コンシューマ製品のようなシンプルさと、エンタープライズ レベルのセキュリティ

VMware Workspace ONE は、シンプルでセキュアなエンタープライズ プラットフォームです。ID、アプリケーション、エンタープライズ モビリティを包括することで、デバイスを問わずにあらゆるアプリケーションを展開および管理できます。クラウド サービスとしての利用、またはオンプレミス環境への展開が可能です。

(1:36)

Workspace ONE: コンシューマ製品のようなシンプルさと、エンタープライズ レベルのセキュリティ

デジタル ワークスペースがどのように市場の変革を推進しているか解説します。

新機能

エンド ユーザーが、場所を問わず、あらゆる業務を行える単一の環境を提供します。Workspace ONE Essentials では、Web アプリケーションやモバイル アプリケーションにシングル サインオンでアクセスできるシンプルな環境が提供されるため、個人所有デバイスの持ち込み (BYO) や企業で管理されていないデバイスの使用が可能です。 

詳細情報

Office 365 への効率的な移行を可能にする Workspace ONE

Workspace ONE の強力な ID 管理、アプリケーション提供、モビリティ管理の機能が、Office 365 への効率的な移行を支援します。

登録フォームからダウンロード (英語)

Workspace ONE の機能

すべてのアプリケーションにワンタッチでシングル サインオン

パスワードを入力することなく、ワンタッチで Web アプリケーション、ネイティブ モバイル アプリケーション、仮想アプリケーション、Windows アプリケーションに即座にアクセスできます。

条件に基づいたアクセスによるデータ セキュリティとエンドポイントのコンプライアンス

認証の強度、ネットワーク、場所、デバイスのコンプライアンスなど、さまざまな条件に基づいてアクセスを制御します。これにより、厳密なポリシー制御によって、セキュリティ侵害を受けたデバイスからデータを保護できます。

個人または企業が所有する任意のデバイスを選択可能

従業員に豊富なデバイスの選択肢を提供できるため、BYOD プログラムの導入が促進されます。各自のワークスタイルに合わせて、利便性、アクセス、セキュリティ、管理のレベルを設定可能です。

新しい従業員がセルフ サービスで簡単に習得できる環境を提供

Workspace ONE アプリケーションを使用することで、新しい従業員は自身のスマートフォン、タブレット、ラップトップから、パーソナライズされたアプリケーション カタログにアクセスして、ほぼすべてのアプリケーションを利用できます。

リアルタイムでのアプリケーションの配布と自動化

Windows の新しい機能を最大限に活用して、Workspace ONE では、デスクトップ管理者が臨機応変にアプリケーションの配布と更新を自動化できます。数々の受賞歴を誇る仮想化テクノロジーとこの自動化機能を組み合わせることで、セキュリティとコンプライアンスを強化できます。

セキュアな業務アプリケーション: メール、カレンダー、ドキュメント、ソーシャル アプリケーション

E メール、カレンダー、連絡先、ドキュメント、チャット、企業向けソーシャル アプリケーションが組み込まれており、添付ファイルなどの編集方法や共有方法を制限することで、セキュリティ対策を従業員に意識させることなく、データ漏えいのリスクから組織を保護します。

スポットライト 

Workspace ONE の概要

あらゆるデバイスからアプリケーションへシングル サインオンできる Workspace ONE の Identity Manager と、AirWatch との連携について習得できます。

(5:31)

Workspace ONE の機能

Workspace ONE の詳細情報をデモで解説します。

お客様事例: 米国赤十字社

米国赤十字社が Workspace ONE を使用してデジタル ワークスペースをどのように提供しているかをご紹介します。

業界で高い評価を受ける ID 管理ソリューション: VMware Workspace ONE

Workspace ONE の VMware Identity Manager は、主要なクラウド ID 管理ベンダーを対象とした Constellation Research Shortlist に選出されました。

詳細情報

ライセンス 

Essentials
Standard
Advanced
Enterprise
Essentials あらゆるデバイス向けのアプリケーションとポリシー
Standard + モバイル向けに最適化されたアプリケーション セキュリティ
Advanced + エンドポイントの統合管理
Enterprise + デバイスを問わずに、Windows アプリケーションをセキュアかつ可搬的に利用
Essentials ユーザー 1 人あたり月 4 ドルのクラウド サブスクリプション
ユーザー 1 人あたり 75 ドルの無期限オンプレミス ライセンス
Standard ユーザー 1 人あたり月 8 ドルのクラウド サブスクリプション
ユーザー 1 人あたり 150 ドルの無期限オンプレミス ライセンス
Advanced ユーザー 1 人あたり月 12 ドルのサブスクリプション
ユーザー 1 人あたり 230 ドルの無期限オンプレミス ライセンス
Enterprise ユーザー 1 人あたり 400 ドルの無期限オンプレミス ライセンス
Essentials あらゆるデバイスを対象とした、シンプルで包括的なアプリケーション カタログ/SSO ランチャー
Standard 最適化されたモバイル環境 (ワンタッチ モバイル SSO)
Advanced ラップトップ、スマートフォン、タブレットをすぐに使用できるデバイス プロビジョニング機能
Enterprise Windows アプリケーションをあらゆるデバイスで利用できる可搬性と高可用性
Essentials チケット数を削減する、セルフ サービス アクセスとパスワード管理
Standard エンタープライズ向けに最適化された、セキュアな E メールとメッセージ機能
Advanced 開発者向け SDK による、自社開発アプリケーションの包括的なライフサイクル管理
Enterprise 3D グラフィックを多用するアプリケーションなどにおける、リモート ネットワークを介した優れた操作性
Essentials 記録用アプリケーション向けの、多要素認証の統合
Standard 基本的なデバイス コンプライアンスの確保 (ジェイルブレイク、PIN、App Wipe)
Advanced デバイス コンプライアンス ベースの詳細な条件に基づいたアクセス
Enterprise エンドポイントへの企業データの保存禁止
Essentials
Standard チームでの共同作業の際の企業ファイルに DLP の追加
Advanced 自動修正/コンプライアンスの強制適用
Enterprise