最先端の PC 仮想化ソリューション

VMware Workstation Pro では、x86 ベースの複数のオペレーティング システムを、1 台の PC 上で同時に実行することができます。これにより、技術者によるソフトウェアの開発、テスト、デモ、および展開の方法に変革がもたらされます。50 以上のアワードを受賞した Workstation Pro は、15 年の実績を持つ優れた仮想化テクノロジーを基盤としており、数多くのオペレーティング システムのサポート、優れたユーザー環境、優れたパフォーマンスをユーザーに提供します。

期間限定セール:Workstation

3 日間限定 - 15% オフ

最新情報

Microsoft Windows 10 などを対象に設計

Workstation 12 Pro は、既存の Windows または Linux PC で Windows 10 の評価やテストを行うのに最適です。Workstation Virtual Machines Wizard を使用して、Windows 10 を、ディスクまたは ISO イメージから仮想マシンに簡単な手順でインストールできます。Workstation 12 Pro では、パーソナル デジタル アシスタントである Cortana、新しい Web ブラウザである Edge の手書き入力機能、または Windows 10 デバイス向けのユニバーサル アプリの構築など、さまざまな新機能を活用できます。Cortana に、Windows 10 から VMware Workstation を起動してもらうこともできます。

最新のハードウェアに対応

最新の Intel ベースのタブレットで、Workstation の仮想タブレット センサーを利用できます。Workstation の仮想加速度計、ジャイロスコープ、コンパス、および照度センサーを備えた最新の Microsoft Surface タブレットを使用すると、ユーザーがタブレットを動かしたり、回転やシェイクする動作に合わせて、仮想マシンで実行中のアプリケーションが反応します。Workstation 12 Pro は、ラップトップ、タブレット、またはデスクトップで、Broadwell と Haswell マイクロアーキテクチャを含む最新の Intel 64 ビット x86 プロセッサをサポートし、最高のパフォーマンスを実現します。

最良のパフォーマンス

強力な 3D グラフィック機能

Workstation 12 Pro は DirectX 10 および OpenGL 3.3 をサポートし、3D アプリケーションの実行時に柔軟性と即応性に優れた環境を提供します。Microsoft 社の Power Map tool for Excel など、DirectX 10 を必要とするすべてのアプリケーションが利用可能になり、データをまったく新しい側面から視覚化することができます。また、AutoCAD や SOLIDWORKS などの要件の厳しい 3D アプリケーションも仮想マシンで容易に実行できます。

接続性の拡張

Workstation 12 Pro は、HD オーディオ 7.1 ch サラウンドのサウンド方式、USB 3.0 デバイス、および Bluetooth デバイスをサポートし、最新のハードウェアを利用できるため、新しい Web カメラ、ヘッドセット、またはプリンタを仮想マシンに容易に接続できます。Workstation 12 Pro は、Windows 7 と Windows 8 で USB 3.0 をサポートしており、外部ストレージ デバイスとの高速ファイル転送が可能です。また、Workstation 12 Pro では、ゲスト仮想マシンでの Skype や Lync による電話会議のパフォーマンスが向上したため、仮想マシンで非常に高品質な電話会議を行うことができます。

高解像度のディスプレイに対応

Workstation 12 Pro は、デスクトップ用の 4K UHD (3840 × 2160) ディスプレイ、ラップトップに使用される QHD+ (3200 × 1800) ディスプレイ、および x86 タブレットをサポートするよう最適化されており、鮮明かつ詳細な画面表示を実現します。Workstation 12 Pro は、DPI 設定が異なる、ホスト上の複数のモニタを使用できるため、新規の 4K UHD ディスプレイを既存の 1080P HD ディスプレイと組み合わせて使用できます。

仮想ネットワークの構築

IPv6 と IPv4 との間での双方向のネットワーク アドレス変換など、IPv6 のサポートが強化されたことにより、ユーザーはより複雑なネットワーク トポロジーを作成できます。PC のネットワーク構成に影響を与えずに、IPv4 または IPv6 の仮想ネットワークの追加と削除や、カスタムの仮想ネットワーク構成の作成が可能な、テスト環境やデモ環境に最適なツールです。

ユーザー インターフェイス

仮想マシンが PC 上またはクラウド上のどちらで実行されていても、仮想マシンのセットアップ方法と操作方法を強力に制御できます。Workstation 12 Pro のインターフェイスには、シンプルなメニュー、ライブ サムネイル、タブ、設定画面、検索機能付きの仮想マシン ライブラリなどがあり、仮想マシンをすばやく確認してアクセスできます。複数の仮想マシンで作業する場合、仮想マシンのタブをデスクトップに独立して表示させ、まったく新しい Workstation インスタンスを作成できます。

期限付き仮想マシン

有効期限が事前に設定された制限付き仮想マシンを作成し、短期的なプロジェクトに携わる従業員や契約社員に、またはソフトウェアの評価用に提供できます。仮想マシンをパワーオンすると、仮想マシンは指定した間隔でサーバにクエリを送信し、最新の信頼されるタイムスタンプとして、その時点のシステムの時間を制限付き仮想マシンのポリシー ファイル内に保存します。有効期限が過ぎた仮想マシンは自動的に停止し、管理者が操作しないかぎり再起動できません。

高性能な仮想マシンの作成

Workstation 12 Pro では、最大 16 個の仮想 CPU、8 TB の仮想ディスク、および 64 GB のメモリを搭載する仮想マシンを作成して、最も要求の厳しいデスクトップ アプリケーションやサーバ アプリケーションを仮想環境で実行できるようになりました。仮想マシン 1 台あたり最大 2 GB のビデオ メモリを割り当てることで、グラフィックを多用するアプリケーションの処理能力が大きく向上します。

vSphere と vCloud Air のパワーを活用

Workstation 12 Pro は VMware vSphere および vCloud Air サービスに接続でき、仮想マシンをクラウドにまで拡張できます。ローカルの仮想マシンとサーバにホストされた仮想マシンを同時に使用できるため、最高の柔軟性がもたらされます。また、1 台の PC の性能を超えるリソースを活用できます。PC と、vSphere、ESXi を実行している社内クラウド、またはほかの Workstation のインスタンス間で、仮想マシンをドラッグ アンド ドロップで容易かつシームレスに移動できます。vCloud Air に接続して、Workstation 12 Pro のインターフェイスから仮想マシンを直接アップロード、実行、および表示したり、仮想マシンのパワーオン / オフやサスペンド / レジュームも可能なため、追加の手順が不要になり、時間を節約できます。

作業内容を保護し、時間を節約

スナップショット機能で仮想マシンの状態を保存しておくと、いつでもその状態に移動できます。Workstation の仮想マシンは、クローン機能で容易に複製することが可能です。これにより、基本のインストール環境と構成を使用して、仮想マシンのコピーを制限なく作成できます。リンク クローンは、テストやカスタムのデモを行うために、複雑な設定をより迅速かつ容易に効率的な方法で複製するための機能です。リンク クローンは、親仮想マシンと仮想ディスクを共有する仮想マシンのコピーを作成します。フル クローンと比べて、ディスク使用量を大幅に削減できます。

制限付きの仮想マシンの実行

仮想マシンに関するポリシーを作成し管理することで、Workstation 12 の制限付き仮想マシン コンテナを通じて、エンドユーザーにアプリケーションを提供できます。ドラッグ アンド ドロップ、コピー、ペースト、USB デバイスの接続など、Workstation の仮想マシン設定へのアクセスを制限することで、企業のコンテンツを保護します。さらに、仮想マシンは暗号化とパスワードで保護することが可能です。権限のないユーザーが、企業の仮想マシン設定に変更を加えることはできません。Workstation 12 Pro は、暗号化された仮想マシンのサスペンドとレジューム処理のパフォーマンスが向上し、Workstation の以前のバージョンと比較して、処理速度が最大 3 倍速くなりました。

仮想マシンの互換性

Workstation 12 Pro では、VMware の製品ポートフォリオや異なるプラットフォームにわたる互換性が提供されます。Workstation 12 Pro では、VMware の製品ポートフォリオで実行できる仮想マシンや、Horizon FLEX、Fusion Pro、および Workstation Player で使用できる制限付きの仮想マシンを作成できます。

機能

Windows および Linux のデスクトップ仮想化

VMware Workstation Pro は、サーバ、デスクトップ、およびタブレット環境を仮想マシン上で再現します。1 台の PC 上の Linux や Windows などの複数のオペレーティング システムで、PC を再起動することなく複数のアプリケーションを同時に実行できます。分離された安全な環境が提供されるため、Windows 10 などの新しいオペレーティング システム、ソフトウェア アプリケーション、パッチ、およびリファレンス アーキテクチャの評価を容易に実行することができます。

高性能な仮想マシンの作成

Workstation Pro は、各仮想マシンに複数のプロセッサ コア、数ギガバイトのメイン メモリ、およびグラフィック用メモリを割り当てることでコンピュータのリソースを最大限に活用し、最も要求の厳しいアプリケーションを仮想環境で実行できるようにします。Workstation Pro では、仮想 ESXi ホストや vSphere アプライアンスも実行することができるので、完全な Software-Defined Data Center をデスクトップ上に作成することもできます。

PC からクラウドへ

仮想マシンが PC にあるかクラウドにあるかに関係なく、必要なすべての仮想マシンにシームレスにアクセスできます。PC から仮想マシンをドラッグ アンド ドロップするだけで、VMware vSphere ベースのプライベート クラウド、または vCloud Air を使用するパブリック クラウドに簡単に移動できます。ハイブリッド クラウドを活用すると、複雑性を低減し、互換性を保ちながら、ワークロードを迅速にクラウドに移行および拡張できるようになります。

仮想マシンの制御

Workstation Pro では、技術者が仮想マシンのセットアップ方法や仮想マシンとの通信方法を強力に制御できます。仮想マシンのインストール、保護、接続、共有、および表示に関して、さまざまなオプションから選択できるため、貴重な時間を無駄にすることはありません。暗号化された仮想マシン、一定期間にパスワードの変更が必要な仮想マシン、有効期限が事前に設定された仮想マシンを作成することもできます。仮想ネットワーク エディタを使用して、ネットワークに接続されているマルチティア アプリケーション用に最大 20 のカスタム仮想ネットワークを構築できます。スナップショット機能で仮想マシンの状態を保存しておくと、いつでもその状態に移動できます。

仮想マシンの共有

仮想マシンを共有することで、より本番環境に近い状態で、アプリケーションをチームで迅速に共有し、テストすることができます。VMware Workstation Pro をサーバとして実行することで、必要なコンフィグレーションを設定したうえで格納場所に事前にロードした仮想マシンを、チーム、部門、または組織で共有することができます。

VMware Workstation の対象ユーザー

IT 担当者: 単一 PC 上の分離されたサンドボックス環境で、パッチの展開、システムのアップグレード、および移行を安全にテストできます。システム エンジニアおよびテクニカル セールス プロフェッショナル: クライアント、サーバ、データベース仮想マシンを含む仮想ネットワーク環境全体を単一の PC 上で実証できます。ソフトウェア開発者: Workstation Pro で Visual Studio、Eclipse、およびその他のツール スイートを統合し、複数のオペレーティング システムや複数の環境内でアプリケーションの開発およびデバッグを簡素化できます。

Workstation Pro との比較

Workstation Pro と、旧バージョンの Workstation 10 / 11、ライセンス版の Workstation 12 Player、およびエンタープライズ バージョンの Horizon FLEX との違いをご確認ください。

主な機能
VMware Workstation 10
VMware Workstation 11
VMware Workstation 12
主な機能 最大 16 個の仮想 CPU、8 TB のディスク、64 GB のメモリ、2 GB のビデオ メモリのサポート
VMware Workstation 10
VMware Workstation 11
VMware Workstation 12
主な機能 Hyper-V のサポート
VMware Workstation 10
VMware Workstation 11
VMware Workstation 12
主な機能 vSphere から PC へ仮想マシンをドラッグ アンド ドロップ可能
VMware Workstation 10
VMware Workstation 11
VMware Workstation 12
主な機能 有効期限を事前設定した制限付き仮想マシンの作成
VMware Workstation 10
VMware Workstation 11
VMware Workstation 12
主な機能 仮想タブレット センサー (加速度計、ジャイロスコープ、照度センサー)
VMware Workstation 10
VMware Workstation 11
VMware Workstation 12
主な機能 Intel Haswell マイクロアーキテクチャの拡張命令のサポート (AVX2、TSX など)
VMware Workstation 10
VMware Workstation 11
VMware Workstation 12
主な機能 仮想マシン 1 台につき最大 2 GB のビデオ メモリを割り当て
VMware Workstation 10
VMware Workstation 11
VMware Workstation 12
主な機能 EFI を使用した仮想マシンの起動のサポート
VMware Workstation 10
VMware Workstation 11
VMware Workstation 12
主な機能 VMware vCloud Air との連携 (アップロード、表示、実行)
VMware Workstation 10
VMware Workstation 11
VMware Workstation 12
主な機能 Microsoft Windows 10、Ubuntu 15.04、RHEL 7.1、Fedora 22 への対応
VMware Workstation 10
VMware Workstation 11
VMware Workstation 12
主な機能 Microsoft DirectX 10 のサポート
VMware Workstation 10
VMware Workstation 11
VMware Workstation 12
主な機能 OpenGL 3.3 のサポート
VMware Workstation 10
VMware Workstation 11
VMware Workstation 12
主な機能 4K モニタのサポート
VMware Workstation 10
VMware Workstation 11
VMware Workstation 12
主な機能 DPI 設定が異なる複数のモニタを持つホストのサポート
VMware Workstation 10
VMware Workstation 11
VMware Workstation 12
主な機能 ホストがシャットダウンされる際の仮想マシンの自動サスペンド
VMware Workstation 10
VMware Workstation 11
VMware Workstation 12
主な機能 IPv6 NAT のサポート
VMware Workstation 10
VMware Workstation 11
VMware Workstation 12
主な機能 タブの独立機能
VMware Workstation 10
VMware Workstation 11
VMware Workstation 12
主な機能 vCloud Air の電源操作 (オン、オフ、サスペンド、レジューム)
VMware Workstation 10
VMware Workstation 11
VMware Workstation 12
主な機能 P2V: Windows 10 PC から仮想マシンへの移行
VMware Workstation 10
VMware Workstation 11
VMware Workstation 12
主な機能 Windows 7 での USB 3.0 のサポート
VMware Workstation 10
VMware Workstation 11
VMware Workstation 12
主な機能 39 を超える新機能
VMware Workstation 10
VMware Workstation 11
VMware Workstation 12
主な機能
VMware Workstation 12 Player (ライセンス版)
VMware Workstation 12 Pro
主な機能 最大 16 個の仮想 CPU、8 TB のディスク、64 GB のメモリ、2 GB のビデオ メモリのサポート
VMware Workstation 12 Player (ライセンス版)
VMware Workstation 12 Pro
主な機能 200 以上のオペレーティング システムのサポート
VMware Workstation 12 Player (ライセンス版)
VMware Workstation 12 Pro
主な機能 制限付き仮想マシンの実行
VMware Workstation 12 Player (ライセンス版)
VMware Workstation 12 Pro
主な機能 制限付き仮想マシンの作成
VMware Workstation 12 Player (ライセンス版)
VMware Workstation 12 Pro
主な機能 期限付き仮想マシンの作成
VMware Workstation 12 Player (ライセンス版)
VMware Workstation 12 Pro
主な機能 スナップショット ツール
VMware Workstation 12 Player (ライセンス版)
VMware Workstation 12 Pro
主な機能 スナップショットを使用した AutoProtect 機能
VMware Workstation 12 Player (ライセンス版)
VMware Workstation 12 Pro
主な機能 仮想ネットワーク エディタ
VMware Workstation 12 Player (ライセンス版)
VMware Workstation 12 Pro
主な機能 ネットワーク帯域幅のスロットリング
VMware Workstation 12 Player (ライセンス版)
VMware Workstation 12 Pro
主な機能 共有仮想マシン用のサーバとして実行
VMware Workstation 12 Player (ライセンス版)
VMware Workstation 12 Pro
主な機能 仮想マシン共有時のエンタープライズ権限
VMware Workstation 12 Player (ライセンス版)
VMware Workstation 12 Pro
主な機能 vSphere へリモート ログインし、仮想マシンを確認および管理
VMware Workstation 12 Player (ライセンス版)
VMware Workstation 12 Pro
主な機能 VMware vCloud Air との連携 (アップロード、表示、実行、電源操作)
VMware Workstation 12 Player (ライセンス版)
VMware Workstation 12 Pro
主な機能 vSphere サーバへの仮想マシンのアップロード
VMware Workstation 12 Player (ライセンス版)
VMware Workstation 12 Pro
主な機能 VNC による仮想マシンへのリモート接続
VMware Workstation 12 Player (ライセンス版)
VMware Workstation 12 Pro
主な機能 仮想ハードウェアの互換性の変更
VMware Workstation 12 Player (ライセンス版)
VMware Workstation 12 Pro
主な機能 タブレット センサーの設定 (電子コンパス、加速度センサー、照度センサー)
VMware Workstation 12 Player (ライセンス版)
VMware Workstation 12 Pro
主な機能 高度な CPU、ネットワーク、ディスク、およびディスプレイの設定
VMware Workstation 12 Player (ライセンス版)
VMware Workstation 12 Pro
主な機能 EFI を使用した仮想マシンの起動のサポート
VMware Workstation 12 Player (ライセンス版)
VMware Workstation 12 Pro
主な機能 タブ、ライブラリ、サムネイル、Aero Peek など、ユーザー インターフェイスのカスタマイズ
VMware Workstation 12 Player (ライセンス版)
VMware Workstation 12 Pro
主な機能 仮想マシンのデスクトップ ショートカットの作成
VMware Workstation 12 Player (ライセンス版)
VMware Workstation 12 Pro
主な機能 タブの独立機能
VMware Workstation 12 Player (ライセンス版)
VMware Workstation 12 Pro
主な機能 リンク クローンの作成
VMware Workstation 12 Player (ライセンス版)
VMware Workstation 12 Pro
主な機能 複数の仮想マシンをまとめてパワーオン
VMware Workstation 12 Player (ライセンス版)
VMware Workstation 12 Pro
主な機能 仮想ディスクのマッピング
VMware Workstation 12 Player (ライセンス版)
VMware Workstation 12 Pro
主な機能 OVF 形式へのエクスポート
VMware Workstation 12 Player (ライセンス版)
VMware Workstation 12 Pro
機能
VMware Workstation
VMware Horizon FLEX
機能 Fusion / Workstation に共通のハイパーバイザー
VMware Workstation
VMware Horizon FLEX
機能 VMware ハードウェア バージョン 12 のサポート
VMware Workstation
VMware Horizon FLEX
機能 Mac 上での仮想マシンの実行
VMware Workstation
VMware Horizon FLEX
機能 Windows 上での仮想マシンの実行
VMware Workstation
VMware Horizon FLEX
機能 統合管理機能
VMware Workstation
VMware Horizon FLEX
機能 リモートからのポリシー適用
VMware Workstation
VMware Horizon FLEX
機能 デスクトップの展開と権限付与
VMware Workstation
VMware Horizon FLEX
機能 仮想マシンのリモート ワイプ
VMware Workstation
VMware Horizon FLEX
機能 Active Directory との連携
VMware Workstation
VMware Horizon FLEX

技術仕様

システム要件

  • 64 ビットの x86 Intel Core 2 Duo または同等のプロセッサ、AMD Athlon 64 FX Dual Core または同等のプロセッサ
  • 1.3 GHz 以上の CPU
  • 2 GB 以上のメモリ (推奨 4 GB)

ホスト OS (64 ビット)

  • Windows 10
  • Windows 8
  • Windows 7
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2008
  • Ubuntu 8.04 以降
  • Red Hat Enterprise Linux 5 以降
  • CentOS 5.0 以降
  • Oracle Linux 5.0 以降
  • openSUSE 10.2 以降
  • SUSE Linux 10 以降

ゲスト OS

  • Windows 10
  • Windows 8.X
  • Windows 7
  • Windows XP Ubuntu
  • Red Hat
  • SUSE
  • Oracle Linux
  • Debian
  • Fedora
  • openSUSE
  • Mint
  • CentOS
  • Solaris、FreeBSD などのさまざまな Linux ディストリビューション

FAQ (よくある質問)

VMware Workstation Pro の仕組みについて教えてください

VMware Workstation Pro は、オペレーティング システムとアプリケーションをカプセル化し、完全に分離された安全な仮想マシンを作成するソフトウェアです。VMware の仮想化レイヤーによって、物理ハードウェアのリソースが仮想マシンのリソースにマッピングされるため、各仮想マシンは固有の CPU、メモリ、ディスク、I/O デバイスなどを備え、標準の x86 マシンと完全に同等の機能を提供できます。VMware Workstation Pro はホストのオペレーティング システム上にインストールされ、ホストがサポートするデバイスをすべて継承するため、幅広いハードウェアをサポートします。

仮想マシンで実行可能なアプリケーションを教えてください

標準の PC で動作するアプリケーションはすべて、VMware Workstation Pro の仮想マシンでも動作します。VMware Workstation Pro は完全なネットワークとデバイスを持つフル構成の PC に相当し、各仮想マシンは固有の CPU、メモリ、ディスク、I/O デバイスなどを備えます。したがって、サポートされるゲスト OS で動作するアプリケーションであれば、すべて実行可能です (Microsoft Office、Adobe Photoshop、Apache Web Server、Microsoft Visual Studio、カーネル デバッガ、ファイアウォール、VPN ソフトウェアなど)。

ディスクの再パーティショニングやデュアル ブート設定が必要ですか

いいえ。VMware Workstation Pro では、インストールしたコンピュータのファイル システムを使用して、仮想マシンのディスク ドライブにマッピングするファイルを作成するため、オペレーティング システムごとにパーティションを作成する必要はありません。コンピュータに、デュアル ブート用の別のオペレーティング システムをすでにインストールしている場合は、VMware Workstation Pro を使用して、ホスト OS 上の仮想マシン内で、その別のオペレーティング システムを実行できます。両方のオペレーティング システムを同時に実行できるほか、マウスをクリックするだけでオペレーティング システムをシームレスに切り替えることができるため、デュアル ブートを使用する必要はありません。

各オペレーティング システムはどのようにインストールするのですか

VMware Workstation Pro をインストールしたら、仮想マシンにメモリ、ディスク、ポート、ネットワークを割り当てて仮想マシンを 「構成」 します。次に、オペレーティング システムのインストール CD または ISO イメージを使用して、仮想マシンをパワーオンします。仮想マシンが起動し、オペレーティング システムが通常のインストール手順を開始します。 

インストール

すべて表示 

VMware Workstation Pro を実行するために必要なハードウェアを教えてください

VMware Workstation Pro は、64 ビットの Intel プロセッサと AMD プロセッサ、および 64 ビットの Windows または Linux ホスト OS が搭載された標準の x86 ベース ハードウェア上で動作します。アプリケーション用に 1.2 GB の空きディスク容量を確保することを推奨します。各仮想マシン用に追加のハード ディスク空き容量が必要です。一部のゲスト OS の場合、ベンダーが推奨するディスク空き容量が必要です。

Workstation 12 Pro は 32 ビットのオペレーティング システムをサポートしていますか

Workstation 12 Pro のホスト PC には、64 ビットのオペレーティング システムが必要です。ただし、Workstation 12 Pro 上の仮想マシンでは、ゲスト OS として 32 ビットの Windows および Linux を使用できます。 64 ビットの仮想マシンで VMware Workstation Pro を使用する場合は、互換性のある 64 ビット CPU に関するナレッジベースの記事を参照してください。

32 ビットのホストで Workstation を実行したい場合どうすればよいですか

ホスト PC 上で 32 ビットと 64 ビットの両方のオペレーティング システムをサポートするのは、Workstation 10 が最後のバージョンです。Workstation 12 を購入したあと、My VMware ポータルで Workstation 10 にダウングレードすることが可能です。ナレッジベースの記事 「My VMware でライセンス キーをダウングレードする方法」 を参照してください。

VMware Workstation Pro でサポートされているゲスト OS を教えてください

VMware Workstation 12 Pro がサポートしている 32 ビットおよび 64 ビットのゲスト OS の数は数百にのぼります。Microsoft DOS から Windows 10、Windows NT Server から Windows Server 2012 R2、Ubuntu 15.04 を始めとするさまざまな種類の Linux まで多岐にわたります。サポートされているホスト OS およびゲスト OS については、VMware の互換性ガイドを参照してください。

ダウンロードと評価版

すべて表示 

評価版ライセンスを期限のない永続的なライセンスに変換できますか

評価期間が終了すると、ライセンス キーを入力するように求められます。製品を購入すると、新しいライセンス キーが提供されます。表示されるメッセージに従って、購入したライセンス キーを入力することで、ソフトウェアの 「無期限」 バージョンのロックが解除されます。E メールによる最大 30 日間の無償サポートを利用するには、ライセンス キーを登録する必要があります。VMware のオンライン ストアから製品を購入した場合、ライセンス キーは自動的に登録されます。リセラーから購入した場合は、My VMware でライセンス キーを手動で登録していただく必要があります。ライセンス キーの登録手順については、ナレッジベースの記事を参照してください。

評価版ライセンスを正規ライセンスに変換する場合、再度 VMware Workstation Pro をダウンロードする必要がありますか

いいえ。VMware Workstation Pro でライセンス キーを更新するだけで変換できます。[VMware Workstation Pro] メニューで [ライセンス] をクリックし、新しいライセンス キーを入力してください。

無償の 「マイナー」 アップデートはどこからダウンロードできますか

VMware Workstation Pro がアップデートのプロンプトを自動的に表示します。手動でアップデートを確認するには、[VMware Workstation Pro] ドロップダウン メニューをクリックし、[アップデートの確認] を選択します。

ライセンスとアップグレード

すべて表示 

2015 年 7 月 29 日より前に VMware Workstation 11 を購入しましたが、サポートおよびサブスクリプション (SnS) 契約を締結していません。このような場合はどうなりますか

2015 年 7 月 29 日より前に VMware Workstation 11 をご購入いただいたお客様で、SnS 契約を締結していない場合は、VMware Workstation 12 Pro への無償アップグレードの対象とはなりません。Workstation 12 Pro へのアップグレードを購入していただく必要があります。

VMware Workstation 12 Pro のアップグレードを購入するにはどうしたらよいですか

VMware Workstation 12 Pro のアップグレードをご希望の個人のお客様は、VMware オンライン ストアからご購入ください。法人のお客様は、弊社販売代理店にお問い合わせください。 
重要: Workstation の新しいバージョンをインストールすると、以前のバージョンはシステムからアンインストールされますのでご注意ください。新しいライセンス キーを入手してからアップグレードすることをお勧めします。既存の仮想マシンに影響はありません。

VMware Workstation のサポートおよびサブスクリプション (SnS) 契約を締結しています。新しいバージョンはいつ提供されますか

一般公開日以降に契約が終了するサポートおよびサブスクリプション (SnS) 契約をお持ちの場合は、無償アップグレードの対象となります。ライセンス キーをアップグレードするには、このナレッジベースの記事の手順を実行してください。 

新しいライセンス キーを入手したあと、Workstation Pro のダウンロード ページから VMware Workstation 12 Pro をダウンロードしてご利用いただけます。 

VMware Workstation 12 Pro が一般公開されたあと、まもなく My VMware でアップグレードが利用可能になります。

以前のバージョンの VMware Workstation を所有していますが、アップグレードを購入できますか

以前のバージョンの VMware Workstation (1.x ~ 9.x) をお持ちのお客様は、新規ライセンスをご購入いただく必要があります。

サポート

すべて見る 

無償サポート期間は、いつから開始されるのですか

無償サポート期間は、VMware Workstation Pro のライセンスを登録した日から開始されます。  VMware のオンライン ストアで製品を購入した場合、登録は自動的に行われます。リセラーから購入した場合は、My VMware でライセンスを登録していただく必要があります。ライセンス キーの登録手順については、ナレッジベースの記事を参照してください。

無償サポートの期間はどのくらいですか

VMware Workstation Pro のインストールに関する無償サポートは、製品の登録日から起算して 30 日間有効です。

インシデント単位のサポートは、Workstation 11 と Workstation 12 Pro など、異なるバージョンの Workstation Pro に使用できますか

はい。VMware が正式にサポートしている製品バージョンについては、インシデント単位のサポートを購入して、サポート リクエストを発行していただけます。

VMware Workstation Pro のサポート期間について教えてください

VMware Workstation のサポート期間については、パーソナル デスクトップ ライフサイクル ポリシーに従います。詳細についてはライフサイクル ポリシーおよびサポート終了日を参照してください。