VMware vCenter Operations Manager 5.7.1 リリース ノート

vCenter Operations Manager 5.7.1 | ビルド 1166139

ドキュメントの最終更新日: 2013 年 6 月 11 日

本リリース ノートに対する追加情報およびアップデート情報を適宜確認してください。

このリリース ノートには、次のトピックが含まれています。

新機能

vCenter Operations Manager 5.7.1 は、パフォーマンス、容量、構成の管理を統合する VMware の統合オペレーション スイートの最新リリースです。この新リリースには、次の機能および機能強化が含まれています。

パフォーマンス レポート パック

このリリースには、新しいパフォーマンス レポート パックが導入されています。取り扱う業務用仮想マシン、アラートおよびパフォーマンスの傾向、クラスタ使用率の傾向、仮想マシン ストレージの待ち時間の平均およびピークを表示する動作ステータス レポートがデフォルトで含まれるようになりました。これらのレポートで、仮想マシン グループの動作ステータスをまとめて取得し、クラスタ、データストア、または仮想マシンにパフォーマンスの問題が発生していないことを判断できます。一定の時間にパフォーマンスの問題が発生したデータストアを判断し、特定のデータストアから影響を受けた仮想マシンを特定するだけではなく、パフォーマンスや健全性の低下の観点からパフォーマンスに与える影響を評価できます。新しいパフォーマンス レポートの詳細については、『 VMware vCenter Operations Manager オンライン ヘルプ』 のトピック 「vCenter Operations Manager でのレポート ツール」 を参照してください。

コンテキストでの起動

vCenter Operations Manager が機能拡張され、コンテキスト内でアプリケーションを起動する機能が備わりました。この機能を使用すると、アクティブな UI 要素と選択したオブジェクトで定義した特定のコンテキストで URL を使用して外部アプリケーションを起動するボタンやメニュー項目を設定できます。たとえば、選択した仮想マシンの詳細に移動するために、vCenter Web ユーザー インターフェイスを起動する [開く] ドロップダウン メニューを追加できます。同じメニューに、同一仮想マシンの Hyperic や Log Insight を起動する他の項目がある可能性があります。

vCenter Log Insight の統合

このリリースでは、vCenter Log Insight (2013 年第 3 四半期に市販される GA) と vCenter Operations Manager を統合しました。vCenter Server オブジェクトについて vCenter Operations Manager にアラートを送信するように Log Insight を設定できます。vSphere UI では、vCenter Operations にアラートの詳細ページおよびオブジェクトの詳細ページからコンテキストで Log Insight を起動するリンクが表示されます。

カスタム UI の vSphere ダッシュボード

[ダッシュボード] メニューの vSphere グループには vSphere 環境で仮想オブジェクトを管理する複数のデフォルト ダッシュボードが含まれます。これらのデフォルトのダッシュボードは、管理者、オペレータ、およびユーザーのユーザー グループのメンバーすべてが利用できます。このリリースには、次のデフォルトの vSphere ダッシュボードが含まれています。
  • トラブルシューティング ダッシュボード
  • 仮想マシン使用率ダッシュボード
  • 仮想マシンのパフォーマンス ダッシュボード
  • ホスト使用率ダッシュボード
  • クラスタ使用率ダッシュボード
  • データストアのパフォーマンス ダッシュボード
  • データストア領域ダッシュボード
  • ヒートマップ ダッシュボード
  • アラート ダッシュボード
  • ホスト メモリ ダッシュボード
デフォルトのダッシュボードの詳細については、『 VMware vCenter Operations Manager スタート ガイド』 の 「vSphere ダッシュボード」 を参照してください。

 

バランスのとれたメトリック プロファイル

このリリースでは、バランスのとれたプロファイルに対するインフラストラクチャが改善され、報告されるメトリックの数が低減されました。バランスのとれたプロファイル機能のその他の改良点として、vCenter Operations Manager の機能を低下させずに拡張性の高いレポートを作成する機能を利用できるようになりました。バランスのとれたプロファイルは、新規インストールのデフォルトの設定です。アップグレードする場合、以前に選択したプロファイルは変更されません。vCenter Operations Manager には選択したプロファイルの監視対象メトリックのみが表示されます

セキュリティの強化

このリリースには、追加のセキュリティ強化が含まれており、Defense Information Systems Agency (DISA) および Security Technical Implementation Guides (STIG) のガイドラインに対するコンプライアンス レベルが向上しています。このリリースでは、次のセキュリティ機能も拡張されました。

  • Java Runtime Environment (JRE) を 1.7.0 update 17 にアップグレードし、セキュリティの修正に対処しました。
  • Network Files System (NFS) サービスおよび rpcbind ユーティリティを無効化し、vApp のセキュリティを強化しました。
  • VMware vFabric vPostgres データベースを 9.0.x から 9.0.13 にアップグレードし、セキュリティの脆弱性に対処しました。

 

ページのトップへ

はじめに

vCenter Operations Manager のインストールおよび構成を開始する前に、このセクションをお読みください。

仮想アプライアンスのデプロイメント

VMware vCenter Server に接続し、それを介して vCenter Operations Manager 仮想アプライアンスをデプロイする場合は、必ず VMware vSphere Client を使用してください。vCenter Operations Manager 仮想アプライアンスは、VMware vCenter Server 4.0 Update 2 以降によって管理される ESX/ESXi ホスト バージョン 4.0 以降にデプロイする必要があります。

: vCenter Server および ESXi ホストのベータ バージョンは、この 5.7.1 リリースではサポートされません。

vCenter Operations Manager 5.7.1 のライセンス

次の段落には、vCenter Operations Manager 5.7.1 ライセンスに関する重要な注意事項が含まれています。

  • 重要 vCenter Operations Management Suite 5.7.1 を vCenter Server 5.0 または 4.1 で使用する場合のライセンス キー
    vCenter Operations Management Suite 5.7.1 では、スイートのすべてのコンポーネントにわたって機能を有効化する単一のスイート ライセンス キーがサポートされています。このスイート ライセンス キーを Operations Manager および Infrastructure Navigator (VIN)で使用するには、vCenter Server 5.1 のインスタンスが 1 つ以上必要です。

     

    vCenter Operations Manager および vCenter Infrastructure Navigator のコンポーネントを vCenter Server バージョン 5.0 または 4.1 と使用する場合は、次の製品ダウンロード サイトで提供されているテキスト ファイルを入手し、これらの製品用の互換性のあるライセンス キーを取得してください。 vCenter Server バージョン 5.1 の場合、vCenter Operations 5.7.1 Standard/Advanced/Enterprise 用の単一のスイート ライセンス キーがスイートのすべてのコンポーネントにわたってサポートされます。
  • ライセンスを適用した後、ライセンス マネージャ キャッシュによる自動更新を待ちます。この更新は 20 分間隔で実行されます。即座にライセンスの更新を実行するには、管理ポータルの [ステータス] タブで 再ロード ボタンをクリックして、vCenter Operations Manager ライセンスを更新します。
  • vCenter Operations Manager には、監視対象の vCenter Server に対するアセットとしてライセンスが付与されます。5.7.1 のライセンスを割り当てる前に、vCenter Server に vCenter Operations を登録する必要があります。vCenter Server に vCenter Operations Manager を登録するには、vCenter Operations Manager 管理ポータルを開き、『 VMware vCenter Operations Manager デプロイおよび構成ガイド』に記述される手順にしたがってください。
  • すべてのライセンス管理タスクは、vSphere Client で実行します。vCenter Operations Manager 管理ポータルでは、ライセンスの割り当てを行うことはできません。『 VMware vCenter Operations Manager デプロイおよび構成ガイド』にしたがってライセンスを割り当ててください。
  • vCenter Server に vCenter Operations Manager を登録するたびに 5.7.1 のライセンスを再度割り当てる必要があります。vCenter Server に vCenter Operations Manager を登録するたびに新規アセットを作成します。そのため、以前 vCenter Server を登録した場合でも、vCenter Server に登録するたびに vCenter Operations Manager ライセンスを再度割り当てる必要があります。たとえば、vCenter Operations Manager 仮想アプライアンスを監視された vCenter Server から登録解除し、そのアプライアンスを同じ vCenter Server に登録すると、vCenter Operations Manager によってこの vCenter Server 上に新規アセットが作成されます。しかし、そのライセンスは、以前の登録に対応する vCenter Operations Manager アセットに関連付けられたままになります。そのため、古いアセットからライセンスの割り当てを解除し、作成された最新のアセットにライセンスを割り当てる必要があります。そうしなければ、vCenter Operations Manager ユーザー インターフェイスにアクセスできません。
  • ライセンス キーが適用されていない、または互換性のないライセンス キーが適用されている場合、vCenter Operations Manager は Foundation モードで動作します。購入したエディションのライセンス キーを割り当ててください。
  • vCenter Operations Manager 5.6 から 5.7.1 にアップグレードすると、既存の EMC ライセンスが機能しなくなります。EMC ライセンス キーが適用された vCenter Operations Manager 5.6 を 5.7.1 にアップグレードすると、既存の EMC ライセンス キーが無効になり、vCenter Operations Manager が Foundation モードで動作します。vCenter Operations Manager 5.7.1 でサポートされる新しい EMC DLF ライセンス キーを適用します。古いライセンス キーを適用した場合、vCenter Server には受け入れられますが、vCenter Operations Manager 5.7.1 では認識されません。

ページのトップへ

製品の互換性および要件

vCenter Operations Manager の VMware 認証の互換性の詳細については、『VMware 互換性ガイド』 http://www.vmware.com/resources/guides.html を参照してください。

 

vCenter Operations Manager 5.7.1 のサポート対象は次のとおりです。
  • ESX/ESXi 4.0 以降を実行しているホストを管理する VMware vCenter Server 4.0 Update 2 以降

    : vCenter Server および ESXi ホストのベータ バージョンは、この 5.7.1 リリースではサポートされません。

  • vCenter Infrastructure Navigator 2.0
  • vCenter Configuration Manager 5.6
  • vCenter Operations Manager for View 1.5

ブラウザのサポート

 

vCenter Operations Manager 5.7.1 のサポート対象は次のとおりです。
  • Apple Safari 6
  • Google Chrome 24 および 25
  • Internet Explorer for Windows 8.0 および 9.0
  • :Internet Explorer 8 を使用する場合は、カスタム ユーザー インターフェイスのダッシュボード機能に一部制限があります。

  • Mozilla Firefox 18 以降

サポート対象のブラウザの最低解像度は、1024 X 768 ピクセルです。

vSphere Client を使用して vCenter Operations Manager 監視インターフェイスに接続する場合は、サポート対象のバージョンの Internet Explorer がインストールされ、そこで vSphere Client が実行されていることを確認してください。

vApp の要件

次のセクションには、vCenter Operations Manager vApp の計算の要件および仮定が掲載されています。

 

バランスのとれたプロファイル
  • オブジェクトの最大数: 12K、220 万メトリック
  • メモリ
    • Analytics VM:21GB
    • UI VM:26GB
  • vCPU
    • Analytics VM:8 vCPU
    • UI VM:8 vCPU
フル プロファイル
  • オブジェクトの最大数: 12K、500 万メトリック
  • メモリ
    • Analytics VM:63GB
    • UI VM:26GB
  • vCPU
    • Analytics VM:24 vCPU
    • UI VM:16 vCPU

ユーザー アカウント

  • vCenter Server に vCenter Operations Manager を登録するには、その vCenter Server の最小限のユーザー認証情報を提供する必要があります。vCenter Operations Manager を vCenter Server に登録および登録解除するために必要な最小権限は、 Global: Licensesおよび Extension: Register extension, unregister extension, update extensionです。
  • vCenter Operations Manager でのデータ収集に使用するユーザー アカウントに応じて監視データの範囲および精度が決定します。
    • vCenter Operations Manager は、vCenter Server からデータを収集する際に管理者権限を要求しません。ただし、収集されるデータの範囲は、vCenter Operations Manager 管理ポータルで収集ユーザーとして割り当てたユーザーの権限に依存します。データを収集するために必要な最小権限は、 Global: Healthおよび Storage Views: Viewです。
    • vCenter Operations Manager は、収集ユーザーがインベントリに対して保有する可視性のみに基づて、メトリック値を計算します。特定のオブジェクトに対して可視性を持たない場合、そのオブジェクトの値は、そのコンテナ オブジェクトのメトリックを計算するときに考慮されません。
  • vCenter Operations Manager 管理インターフェイスを使用して接続が解除された vApp を修復するには、ホストしている vCenter Server の認証情報が必要です。この認証情報に必要な最小権限は、 Read-onlyです。
  • 管理者ユーザーのデフォルトの認証情報は admin/adminです。セキュリティ向上のため、vCenter Operations Manager では、CLI 登録時または vCenter Operations Manager 管理ポータルに初めてアクセスしたときに、この認証情報を変更するように求められます。
  • vCenter Operations 仮想アプライアンスのルート ユーザーのデフォルトの認証情報は root/vmwareです。vCenter Operations Manager 管理ポータルに初めてアクセスしたときに、管理パスワードおよびルート アカウント パスワードを変更するように求められます。

ページのトップへ

旧バージョンからのアップグレード

このセクションでは、2 つのアップグレード手順を示します。

vCenter Operations Manager 5.x バージョンからのアップグレード

この手順は、次の製品バージョンから vCenter Operations Manager 5.7.1 vApp にアップグレードする場合に適用されます。
  • ホットフィックス バージョンを含む vCenter Operations Manager 5.0、5.0.1、5.0.2、5.0.3、5.6 および 5.7.1。
重要 ディスク容量要件に関する重要な情報を含むアップグレードの要件については、『 VMware vCenter Operations Manager デプロイおよび構成ガイド』を参照してください。

vApp をアップグレードする前に仮想マシンのスナップショットを作成することをお勧めします。アップグレードが成功した後に、スナップショットを削除してください。

  1. vCenter Operations Manager 5.7.1 ビルドの .pakファイルをローカル ストレージに保存します。
  2. adminユーザー認証情報を使用して管理ポータルにログインします。
  3. 更新 タブで、 参照 をクリックしてローカル ディスクに保存した .pakファイルを選択します。
  4. 更新 をクリックします。
  5. チェック ボックスを選択して EULA を受け入れ、 OK をクリックします。
  6. 更新を受け入れ、確認します。
  7. 更新プロセスが開始され、一定時間の経過後に管理ポータル ページが更新され、再びログインするように求められる場合があります。
  8. 管理ポータルにログインし、更新が完了するまで待ち、 アップグレード タブでアップグレードが正常に終了したことを確認します。
    :アップデートされた製品バージョンおよびビルド番号を表示するには、ブラウザを更新しなければならない場合があります。
  9. vCenter Operations Manager のライセンスを管理する vCenter Server にログインし、新たな vCenter Operations Manager 5.7.1 ライセンス キーを適用します。
    :アップグレード後に新たなライセンス キーを vCenter Server で再適用する必要があります。
  10. 再適用しないと、vCenter Operations Manager インターフェイスでの機能が制限されます。
  11. 管理ポータルで、[ステータス] タブに移動してすべてのサービスを再始動しま
  12. vCenter Infrastructure Navigator アダプタによって検出されるリソースが多すぎる
    vCenter Infrastructure Navigator アダプタは、開いているかどうかがあいまいな TCP ポートに関連するリソースを検出および計算するように構成されていました。この構成は、分析処理の負荷、およびこのデータを保存するストレージ サブシステムの負荷を増大させる原因となっていました。

     

    このリリースには、vCenter Infrastructure Navigator アダプタが不要なリソースを収集しないようにするための修正が含まれています。また、vCenter Infrastructure Navigator が提供する指定された重要なサービスの検出は継続されます。
  13. vCenter Operations Manager が vCenter Infrastructure Navigator アダプタによって作成されたリソースに対して動的しきい値計算を実行する
    vCenter Infrastructure Navigator アダプタは、すべての vCenter Infrastructure Navigator アダプタ リソースの夜間の動的しきい値計算を収集するように構成されていました。そのため、計算が終了するまでに長い時間がかかっていました。メトリックが公開されることはなく関係の表示のみが行われるため、この収集は必要ありません。

     

    このリリースには、vCenter Infrastructure Navigator アダプタ リソースに対する夜間の動的しきい値計算を無効にするための修正が含まれています。
  14. す。
  15. vSphere Client またはカスタム UI にログインし、vCenter Operations Manager インターフェイスが正しく表示されていることを確認します。

vCenter Operations 1.0.x または Capacity IQ 1.5.x からのアップグレード

この手順は、vCenter Operations Manager 1.0.x または Capacity IQ 1.5.x からデータをインポートする必要がある場合に適用されます。

 

この手順は、vCenter Operations Manager 1.0.x または Capacity IQ 1.5.x からデータをインポートする必要がある場合に適用されます。

 

:5.7.1 vApp をデプロイして初期構成を行うために管理ポータルにログインする場合、vCenter Operations 1.0.x または Capacity IQ 1.5.x からデータをインポートするオプションが表示されます。このオプションで続行すると、データに関連した問題が発生します。vCenter Operations 1.0.x または Capacity IQ 1.5.x から vCenter Operations Manager 5.7.1 に直接アップグレードすることはできません。必ずこの文書で説明している手順にしたがってください。
  1. vCenter Operations Manager 5.0.3 vApp をデプロイして、管理インターフェイスの初期化ウィザードを最初に実行するときに vCenter Operations 1.0.x または CapacityIQ 1.5.1 からデータをインポートする方法を選択してください。
  2. vCenter Operations Manager 5.0.3 がデータ インポートを完了した後で、デプロイを実行するには少なくとも 2 時間かかります。
  3. .pak ファイルを使用して前のセクションで説明した手順にしたがい、vCenter Operations Manager 5.7.1 へのインプレース アップグレードを実行します。

ページのトップへ

解決した問題

このセクションでは、vCenter Operations Manager 5.7.1 リリースに関する解決済みの問題を示します。

  • vCenter Operations Manager 管理の最初の起動ウィザードでルート ユーザーの不正なパスワードが報告されず、失敗する
    vCenter Operations Manager 管理の最初の起動ウィザードでルート ユーザー用のパスワードを間違えて入力した場合、アプリケーションは、そのパスワードが不正であることを報告しません。ウィザードは、次のステップに進まず、有効な root パスワードを入力するまでこのウィザードの処理を続行できなくなります。
  •  

  • ページごとのリソース数が 100 を超えると、カスタム UI の [環境概要] ページでの読み込みが遅くなる
    [リスト] タブで [ページごとのリソース] に 100 を超える数を設定すると、カスタム UI の [環境概要] ページでの読み込みが遅くなります。
  •  

  • 詳細な健全性ツリー ウィジェットで固定ノード サイズに自動ズーム オプションが機能しない
    詳細な健全性ツリー ウィジェットでも固定ノード サイズに自動ズーム オプションを選択できますが、詳細な健全性ツリー ウィジェットではこのオプションがサポートされていないため、機能しません。
  •  

  • インベントリ内の特定のオブジェクトにアクセスすると、vCenter Operations Manager vSphere ユーザー インターフェイスによってエラーが報告される
    vCenter Server ユーザー認証情報を使用して、vCenter Operations Manager の vSphere ユーザー インターフェイスにログインすると、特定のオブジェクトにアクセスしたときにエラー メッセージが表示される場合があります。これらのオブジェクトは、アクセスできない vCenter Server インスタンスに属しているため、権限のチェックが失敗します。
  •  

ページのトップへ

既知の問題

このセクションでは、このリリースに関する既知の問題を示します。

インストールとアップグレード

  • アップグレードの後でカスタム ビューとレポートが上書きされる
    vCenter Operations Manager 5.7.1 にアップグレードした場合にカスタム ビューまたはレポートが上書きされるのは、使用しているビューまたはレポート キーが、5.7.1 の初期設定のビューおよびレポート キーと同一であるためです。
    回避策: カスタム ビューまたはレポートのバージョンを回復するには、ご使用のビューまたはレポートの定義が含まれた、対応する XML を検索します。ビューまたはレポート キーを変更して、「更新」コマンドを実行します。
  • vCenter Configuration Manager の登録で発生する問題
    サーバ アドレスに非 ASCII 文字が含まれている場合、および Windows 認証方法を使用している場合、vCenter Configuration Manager は登録できません。
    回避策:なし
  •  

  • イベントの変更および vCenter Operations Manager 5.7.1 と vCenter Configuration Manager (VCM) 5.5.x の相互運用性
    vCenter Operations Manager 5.7.1 の VCM からのイベントの変更の収集は、 5.6 より古いバージョンの VCM では機能しません。
    回避策: イベントの収集が妨げられないようにするには、VCM 5.6 へアップグレードします。あるいは、KB 2040281 で提供されているスクリプト化された修正を使用できる環境かどうか、グローバル サポート サービスへお問い合わせください。アップグレードの詳細については、『VCM 5.6 インストール ガイド』を参照してください。ガイドは、https://www.vmware.com/support/pubs/vcm_pubs.html でご覧いただけます。
  •  

  • インストールおよびアップグレード中に Java 7 のエラーがログに記録される
    vCenter Operations Manager 5.7.1 のインストールまたはアップグレード時に、ファイル updatecoordinator.logに次のような種類のエラーが表示されます。
    warning: /etc/init.d/jexec saved as /etc/init.d/jexec.rpmsave
    Unpacking JAR files... rt.jar...
    Error: Could not open input file: /usr/java/jre1.7.0_07/lib/rt.pack
    jsse.jar...
    Error: Could not open input file: /usr/java/jre1.7.0_07/lib/jsse.pack
    charsets.jar...
    Error: Could not open input file: /usr/java/jre1.7.0_07/lib/charsets.pack
    localedata.jar...
    Error: Could not open input file: /usr/java/jre1.7.0_07/lib/ext/localedata.pack
    回避策:ありません。ただし、このエラーは問題がないため、無視してかまいません。
  •  

  • vCenter Operations Manager 管理ポータルに製品バージョンおよびビルド番号が表示されない
    vCenter Operations Manager 5.0.x から 5.7.1 にアップグレードした後、vCenter Operations Manager 管理画面の左上隅に製品バージョンおよびビルド番号が表示されません。
    回避策:ブラウザを更新して JavaScript の新しいバージョンをロードし、vCenter Operations Manager 管理ページが正しく機能するようにします。
  •  

  • vCenter Configuration Manager の登録では SQL 認証または Windows 認証を選択できるが、VCM では Windows 認証しかサポートされていない
    vCenter Configuration Manager を vCenter Operations Manager 管理ポータルに登録するときに、SQL 認証を選択することができます。VCM がサポートしているのは、SQL 認証ではなく Windows 認証です。
    回避策:VCM の登録時の認証方法として、Windows 認証を選択します。
  •  

  • vCenter Operations Manager 5.7.1 にアップグレードするとワールド メトリックが消失する
    vCenter Operations Manager 5.0.x から 5.7.1 にアップグレードすると、アップグレード前に収集されていたワールドの過去のデータがすべて消失します。アップグレード後、vCenter Operations Manager では、ワールドの新規メトリックの収集が開始され、その計算済みデータが表示されます。
    回避策:なし
  •  

  • ワールド オブジェクトのバッジ スコアおよびメトリックがアップグレード後、表示されない。「?」 値が表示される
    vCenter Operations Manager 5.0.x から 5.7.1 にアップグレードすると、ワールド オブジェクトのバッジ スコアおよびメトリックが正常に収集されている場合でも、vSphere ユーザー インターフェイスに表示されません。この問題は、スコアおよび算出されたメトリックが、計算式の変更に基づき再計算されるために発生します。
    回避策:アップグレード後、数時間しても情報が表示されない場合は、vCenter Operations Manager vApp を再起動してください。これにより、すべてのバッジ スコアおよびメトリックがリセットされます。「?」をクリックすると、負荷のかかったホストに関する情報を表示することもできます。
  •  

  • 異なる vCenter Server で作成され、vCenter Operations Manager の同じインスタンスから監視されるグループが vSphere Client Inventory に表示される
    すべての監視対象 vCenter Server インスタンスのアダプタ ベースのグループが vSphere Client 内の vCenter Operations Manager プラグインに表示されます。vCenter Server の異なるインスタンスから作成されたアダプタ ベースのグループをクリックすると、エラー メッセージまたは JavaScript エラーが表示されます。
    回避策:なし
  •  

  • vCenter Operations Manager がホストから健全性データを取得できない
    vCenter Operations Manager をデプロイし、vCenter Server Appliance を使用して登録すると、Auto Deploy サービスがデフォルトで動作しません。サービスが動作していないと、vCenter Operations Manager が「https://<host>:6502//vmw/rdb/health-inf から健全性データを取得できません」というエラーを報告し、vCenter Server の健全性がゼロとなります。
    回避策: Auto Deploy を有効化するには、vCenter Server Appliance で、次のコマンドで Auto Deploy を起動します。
    /etc/init.d/vmware-rbd-watchdog start

vApp の管理

  • vApp カスタム UI で FilterPluginConfEditor ツールが使用できない
    vCenter Operations Manager vApp インストールでは FilterPluginConfEditor ツールを使用できません。
    回避策:FilterPluginConfEditor をリモート マシン上で実行し、XML ファイルを vApp にコピーします。FilterPluginConfEditor をリモート マシン上にインストールするには、JDK をインストールし、<VCENTER-OPS>\tools\FilterPluginConfEditor フォルダをリモート マシンにコピーします。

全般

  • CPU 負荷のヒート マップが不正なメトリックを使用して色を表示する
    [ヒート マップ ダッシュボード] > [CPU 負荷ウィジェット] > [CPU 使用率別ホスト] を選択すると、CPU 使用率ヒート マップに不正な色が表示されます。ウィジェットを編集すれば、正しい色を表示することができます。
    回避策:次の手順を実行して、CPU 負荷ウィジェットに対して正しい色の表示を構成します。
    1. CPU 負荷ウィジェットを選択して、[ウィジェットの編集] アイコンをクリックします。
    2. [編集] 画面で、[色による表示] オプションから [CPU 使用率] を選択し、[使用率 (%)] を選択します。
    3. [選択した構成の更新] アイコン (ディスクのイメージ) をクリックします。
    4. OK をクリックして構成を保存します。
  • 縮小可能なバッジで [管理アラート] アイコンをクリックすると空白のページが返される
    vSphere UI で [管理アラート] アイコンをクリックすると、空白のページが起動します。この問題は、Mozilla Firefox を使用すると発生します。
    回避策: Mozilla Firefox ではなく他のブラウザを使用します。
  •  

  • グループの 「グループ メンバーの自動更新」 オプションを無効にすることができない
    グループのメンバーシップ オプションを定義し、[グループの編集] で [グループ メンバーの自動更新] を選択すると、設定は有効なままになります。このオプションは、ユーザー インターフェイスでは選択解除されたように表示されますが、vCenter Operations Manager のバックエンド コードでは有効なままになります。
  •  

  • vCenter Operations Manager の vCenter Server Inventory が vSphere Client に表示されない。
    vCenter Server の IP アドレスが変更されると、vCenter Server の Inventory および詳細データが vSphere Client に表示されない場合があります。
    回避策: [環境概要] ページから、リソースを編集し、vCenter Server の新しい IP アドレスを手動で設定します。IP アドレスを設定すれば、データは失われません。
  •  

  • 登録解除された vCenter Server が vSphere Client UI に登録済みおよびデータ収集中として表示される
    vCenter Operations Manager から vCenter Operations Manager 管理ポータルを使用して vCenter Server を登録解除すると、登録済みサーバのリストからは削除されますが、vSphere Client 内では登録済みおよびデータ収集中として表示され続けます。
    回避策: vSphere Client 内で登録済みとなっている vCenter Server を削除するには、UI 仮想マシン上の vcopsweb を再起動します。これを実行するには、root として service vcopsweb restartコマンドを入力し、Apache Tomcat Web サーバを再起動します。
  •  

  • vCenter Operations Manager 管理が管理ポータル内で vCenter Server の登録の報告に失敗する
    コマンド ラインインターフェイスを使用して vCenter Server を登録すると、登録は正常に実行されますが、新たに登録された vCenter Server が vCenter Operations Manager 管理に表示されません。
    回避策: vCenter Operations Manager 管理を再起動します。管理ポータルを再起動するには、UI 仮想マシン コンソールに rootとしてログインし、次のコマンドを実行します: /etc/init.d/vcopsadmin restart
  •  

  • vCenter Operations Manger が vCenter Server 5.0 内の HA フェイルオーバー ホストを 1 つしか認識しない
    vCenter Server リリース 5.0 以降では、複数の専用 HA フェイルオーバー ホストを指定することができます。vCenter Server 内のアドミッション コントロール ポリシーが 「フェイルオーバー ホストを指定」 に設定されている場合、HA 容量計算は、1 つのフェイルオーバー ホストのみを認識します。複数のフェイルオーバー ホストを指定していても、そのうちの 1 つしか認識されません。
    回避策:なし
  •  

  • トップ N 分析ウィジェットがリソース タグの変更に応答しない
    トップ N 分析ウィジェットの初期構成で選択したリソース タグは変更できません。ウィジェット構成を編集し、別のリソース タグを選択することはできますが、この新しい構成は反映されないため、以前選択したリソース タグが引き続き表示されます。
    回避策:なし
  •  

  • カスタム グループの凡例の合計値が 100 パーセントに一致しない
    [ダッシュボード] タブでは、グループのメンバーすべての割合の合計値が常に 100 に一致するわけではありません。これは、小数点以下の値が四捨五入されるためです。たとえば、計算された割合が 10.5 および 89.5 である場合、11 および 90 と表示されるため、その合計値は 101 パーセントになります。
    回避策:なし
  •  

  • 複数レベルのダッシュボードのエクスポートおよびインポート操作時に子ダッシュボードの情報が失われる
    親ダッシュボードをエクスポートしてからインポートすると、インポート先インスタンスのユーザー インターフェイスに親ダッシュボードは表示されますが、子ダッシュボードが表示されません。
    回避策:なし
  •  

  • vSphere Web Client による OVF デプロイが Internet Explorer でサポートされていない
    vSphere Web Client (vSphere Next Generation Client とも呼ばれる) を Internet Explorer で使用して vCenter Operations Manager OVF ファイルをデプロイすると、ウィザードの表示が文字化けします。
    回避策:Internet Explorer ではなく Firefox か Chrome を使用します。または、vSphere Client を使用して OVF をデプロイします。
  •  

  • ログイン後、vSphere のユーザー インターフェイスに vCenter Operations Manager が構成中であると表示される
    vCenter Operations Manager の大規模なデプロイ環境では、vSphere のユーザー インターフェイスにログイン後、次のメッセージが表示される場合があります。vCenter Operations Manager を仮想環境で動作するよう構成中です。次のようなエラーも表示される場合があります。500。サーバ上の呼び出しに失敗しました。サービスが手動で起動されたか、管理インターフェイスからの vApp の起動または vCenter の登録または登録解除などの操作によってサービスがすでに起動されている場合があります。分析サービスがまだ初期化中であり、vSphere ユーザー インターフェイスに表示されるデータが利用できない状態であるため、これらのメッセージが表示されます。
    回避策:大規模な導入環境では、サービスの起動後、分析サービスの初期化が完了し vSphere ユーザー インターフェイスを使用できるようになるまで、最長で 20 分待たなければならない場合もあります。
  •  

  • vApp のタイム ゾーンを Mexico/Sonora に設定すると、vSphere ユーザー インターフェイスで 404 エラーが発生する
    vApp のタイム ゾーンを Mexico/Sonora に設定すると、vSphere ユーザー インターフェイスで 404 エラーが表示されます。
    回避策:タイム ゾーンを Mountain Standard Time - Arizona に設定します。このタイム ゾーンでは、Mexico/Sonora タイム ゾーンと同じ時刻になり、404 エラーが発生しません。

トラブルシューティング

  • vCenter Operations Manager 5.7.1 が vSphere 5.1 SSO 認証をサポートしない
    vCenter Operations Manager の 5.7.1 リリースは、vSphere 5.1 リリースで導入された Single Sign On (SSO) での認証をサポートしていません。SSO を使用して維持されているユーザー アカウントは、vCenter Operations Manager では機能しません。
    回避策: 従来の認証メカニズムとユーザー登録プロセス(以前のバージョンの vSphere で使用されていたもの)を使用します。
  •  

  • データ ファイルの破損により、ActiveMQ が起動に失敗する場合がある
    vCenter Operations Manager サービスを再起動すると、データ ファイルが破損しているために、ActiveMQ サービスが停止後の起動に失敗する場合があります。この問題が発生すると、Analytics 仮想マシンの /data/vcops/log/activemq.log ファイルに次のエラーが表示される場合があります。 Failed to start ActiveMQ JMS Message Broker.Reason: java.io.FileNotFoundException: /data/activemq/data/kahadb/db.free (No such file or directory)
    回避策/data/activemq/data/kahadbディレクトリ内のすべてのファイルを削除し、vCenter Operations Manager サービスをもう一度起動します。ActiveMQ が起動するはずです。
  •  

ユーザー インターフェイス

  • グループの不適切なリストがデフォルト ポリシーの [編集] ダイアログに表示される
    [関連付け] セクションのグループのリストでは、デフォルト ポリシーが適用されたグループの完全なセットが常に表示されるわけではありません。
    デフォルト ポリシーにグループを明示的に関連付けるには、グループの [アクション] ドロップダウン メニューから ポリシーの管理 を選択する必要があります。
    回避策:なし
  •  

  • [カスタム関係ウィジェットを編集] ページで複数のメトリックを選択できる
    カスタム関係ウィジェットを構成する場合、選択したリソース種別それぞれに対して 1 つのメトリック タイプをマップする必要がありますが、[リソース選択付きのメトリック セレクタ] ペインでは複数のメトリックを選択することができます。
    回避策:1 つのリソース種別に複数のメトリックを選択すると、「バッジごとに一度に選択できるメトリックは 1 つのみです」というエラー メッセージが表示されます。メッセージ ダイアログ ボックスで OK をクリックしてメトリックを 1 つだけ選択し、 OK をクリックして変更を保存します。
  •  

  • 計画ビューおよび計画レポートにオブジェクトの名前が表示されない
    CIQ アダプタでは、計画ビューおよび計画レポートにオブジェクトの名前は表示されません。
    回避策
    • rootユーザーとして UI 仮想マシンにログインします。
    • service vcopsweb restartを実行します。

      計画ビューに名前が表示されるまでに 15 分かかります。
  •  

     

  • デフォルト ポリシー構成の変更のリンクがドイツ語、日本語、および簡体字中国語の UI で機能しない
    vSphere UI の [計画] タブの下の [表示] タブの [情報の表示] パネルで、 デフォルト ポリシー構成の変更 をクリックすると、[ポリシーの編集] ダイアログ ボックスが表示されますが、ポリシーを編集することはできません。
    回避策: 右上の構成リンクをクリックし、リストから デフォルト ポリシー を選択して [ポリシーの編集] アイコンをクリックします。
  •  

  • 正常な状態と不明な状態のポピュレーション カウントが一致しない
    環境 > 概要 の下の正常な状態と不明な状態のポピュレーション カウントが、ワールド オブジェクトおよびグループの [すべてのメトリック] の下のポピュレーション カウントと常に一致するわけではありません。
    回避策: 正確なポピュレーション カウントについては、[すべてのメトリック] のカウントを参照してください。
  •  

  • カスタム グループがメンバー オブジェクトに基づくデータをフィルタリングしない
    一部のバッジおよび計画ビューは、すべてのオブジェクトに適用されるわけではありません。たとえば、負荷バッジはデータストアには適用されず、容量ビューは仮想マシンには適用されません。カスタム グループ機能は、データの表示をそのデータが適用されるオブジェクトにのみ限定するものではありません。結果として、
    • カスタム グループにデータストアのみが含まれる場合、負荷バッジにはクエスチョン マークが表示されます。
    • 容量ビューが一覧表示されても、仮想マシンのみを含むカスタム グループの場合は空欄となります。
    回避策:なし
  •  

  • VMware Tools が入っていない仮想マシンで、ディスク領域に ? が表示される
    VMware Tools がインストールされておらず実行もされていない仮想マシンで、残り時間バッジの下のディスク領域に ? が表示されます。
    回避策:影響を受けている仮想マシンに VMware Tools をインストールし、起動します。
  •  

  • ダッシュボードでページ更新後にワールド ビューが表示される
    ナビゲーション ツリーで選択したオブジェクトのビューを更新すると、ダッシュボードには選択したオブジェクトのビューではなくワールド ビューが表示されます。
    回避策:もう一度ページを更新して選択したオブジェクトを表示します。
  •  

  • 容量のビューが一致しない場合がある
    ホスト、クラスタ、グループのインベントリのビューを切り替えると、アイドル マシン、過負荷ホスト、クラスタなどの容量のビューが時間の境界線付近で一致しなくなる場合があります。この問題は、異なる容量のビューの間でデータの保持に遅延があることが原因で発生します。
    回避策:不一致は、インベントリのサイズに応じ、通常は 1 ~ 10 分で解消されます。
  •  

  • 容量のビューに Virtual Center またはワールド オブジェクトのデータが表示されない
    容量のビューには Virtual Center またはワールド オブジェクトのデータが表示されませんが、その他のオブジェクトのデータは表示されます。この問題は、インベントリ データの収集のエラーによって発生します。
    回避策:vCenter Operations Manager を再起動します。データは約 1 時間後に表示されます。

     

  • ワールドの無駄なディスク領域が、すべての vCenter Server の無駄なディスク領域の合計よりも小さい。
    ワールド(およびその他のグループ)の無駄なディスク領域の計算は、仮想マシンの無駄を合計して行われています。環境内のその他のすべてのリソース(vCenter Server、クラスタ、データストアなど)については、データストアの無駄を合計して計算されます。データストアの無駄はテンプレートの使用で占められているため、仮想マシンの無駄の合計に含まれません。この計算により、ワールドのディスク領域の無駄が小さな値に表示されます。
    回避策:なし
  •  

  • 表示されたアラートの総数が一致しない
    アラートのタイプおよびアラートの原因によっては、表示されるアラート数とアラート カウントが一致せず差異が生じる場合があります。考えられる原因は次のいずれかです。
    • 管理アラートのラベルが不正確で、アラート タイプが別の種類のアラートと誤解される。
    • グリッド チャート上のアラートのデータ ソースは関係に基づいたオブジェクトから算出されたメトリックから派生しているため、そのアラート数が一致しない。
    • 報告されたアラート数が最終データ ポイント リストからの数値であり、分析キャッシュ内に保存された正確な数値がまだ FSDB に書き込まれていない。
    回避策:なし
  •  

  • 相関グラフでイベントが一貫して表示されない
    [イベント] タブ上の相関グラフで、一定期間イベントが一貫して表示されない場合があります。グラフに表示されるイベントの数は、どのバッジを選択しているかによって異なる場合があります。このばらつきは、バッジの切り替え時にイベント フィルタと選択したタイムラインが一致していても発生する場合があります。 回避策:この問題は、5 ~ 10 分で自然に解消されます。
  • グループについて有効なポリシーの変更がグループ メンバーに対してすぐに表示されない
    グループについての有効なポリシーを変更した場合、システムがそのポリシーをグループのメンバー全員に適用するまで 1 分程度の遅れが発生する場合があります。
    回避策: グループ メンバーの有効なポリシーを更新するには、vCenter Operations Manager ウィンドウの上部中央にある 更新 ボタンをクリックしてください。システムが更新済みの場合は、この手順で新しい有効なポリシーが反映されます。
  •  

  • 一部のカスタム グループをクリックしても、[容量] ページがロードされない
    新しいグループ タイプを作成するとき、グループ タイプの名前は、これらの予約済み内部キーワードのいずれかに属することができません。
    • VirtualMachine
    • HostSystem
    • ResourcePool
    • ClusterComputeResource
    • Datacenter
    • ComputeResource
    • Datastore
    • VMwareAdapter Instance
    • VCMAdapter Instance
    • VinAdapter Instance
    • ContainerAdapterInstance
    • World
    これらの名前を使用し、そのタイプのグループを作成すると、これらのオブジェクトの容量のビューがロードされません。
    回避策:誤ってこれらのキーワードを使用した場合は、グループのグループ タイプの名前を変更すると、容量のビューがロードされます。
  •  

  • [関係] タブの仮想マシンの健全性バッジとアプリケーションの健全性バッジの値が同じである場合に、前者が黄色または赤色であっても、後者が緑色である 仮想マシンに使用されているしきい値は、アプリケーションに使用されているしきい値と異なります。現在、アプリケーションのカラー スキームは、ポリシー構成ダイアログ ボックスのセクション 2a: インフラストラクチャ バッジのしきい値 に定められているしきい値にしたがっています。インフラストラクチャ バッジのしきい値は、仮想マシンおよびグループ オブジェクトを除くすべてのオブジェクト タイプに適用されます。
    回避策:ありません。
  •  

  • [カスタム概要] ペインでビューを変更し、ステータス フィルタが有効の場合に、[スコアボード] タブのメンバー リストがリアルタイムに更新されない。 スコアボード タブで、ステータス フィルタを使用して特定の状態(正常状態)などのオブジェクトをフィルタする場合、[メンバー リスト] ペインには、選択されたビュー(健全性など)でその状態のオブジェクトが表示されます。別のビュー(効率性など)を選択しても、[メンバー リスト] ペインが変更され、効率性が正常なオブジェクトが表示されることはありません。
    回避策:vCenter Operations Manager ウィンドウの上部にある 更新 ボタンをクリックします。
  •  

  • コンプライアンス バッジが容量のビューおよびレポートで使用できない
    コンプライアンス バッジのメトリック (メトリック キー = バッジ|コンプライアンス) は、容量のビューおよびレポートでは使用できません。
    回避策:なし
  •  

  • 文字「|」を含むコンプライアンス テンプレートおよびコンプライアンス マッピングの名前が正しく表示されない VCM コンプライアンス テンプレートまたはコンプライアンス マッピングに文字「|」が含まれていると、vCenter Operations Manager に表示されるテンプレート名が正しくないか、判読不能となる場合があります。
    回避策: VCM では、コンプライアンス テンプレートおよびマッピングの名前に文字「|」が含まれないようにそれらを作成するか、修正してください。コンプライアンス テンプレートまたはマッピングの作成または編集の手順については、VCM のオンライン ヘルプか、『VCM 管理ガイド』を参照してください。
  •  

vSphere Web Client での vCenter Operations Manager

  • フォルダ オブジェクトのワークロード ウィジェットにデータが表示されない
    vSphere Web Client のフォルダ オブジェクトのワークロード ウィジェットには、データが表示されません。
    回避策:なし
  •  

  • エラー メッセージ:The selected object does not exist in VCOps server: group-d1
    このエラー メッセージ 「 The selected object does not exist in VCOps server: group-d1」 は、次のいずれかの状況で健全性バッジの代わりに表示される場合があります。
    • 添付されている子オブジェクトがない vCenter Server オブジェクトをインベントリ ツリーから選択した場合。
      回避策:なし
    • vCenter Operations Manager データベースでまだ作成されていないオブジェクトをインベントリ ツリーから選択した場合。
      回避策:オブジェクトがデータベースに追加されるまで 5 分から 10 分待ちます。
  •  

  • vCenter Server への強制登録と登録解除後、[監視] タブの下の [健全性] タブが消失する
    vCenter Operations Manager のインスタンスが vCenter Server に登録されている状態で、別の vCenter Operations Manager のインスタンスを同じ vCenter Server に登録しようとすると、2 つ目のインスタンスを強制登録するかどうかを選ぶことができます。2 つ目のインスタンスを強制登録すると、vSphere Web Client の vCenter Operations Manager プラグインによる vCenter Operations Manager の最初のインスタンスへのアクセスが無効にされます。最初のインスタンスへの接続を無効にし、その後 2 つ目のインスタンスを vCenter Server から登録解除すると、vSphere Web Client に [健全性] タブが表示されなくなります。
    これは、vCenter Operations Manager の 2 つ目のインスタンスを vCenter Server から登録解除するときに、 健全性 タブを視覚化するために使用される拡張機能ポイントが削除されるためですvCenter Operations Manager の最初のインスタンスは、自動的に拡張ポイントを復旧できません。最初のインスタンスはまだ vCenter Server に登録されていますが、vSphere Web Client の vCenter Operations Manager プラグインが健全性データを表示するために使用できる拡張ポイントは存在しません。
    回避策
    1. vCenter Server の ExtensionManager に移動し、管理者の認証情報を使用してログインします。
      URL の書式は https://<VC-IP-address>/mob/?moid=ExtensionManager&doPath=extensionList%5b%22com%2evmware%2evcops%22%5d%2eclientです。
      vCenter Server が仮想マシンで実行されている場合は、ルート ユーザーとしてログインします。
    2. vCenter Operations Manager 拡張ポイントが失われていることを確認します。
      拡張機能リストで、次の値を検索します。 extensionList["com.vmware.vcops"]
    3. vCenter Operations Manager 拡張ポイントが失われていることを確認します。
      拡張機能リストで、次の値を検索します。 extensionList["com.vmware.vcops"]
    4. vCenter Operations Manager の最初のインスタンス上で vCenter Server への登録を更新します。
      1. 最初の vCenter Operations Manager インスタンスの管理ポータルへ移動します。
        URL フォーマットは、 https://<ui-vm-IP-address>/admin/です
      2. 拡張機能ポイントが失われている vCenter Server の隣の 更新 をクリックします。
      3. 登録およびコレクタ ユーザーのパスワードを入力し、 Test Connectionをクリックします。
      4. 適用 および 閉じる をクリックします。

ページのトップへ

ドキュメント

    次の製品の変更点は、リリース ドキュメントでは説明されていません。
  • ダッシュボード コマンドの all オプションおよび group オプション
    dashboard import、dashboard delete、dashboard reorder コマンドには、ユーザー名を指定する代わりに、次のオプションのいずれかを使用できます。
    * --all
    * --group:<group_name[,<group_name>]

     

    --allオプションは、すべてのユーザー アカウントにコマンドを適用します。 --group:<group_names[,<group_name>]オプションは、指定したユーザー グループに属するすべてのユーザー アカウントにコマンドを適用します。たとえば、コマンド dashboard import group:Administrators,Operators "templates\MyDashboard.bin"は、ダッシュボード MyDashboard.bin を Administrators および Operators ユーザー グループに属するすべてのユーザー アカウントにインポートします。

     

    dashboard import コマンドには、ダッシュボードの順番を設定できる --set <rank>オプションもあります。たとえば、コマンド dashboard import MyUser2 "dashboards/MyDashboard.bin" --set 1は、ダッシュボード MyDashboard.bin をインポートし、ユーザー MyUser2 のダッシュボード リストの最初のダッシュボードにします。
  •  

  • カスタム UI ドキュメントの統合アラートの情報が不足
    詳細については、「 Aggregating and Filtering Alerts in vCenter Operations Manager 5.6 (Custom UI) (KB 2039020)」を参照してください。

ページのトップへ