仮想化環境の管理の簡素化と自動化

今日の IT 部門は、ビジネスの戦略的パートナーとして、仮想データセンターのメリットを最大限に引き出す必要があります。ほとんどの Software-Defined Data Center (SDDC) はハイブリッドとなっており、物理、仮想、およびクラウドの混在した環境を管理する必要が生じています。アプリケーションの多様化も進んでいます。従来のアーキテクチャと最新のアーキテクチャを組み合わせた基盤上に構築され、オンプレミスとパブリック クラウドの両方で実行されています。IT 部門は、これらすべてを、管理性を維持してコストを削減しながら、ビジネスにより多くの価値をもたらす方法で迅速に管理する必要があります。

ビジネスの成長を支えるためには、仮想データセンターの一貫した管理と自動化が、重要な第一歩となります。マニュアル作業を自動化することで、IT 部門がビジネスに提供できる戦略的な価値が大きくなります。そのためには、環境全体をまとめて把握できる統合ビューが必要です。従来のように、各ビューが環境内の異なるセクションの情報を示し、それぞれに異なるスキルや知識を必要とする、静的で断片化された複数のビューによる管理では不十分です。

VMware の仮想化管理機能によるメリットは、次のとおりです。

  • 統合管理: 環境全体の統合ビューが vSphere に組み込まれています。SDDC のコンポーネントに拡張することもできます。
  • インテリジェントな運用管理: お客様の環境に適応します。
  • 組み込みの自動化機能: ガイド付きの修正機能と詳細な制御機能が含まれます。

スピードと俊敏性を提供しながら、既存のツールやスキルを利用できる仮想環境の統合管理機能により、管理性と効率性を高めることが可能になります。

仮想化環境の統合管理

VMware の仮想化環境の管理ソリューションは、vSphere 環境向けに最適化されているだけではなく、異種混在のハイブリッド クラウドや、それらがサポートする従来のクラウド ネイティブなアプリケーションにも対応しています。インフラストラクチャは、クラウド、モバイル、ソーシャル、およびビッグ データの各アプリケーションを安全に提供できるように設計されているため、IT 部門は柔軟性を向上させ、ビジネス ニーズに迅速に対応できます。

  • ストレージの管理と分析が統合されているため、ストレージ レベルで詳細に制御できます。
  • 統合されたネットワーク管理によって、可用性を確保できます。
  • サードパーティ製管理パックがサポートするオープン プラットフォームを使用して、完全な視認性を実現できます。

アプリケーションからストレージまでを網羅するインテリジェントな運用管理

ビジネスに同じものは 1 つとしてありません。症状に基づいた役に立たない大量のアラートではなく、ニーズに合わせた情報が必要です。自己学習型の分析機能がそれぞれの環境に適応し、必要な情報とガイド付きの修正機能を提供します。

  • リアルタイムのログ分析などの、あらゆるタイプの IT データを活用して、ブラインド スポット (盲点) をなくすことができます。
  • アラートがデータを集計して関連付け、新たに発生する問題を特定できます。
  • 予測分析と包括的な視認性によって、パフォーマンスを向上できます。

管理された自動化

インフラストラクチャとアプリケーションの管理を安全に自動化することで、戦略的プロジェクトにより多くの時間を割けるようになります。インテリジェントな自動化を使用することで、リソースの最適化と標準の適用に加えて、次のことが実現します。

  • ワークロードの配置とバランスを自動化することで、リソースの使用を最適化できます。
  • 事前設定されたテンプレートと構成を使用して、標準やコンプライアンスの要件に対応できます。
  • 問題のアラートは複数の症状に基づいており、ガイド付き修正機能を備えています。

仮想化環境の管理の製品

  • vSphere with Operations Management : 仮想化環境の一貫した管理性を実現するためのソリューションです。導入したその日から、お使いの環境のパフォーマンス、可用性、および効率性を最大限に引き出せます。
  • vRealize Operations Insight : vSphere および物理ハードウェア向けの運用管理ソリューションです。アプリケーションからストレージに至るまで、インテリジェントな運用が可能になります。

データセンター内のすべてを管理

VMware、OEM パートナー、その他のソフトウェア ベンダーが、IT 環境内にあるサードパーティ製のテクノロジーやインフラストラクチャを管理するための、多数の拡張機能を提供しています。管理パック、コンテンツ パックなどと呼ばれるこれらの機能は、異機種混在のハイブリッド環境の管理を拡張および簡素化します。詳細については、 VMware Solution Exchange (英語) をご覧ください。

クラウド管理

VMware のクラウド管理ソリューションは、物理インフラストラクチャとパブリック クラウド環境の管理に役立ちます。クラウド管理の詳細については、 こちら (英語) をご覧ください。