Horizon の支店 / 支社のデスクトップ

ローカルの環境を中央から提供

Horizon Branch Office Desktop は、支社における複数の要件に対応するための包括的なアプローチです。 このソリューションを活用すれば、物理端末と仮想デスクトップの両方の環境の OS イメージを中央から管理できます。同時にエンド ユーザーは安全かつ迅速に必要なアプリケーションやデータにアクセスし、最大の生産性を実現できます。 統合イメージと階層型の単一イメージ管理によって、同一の基本イメージをサーバがホストする仮想デスクトップに展開したり、物理 PC にネイティブに展開できます。クライアント サーバに展開することも可能です。

"VMware Branch Office Desktop Whiteboard - Rory Clements

"VMware Branch Office Desktop Whiteboard - Rory Clements

VMware Branch Office Desktop Whiteboard - Rory Clements

支社向けのジャスト イン タイムのデスクトップ

中央でホストする仮想デスクトップを支社にまで提供

仮想デスクトップをホストすることで、遠隔地からアプリケーションやデータにアクセスして業務を行う支社のユーザーを、効率的で費用対効果に優れた安全な方法で管理できます。 堅牢かつ信頼性が高い広域ネットワーク (WAN) で Horizon (with View)™ を VMware vCloud Networking and Security と vRealize Operations Manager for View とともに使用すると、企業は少ないリソースでより多くを実現し、自動化された、ポリシー ベースのエンド ユーザーの管理手法を支社でも利用できるようになります。

IT 部門は、 VMware Rapid Desktop プログラム の物理アプライアンスを活用して、さらに分散した仮想デスクトップ インフラストラクチャ モデルを選択できます。仮想デスクトップ インフラストラクチャをよりエンド ユーザーの近くに配置することで、アプリケーションの応答時間を最適化し、パフォーマンスの向上を実現できます。 一方、ユーザーをリモート管理して、データセンター内でパッチ適用やバックアップを実行することも可能です。 Horizon (with View)

単一のイメージ管理とディザスタ リカバリの提供

ユーザーがラップトップおよびデスクトップ コンピュータ、または管理対象外の仮想マシンを使用しており、頻繁にネットワークに接続しない、またはネットワークが低速で仮想デスクトップ インフラストラクチャに適していない場合は Mirage を利用します。 Mirage は、エンドポイント イメージの完全なコピーをデータセンター内に統合して、保護と管理を行います。一方、エンド ユーザーは、ローカルの PC で自由に作業を行えます。 Mirage

Mirage は、ローカルのイメージと中央で管理しているイメージを WAN を通じて継続的に同期します。これにより、エンドポイント イメージの管理、保守、更新が容易になります。 IT 部門は、さまざまな種類のデバイスのすべてを単一イメージで管理できるため、災害発生時のリカバリ、ハードウェア更新時のイメージの移動、オペレーティング システムの新バージョンへの移行を容易に実行できます。 また、イメージの個々のコンポーネントが異なるレイヤーに分離されるため、 IT 組織はユーザーのデータやプロファイルを損なうことなく、コンプライアンスを維持しながら、コア イメージの保守を容易に行うことができます。また、エンド ユーザーは自分の PC にアプリケーションをインストールしてカスタマイズすることが可能です。 Mirage

Mirage  また、ディザスタ リカバリ用の Horizon (with View) パーシステント デスクトップの管理に利用することもできます。 この例では、 Mirage によって中央で管理されている物理デバイス上のユーザーは、仮想マシン上にリストアされた個人設定を利用することができます。 ユーザー要件に合わせた設計によっては、Mirage を View Composer および vCenter のクローンとともに効果的に活用できます。