クラウド コンピューティング プラットフォームを有効に活用

VMware のクラウド コンピューティング サービスでは、新しいアプリケーションと従来のアプリケーションの両方をクラウド上で実行できます。既存の投資を活用しながら、パブリック クラウドの俊敏性と費用対効果によるメリットも得られます。

(2:13)

VMware vCloud Director の概要

ハイブリッド クラウドにより、ビジネスの俊敏性、競争力、および費用対効果を向上させる方法をご確認ください。

新規およびレガシー アプリケーション対応のクラウド テクノロジー

世界中で多数の企業が使用している VMware vSphere 上にインフラストラクチャを構築している場合は、真のハイブリッド クラウド ソリューションのメリットを活用し、迅速、容易、かつセキュアにデータセンターをクラウドにまで拡張できます。VMware vCloud Air は vSphere 上に構築されているため、オンサイトおよびオフサイトの IT 環境を統合および接続でき、既存のアプリケーションと新しいアプリケーションをまったく同じように実行できます。既存の VMware ベースのインフラストラクチャと同様の俊敏性、自動化、および標準化をクラウドで利用して、パフォーマンス、セキュリティ、およびコンプライアンスを維持できます。

パブリック、プライベート、およびハイブリッド クラウド 

プライベート クラウド

vCloud Suite を使用して、社内に vSphere ベースのプライベート クラウドを構築できます。

ハイブリッド クラウド

Software-Defined Data Center (SDDC) は、プライベート、パブリック、またはハイブリッド クラウドを構築する基盤となり、サービスとしての IT (ITaaS) の提供を可能にします。SDDC アーキテクチャにより、企業は、共通の管理、オーケストレーション、ネットワーク、およびセキュリティ モデルをオンプレミス (社内サイト) およびオフプレミス (外部サイト) の両方の環境で活用できます。

パブリック クラウド

vSphere ベースのデータセンターを、vCloud Air Network の世界中のサービス プロバイダによる幅広いエコシステムを通じてパブリック クラウドへと拡張できます。

統合管理プラットフォーム

単一の統合管理プラットフォームでポリシー ベースの自動化および管理を行うことにより、異種混在のインフラストラクチャおよびハイブリッド クラウド全体で、アプリケーションとワークロードをまとめて管理および監視できます。vRealize Suite では、IT の管理性と費用対効果を維持しながら、ビジネスのスピードと俊敏性を向上できます。

eBook: A Guide to Hybrid Cloud

クラウド サービスのオプションの評価と、主な活用方法についてご確認ください。

登録して eBook を読む

プライベート クラウド

プライベート クラウドの構築

Software-Defined Data Center のアーキテクチャを利用して、vSphere ベースのプライベート クラウドを構築および実行し、仮想インフラストラクチャ サービスや可用性の高いアプリケーションおよびサービスを提供します。

サーバ仮想化、さらにその先へ

サーバ仮想化では、ビジネスの俊敏性を高めながら、設備投資コストと運用コストを 50 % 以上*削減できます。今ではデータセンターのすべてを仮想化することができ、仮想マシンと同じように、すべての IT サービスを安価かつ容易にプロビジョニングして管理することが可能です。Software-Defined Data Center のアーキテクチャによって、コンピューティング、ネットワーク、ストレージなどのサーバ以外のデータセンター リソースにまで、抽象化、プール化、および自動化の範囲を拡張することができます。任意のクラウド上で企業の仮想インフラストラクチャを展開し、複数のプラットフォームを全体的に管理できます。

*VMware の社内調査、2014 年

 

可用性に優れたアプリケーションとサービス

VMware ベースのプライベート クラウドは、Software-Defined Data Center (SDDC) のアーキテクチャを活用して、標準化ならびに統合された形式で、可用性に優れたアプリケーションとサービスの基盤を提供します。さらに、プライベート クラウドによって、IT のセキュリティとコンプライアンスの維持、IT 運用のインテリジェントな制御、迅速なアプリケーションのプロビジョニング、および継続的なガバナンスも可能になります。

製品 

vCloud Suite

VMware vCloud Suite によって、vSphere ベースのプライベート クラウドを構築および管理できます。vCloud Suite は、アプリケーション対応の可用性および自動フォルト トレランス機能を通じて、ビジネス継続性を実現します。仮想化対応のセキュリティとコンプライアンス機能で、セキュリティ上の脅威と構成エラーからの保護が可能になります。

vRealize Suite

vRealize Suite では、プライベート クラウドだけでなく、ほかのハイパーバイザーや物理環境に対しても、ワークロードをプロビジョニングし、管理することができます。ポリシー ベースのライフサイクル管理機能を使用して、プロビジョニングを自動化します。

vCloud Connector

VMware vCloud Connector によって社内のプライベート クラウドとパブリック クラウドがリンクされるため、これらを単一のハイブリッド環境として管理し、ワークロードをクラウド間で移行できます。

ハイブリッド クラウド

企業のデータセンターをクラウドへ

 

VMware が提供するクラウド コンピューティングでは、データセンターやアプリケーションをシームレスかつセキュアにクラウドへと拡張できます。オンサイトのデータセンター間、またはプライベート クラウドとパブリック クラウドの間でワークロードの移行が可能になり、真のハイブリッド クラウドが実現します。  

 

ハイブリッド クラウドのメリット

VMware テクノロジー ベースの認定済みクラウド サービスで構成される世界最大規模のネットワークである vCloud Air Network を通じて、VMware はさまざまな地域でこれまでにない柔軟性と選択肢を備えたクラウド サービスを提供しています。

 

vCloud Air Network サービス プロバイダ パートナーが提供するクラウド サービスを選択する際に、アプリケーションの互換性の問題や、ほかの商用サービスで見られるような特定のサービス プロバイダへの固定化を心配する必要はありません。管理ツールやインフラストラクチャの追加、プロセスの見直し、および従業員の再教育をすることなく、リスクとコストの両方を削減できます。

 

VMware ベースのハイブリッド クラウド プラットフォームには、次のメリットがあります。

  • クラウド内でのアプリケーションの開発、展開、管理方法はこれまでと変わりません。基盤のプラットフォームである、VMware のインフラストラクチャがもたらすセキュリティ、信頼性、パフォーマンスが提供されます。
  • データセンターやパブリック クラウドも含めたハイブリッド インフラストラクチャ全体を、1 つの画面の管理フレームワークでまとめて管理できます。既存のツール、プロセス、およびスキルを使用します。
  • ワークロードをクラウドへ迅速に展開し、変化するニーズに合わせて、オンプレミス環境とオフプレミス環境間でワークロードを柔軟に移動することが可能です。
  • vCloud Air Network サービス プロバイダのエコシステムは、高い評価を受けているクラウド サービスをグローバルに提供します。
  • データ主権は、102 か国に展開する vCloud Air Network サービス プロバイダに準じます。

VMware のハイブリッド クラウド ソリューション 

vCloud Air Network サービス プロバイダ

業界をリードする vSphere 仮想化プラットフォーム上に構築された、幅広いクラウド サービスからお選びいただけます。これらのサービスは、特定の時期にのみ発生するプロジェクト、開発とテスト、ディザスタ リカバリなど、さまざまなユースケースに合わせて最適化されています。

IDC 社のホワイトペーパー

クラウド コンピューティングの次のフェーズがハイブリッド クラウドである理由をご覧いただけます。

登録フォームからダウンロード (英語)