VMware vCenter Converter Standalone 5.0.1 | 2012 年 10 月 25 日 | ビルド 875114

ドキュメントの最終更新日: 2012 年 10 月 25 日

本リリース ノートに対する追加情報およびアップデート情報を定期的に確認してください。

リリース ノートの概要

このリリース ノートには、次のトピックが含まれています。

Converter Standalone の概要

VMware vCenter Converter Standalone は、物理マシン(Windows または Linux を実行)、別の仮想マシン フォーマット、およびサードパーティ製のイメージ フォーマットから VMware 仮想マシンを作成するプロセスを自動化するための使いやすいソリューションです。ウィザードによる直感的なインターフェイスと一元管理可能なコンソールにより、Converter Standalone は中断やダウンタイムを発生させることなく、複数のローカル物理マシンおよびリモート物理マシンを迅速かつ高い信頼性で変換できます。

メリット

  • Windows または Linux オペレーティング システムを実行する物理マシンを、サービス中断やダウンタイムなしで、迅速に VMware 仮想マシンに変換できます。
  • Parallels Desktop、Symantec Backup Exec System Recovery、Norton Ghost、Acronis、StorageCraft、Microsoft Virtual Server、または Virtual PC などのサードパーティ製のイメージや仮想マシン フォーマット、および Microsoft Hyper-V Server 仮想マシンを VMware 仮想マシンに変換できます。
  • リモートでの複数の物理サーバまたは仮想マシンの変換を中央から同時に管理できます。
  • データ移行前に、ソース マシンのゲスト OS の静止状態のスナップショットを作成することにより、信頼性のある変換を実現します。
  • ホット クローン作成により、ソース サーバのダウンタイムと再起動を伴わない無停止での変換を実現します。

ページの先頭へ

新機能

VMware vCenter Converter Standalone 5.0.1 は、特定の vSphere ターゲットでの Converter Standalone タスクの実行の問題を解決するパッチ リリースです。詳細については、「 vSphere ターゲットへのアクセス時に Converter Standalone 5.0 が予期せず終了することがある」(KB 2033315)を参照してください。

注: Converter Standalone 5.0.1 は vSphere 5.1 と互換性がありません。 これにより、ある機能が働かない可能性があります。問題が生じた場合は、VMware Global Support Services へお問い合わせください。

ページの先頭へ

インストールに関する注意事項

権限が制限されているユーザーは、Converter Standalone 5.0.1 を Windows にインストールできません。Converter Standalone をインストールするには、管理者としてログインする必要があります。

ページの先頭へ

プラットフォーム

VMware Converter Standalone 5.0.1 は、次のプラットフォームにインストールできます。

  • Windows XP Professional(32 ビットおよび 64 ビット)
  • Windows Server 2003 SP2、R2(32 ビットおよび 64 ビット)
  • Windows Vista(32 ビットおよび 64 ビット)
  • Windows Server 2008(32 ビットおよび 64 ビット)
  • Windows Server 2008 R2(64 ビット)
  • Windows 7(32 ビットおよび 64 ビット)

ページの先頭へ

相互運用性

Converter Standalone 5.0.1 は次のソースをサポートしています。

  • サポートされているゲスト OS』 に記載されているオペレーティング システムを実行する物理マシン
  • VMware Desktop 製品
    • Workstation 5.x、6.x、7.x、および 8.x
    • Fusion 2.x、3.x、および 4.x
    • Player 2.x および 3.x
    • Server 2.x
  • VMware vCenter 仮想マシン
    • vSphere 5.0
    • vSphere 4.1
    • vSphere 4.0
    • ESX 3.0
    • ESXi 3.5 Installable および Embedded
    • ESX Server 2.5.x(VirtualCenter 2.5 以降で ESX Server を管理する場合)
    • vCenter Server 2.5
  • サードパーティ製のバックアップ イメージおよび仮想マシン
    • Microsoft Virtual PC 2004 および Microsoft Virtual PC 2007
    • Microsoft Virtual Server 2005 および Microsoft Virtual Server 2005 R2
    • Windows ゲスト OS を実行する Hyper-V Server 仮想マシン
    • Linux ゲスト OS を実行する Hyper-V Server 仮想マシン
    • Acronis True Image Echo 9.1、9.5、および Acronis True Image 10.0、11.0(Home 版)
    • Symantec Backup Exec System Recovery(旧 LiveState Recovery)6.5、7.0、8.0、および 8.5、LiveStateRecovery 3.0 および 6.0( .sv2iファイルのみ)
    • Norton Ghost バージョン 10.0、11.0、12.0、13.0、および 14.0( .sv2iファイルのみ)
    • Parallels Desktop 2.5、3.0、および 4.0
    • StorageCraft ShadowProtect 2.0、2.5、3.0、3.1、および 3.2
    Backup Exec System Recovery、ShadowProtect、および Consolidated Backup の各イメージの変換に関する条件および制約については、『  VMware vCenter Converter Standalone ユーザー ガイド』を参照してください。
    Parallels Virtuozzo Containers は Converter Standalone ではサポートされていません。

選択したソースに応じて、次のターゲットに変換できます。

  • VMware vCenter 仮想マシン
    • ESX 3.5、4.0、および 4.1
    • ESXi 3.5、4.0、4.1、および 5.0
    • vCenter Server 2.5、4.0、4.1、および 5.0
  • VMware Desktop 仮想マシン
    • VMware Workstation 5.x、6.x、7.x、および 8.x
    • VMware Player 1.x、2.x、および 3.x
    • VMware Server 1.x および 2.x
    • VMware Fusion 1.x、2.x、3.x、および 4.x

ページの先頭へ

サポートされているゲスト OS

Converter Standalone 5.0.1 は、次のゲスト OS をサポートしています。

  • Windows XP Professional SP3(32 ビットおよび 64 ビット)
  • Windows Server 2003 SP2、R2(32 ビットおよび 64 ビット)
  • Windows Vista SP2(32 ビットおよび 64 ビット)
  • Windows Server 2008 SP2(32 ビットおよび 64 ビット)
  • Windows Server 2008 R2(64 ビット)
  • Windows 7(32 ビットおよび 64 ビット)
  • Red Hat Enterprise Linux 2.x(32 ビットおよび 64 ビット)
  • Red Hat Enterprise Linux 3.x(32 ビットおよび 64 ビット)
  • Red Hat Enterprise Linux 4.x(32 ビットおよび 64 ビット)
  • Red Hat Enterprise Linux 5.x(32 ビットおよび 64 ビット)
  • SUSE Linux Enterprise Server 8.x(32 ビットおよび 64 ビット)
  • SUSE Linux Enterprise Server 9.x(32 ビットおよび 64 ビット)
  • SUSE Linux Enterprise Server 10.x(32 ビットおよび 64 ビット)
  • SUSE Linux Enterprise Server 11.x(32 ビットおよび 64 ビット)
  • Ubuntu 8.x(32 ビットおよび 64 ビット)
  • Ubuntu 9.x(32 ビットおよび 64 ビット)
  • Ubuntu 10.x(32 ビットおよび 64 ビット)

注意: パワーオン状態の Linux マシンのクローンを作成する際、Converter Standalone 5.0.1 は、次のソース ファイル システムをターゲット上に保存します: ext2、ext3、reiserfs、および vfat。その他のソース ファイル システムはすべて、ターゲット仮想マシン上で ext3 ファイル システムに変換されます。

Converter Standalone でサポートされているオペレーティング システムおよびその他のシステム要件の詳細については、『 VMware vCenter Converter Standalone ユーザー ガイド』を参照してください。

ページの先頭へ

Converter Standalone の以前のリリース

Converter Standalone の以前のリリースの機能については、それぞれのリリース ノートに記載されています。次に示すリンクをクリックすると、Converter Standalone の以前のリリースに関するリリース ノートが表示されます。

ページの先頭へ

既知の問題

今回の Converter Standalone 5.0.1 リリースには、次の問題点があることが確認されています。

ページの先頭へ

インストール手順


64 ビットの Windows Vista 以降を実行するマシンは、Converter Standalone を再度インストールする前に、再起動する必要がある
64 ビットの Windows Vista、Windows Server 2008、または Windows 7 マシンから Converter Standalone をアンインストールしたあと、マシンを再起動せずに、続けて Converter Standalone をインストールすると、次のエラー メッセージで失敗する場合があります。
[ エラー 29144。サービス Vstor2 MntApi 1.0 ドライバ(共有)をインストールできませんでした。再起動してからインストールをやり直してください]。
回避策:Windows Vista、Windows Server 2008、または Windows 7 マシンを再起動してから、Converter Standalone を再度インストールします。

Converter Standalone インストーラが通知なしで Workstation 6.5.x リモート エージェントを削除する
Workstation 6.5.x を使用して Windows ソース マシンのホット クローン作成を行うと、Workstation は、ソース上にリモート Workstation エージェントをデプロイします。このリモート エージェントをソース上に残すように選択していた場合、同じマシン上に Converter Standalone をインストールすると、Converter Standalone インストーラが、警告メッセージを出さずにエージェントをアンインストールします。

64 ビット Windows Vista 以降を実行するリモート ソース マシンを、一度正常に変換したあとに P2V 変換すると失敗する
64 ビット Windows Vista、Windows Server 2008、または Windows 7 オペレーティング システムを実行するリモート ソース マシンの変換が正常に行われたあとに、再度変換しようとすると、エラー メッセージ [ x.x.x.x で Converter Standalone エージェントのインストールに失敗しました。エラー コード: 1603] が表示され、失敗します。ここで x.x.x.x は、ソース マシンの IP アドレスです。
このエラー メッセージは、最初の正常に実行された変換において、リモートの Converter Standalone エージェントの自動アンインストールが有効になったときに表示される場合があります。
回避策:リモート ソース マシンを再起動してから、変換タスクを再実行します。

権限が制限されているユーザーは、Converter Standalone を Windows にインストールできない
管理者ではないユーザーとして Windows にログインしている場合、InstallShield がファイルを Converter Standalone インストールのために展開している最中に、次のエラー メッセージが表示されます。
[ ファイルを保存できません:
C:\WINDOWS\Installer\
システムは指定のパスを見つけられません。
]
権限が制限されているユーザーは必要な書き込みのアクセス許可を持っていないため、エラーが表示されます。
回避策:次のようにして、 %TEMP% ディレクトリを選択してインストール ファイルを展開します。

  1. エラー メッセージで OK をクリックします。[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスが表示されます。
  2. 現在のユーザーの Tempフォルダ( C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Local Settings\Temp など)に移動し、 OK をクリックします。

注: Converter Standalone をインストールするには、管理者としてログインする必要があります。

Converter Standalone 5.0.1 がすでにインストールされているマシンには vCenter Converter 4.2.1 はインストールできない
Converter Standalone 5.0.1 をインストールし、次に vCenter Converter 4.2.1 サーバを同じマシンにインストールすると、vSphere Client からの vCenter Converter 4.2.1 プラグインのダウンロードが失敗します。
回避策:最初に vCenter Converter 4.2.1 をインストールし、次に Converter Standalone 5.0.1 をインストールします。

Converter Standalone 3.x から Converter Standalone 5.0.1 にアップグレードするときに、確認ダイアログは表示されない
Converter Standalone 3.x がインストールされているマシンに Converter Standalone 5.0.1 をインストールする場合、インストール ウィザードはアップグレードの確認を要求しません。

ページの先頭へ

一般


同一の Windows ソース マシンに新規変換ジョブを作成し、Converter Standalone エージェントのデプロイに異なるポートを使用すると、実行中の P2V 変換ジョブが失敗する
P2V 変換ジョブの実行中に、パワーオン状態の同じ Windows ソース マシンに対して、接続ポートを指定して別の変換ジョブを作成すると、指定したポートを使用して Converter Standalone が Converter Standalone エージェントをデプロイします。指定の接続ポートが、現在実行中の変換ジョブで使用している接続ポートと異なる場合、ジョブは両方とも失敗します。最初の変換ジョブについて、ジョブの概要タブ上に次のエラー メッセージが表示されます: 失敗:[一般的なシステム エラーが発生しました。ターゲット マシンが能動的に拒否したため、接続は確立できませんでした]。2つ目の変換ジョブについて、ジョブの概要タブ上に次のエラー メッセージが表示されます: 失敗:[ソース ボリュームの VSS スナップショットを作成できません。]エラー コード: 2147754774 (0x80042316)

実行中の変換ジョブまたは構成ジョブをコピーできない
ソースが仮想マシンまたはバックアップ イメージである、実行中の構成ジョブまたは変換ジョブについて、[新規としてコピー] ウィザードを開き、 次へ をクリックすると、ウィザードにエラー メッセージ [ 選択されたマシンのハードウェア情報を取得できません] が表示されます。
回避策:ジョブが完了するまで待ってから、ポップアップ メニューで 新規としてコピー を選択します。

大きなファイルをサポートしないネットワーク シェアに対し、ソース イメージのリンク クローンが 2GB を超える場合に失敗する
大きなファイルをサポートしないネットワーク シェア(Linux SMB 共有など)に対し、ソース イメージから 2GB を超えるリンク クローンを作成した場合、失敗します。Converter Standalone ではソース ファイルを小さなファイルに分割しません。ターゲットでサポートされているファイル サイズよりもソースが大きい場合、変換タスクは失敗します。

ディスクを 15 個以上備えた VMware Infrastructure 仮想マシン ソースを、VirtualCenter 2.5 で管理している ESX ターゲットに変換できない
ESX 3.5 ホスト上にある仮想マシン ソースを VirtualCenter 2.5 で管理している ESX 3.5 ターゲットに変換しようとしていて、ソース マシンに 15 個以上の VMDK ファイルがある場合、変換ジョブは失敗して次のエラー メッセージが Converter Standalone ログに書き込まれます。
失敗:agent.internal.fault.NfcConnectionFault.summary
回避策:

  1. Workstation など、ホスト型の仮想マシン ターゲットにソース マシンを変換します。
  2. 得られた仮想マシンを、配置先の VirtualCenter が管理する ESX に変換します。

2GB を超える VMDK ファイルを持つスタンドアロン VMware ソースを変換するための変換ジョブを、大きなファイルをサポートしないネットワーク シェアから作成すると失敗する
大きなファイルをサポートしないリモート ネットワーク上(Linux SMB 共有など)にあり、2GB を超える VMDK ファイルを持つスタンドアロン仮想マシンのソースを選択し、 次へ または ソースの詳細を表示 をクリックすると、Converter のウィザードに次のエラー メッセージが表示されます。[
選択されたマシンのハードウェア情報を取得できません]。
回避策:ネットワーク シェアのフォルダを、Converter Standalone が稼働しているマシンにマッピングし、そこからソースを選択します。

Converter Standalone が、VMware Workstation またはその他の VMware によりホストされている、読み取り専用ネットワーク シェア上のソース仮想マシンの電源状態を検出できない
Workstation または別の VMware にホストされているソース マシンが、読み取り専用権限でネットワーク シェア上に格納されている場合、このソースがパワーオン状態であるかサスペンド状態であるかを Converter Standalone が検出できないことがあります。このため、パワーオン状態のソース仮想マシンに対して変換中に変更が加えられると、ターゲット マシン上のデータに不整合が生じる可能性があります。
回避策:

  • 変換する前に、ソース仮想マシンがパワーオフ状態であることを確認します。
  • ソース仮想マシンが格納されているネットワーク シェアに、書き込み権限を付与します。

1TB を超える仮想マシンを変換するときに、タスクの進行状況が表示されない
ソース仮想マシンが 1TB を超える場合、Converter Standalone には変換タスクの進行状況が表示されません。変換タスクは正常に完了しますが、ユーザーはその進行状況を監視できません。
回避策:ターゲット ESX ホストのディスク パフォーマンスを監視することによって、タスクが正常に実行されているかを確認できます。

vCenter Server に接続されていない ESX ホスト間の変換ジョブが、ソース マシン上に 10 個以上のディスクがある場合に失敗する
10 個以上のディスクを持つソース マシンを変換すると、次のエラーがログ ファイルに表示されて、変換は失敗します。
[ Error on logout (ignored):Operation timed out
SSLStreamImpl::BIORead (3BBA4E8) timed out
]
このエラーは、vCenter Server に接続されていない ESX ホストとの間に確立できる、NFC 接続の数の制限により発生します。
回避策:ターゲット ESX ホストに、vCenter Server を使用して接続します。その場合、ソース ディスクの数の上限は、ESX ホストの場合 27 個、ESXi ホストの場合 23 個です。

認識されないファイル システムを持つソース ボリュームを変換すると、ターゲット仮想マシンを起動できない場合がある
ボリューム ベースのクローン作成タスクを Converter Standalone のいずれかのウィザードでセットアップするときに、 ソース ボリューム タブのいくつかの行にボリューム名が表示されないことがあります。これは、Converter Standalone がそれらのボリュームのファイル システムを認識していないことを意味します。このような変換タスクによって作成されたターゲット仮想マシンは、起動できない可能性があります。それにもかかわらず、Converter Standalone は、ブロック レベルのコピーによって、ソース ボリューム データをターゲットにコピーします。
回避策:変換後に、ターゲット仮想マシンを構成します。

2GB を超える VMDK ファイルを持つスタンドアロン VMware ソースを、大きなファイルをサポートしないネットワーク シェア上のホストされているターゲットに変換すると失敗する
2GB を超える VMDK ファイルを持つスタンドアロン仮想マシンのソースを選択し、大きなファイルをサポートしないリモート ネットワーク上(Linux SMB や NFS 共有など)のホストされているターゲットに変換しようとすると、その変換ジョブが、次のエラー メッセージで失敗する場合があります。

  • [仮想ディスクに接続できません]
  • [0 応答バイトを読み込んだあと、リモート サーバは接続を切断しました]
  • [仮想ディスクでの処理中にエラーが発生しました]
  • .
変換が正常に終了した場合は、ターゲット仮想マシンをパワーオン状態にしたときに、VMDK ファイルに関連する次のエラー メッセージが表示される可能性があります。
[ 内部の不整合エラー]
回避策:
  1. Converter Standalone のメインのアプリケーション ウィンドウで、失敗したタスクを右クリックし、 新規としてコピー... を選択します。
  2. [オプション] ページで コピーするデータ を選択します。
  3. [コピーするデータ] ペーンで、コピーするボリュームを選択し、 詳細 をクリックします。
  4. ターゲット レイアウト タブで、ターゲットのディスク タイプとして、 2GB に分割 (事前割り当てなし) または 2GB に分割(事前割り当て済み)を選択します。
  5. 次へ をクリックし、変換ジョブのサマリを表示します。
  6. [終了準備の完了] ページで、 終了 をクリックして、ジョブを再送信します。

システム ボリュームが SCSI ディスク上にあり、IDE ディスクもソース マシン上にある場合、Converter Standalone はシステム ボリュームを検出できない
SCSI ディスクと IDE ディスクを持つソース マシンで、システム ボリュームが SCSI ディスク上にある場合、Converter はそのシステム ボリュームを検出できません。そのような構成の場合、Converter は最初の IDE ディスクのみを確認します。

[変換] ウィザードを開いているときにソース マシンのハードウェア構成が変更された場合、ソースの正しい詳細情報を表示するには、[変換] ウィザードを再起動する必要がある
ソース マシンの詳細情報を取得する処理には時間がかかるため、ウィザードのセッションごとに行われます。この情報を取得したあとに、ソース マシンへの変更(メモリやハード ディスク ドライブの追加など)が発生すると、その変更についての情報は、[変換] ウィザードに表示されません。
回避策:[変換] ウィザードを再起動します。

ファイル システム エラーを含むソースのクローンを作成すると、損傷のある仮想マシンが生成される場合がある
ファイル システム エラーを含むソースのクローンを作成すると、損傷のある仮想マシンが生成される場合がある」(KB 1006689)を参照してください。

WAN リンクを使用して変換しているときに SSL ハンドシェイクがタイムアウトする
Converter Standalone は、WAN を介した変換をサポートしていません。WAN リンクを使用して変換を実行しようとした場合、SSL ハンドシェイクのタイムアウトが 2 分であるため、SSL タイムアウトが発生することがあります。
回避策:

  1. この 2 分間のハンドシェイク タイムアウトを避けるには、同じ LAN 上で、ホスト型のターゲット マシン(Workstation など)へ変換します。
  2. その仮の仮想マシンをコピーし、WAN 経由でリモート サイトに送信します。
    目的のターゲットが Workstation 仮想マシンである場合は、これによって処理は完了します。
  3. 目的のターゲットが ESX の場合は、Workstation 仮想マシンを ESX サーバにインポートします。

パワーオン状態のソース マシンへ接続するのにデフォルトの管理者アカウントを使用していない場合、ユーザー アカウント制御(UAC)により Converter Standalone エージェントをインストールできない
Windows Server 2008、Windows Vista、または Windows 7 を実行しているパワーオン状態のソース マシンを変換するためのタスクをセットアップしており、デフォルト以外の管理者アカウントを使用してソース マシンにログインしている場合、ソース マシンに Converter Standalone エージェントをインストールしようとすると、次のエラー メッセージが表示されることがあります: [ xxxxxxx への接続に必要な権限が不足しています]。ここで、 xxxxxxx はソース マシンの IP アドレスです。UAC が有効になっている状態で、デフォルト以外の管理者ユーザーとしてソースにログインしたときに、Converter Standalone サーバが Converter Standalone エージェントをインストールできないのは、このためです。
回避策:[変換] ウィザードを開始する前に、ソース マシンの UAC を無効にします。UAC を無効にする手順については、ソースのオペレーティング システムに応じて Microsoft の Web サイトで検索できます。

仮想マシン再構成ウィザードに表示される vDS のポート グループ名は正確ではない
dvSwitch を使用する仮想マシンを再構成し、[ネットワーク インターフェイス設定] ペーンに移動すると、ネットワーク名のテキスト ボックスにはポートグループ名の後ろに dvSwitch の名前は表示されません。ここでは ポートグループだけが表示されます。

表示されたネットワーク転送速度が正しくない場合がある
ネットワーク プロトコルにより固有の圧縮が行われるため、実際の速度は表示されたネットワーク転送速度よりも遅い場合があります。これはネットワークの大域幅調整には影響ありません。

ESX 3.0 では、ソース情報の照会が失敗するために管理ソースが選択できない
ソース情報の照会中に ESX 3.0 で管理ソースを選択すると失敗します。この理由は、ESX 3.0 は暗号化されたデータの転送をサポートしていないためです。
回避策: NFC SSL をオフにします。

  1. converter-worker.xml 構成ファイルを開きます。通常、このファイルは C:\ProgramData\VMware\VMware vCenter Converter Standalone フォルダにあります。
  2. Config/nfc/useSsl キーを false に設定し、構成ファイルを保存します。
  3. VMware vCenter Converter Standalone ワーカーのサービスを再起動します。

 

完全修飾ユーザー名を指定すると、ドメインへの仮想マシンの追加が失敗する場合がある
仮想マシンを構成するときに、完全修飾ユーザー名( DOMAIN_NAME/USER_NAME)を指定すると、ドメインに仮想マシンを追加できない場合があります。
回避策: ドメイン名を使用せず、ユーザー名だけを指定します。

クリーン シャットダウンすることなく VMware Server 2.0 仮想マシンを変換しようとすると、次のエラーが表示される場合がある: [ 選択したマシンのハードウェア情報が取得できません]
VMware Server 上のある仮想マシンをクリーン シャットダウンすることなくパワーオフし、続いてその仮想マシンを変換しようとすると、その仮想マシンのハードウェア情報が取得できない場合があります。
回避策: 仮想マシンの変換はクリーン シャットダウンしたあとに行います。

Microsoft Windows XP 以降、または Windows Server 2003 以降を実行している物理マシンに BCD マネージャ(Windows Vista 用のブート マネージャ)が存在すると、物理マシンの変換が失敗する場合がある
BCD マネージャが存在する物理マシンを変換しようとすると、次のような場合に P2V 変換が失敗することがあります。

  • Microsoft Windows XP または Windows Server 2003 を現在実行しているデュアルブート マシンであるソース物理マシンに、Microsoft Windows Vista 以降がインストールされている。
  • Microsoft Windows Vista 以降が 2 番目のオペレーティング システムとしてソース物理マシンにインストールされており、それ以降のオペレーティング システムは削除されているが、BCD マネージャはソース マシンに残っている。
回避策 1:デュアルブート マシンを変換する場合
  1. 以降のバージョンの Windows(Windows Vista、Windows Server 2008、または Windows 7)を起動します。
  2. 物理ソースの変換を実行します。
  3. 新しく作成された仮想マシンで、以前のバージョンの Windows(Windows XP または Windows Server 2003)に対して修復 CD を起動します。
  4. BCD マネージャを削除して、オペレーティング システムをそれと互換性のある起動プロセスに戻します。
  5. 仮想マシンをシャットダウンして、Converter Standalone 構成ウィザードを使用して再構成します。この時点でマシンを起動することができます。
回避策 1:BCD マネージャが存在する Windows XP または Windows Server 2003 を実行しているソース マシンを変換する場合
  1. ソース マシンで、オペレーティング システムに対応する修復 CD を起動します。
  2. BCD マネージャを削除して、オペレーティング システムをそれと互換性のある起動プロセスに戻します。
BCD を修復する方法の詳細については、Microsoft のナレッジ ベースの記事「 以前のバージョンの Windows オペレーティング システムをデュアルブート構成でインストールした後、Windows が起動しなくなる」を参照してください。

 

管理者権限がない状況では P2V 変換を実行できない
管理者以外のユーザーの環境で Converter Standalone クライアントを起動する場合、リモート物理マシンから仮想マシンへの移行を実行できません。
回避策: 管理者権限を持つユーザーがいる環境で Converter Standalone クライアントを起動します。

データストア名に @ 記号が含まれていると変換が失敗する
管理対象のソースまたはターゲットのデータストア名に 「@」 が含まれていると、変換が失敗します。
回避策: データストア名の @ 記号を削除してから、変換を実行します。

[ 指定されたパラメータ 「info.owner」 が正しくありませんでした] メッセージが表示され、ジョブの送信が失敗することがある
Converter Standalone がクライアント サーバ モードでインストールされている場合に、Windows ドメインのユーザー名で Converter サーバの IP アドレスまたはホスト名を入力して接続を行うと [ 指定されたパラメータ 「info.owner」 が正しくありませんでした] メッセージが表示されてジョブの送信が失敗することがあります。
回避策:ローカル サーバに接続するか、ドメインのユーザー名ではなくローカル ユーザー名を使用します。

10 個以上のディスクを一度に変換できない場合がある
ESX 3.5 および 4.0 で 10 個以上のディスクを変換しようとすると失敗する場合があります。
回避策: 一回の手順で変換するディスクを 9 個までにして、複数回の手順に分けて変換を実行します。その後、すべてのディスクをターゲット マシンに割り当てます。

ページの先頭へ

Windows ソース

ローカルにあるパワーオン状態のソース マシンの変換が 1% の時点で失敗する
変換のソースとして このローカル マシン を選択していて、旧バージョンの Converter Standalone の Converter Standalone エージェントがソース マシンにインストールされている場合、変換タスクは 1% の時点で失敗します。 タスクの進捗状況 タブの [ステータス] 行に、次のエラー メッセージが表示されます:
失敗:[ソース ボリュームの VSS スナップショットを作成できません。]エラー コード: 127 (0x0000007F)。
これは、Converter Standalone のインストーラでは旧バージョンの Converter Standalone エージェントをアップグレードできないからです。
回避策:ソース マシンから手動で Converter Standalone エージェントをアンインストールしてから、新しい変換タスクを作成します。

ゲスト OS のカスタマイズ中に構成ジョブをコピーしようとすると、Converter Standalone ワーカーの処理が停止する
ターゲット マシンのカスタマイズ中に、実行中の構成ジョブを右クリックし、 新規としてコピー を選択すると、Converter Standalone ワーカーのプロセスが応答を停止します。
回避策:構成ジョブが完了するまで待ってからコピーしてください。

Windows 上で実行している物理マシン ソースの変換中、Converter Standalone は無効なネットワーク アダプタを保持しない
Windows ソース マシンの P2V 変換中、Converter Standalone は、ソース上の無効なネットワーク アダプタを検出しません。また、これらのアダプタは、ターゲット仮想マシン上に保持されません。
回避策: Converter Standalone のウィザードの [オプション] ページで ネットワーク をクリックし、ターゲット仮想マシンへネットワーク アダプタを追加します。

カスタマイズのあとで Microsoft Windows Vista が繰り返して再起動される
ソースのオペレーティング システムが Microsoft Windows Vista の場合に、不正なカスタマイズ情報を提供すると、ターゲット仮想マシンが繰り返し再起動されることがあります。変換または構成中に、Microsoft Windows Vista をカスタマイズするよう選択し、不正なカスタマイズ情報(無効なシリアル キーなど)を提供した場合には、カスタマイズされたターゲットが繰り返し再起動されます。これは、Microsoft Windows Vista の既知の問題です。
回避策:提供するカスタマイズ情報が正しいことを確認してください。

Converter Standalone では、FAT/FAT32 ボリューム ファイル システムでの、パワーオン状態の Windows Server 2008 ソースのクローン作成がサポートされていない
Windows Server 2008 における VSS は、FAT/FAT32 をサポートしていません。FAT/FAT32 ボリュームを変換しようとすると、変換タスクが失敗します。
回避策:[変換] ウィザードの [オプション] ページで、すべての FAT/FAT32 ボリュームを選択解除します。

Converter Standalone リモート エージェントはユーザーに対し、リモート ホット クローン作成処理中にソース システムにインストールされた Converter 3.0.x または 4.0.x リモート エージェントに関する情報を通知しない
Converter version 3.0.x または 4.0.x からのリモート エージェントがすでにあるリモート マシン ソースを Converter Standalone が変換していると、通知や警告メッセージを表示することなく、古いリモート エージェントがアンインストールされます。この結果、以前のバージョンの Converter を使用して、あとでこのソース マシンを変換することはできなくなります。

以前のバージョンの Converter では、Converter Standalone 5.0.1 エージェントがインストールされているソース マシンを変換できない
Converter Standalone 5.0.1 エージェントは、変換中にソース マシンにデプロイされます。変換後、Converter Standalone 5.0.1 エージェントがアンインストールされていない場合は、以前のバージョンの Converter では、Converter Standalone エージェントの新しいバージョンの上位にエージェントをデプロイできません。そのため、Converter Standalone 5.0.1 によってすでに変換されたソースを変換するのに、以前のバージョンの Converter を使用することはできません。
回避策: 以前のバージョンの Converter でソースを変換する前に、Converter Standalone 5.0.1 エージェントをアンインストールします。

ファイル レベルのクローン作成中に Converter Standalone のプロセスを停止すると、Converter Standalone サーバのサービスを実行しているマシンが再起動する
Windows XP または Windows Server 2003 を実行しているソース システムのファイル レベルのクローン作成中に、Converter Standalone の次のいずれかのプロセスを強制的に停止すると、停止したプロセスを実行していたマシンが自動的に再起動することがあります。

  • VMware Converter Standalone Integrated Worker
  • VMware Converter Standalone Integrated Agent
この動作は一貫性がなく、Windows のバージョンおよびパッチ レベルによって異なります。


回避策:ファイル レベルのクローン作成中は、ソース マシン上の Converter Standalone サービスを停止しないでください。詳細およびホットフィックスについては、Microsoft のサイト 「 遅延書き込みの失敗イベントが Windows Server 2003 で報告されたエラー メッセージ: 「0x00000019-BAD_POOL_HEADER の停止」 または 「0xCD PAGE_FAULT_BEYOND_END_OF_ALLOCATION の停止」」 を参照してください。

Windows ソース マシンの変換中に、Converter Standalone で PIC HAL が APIC HAL へ変更されない
変換するソースが、PIC(Programmable Interrupt Controller)HAL を実行している場合、Converter Standalone では、ターゲット仮想マシンの PIC HAL が APIC(Advanced Programmable Interrupt Controller)HAL へ変更されません。その結果、ターゲット仮想マシンが起動しない、または予想どおりに実行されないことがあります。実行中の HAL がどれかを見つけるには、Windows デバイス マネージャで、デバイスのリストから コンピュータ を選択します。標準の PC、または ACPI(Advanced Configuration and Power Interface)の PC が表示される場合は、PIC HAL が実行されています。
回避策:VMware 仮想マシンは APIC コンピュータです。ソース コンピュータが、PIC HAL を実行している PIC コンピュータの場合は、変換後、ターゲット仮想マシンの HAL を APIC HAL へアップデートする必要があります。正しい HAL の構成の詳細については、Microsoft の Web サイト 「 Windows XP または Windows Server 2003 セットアップ後の HAL オプション」 を確認してください。
注:Microsoft では、APIC コンピュータでの PIC HAL の実行についてはサポートしていません。使用するソースが PIC HAL を実行している APIC コンピュータの場合は、変換を開始する前に、ソース マシン上に正しい HAL を構成する必要があります。

ゲスト OS をカスタマイズしたあとで、所有者名および組織が正しく表示されない
ゲスト OS をカスタマイズすると、[コンピュータ情報] ページの所有者名および組織で使用していた Unicode 文字が、[変換] ウィザードまたは [構成] ウィザードで設定されているように表示されません。
Windows Vista 以外のすべての Windows オペレーティング システムでは、ユーザー名や組織などのカスタマイズ パラメータで、ゲストのデフォルト ユーザー プロファイルのローカルなエンコーディング文字を使用する必要があります。たとえば、ユーザー名に日本語文字が使用できるのは、自身のデフォルト ユーザー プロファイルのローカル エンコーディングが [日本語] に設定されているゲストだけです。Windows Vista では、UTF-8 でエンコードされた XML ファイルを使用して Microsoft sysprep パラメータを格納しているため、Windows Vista のゲストにはこのような制限は適用されません。以前のバージョンの Windows は sysprep.infファイルを使用しており、Microsoft Windows のミニセットアップ プロセスは、このファイルをローカルなエンコーディングでのみ読み込みます。
回避策:ターゲット仮想マシンの所有者名および組織名を割り当てるときに、Unicode 文字を使用しないようにするか、または次に記載されている回避策を使用して対処します: http://support.microsoft.com/kb/310441/

Converter は、ソース マシンに少なくとも 1 つの NTFS ボリュームがある場合しか、ホット クローン作成中に FAT/FAT32 ボリュームを変換できない
Windows Server 2008 より前のバージョンの Windows で実行しているソース マシンでは、ソース マシンに少なくとも 1 つの NTFS ボリュームがある場合のみ、VSS が FAT/FAT32 ボリュームのスナップショットを作成できます。ボリュームベースのクローン作成をサポートしているすべてのオペレーティング システムでは、VSS が機能するために少なくとも 1 つの NTFS ボリュームが必要です。

再起動後、Converter Standalone エージェントが自動的に開始されない
ソース マシンの起動が非常に遅い場合は、ソース マシンの再起動後、Converter Standalone エージェントが自動的に起動していない可能性があります。
回避策:次の手順を実行して、Converter Standalone エージェントを手動で起動します。

  1. [マイ コンピュータ] を右クリックして 管理 を選択します。
  2. [コンピュータの管理] ウィンドウで、左側の サービスとアプリケーション > サービス を選択します。
  3. 右側のリストで、 VMware Converter Standalone Agent をダブルクリックします。
  4. 開始 をクリックしてプロセスを開始します。
  5. 適用 をクリックして OK をクリックします。

ソース仮想マシンに適切なドライバがない
ソースのオペレーティング システムで適切なドライバがないために再構成が失敗した場合は、ログ ファイルに次のエラー メッセージが表示されます。
[ 指定された CAB ファイルで symmpi.sys が見つかりません]
これは通常、Windows Server 2003 SP1 で検出されます。
回避策:

  1. 失敗した変換で作成された仮想マシンのバックアップを作成します。
  2. システム フォルダが含まれている VMDK ファイルを、ほかの Windows Server 2003 仮想マシンへ割り当てます。
  3. ターゲット仮想マシンの WINDOWS\Driver Cache\i386\driver.cab ファイルを、 driver.cab ファイルのバージョンに置き換えます。このファイルには、ヘルパー仮想マシンには存在しないドライバが含まれています。
  4. ヘルパー仮想マシンから VMDK ファイルを分離し、ターゲット仮想マシンで [マシンの構成] ウィザードを実行します。

カスタマイズ中に、sysprep によってドライブ文字のマッピングが削除される
カスタマイズのオプションを選択して、sysprep の 2 回目の再起動のあとに [お待ちください] 画面でターゲット仮想マシンが応答しなくなった場合は、カスタマイズせずに変換タスクを再実行する必要があります。この問題は、Microsoft sysprep がドライブ文字のマッピングを削除し、特定のファイルへアクセスできなくなることによって発生します。

boot.ini ファイルに「signature()」をもつ Windows ソースをインポートできない
boot.ini ファイルに「signature()」をもつ Windows ソースをインポートできません。boot.ini ファイルに、「signature()」をもつ Windows ライブ ソースをインポートし、再構成と変換を試みると、再構成は失敗し、その結果変換はエラーとなります。再構成を行わずにソースを変換しようとすると、変換は成功しますが、ターゲットはブートできません。「signature()」の詳細については、 http://support.microsoft.com/kb/227704 を参照してください。

ページの先頭へ

Linux ソース

SLES 11 を実行する Hyper-V 仮想マシンのソースから変換された仮想マシンは変換後に起動しない
Hyper-V Server 上にあるパワーオフ状態の仮想マシンの変換を選択する場合、そのソース マシンのゲスト OS が SLES 11 のときは、変換後にその仮想マシンが起動されません。これは、SLES ブート ローダはソースのディスク ID を使用しているにもかかわらず、変換処理中にディスク ID が変更されてしまうからです。
回避策:

  • Hyper-V Server 上でソースの仮想マシンをパワーオンし、パワーオン状態のソースの変換手順に従います。
  • 変換後、SLES 11 Installation DVD を使用してターゲットの仮想マシンを起動し、オプションの一覧から インストールされたシステムを修復 を選択します。画面に示される指示に従い、ブート ローダと fstab エントリを修復します。

Linux を実行しているソースから変換されたターゲット仮想マシンで、X サーバの起動に失敗することがある
ターゲット仮想マシンを起動すると、[ X サーバの致命的なエラー] というエラーが表示されて X サーバの起動に失敗することがあります。これは、Linux ソースで使用されているディスプレイ ドライバと、ターゲットの VMware 仮想マシンのディスプレイ アダプタで互換性がないことが原因です。
回避策:

  • ターゲット仮想マシンに VMware Tools をインストールします。
  • ターゲット仮想マシン上の X サーバを構成して、リフレッシュ レートおよびディスプレイの解像度を変更します。

 

スタンドアロンの VMware ソースを Linux SMB 共有ターゲットにリンク クローンしようとすると失敗する
Linux 上で動作している SMB 共有ターゲットに VMware スタンドアロンのソースをリンク クローンするタスクは失敗し、次のエラーが表示されます。
[ converter.fault.FileIOFault]

ボリューム グループごとの VLM 論理ボリュームの数は、パワーオン状態の Linux ソースに対して 12 までに制限されている
パワーオン状態の Linux マシンの変換中に、Converter Standalone は LVM ボリューム グループをターゲット仮想マシン上の新しいディスクへ変換します。ソース LVM のボリューム グループ上の LVM 論理ボリュームの数は、12 次にする必要があります。
回避策:新しいディスクのボリュームをほかのターゲット ディスクへ移動します。

  1. [変換] ウィザードの [オプション] ページで、 コピーするデータ をクリックします。
  2. データ コピーのタイプ ドロップダウン メニューから、 コピーするボリュームの選択 を選択し、 詳細 をクリックします。
  3. ターゲット レイアウト タブで移動するボリュームを選択し、 上へ移動 または 下へ移動 をクリックして、そのボリュームをターゲット ディスクへ移動します。
    ディスクが Active /boot または System / ボリュームにない場合のみ、ディスク間でボリュームを移動できます。
  4. (オプション)新しいターゲット ディスクを作成するには、 ディスクの追加 をクリックします。

変換ジョブが終了したときに、デフォルトで Linux P2V ヘルパー仮想マシンがパワーオフ状態になっている
回避策: converter-worker.xml ファイルで、このオプションを手動で無効にします。

  1. Converter Standalone サーバを実行しているマシンで、 %ALLUSERSPROFILE%\Application Data\VMware\VMware Converter Standalone\にある converter-worker.xmlファイルを検索します。
  2. テキスト エディタで converter-worker.xmlファイルを開いて、 powerOffHelperVmフラグを trueから falseに変更します。
  3. Converter Standalone ワーカーを再起動するには、次の手順を実行します。
    システムを再起動するか、または Microsoft 管理コンソールで [サービス] セクションを開いて、VMware Converter ワーカーのサービスを見つけて再起動します。
注:このオプションが有効になっており、ヘルパー仮想マシン ネットワークが固定 IP アドレスを使用するよう設定されている場合には、注意が必要です。ヘルパー仮想マシンは継続して稼動しているため、変換後も固定の IP を保持しています。そのため、このヘルパー仮想マシンがパワーオフされるまで、またはヘルパー仮想マシンがネットワーク インターフェイスをいったん無効にするまで、以降の Linux P2V ジョブは同じ固定 IP を使用することはできません。
useSourcePasswordInHelperVmConverter Standalone ワーカー フラグが有効になっている場合は、 powerOffHelperVmフラグを無効にすると便利です。このようにすると、変換後にヘルパー仮想マシンへログインできます。

 

LVM 以外のボリューム マネージャの上位のソース ボリュームが、パワーオン状態の Linux マシンの変換中に認識されない
Converter Standalone は、LVM ボリューム マネージャで実行されている管理対象のソース ボリュームしか認識しません。Veritas Volume Manager(VxVM)など、ほかのボリューム マネージャは認識されません。

Converter Standalone で、Linux Software RAID 構成上にあるソース ボリュームを認識しない
パワーオン状態の Linux マシンのクローン作成中、Converter Standalone は Software RAID 構成(マルチプル ディスク、MD、または構成とも呼ばれる)の一部になっているソース ボリュームを認識しません。

Linux ソースに対して LILO ブート ローダがサポートされていない
ソース上に GRUB がブート ローダとしてインストールされている場合のみ、Linux を実行しているパワーオン状態のマシンを変換できます。

Linux P2V の変換でヘルパー仮想マシンの起動を待機している場合、Converter Standalone のデフォルトのタイムアウトが 20 分になっている
このため、接続のタイムアウトが原因で Linux P2V の変換タスクが失敗することがあります。
回避策: converter-worker.xml ファイルの linuxP2VBootTimeout フラグを修正して、タイムアウトの時間(ミリ秒単位)を延長します。

  1. Converter Standalone サーバを実行しているマシンで、 %ALLUSERSPROFILE%\Application Data\VMware\VMware Converter Standalone\にある converter-worker.xmlファイルを検索します。
  2. テキスト エディタで converter-worker.xmlファイルを開いて、 linuxP2VBootTimeoutのデフォルト値を、必要なタイムアウト値(ミリ秒単位)に置き換えます。
    注:タイムアウト値はミリ秒単位で測定されます。タイムアウトを分単位で指定するには、分の数に 60,000 を乗算し、その値を使用してください。
  3. Converter Standalone ワーカーを再起動するには、次の手順を実行します。
    システムを再起動するか、または Microsoft 管理コンソールで [サービス] セクションを開いて、VMware Converter ワーカーのサービスを見つけて再起動します。

 

Linux を実行しているパワーオン状態のソース マシンの変換中は、スパース ファイルが保持されない
Linux P2V の変換中、Converter Standalone はデフォルトでスパース ファイルをソース マシン上に保持しません。ソース上に大容量のスパース ファイルがある場合、これらのファイルは、ターゲット仮想マシン上で、非スパース ファイルとして作成されます。このため、ターゲット ファイル システム上で使用する領域は、ソース マシン上で使用する領域よりも多くなります。また、これが原因で、タイムアウトのエラーで変換タスクが失敗することがあります。
回避策: converter-worker.xmll ファイルの keepsake フラグを修正して、Linux の変換中にスパース ファイルが保持されるよう手動で有効にします。

  1. Converter Standalone サーバを実行しているマシンで、 %ALLUSERSPROFILE%\Application Data\VMware\VMware Converter Standalone\にある converter-worker.xmlファイルを検索します。
  2. テキスト エディタで converter-worker.xmlファイルを開いて、 keepsakeフラグを falseから trueに変更します。
  3. Converter Standalone ワーカーを再起動するには、次の手順を実行します。
    システムを再起動するか、または Microsoft 管理コンソールで [サービス] セクションを開いて、VMware Converter ワーカーのサービスを見つけて再起動します。

 

ESX 3.5 Update 3 で VMware HA が有効になっている場合に、パワーオン状態の Linux マシンの変換が失敗することがある
VMware HA(High Availability)で仮想マシン監視が有効になっていると、ESX 3.5 Update 3 の既知の問題によって、ヘルパー仮想マシンの再起動で予想外の結果が生じることがあります。具体的には、パワーオン状態の Linux ソース変換が、未完了のまま終了することがあります。
詳細については、「 ESX 3.5 Update 3 上で VMware HA と仮想マシンの監視とを併用している場合に、仮想マシンが突然再起動する場合がある」(KB 1007899)を参照してください。
回避策:ESX 3.5 Update 4 以上、および VMware vCenter Server 2.5 Update 4 以上にアップグレードします。

Linux 仮想マシンの変換中にディスクのコントローラ タイプを変更すると、ターゲット仮想マシンが起動されないことがある
Linux 仮想マシンでは、root デバイスは、ブロック デバイス名( /dev/sda1 など)を使用して、 /boot/grub/grub.conf/boot/grub/menu.lst、または /etc/fstab に定義できます。仮想マシンの変換中にディスクのコントローラ タイプを変更すると、ターゲット仮想マシンが起動されないことがあります。これは、root デバイスの名前が違うために生じる問題です(たとえば、 /dev/hda1 に変更されている場合など)。
回避策:ターゲット仮想マシンを手動で構成します。少なくとも root デバイス名を変更して、ターゲット仮想マシンで新しい名前が反映されるようにします。システムをより強固にするには、ブロック デバイス名の代わりにボリューム ラベル、または UUID を使用します。

Linux ソースのボリュームがハード ディスクに直接マッピングされている場合、パワーオン状態の Linux マシンの変換中に、Converter Standalone で Linux ソース ボリュームを認識しない
回避策:VLM で管理されていない Linux ソース ボリュームはパーティション内に格納して、パワーオン状態の Linux ソースのクローン作成中に Converter Standalone が認識できるようにしておく必要があります。

SLES 9 SP4 ソースから ESX 3.0 ターゲットへ変換された仮想マシンが、変換後に起動に失敗する
SP4 を適用した SLES 9 ソースを、ESX 3.0 で管理されるターゲットへ変換し、ターゲット マシンに対して LSI Logic ディスク コントローラ タイプを選択すると、仮想マシンの起動に失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。
[root デバイスが見つかりませんでした: exitingwfo /bin/sh
sh: tty にアクセスできません: ジョブ コントロールがオフになりました。]

この問題は、LSI Logic ドライバに互換性がないことによって検出されます。
回避策:

仮想マシンの名前に ASCII 以外の文字または現在の Windows システム ロケール以外の文字が使われている場合、Linux P2V ジョブは ESX 5.0 ターゲット ホストで失敗する
ターゲット ホストが ESX 5.0 の場合、仮想マシンの名前は ASCII 文字または現在の Windows システム ロケールの文字でなければならず、そうでない場合、ヘルパー マシンは接続できず、Linux P2V の変換は失敗します。
回避策: 変換する前に、仮想マシンの名前を ASCII 文字で入力します。仮想マシンの名前は変換が完了した後に変更できます。

 

ページの先頭へ

サードパーティ製のフォーマット

動的ボリュームを備えている Acronis イメージから作成された仮想マシンが、変換後に起動しない
Windows Vista、Windows Server 2008、または Windows 7 のいくつかの Acronis True Image イメージが正しく構成されず、構成後に起動しません。この問題は、システムまたはアクティブ ディスクが、ソースの動的なボリュームに格納されている場合に生じます。
回避策:

  1. vSphere Client を使用して新しい仮想マシンを作成します。
  2. Acronis True Image ソフトウェアを使用して、新しい仮想マシン内にイメージをリストアします。

サードパーティ製のイメージを変換するときの制限
Converter Standalone を使用して、サードパーティ製の仮想マシン、システム イメージ、およびバックアップ イメージを変換できますが、次の制限があります。

  • 動的ディスクを備えたシステムのバックアップはサポートしていません(ShadowProtect および Backup Exec System Recovery)。
  • 1 つのマシンのバックアップに関するすべてのイメージは単一のフォルダに格納し、ほかのイメージが含まれないようにします(ShadowProtect および Backup Exec System Recovery)。
  • 差分イメージについては、最大 16 個の差分バックアップがサポートされます(ShadowProtect および Backup Exec System Recovery)。
  • 論理ドライブがシステム ボリュームまたはアクティブ ボリュームでもある場合は、論理ボリュームを備えたシステムのイメージはサポートされません(ShadowProtect ソースの場合のみ)。
  • Acronis および StorageCraft のボリュームベースのクローン作成については、アクティブ ボリュームおよびシステム ボリュームの前に、ディスク内のすべてのボリュームをバックアップしておく必要があります。たとえば、あるディスクに 1 ~ 4 の 4 つのパーティションがあり、パーティション 2 がアクティブ ボリュームで、パーティション 3 がシステム ボリュームであるとすると、バックアップには、ボリューム 1 ~ 3 を含める必要があります(ShadowProtect および Backup Exec System Recovery)。
  • Virtual PC の Macintosh バージョンの仮想マシンはサポートされていません。
  • 以前のバージョンの VMware 製品では、新しいオペレーティング システムのサポートに限界があります。たとえば ESX 3.5 は Windows 7 をサポートしていません。変換後のソース OS は、ターゲットの VMware プラットフォームでサポートされる必要があります。サポートされているシステムの一覧については、『 ゲスト OS インストール ガイド』を参照してください。

異なるバックアップ イメージは別々のフォルダに格納する必要がある
サードパーティ製の複数のバックアップを同じフォルダに格納すると、移行に失敗します。
回避策:Converter Standalone を使用してイメージを変換する前に、各バックアップをそれぞれのフォルダに格納します。

2 つ以上のディスクがある Windows Server 2008 イメージの変換を行うと、オペレーティング システムが存在しているディスクを除く、すべてのディスクがオフラインになる
複数のディスクがある Windows Server 2008 Enterprise Edition または Datacenter Edition の仮想マシンを変換すると、ディスクの一部がオフラインのままになることがあります。これは、Windows Server 2008 の SAN ポリシーが新しくなったためで、このポリシーが新しく検出したディスクをオンラインにするかオフラインのままにするかを決定します。
新しい SAN ポリシーの詳細については、 Microsoft ナレッジ ベースを参照してください。

ページの先頭へ

ローカライズ

Converter Standalone のウィザードの [詳細オプション] ペーンで、ローカライズされていないツールチップが表示される
英語バージョンの Windows を使用しているマシン上で Converter Standalone サーバを実行しており、その Windows インスタンスに東アジア言語のサポートがインストールされていない状態で、日本語または簡体字中国語でローカライズされている Converter Standalone クライアントとサーバを接続した場合には、Converter Standalone のウィザードの [詳細オプション] ペーンのツールチップはローカライズされません。代わりに、これらのツールチップは英語で表示されます。
回避策:東アジア言語のサポートを有効にします。

  1. Windows の [コントロール パネル] に移動して 地域と言語のオプション を選択します。
  2. 言語 タブで 東アジア言語のファイルをインストールする を選択し、 OK をクリックします。
    注:Windows のインストール CD を挿入するよう要求されることがあります。
  3. 画面上の指示に従って、インストールを完了してください。

ページの先頭へ

ユーザー ガイドおよびヘルプ

Internet Explorer で Converter Standalone のオンライン ヘルプを開こうとすると、空白のページが表示される
使用している Internet Explorer のブラウザに Internet Explorer セキュリティ強化の構成がインストールされている場合、オンライン ヘルプは表示できません。
回避策:Converter Standalone のクライアント マシンから、Internet Explorer セキュリティ強化の構成をアンインストールします。

Converter Standalone を Microsoft Windows Server 2008 にインストールすると、空のヘルプ ページが表示される
システムのデフォルト ブラウザが Microsoft Internet Explorer 7 で、VMware Converter Standalone を Microsoft Windows Server 2008 にインストールした場合、 ヘルプ メニューを使用するか、または <F1> を押してヘルプを起動すると、Internet Explorer は起動しますが、空のページが表示されます。
これは、Internet Explorer 7 のデフォルトの設定では、ブラウザで JavaScript コードを実行できないようになっているためです。
回避策: Internet Explorer 7 の アクティブ スクリプト オプションを有効にします。

Converter Standalone エージェントのサイレント コマンド ラインによるコマンドが『Converter Standalone ユーザー ガイド』に記載されていない
Converter Standalone エージェントのサイレント インストールのコマンドは、当社のナレッジ ベースにあります。
サイレント モードのコマンドは 「 コマンドラインを使用した VMware Converter Standalone エージェントのインストール」(KB 1008207)を参照してください。

ページの先頭へ

解決した問題

Converter Standalone 5.0.1 リリースでは、次の問題点が解決されています。

vSphere 5.1 環境に対して Converter Standalone 5.0 タスクを実行しようとすると、アプリケーションが反応しなくなり、終了する
ターゲットの vCenter Server 5.1 インスタンスまたは ESXi 5.1 ホストに対して Converter Standalone 5.0 のタスクを実行しようとすると、次のような問題が発生します。

  • 次のようなエラー メッセージが表示されます。
    Converter Standalone アプリケーションが問題に遭遇したため、終了する必要があります。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
     [エラー レポートを送信] または  [送信しない] をクリックすると、アプリケーションが終了します。
  • converter-gui-*.log に次のエントリが追加されます。
    パニック: Win 32 例外: アクセス違反(0xc0000005)
    converter-gui-*.log ファイルはマシンの %APPDATA%\Local\VMware\VMware vCenter Converter Standalone Client 内にあります。

回避策
  1. スタンドアロン ESXi 5.0 ホストへのアクセス権があることを確認します。
  2. ターゲット ESXi 5.0 ホストに対して Converter Standalone 5.0 のタスクを実行します。
  3. vCenter Server 5.1 インスタンスに ESXi 5.0 ホストを追加します。
  4. ESXi 環境を変更するには、次のいずれかの方法を選択できます。
    • ESXi 5.0 ホストを 5.1 にアップグレードします。
    • vSphere 5.1 Web Client を実行して仮想マシンを ESXi 5.0 ホストから ESXi 5.1 ホストに移行します。
  5. (オプション)仮想マシンのハードウェアをバージョン 9 にアップグレードするには、vSphere 5.1 Web Client を使用します。

 

ページの先頭へ

SDK リリース ノート

Converter Standalone SDK 5.0

VMware vCenter Converter Standalone API は、Converter Standalone サーバ管理フレームワークに対して、すべての言語間で統一されているインターフェイスを提供します。
Converter Standalone SDK は ZIP ファイルで、次のものが含まれています。

  • Converter Standalone サーバをプログラムによって管理するための一般的な使用事例を説明したサンプル コード。このサンプル コードには、Java および C# のソース コード ファイルが含まれています。サンプルのビルドおよび使用の詳細については、それぞれの Readme ファイル( readme_java.htmreadme_dotnet.htm)を参照してください。
  • Converter サーバで使用できる API を定義する WSDL。
  • クライアント側のスタブの生成、およびサンプル アプリケーションのリビルドのプロセスを自動化するためのバッチ ファイルおよびシェル スクリプト。
    C# 開発者向けに、Microsoft Visual Studio のプロジェクト ファイル( .sln)が含まれています。
  • 参考資料『 VMware vCenter Converter Standalone API Reference Guide』(英語版)には、VMware vCenter Converter Standalone API 5.0 に対して、すべての言語間で統一されている説明情報(オブジェクト タイプの定義、プロパティ、およびメソッドの署名など)が記載されています。

ソフトウェアの入手

Converter Standalone SDK 5.0 は ここから入手できます。

サポートされているプラットフォーム

Converter Standalone 5.0 SDK は、サポートされている Windows プラットフォームでのみテストされています。詳細については、「 プラットフォーム」 を参照してください。

ページの先頭へ