エンタープライズ Java アプリケーションの仮想化

仮想化された x86 プラットフォームにエンタープライズ Java アプリケーションを移動することで、ライフサイクルとスケーラビリティの管理が容易になり、リソースをより効率的に利用できます。Java のプロセスが物理マシンではなく仮想マシンにあれば、アプリケーション サーバの新しいインスタンスを追加したり、アプリケーションを新しいバージョンにアップデートする時間を短縮することができます。      

VMware によるエンタープライズ Java アプリケーションの仮想化

ビジネス クリティカル アプリケーション シリーズ: Java

Enterprise Java Applications on vSphere Best Practices

このガイドでは、VMware によるエンタープライズ Java アプリケーション展開のベスト プラクティスが紹介されています。

ガイドを読む

Performance Brief for IBM WebSphere Application Server

IBM WebSphere Application Server を VMware ソリューション上で構成する際に役立つ、ソリューション アーキテクト向けの情報が記載されています。

ソリューションの概要を読む

VMware のソリューションで Java を仮想化するメリット

パフォーマンスを損なわずに Java アプリケーションを仮想化

VMware は、エンタープライズ Java アプリケーションに最高のスケーラビリティとパフォーマンスを提供します。ソフトウェアとハードウェアの仮想化技術が進歩し、パフォーマンスの問題が解消されました。

既存のアプリケーション サーバで Java アプリケーションを仮想化

vSphere では、エンタープライズ Java アプリケーションの仮想化を行うために、アプリケーション サーバを交換する必要はありません。多くの企業が、IBM WebSphere、Oracle WebLogic、RedHat JBoss を含む仮想マシンをホストする際に、vSphere を使用しています。

アプリケーションのライフサイクル管理の向上

仮想化を行うと、アプリケーションのパッチ適用やプロビジョニングが短時間で完了するため、専用ハードウェアを使用した場合のような遅れは生じません。

仮想化されたアプリケーションのパフォーマンスの維持

従来のデータセンターでは、一般的に、エンタープライズ Java アプリケーションを多数の物理システムに展開していました。本番環境にアプリケーションのセントラル インスタンスが 1 つしかない場合はまれで、通常は、サーバをクラスタ構成にしてアプリケーションをサポートします。このように、アプリケーションのレプリカが物理的に分散していると、管理が複雑になり、時間もかかります。アプリケーションの仮想化を行うことで、アプリケーションのパフォーマンスと信頼性が向上し、管理が必要な物理システム数を削減できます。

テクニカル スタディ

VMware ESX 上に WebSphere アプリケーション サーバを展開した、Ohio Mutual Insurance Group 社

お客様

Apache Tomcat on vSphere

SonicWALL 社は、サーバ台数の増加を防ぐ手段として仮想化に期待を寄せました。

成功事例を読む

vSphere に IBM WebSphere を展開

vSphere に Oracle WebLogic を展開