仮想化による効率性、高可用性の向上とコストの削減

仮想化は、ビジネスの規模を問わず、効率性と俊敏性を高めながら IT のコストを削減する最も効果的な方法です。VMware による仮想化によって、次のことが可能になります。

  • 1 台のサーバ上で複数のオペレーティング システムやアプリケーションを実行できます。
  • ハードウェアを統合して、少ない台数でより高い生産性を得ることができます。
  • 全体的な IT のコストを 50 パーセント以上削減できます。
  • IT の管理やメンテナンス、新しいアプリケーションの展開にかかる時間を短縮し、簡素化できます。

仮想化の基本: 仮想化のしくみについて

仮想化の基本: 仮想化のしくみについて

仮想化の基本: 仮想化のしくみについて (英語)(2:57)

仮想化について

インフラストラクチャが拡大すると、IT 部門の予算の 70 パーセントがメンテナンスに費やされ、ビジネスを構築するイノベーションの推進に使用できるリソースが少なくなります。仮想化によって、IT 部門のこのような最も差し迫った課題に対処できます。

この課題は、オペレーティング システムやアプリケーションを一度に 1 つしか実行できない設計である現在の x86 サーバのアーキテクチャに原因があります。そのため、小規模なデータセンターであっても、複数のサーバを導入する必要があります。また、各サーバはキャパシティのわずか 5 ~ 15 パーセントしか使わずに運用されるため、非常に非効率的であることは明らかです。

仮想化ソフトウェアを使用すると、1 台の物理サーバまたはホスト上で、複数のオペレーティング システムやアプリケーションを実行できるため、この問題を解決できます。自己完結型の各仮想マシンは、ほかの仮想マシンとは分離され、必要に応じてホストのコンピューティング リソースを使用します。

ハードウェア要件

ハードウェア要件

サーバ仮想化のメリット

仮想化によって得られるメリットは非常に大きなものです。

  • 各サーバの使用率を最大 80 % 向上
  • 必要なハードウェア数を 10 分の 1 以下に削減
  • 設備投資コストと運用コストを半分に削減し、仮想化されたサーバ 1 台あたり年間で 1,500 ドル以上を削減
  • 堅牢で低コストの高可用性

仮想ネットワーク サービス

ソフトウェア定義のネットワークを使用すると、ネットワーク リソースに仮想化の原則が適用され、それらを抽象化、プール化、および自動化して、柔軟性に欠ける物理アーキテクチャに制限されることがなくなります。各アプリケーションにはネットワーク サービスが割り当てられて維持され、変化する要件に柔軟に対応します。ソフトウェア定義のネットワークには多くのメリットがあります。

  • プロビジョニングの簡素化
  • スケーラビリティの強化
  • 管理の簡素化
  • 運用コストの削減

仮想環境でのセキュリティの展開

セキュリティも、効率的なソフトウェア定義のサービスとして提供できます。ハードウェアのアップグレードを必要とせず、物理デバイスから分離され、統合されて、必要に応じて正確に適用されます。仮想ワークロードの移行や拡張は、セキュリティ上の制約を受けず、専用のアプライアンスを必要としません。サポートの内容は次のとおりです。

  • 統合ファイアウォール
  • 最適化されたゲートウェイ サービス
  • オープン アーキテクチャ