仮想化の準備

仮想化は強力なテクノロジーです。統合によって物理ハードウェアの必要台数を削減し、ネットワークの使用率を改善し、IT の俊敏性とスケーラビリティを向上させ、真の Software-Defined Data Center の基盤として機能します。

さまざまなタイプの仮想化が、企業や業界にどのようにメリットをもたらしているか、また、VMware のどの製品がお客様のニーズに合致するかをご確認ください。

仮想化のタイプ

 

サーバ仮想化

多くのサーバは、15 パーセント未満のキャパシティ使用率で運用されており、このような使用率の低さがサーバ台数の増加や複雑さの原因にもなります。サーバ仮想化は、これらの非効率性を解決します。1 台の物理サーバ上で複数のオペレーティング システムを仮想マシンとして実行し、それぞれの仮想マシンから、基盤となるサーバのコンピューティング リソースにアクセスできるようになります。1 台や 2 台のサーバの仮想化は、仮想化の第一歩にすぎません。次の段階で、サーバ クラスタを単一の統合リソースにまとめます。これにより、全体の効率性が向上し、コストが削減されます。また、サーバ仮想化によって、ワークロードの迅速な展開、アプリケーションのパフォーマンスの向上、および高可用性も実現します。さらに、運用を自動化することで、IT の管理がシンプルになり、所有および運用にかかる負担が軽減されます。

サーバ仮想化を開始するのに最適な製品として、 vSphere with Operations Management があります。この製品は、x86 サーバのリソースを仮想化し、キャパシティおよびパフォーマンスを管理するための重要な機能を提供します。企業規模を問わず、高いサービス レベルでアプリケーションを実行し、キャパシティの使用率および統合率を高めることで、ハードウェアのコストを最大限削減できるように設計されています。

ネットワークの仮想化

ネットワークの仮想化は、物理ネットワークをソフトウェアで完全に再現したものです。物理ネットワークの場合と同様に、アプリケーションは仮想ネットワーク上で実行されます。ネットワークの仮想化により、論理ポート、スイッチ、ルータ、ファイアウォール、ロード バランサ、VPN などの論理ネットワークのデバイスとサービスが、接続先のワークロードに提示されます。仮想ネットワークは、物理ネットワークと同じ機能と性能を実現しつつ、仮想化による運用上のメリットとハードウェアに依存しないという特性があります。

NSX のネットワーク仮想化プラットフォームは、VMware がコンピューティングやストレージを対象に提供している機能を、ネットワーク向けに提供します。データセンターのネットワークに仮想マシンの運用モデルを適用することで、ネットワークやセキュリティの運用の経済性を変革できます。

Software-Defined Storage

膨大なデータ ボリュームとリアルタイム アプリケーションによって、ストレージに対する要求はこれまでになく高まっています。ストレージの仮想化はサーバ内蔵ディスクおよびフラッシュ ドライブを抽象化し、パフォーマンスに優れたストレージ プールに組み入れて、ストレージをソフトウェアとして実現します。Software-Defined Storage (SDS) は、根本的により効率の良い運用モデルを実現する、ストレージに対する新しいアプローチです。

仮想環境のハイパー コンバージド Software-Defined Storage のリーダーとして、 VMware Virtual SAN は、VMware の Software-Defined Data Center の原則をストレージに適用し、シンプルなポリシー ベースのプロビジョニングを提供します。vSphere Web Client と連携することで、単一のインターフェイスからコンピューティングとストレージの両方を容易に管理できます。

デスクトップの仮想化

デスクトップを管理対象サービスとして展開すると、変化するニーズやビジネス チャンスにより迅速に対応できるようになります。支社、アウトソーシング先やオフショアの従業員、iPad や Android タブレットで作業するモバイル ワーカーに、仮想化されたデスクトップとアプリケーションを迅速かつ容易に提供できるため、コスト削減とサービス向上が可能となります。

Horizon、Fusion、および Mirage を含む、VMware のデスクトップ ソリューションは、スケーラビリティに優れ、一貫した使用環境を提供し、安全性と高い可用性を備えているため、連続稼動時間と生産性を最大にまで高めることができます。

さまざまな業種における仮想化

VMware の仮想化インフラストラクチャは、IT リソースを最適化し、高可用性を提供することで、あらゆるビジネスを支援します。

教育機関

制御性とセキュリティを強化しながら、新しいラボを迅速にプロビジョニングし、リモート環境の学生や教職員に仮想デスクトップを提供します。

教育機関における仮想化の詳細情報

金融サービス

リモート オフィスや支社を対象とするクラウド コンピューティング、リアルタイムのデータ管理、およびサポートのソリューションを提供することで、ビジネスの俊敏性を実現します。

金融サービスにおける仮想化の詳細情報

行政機関

IT の設備投資コストと運用コストを削減しながら、行政機関と住民のニーズに迅速に対応します。

詳細情報

医療機関

サービスとしてデスクトップを提供する際に、データセンター内に置かれている患者のデータや情報を安全に保護します。

医療機関における仮想化の詳細情報

製造業

セキュリティと柔軟性を高めながら、グローバル規模でコラボレーションすることによって、生産性が向上します。

製造業における仮想化の詳細情報

小売業

小売店が買い物客に商品を購入してもらうためには、お客様の利便性を高める必要があります。また、販売担当者が、お客様が必要としている製品に関する専門知識を理解している必要があります。

小売業におけるモバイル、ソーシャル、および仮想化ソリューションの詳細情報

リーダーズ チョイス アワード受賞

VMware は、サーバ仮想化プラットフォーム部門で 6 年連続 1 位を獲得しました。

詳細を見る

信頼されるプラットフォーム

最も優れた仮想化プラットフォームの 5 つの特長を確認できます。

今すぐダウンロード

VMware: 傑出したリーダー

Taneja Group 社による比較調査で、IT に関する 7 つの課題の解決方法について説明しています。

インフォグラフィックを見る