file

VMware のセキュリティ開発ライフサイクル (SDL) は、必要なアクティビティと推奨されるアクティビティを通じてセキュアなソフトウェアを開発するための VMware の手法です。製品チームのよりセキュアなコード開発に大きく貢献しています。セキュリティに関する標準的な慣習に従い、製品のセキュリティ評価、脅威のモデリング、静的スキャン、動的スキャン、侵入テストなどのアクティビティがあります。

 

VMware Security Engineering, Communications & Response グループは、SDL を定期的に更新しており、業界のセキュリティに関する認識や慣習の変化、VMware 内部におけるソフトウェアのセキュリティについての慣習に関する知識の増加とビジネス要件の変化、社内における SDL の有効性の評価を考慮します。

Security Advisories への登録

メール アドレスを入力してください




VMware Security Response Center

仮想インフラストラクチャのセキュリティ上の問題や、考慮事項をお知らせします。

Security Response Center にアクセス