IT 管理の簡素化と自動化

今日の CIO は、従来のシステムのサポートを継続しながら、新しいサード プラットフォーム アプリケーションを作成する必要があります。また、IT 部門は、オンサイトの Software-Defined Data Center をパブリック クラウド サービスにまで拡張する、ハイブリッド コンピューティング戦略を採用しています。

従来型のデータセンター管理ツールでは、このような状況に対応することはできません。

VMware の仮想化およびクラウド管理ソリューションが提供する自動化、運用、および業務管理機能により、IT 部門はビジネス部門の戦略的パートナーとなることができます。IT 部門は、これらの機能によってスピードと俊敏性を提供しながら、既存のツールやスキルを利用できる統合管理環境により、管理性と効率性を高めることが可能になります。

ハイブリッド クラウドの管理

今日の CIO は、相反する優先事項に対応しなければなりません。IT 部門は、技術的なコストを最小に抑制しながら、新しいテクノロジーを迅速に導入する必要があります。また、ビジネス目標に対して戦略的に注力しながら、運用効率を維持することが求められます。さらに、技術革新を促進する一方で、セキュリティとコンプライアンスを維持する必要もあります。

スピードと俊敏性の実現というビジネス ニーズに対応しながら、管理性を維持し、IT コストを削減することが、クラウド時代の主な課題なのです。

今後、Software-Defined Data Center の大部分がハイブリッド環境となっていきます。ワークロードは、従来型と最新型のアプリケーション アーキテクチャが混在することになるでしょう。これらのワークロードは、物理環境と仮想環境が混在し、仮想化が進む環境でプロビジョニングされ、社内環境とパブリック クラウドの両方で管理されるようになります。

VMware の仮想化およびクラウド管理ソリューションは、 vSphere® 環境向けに最適化されているだけでなく、異種混在のハイブリッド クラウドや、それらがサポートする従来のクラウド ネイティブなアプリケーションと共に動作します。

VMware の仮想化およびクラウド管理ソリューションは、 Software-Defined Data Center アーキテクチャに不可欠な要素で、次の機能を提供します。

  • クラウドの自動化: スピードと管理性を維持しながら、複数のハイパーバイザー、プライベート クラウド、およびパブリック クラウド全体に、インフラストラクチャとアプリケーションを展開します。
  • クラウドの運用: キャパシティ、パフォーマンス、ログ、および構成の統合管理機能で、物理環境、仮想環境、およびクラウド環境のインフラストラクチャとアプリケーションを管理することができます。
  • クラウド ビジネス: インフラストラクチャ サービスおよびアプリケーション サービスのコストと品質の透明性を最大化することで、ビジネス上の優先度に合わせた IT 支出を可能にします。

仮想化とクラウドの運用管理の拡張

VMware と 60 社のパートナー企業は、異なるプラグイン、アプリケーション ブループリント、コンテンツ、管理パックを組み合わせた、110 種類以上のサービスを提供しています。これにより、異種混在のハイブリッド環境の管理を拡張および簡素化することができます。

VMware Solution Exchange の Cloud Management Marketplace では、異種混在のハイブリッド クラウド環境の管理を簡素化および自動化するための、無償および有償コンテンツが提供されています。

クラウドの自動化の拡張機能には、プロビジョニングと自動化に主軸を置いたコンテンツが含まれています。 クラウドの運用の拡張機能は、データ収集とトラブルシューティングの簡素化および自動化を実現しながら、アプリケーションとインフラストラクチャ リソースの使用を最適化します。

Software-Defined Data Center による IT の課題の解決

Software-Defined Data Center (SDDC) では、より優れたセキュリティ、可用性、迅速なサービス提供とコスト削減が実現するなど、求めていた成果を IT から引き出すことができます。

IT がもたらす成果