仮想化とクラウド コンピューティングのパワーを活用

業界をリードする仮想化プラットフォームである VMware vSphere 6.0 は、アプリケーションを安全に仮想化し、可用性を再定義し、仮想データセンターを簡素化します。ユーザーは、業界をリードする vSphere の仮想化テクノロジーと vRealize Operations Standard を組み合わせることで、一貫した管理性も実現できます。お使いのインフラストラクチャとアプリケーションのパフォーマンス、可用性、効率性を最大限に引き出せます。vRealize Log Insight for vCenter Server (簡易版) を追加して、ログ データを収集および分析することもできます。

アップグレードすると次のようなメリットがあります。

  • 新しいアーキテクチャのサポート: サポート対象が拡大され、最新の x86 チップ セット、デバイス、ドライバ、およびゲスト OS に対応します。
  • スケーラビリティ: 構成の上限値が拡張されました。仮想マシンには、最大 128 個の仮想 CPU と、4 TB の vRAM を搭載できます。ホストは、最大 480 個の CPU と 12 TB のメモリをサポートし、ホスト 1 台あたり 1,024 台の仮想マシン、クラスタ 1 個あたり 64 個のノードをサポートします。
  • マルチ プロセッサ対応のフォルト トレランス: ソフトウェア ベースのフォルト トレランスのサポートが最大 4 個の仮想 CPU のワークロードに拡張されました。
  • Long Distance vMotion: 業務を中断することなく、最大 RTT 100 ミリ秒の距離でワークロードのライブ マイグレーションを実行できます。 Long Distance vMotion によって RTT が 10 倍に増加したことにより、ニューヨークやロンドンに物理的に配置されているデータセンター間で、ワークロードを相互にライブ マイグレーションできるようになりました。
  • 仮想マシンに最適なストレージの変革: vSphere Virtual Volumes により、外部ストレージ アレイを仮想マシンで管理することができます。Storage Policy-Based Management (SPBM) は、複数のストレージ階層にわたる共通の管理機能およびストレージのサービス クラスの動的な自動化を実現します。これら両方によって、データ サービス (スナップショット、クローン作成、リモート レプリケーション、重複排除など) の適切な組み合わせを、仮想マシンごとにより効率的にインスタンス化できます。
  • コンテンツ ライブラリ: 統合リポジトリを使用することで、仮想マシン テンプレート、ISO イメージ、スクリプトなどのコンテンツをシンプルかつ効果的に管理できます。 コンテンツ ライブラリを使用すると、中央からコンテンツを格納、管理し、公開 / 購読モデルにより共有することができます。
  • Log Insight (現在 vCenter Server に簡易版が含まれる): VMware 環境のログをリアルタイムで管理する機能を提供します。機械学習ベースのインテリジェントなグループ化、高性能な検索、およびトラブルシューティングの向上が可能です。vRealize Log Insight for vCenter Server では、最大 25 個のエンティティ (vCenter Server、ESXi ホスト、および仮想マシン) を監視できます。
  • 運用管理機能 (vSphere with Operations Management の一部として利用可能): パフォーマンスの監視とキャパシティの管理という重要な運用機能が強化されます。統合コンソールにより、お客様は仮想環境全体を把握できるほか、パフォーマンスの監視やリソース使用率の最適化も可能になります。これにより、SLA の強化が可能となり、また、インフラストラクチャとアプリケーションの可用性が確保され、IT リソースの使用率が向上します。お客様に次のような大きなメリットがもたらされます。 アプリケーションのダウンタイムを 36 % 削減し、ハードウェア リソースを 30 % 節約します。また、問題のトラブルシューティングに要する時間が 26 % 短縮されます。
  • Certificate Authority: vSphere 環境全体でセキュリティ証明書をプロビジョニングおよび管理するための新しいコンポーネントです。vSphere インフラストラクチャの証明書の生成とメンテナンスを自動化できるほか、カスタム構成で証明書を展開できるため、ほとんどの企業のセキュリティ要件に対応することができます。VMware Certificate Authority には VMware Endpoint Certificate Store (VECS) が含まれます。VECS は、証明書、秘密キー、およびその他の証明書情報の拡張リポジトリとして機能します。

vSphere 6.0 のアップグレード: コンポーネント vCenter Server と Update Manager | ESXi | 仮想マシン | VMFS