仮想化のメリット

仮想化では、同じ物理サーバ上で複数のオペレーティング システムと複数のアプリケーションを実行することによって、コストを削減すると同時に、既存の x86 ハードウェアの効率性と使用率を向上させます。

  • 設備投資コストおよび運用コストの削減サーバ統合により、1 台の物理サーバ上で複数の仮想マシンを実行できるため、既存のハードウェアを最大限に活用できます。サーバ数の削減によって、設備投資コストと運用コストを削減できます。コストを最大限に削減するには、ホスト 1 台あたりの仮想マシンの統合率が最大になる仮想化ソリューションを選択する必要があります。
  • アプリケーションの高可用性の提供可用性およびフォルト トレランス機能との連携により、すべての仮想アプリケーションが保護されます。ノードまたはサーバに障害が発生した場合、ダウンタイムやデータの損失なしで、すべての仮想マシンが別のホスト上で再起動されます。
  • ビジネス継続性の向上仮想化によって、計画外の IT 障害などにも、容易に対応できます。仮想マシンは、1 台のサーバから別の場所にあるサーバに移行できます。
  • IT の生産性の向上管理作業の合理化および自動化により、メンテナンスにかかる時間が短縮され、革新的な作業により多くの時間を充てることができます。
  • 即応性の向上仮想化によって、デスクトップ、アプリケーション、およびサーバを迅速かつ柔軟に展開できるため、ビジネスを急速に拡大できます。

仮想化はクラウド コンピューティングではない

クラウド コンピューティングとは、基本的にインターネット経由で、必要に応じて共有コンピューティング リソース (ソフトウェアやデータ) を提供することです。クラウド コンピューティングは、仮想化によって実現できる 1 つの形態です。クラウドを使用しているかどうかに関係なく、まずサーバを仮想化し、次にクラウド コンピューティングに移行することによって、俊敏性を向上させ、セルフ サービスを強化できます。

仮想化の対象はサーバだけではない

ほとんどの場合、サーバの仮想化から着手しますが、サーバ以外にも仮想化できるものは多くあります。 Software-Define Data Center に移行すると、ハードウェア中心のアーキテクチャによる制約がなくなります。