize Log Insight for vCenter Server と vRealize Operations をインストールする

この最後のステップでは、vCenter Server と連携するほかの管理ソリューションをインストールし、監視とプランニングの機能を提供します。vRealize Log InsightvRealize Operations の製品ドキュメントを参照して、これらの製品の展開方法を確認してください。

 

参考資料:

ライセンス

VMware vSphere のライセンス キーのアップグレード

VMware vSphere 6.0 を展開するには、新しいライセンスを取得する必要があります。VMware vSphere 4.x と vSphere 5.x の既存のライセンスでは vSphere 6.0 を利用することはできません。

 

アップグレードの条件

ライセンスの新バージョンへのアップグレードは、次の規則に従って提供されます。

  • VMware vSphere 6.0 の一般公開日の時点で、有効なサポートおよびサブスクリプション契約を持つライセンスのみがアップグレードの対象です。サブスクリプションが一般公開日の前に期限切れになる場合、既存の VMware vSphere ライセンスは引き続き使用できますが、VMware vSphere 6.0 のライセンス キーへのアップグレードは提供されません。
  • サポートおよびサブスクリプションが一般公開日の前に期限切れになった場合は、あとで契約を復元することもできます。契約を復元すると、VMware vSphere 6.0 へのアップグレードが可能になります。


vSphere 6.0 ライセンスの入手方法

製品を新しいバージョンにアップグレードする方法

  • VMware.com のアカウント認証を使用して My VMware にログインします。
  • [Accounts] - [License Keys] の順に移動します。または、サブスクリプションのアップグレードに関するアラートが表示された場合、アラート内の [Upgrade Licenses] をクリックします。[License Keys] ページへ移動します。[Alerts Overview] にアラートが表示されない場合は、[View all Alerts] をクリックして、すべてのアラートの一覧を確認します。
  • [I want to] ドロップダウン リストから、[Upgrade License Keys] を選択します。注: フォルダまたは製品が表示されない場合は、フォルダ内のライセンス キーをアップグレードする権限がないか、アップグレード可能なライセンス キーが存在しない可能性があります。
  • フォルダ リストから、アクセス権のあるフォルダを選択します。アップグレード可能なすべての製品が表示されます。アップグレードする製品を選択すると、その製品のすべてのライセンスが表示されます。
  • データをフィルタリングするには、フィルタを展開して、[order number]、[contract number]、[license key]、またはほかの検索条件を入力し、[Apply Filter] をクリックします。アップグレードが可能な関連製品が表示されます。
  • アップグレードするライセンスの数を入力します。ライセンスのすべてまたは一部を指定できます。ライセンスの数には 1 以上の値を入力します。最大数は、アップグレード可能なライセンス キーの総数です。

システムにより、既存のライセンスが無効化されます。元のライセンス キーが格納されていたフォルダに、新しいライセンスが提供されます。現行のキーのいずれかがアップグレードされずに残っている場合は、それらについて新しいライセンス キーが生成され、確認処理中に表示されます。

 

ライセンス キーのアップグレードが可能かどうかは次の条件によって異なります。

  • ライセンス キーが格納されているフォルダに関する権限
  • サブスクリプションによるライセンス アップグレードの権利 (ライセンス キーに関連付けられたもの)
  • 製品の新しいバージョンが利用可能となる日付

アップグレードできない場合は、アカウントのスーパー ユーザー、または VMware のサポートにお問い合わせください。

 

vSphere ライセンス キー提供までのプロセス

VMware vSphere 6.0 が一般公開されたあとまもなく、ポータルでアップグレードが利用可能になります。サポートおよびサブスクリプション契約の終了日が一般公開日以降に設定されているすべてのライセンス キーが、アップグレードの対象となります。

 

ライセンスのアップグレードの準備

ライセンスのアップグレード時に問題が発生しないように、ライセンスとサブスクリプションのデータが正しいことを必ずご確認ください。アカウントの内容を確認し、情報が予想していた内容と異なる場合は、サポートにお問い合わせください。データの訂正が必要な場合は、VMware vSphere 6.0 のライセンスが実際に提供される前に訂正することをお勧めします。

 

1. サポート契約の確認

My VMware にログイン後、[Account] の下の [Support Contract History] にアクセスし、同じログイン情報を使用してサポート契約を確認します。vSphere 5.x および vCenter Server 5.x の各コンポーネントが含まれるすべての契約の状況と終了日を確認してください。期限切れとなった契約、または vSphere 6.0 の一般公開日より前に終了日を迎える契約がある場合は、それらの契約に記載された数のライセンスを VMware vSphere 6.0 にアップグレードできない可能性があります。契約の更新または復元のリクエストは、[Support Contract Details] ページの [Request Quote] ボタンを使用してください。

vSphere サポート契約のスクリーンショット

2. ロールの確認

My VMware にログイン後、[Account] - [User & Permissions] の順に選択し、各フォルダの権限を確認します。

ライセンス キーのアップグレードが可能かどうかは次の条件によって異なります。

  • ライセンス キーが格納されているフォルダに関する権限
  • サブスクリプションによるライセンス アップグレードの権利 (ライセンス キーに関連付けられたもの)
  • 製品の新しいバージョンが利用可能となる日付

製品の新しいバージョンが利用可能になる日に、現行製品の新しいバージョンが利用できることを通知するアラートが送信されます (前述の 「アップグレードの条件」 を参照)。対象アカウントのスーパー ユーザーは、フォルダに対する権限の付与と削除を行うことができます。

ユーザーと権限のスクリーンショット

バージョンのダウングレード

 

vSphere 6.0 から vSphere 5.x のバージョンへのダウングレード

  • VMware.com のアカウント認証を使用して My VMware にログインします。
  • [Accounts] - [LicenseKeys] の順に選択します。
  • [I want to] ドロップダウン リストから、[Downgrade License Keys] を選択します。注: フォルダ、または製品が表示されない場合、フォルダ内のライセンス キーをダウングレードする権限がないか、ダウングレード可能なライセンス キーが存在しない可能性があります。
  • フォルダ リストから、アクセス権のあるフォルダを選択します。ダウングレード可能なすべての製品が表示されます。ダウングレードする製品を選択すると、その製品のすべてのライセンスが表示されます。
  • データをフィルタリングするには、フィルタを展開して、注文番号、契約番号、ライセンス キー、またはほかの検索条件を入力し、[Apply Filter] をクリックします。ダウングレードが可能な関連製品が表示されます。

ダウングレードするライセンスの数を入力します。ライセンスのすべてまたは一部を指定できます。ライセンスの数には 1 以上の値を入力します。最大数は、ダウングレード可能なライセンス キーの総数です。 

 

ライセンスに関するその他の質問

ライセンスに関するその他の質問については、サポートにお問い合わせください。

リソース