ビジネス継続性とディザスタ リカバリの包括的ソリューション

IT 部門は、ダウンタイムを引き起こすさまざまな要因からビジネス クリティカルなアプリケーションとデータを保護することを要求され続けています。VMware は、高可用性、データ保護、およびディザスタ リカバリを実現する、ビジネス継続性とディザスタ リカバリのソリューションの統合された包括的なポートフォリオを提供しています。

(1:00)

アプリケーションとデータの保護

VMware のビジネス継続性とディザスタ リカバリのソリューションを使用すると、計画的ダウンタイムと計画外のダウンタイムから、低コストで簡単に保護できます。 

高可用性

高レベルの可用性を確保し、ビジネス クリティカルなアプリケーションでデータ消失が発生しないようにします。従来のアプリケーション レベルのクラスタリングとは異なり、コストや複雑性は高くありません。ライブ マイグレーションとライブ アップグレードを実行して、計画的ダウンタイムを実質的に排除します。オペレーティング システムまたはサーバ レベルで障害が発生した場合、利用できるハードウェア上でアプリケーションを自動的に再起動して、計画外のダウンタイムが発生しないようにします。 

高可用性に関する詳細情報

データ保護

仮想化テクノロジーにより、IT 環境を保護するとともに、データおよびシステムのバックアップとリカバリを簡素化できます。オペレーティング システム、アプリケーション、データを含むシステム全体を目標復旧時間 (RTO) 内に容易にリカバリできます。

データ保護に関する詳細情報

ディザスタ リカバリ

ビジネスのニーズに適応する柔軟なディザスタ リカバリ ソリューションを利用して、不測の事態に備えることができます。プライベート クラウドのディザスタ リカバリ ソリューションを構築するか、パブリック クラウドのサービスとしてのディザスタ リカバリを導入することで、ビジネス クリティカルなアプリケーション
すべてを保護することができます。

ディザスタ リカバリに関する詳細情報

 

ディザスタ リカバリ

すべてのアプリケーションを対象とした、シンプルで信頼性に優れたディザスタ リカバリ

 

従来のディザスタ リカバリ ソリューションでは、予算でサポートできる範囲について計算して、どのアプリケーションを範囲の対象外とするかについて厳しい決断を下す必要がありました。IT リソースの仮想化と、プライベート クラウドおよびパブリック クラウドを利用するディザスタ リカバリ サービスの出現によって、このプロセスが簡素化されました。現在のディザスタ リカバリ ソリューションは、管理しやすく、低コストで、すべてのアプリケーションに対するディザスタ リカバリ保護を強化することができるようになりました。

  • プライベート クラウドを利用するディザスタ リカバリ
  • クラウド ベースのサービスとしてのディザスタ リカバリ
  • プライベート クラウドとサービスとしてのディザスタ リカバリの両方を活用する、ディザスタ リカバリへの二重のアプローチ

独自にソリューションを構築するか、ディザスタ リカバリ サービスを利用するかに関わらず、VMware は、VMware vSphere 環境でビジネス クリティカルな情報を保護するための優れた柔軟性を提供します。

 

プライベート クラウドを利用するディザスタ リカバリ

 

ディザスタ リカバリ用に独自のプライベート クラウドを構築しようとする組織のために、VMware はさまざま製品を提供しています。レプリケーションとディザスタ リカバリのオーケストレーションや、ハイパーコンバージド インフラストラクチャのソリューションなどの機能を提供して、ディザスタ リカバリ ソリューションの実装の簡素化とコスト削減を促進します。

 

VMware のハイパーコンバージド ソフトウェアの主要コンポーネントである VMware Virtual SAN によって、ハイパーコンバージド インフラストラクチャと Software-Defined Data Center のメリットがストレージにもたらされます。  サーバのハード ディスク ドライブとソリッド ステート ドライブをクラスタリングすることで、フラッシュ用に最適化され柔軟性に優れた、仮想環境向けの共有データストアを構築します。

 

VMware vSphere Replication: 柔軟性に優れた、使いやすいレプリケーション テクノロジーです。仮想マシン レベルで構成および管理されるため、ストレージに依存せず、異なるストレージ システム間でのデータの移動を可能にします。

VMware Site Recovery Manager: オーケストレーションの自動化とシステムの停止を伴わない統合リカバリ プランのテストを実現して、すべての仮想アプリケーションのディザスタ リカバリ管理を簡素化します。

 

サービスとしてのディザスタ リカバリ

 

サービスとしてのディザスタ リカバリ ソリューションを利用すると、第 2、第 3 のディザスタ リカバリ サイトのために必要なインフラストラクチャとソフトウェアを購入するコストが不要になり、ディザスタ リカバリ ソリューションのコストを運用の予算から支払うことができます。

VMware vCloud Air Disaster Recovery: VMware が所有および運営する、サービスとしてのリカバリ ソリューションです。vSphere 環境を対象とした、クラウド ベースのネイティブのディザスタ リカバリ機能を提供します。このサービスは、vSphere Replication を活用し、堅牢な非同期レプリケーション機能をハイパーバイザー レイヤーで実現します。

(3:25)

Legacy Reserves Implements vCloud Air Disaster Recovery

Legacy Reserves 社は、ディザスタ リカバリ保護として、ハイブリッド クラウドおよびディザスタ リカバリ クラウドを利用することを決定しました。 

インストールは不要

オンライン ハンズオン ラボは、クラウドで仮想マシンを実行する実際の環境です。お手元の PC のブラウザから、ハンズオン ラボで vSphere を無償でお試しください。

今すぐ開始

データ保護

効率性に優れた予測可能なバックアップとリカバリ

仮想化テクノロジーにより、IT 環境を保護するとともに、データおよびシステムのバックアップとリカバリを簡素化できます。VMware vSphere Data Protection を使用して、オペレーティング システム、アプリケーション、データを含むシステム全体を目標復旧時間 (RTO) 内に容易にリカバリできます。

VMware のデータ保護ソリューションによって、次のことが可能になります。

  • バックアップ時間枠と RTO への対応
  • ストレージ リソースとネットワーク リソースの効率的な利用
  • IT インフラストラクチャにおけるすべてのアプリケーションの容易な保護

vSphere Data Protection 6.1

VMware が提供するバックアップおよびリカバリ ソリューションである、vSphere Data Protection の技術概要をご確認いただけます。

高可用性

すべてのアプリケーションを対象に、シンプルで費用対効果に優れた可用性を確保

従来のアプリケーション レベルのクラスタリング ソリューションは、コストがかかり、実装が困難で、管理も容易ではありませんでした。VMware vSphere を使用すると、すべてのアプリケーションに適用される可用性のベースライン レベルを向上させ、サービス レベル アグリーメント (SLA) を満たすことができます。 

また、計画的ダウンタイムの削減、計画外のダウンタイムの回避、およびシステム停止からの迅速なリカバリが可能になります。

  • 通常のメンテナンス作業に必要な計画的ダウンタイムを排除
  • ハードウェア、オペレーティング システム、およびアプリケーションに依存しない高可用性を提供
  • 仮想マシンの自動的な再起動により、オペレーティング システムやサーバの障害から迅速にリカバリ

 

(2:01)

High Availability at CharterCARE Health Partners

CharterCARE 社は、同社のシステムを仮想化して、ディザスタ リカバリとビジネス継続性を実現しました。 

計画的ダウンタイム

 

ローカルでシステムをメンテナンスするための計画的ダウンタイムが、IT 環境におけるダウンタイムの一番の原因です。メンテナンス期間は、予定よりかなり前にスケジュール設定され、夜間や週末にメンテナンスを行うようにして、ビジネスへの影響を最小限に抑えています。VMware vSphere は、計画的ダウンタイムを排除して、システムのメンテナンスをいつでも実行できるようにすることで、サービスに影響を与えずに IT 部門の負担を軽減することができます。

  • VMware vSphere vMotion: 完全に仮想化されたサーバ、ストレージ、およびネットワークを活用して、稼動中の仮想マシン全体をサーバ間で瞬時に移動します。
  • VMware vSphere Storage vMotion: 異なる種類のストレージ アレイ間で仮想マシン ディスク ファイルのライブ マイグレーションを行うことができます。トランザクションの完全な整合性とアプリケーションの可用性を維持できます。

計画外のダウンタイム

 

アプリケーション レベルのクラスタリングは複雑でコストがかかるため、通常は、一部のアプリケーションのみが保護の対象となります。 そのため、従来の IT 環境では、大半のアプリケーションが計画外のダウンタイムから保護されません。VMware は、シンプルで費用対効果に優れた可用性を VMware vSphere 上で実行されるすべてのアプリケーションに提供するために、一連の機能を提供しています。

 

VMware vSphere Fault Tolerance: 仮想ロックステップ方式でプライマリ インスタンスと同期する仮想マシンのライブ シャドウ インスタンスを作成します。これにより、サーバ障害時に、アプリケーションに継続的な可用性を提供します。

 

VMware vSphere High Availability: サーバ ハードウェアまたはゲスト OS の障害を検出した際に、利用できるサーバ上で仮想マシンを自動的に再起動することによって、アプリケーションのダウンタイムを削減します。

 

VMware vSphere Application High Availability: アプリケーション レベルの監視と自動的な修正により、vSphere High Availability の機能を補完します。

Business Continuity with VMware

ディザスタ リカバリの方法の選択 (英語)

VMware が提供する、サービスとしてのディザスタ リカバリまたはオンプレミスのソリューションによって、ニーズに合った方法でビジネスを保護できます。 

vSphere 向けに設計されたバックアップ (英語)

従来のエージェント ベースの手法が現在の動的な仮想化環境では機能しない理由と、VMware のソリューションがこれらの問題をどのように解決するのかをご確認ください。 

仮想化とリスクの管理 (英語)

このガイドでは、IT 環境のリスク管理、ビジネス継続性、およびディザスタ リカバリにおいて、仮想化がどれほど重要であるかをご確認いただけます。

vSphere Blog のアップタイムに関する記事 (英語)

ビジネスのダウンタイムを防ぎ、サービス レベル アグリーメントを満たすことができる、vSphere の新機能をご確認いただけます。