VMware
Read Success Stories from:
Filtered by Language:

Results 61-79 of 79   |   Previous 1 2 3 4
Sorted by Date or Alphabetically


Japanese

株式会社デンソー (DENSO CORPORATION)

 

基幹システムへのVMware Infrastructure 3の導入、 10年後を見据え仮想化によるITインフラの標準化を目指す

株式会社デンソーでは、基幹システムを含む事務系サーバ約100台を「ブレードサーバ+VMware Infrastructure 3」により統合しました。そのプロセスは全員参画の形で行われ、仮想化技術の導入を契機に、基幹システムの標準化を進めています。

株式会社ニチレイ(Nichirei Corporation)

 

ステップバイステップでの戦略的なサーバ仮想化方針のもと、環境構築と運用に関わるコストと負荷を軽減

食品の加工・低温物流大手のニチレイグループはVMware Infrastructure 3によるサーバの仮想化技術に注目、2006年11月にWindows NT4.0ドメインコントローラーの延命対応として仮想環境を構築しました。その効果を確認した上で、同グループはステップバイステップで戦略的にサーバを仮想化する方針を定め、2007年12月には、本番用の仮想化環境を構築完了。現在、更なる拡張を含めた2009年6月の第2次本番環境実現に向けた取り組みを進めています。

株式会社ネットケア (Net Care,Inc.)

 

VMware Infrastructure 3を使ったからこそ実現した新しい形のホスティングサービス

株式会社ネットケアの新サービス「f.a.s.t」では、顧客が自由にシステム構築をすることができます。その自由度はVMware Infrastructure 3(VI 3)の仮想化技術によって支えられており、運用コストの大幅削減が実現されています。

株式会社フラワーオークションジャパン (FAJ)

 

仮想化によるサーバ統合で消費電力や運用管理コストを削減。シンクライアント導入により使いやすさ、業務継続性が向上。(new-jp)

VMware の導入は、当初、検証が目的でしたが、非常に安定稼働していたため、物理サーバの統合を進めることにしました。AP サーバから始めて、データベースサーバ、メールサーバなども仮想環境上に移行しました。仮想デスクトップではシンクライアントを合わせて導入し、その使い勝手の良さは利用者に好評です。VMware Viewによりパッチ当てなどもイメージの展開だけですから運用管理もとても容易ですね

株式会社フラワーオークションジャパン システム部 部長 中島 宏 氏

株式会社ベネッセコーポレーション、株式会社シンフォーム(Benesse / Synform)

 

1,100台のコンタクトセンターPCにおける電話窓口システムをVMware ThinAppで仮想化。最新のPCで使い慣れたシステムを継続利用し、業務の効率とパフォーマンスを大幅に向上。(New-jp)

古いシステムには、それまでの業務で蓄積された多くの経験、ノウハウが詰まっています。OSやハードウェアの変化に依存しない“しなやかな基盤”を支える VMware ThinAppは必要不可欠なソリューションです。

株式会社ベネッセコーポレーション 基盤本部 カスタマーコミュニケーション部 センター基盤開発ユニット システム管理課 課長  森田 哲生 氏

株式会社メタルワン鋼管(Metal One Pipe & Tubular Products Inc.)

 

VMware Horizon Mirageの採用により、従来比の1/10のコスト、1/3の作業負荷で、Windows OSの移行を完了。移行後の運用管理においても効率性が大幅に向上。

「クライアントOS移行後のアプリケーションの継続使用、また移行に伴う作 業負荷軽減、将来にわたる効率的な運用管理の実現。これらすべての要件において、VMware Horizon Mirageは最適なソリューションでした」

株式会社メタルワン鋼管 経営管理本部 システム部 システム課長 加藤 純一 氏

株式会社三菱東京UFJ銀行 (The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ, Ltd.)

 

VMware Viewを活用して50,000台を超える仮想デスクトップ環境を構築。高度なセキュリティ体制の確立と端末の稼働率向上によるコスト削減を実現。 (new-jp)

導入を成功させる最大のポイントは志です。現状を変えるために必要なものは何かを考え、仮想デスクトップがその実現手段だと判断すれば、トップダウンでそれを実行すべきだと思います。

株式会社三菱東京UFJ 銀行 システム部 グローバルコミュニケーショングループ OPEN・BPR基盤チーム 上席調査役 西井 淳 氏

株式会社千葉興業銀行  (The Chiba Kogyo Bank.,Ltd.)

 

「全てのWindows サーバを仮想基盤で標準化」を基本方針、 VMware Infrastructure 3 の導入により、コスト削減と運用効率向上を実現

千葉興業銀行では、2007 年夏、行内のWindows サーバを「VMware Infrastructure 3(以下VI3)による仮想環境で標準化」を基本方針として決定しました。76 台の支店サーバを5 台へ集約するなど大きな成果を上げ、今後はクライアント環境の仮想デスクトップ化も推進していく計画です。

株式会社壱番屋 (Ichibanya Co., Ltd )

 

VMware Infrastructure 3の導入によりTCOを 50%以上削減、全サーバの統合に向けた基礎を築く

株式会社壱番屋(以降壱番屋)では更新時期を迎えていたデータウェアハウス、EDI、ドメインコントローラなどが稼働している14台のサーバを仮想化ソフトウェアVMware Infrastructure 3を使い、システムを再構築することなく、サーバ3台に統合しました。その結果、TCOを50%以上削減、冗長化による高可用性の確保、コストを抑えたバックアップ環境やテスト環境の構築、ダウンタイムを最小限に抑えた安定運用を実現しました。同社では、この成果の上に、残り40台余りのサーバもVMwareの仮想化を基本方針として、統合していく計画です。

株式会社富士経済 (FUJI KEIZAI)

 

既存シンクライアントをVMware Horizon Viewに移行しマルチデバイスにも対応したセキュアな業務環境を構築。BYODによるワークスタイルの変革を実現。

VMware Horizon Viewは仮想デスクトップ環境での使用に最適化された機能を実装していたことに加え、統合された管理ツールの提供、スマートデバイスへの対応といった私たちが求める要件を満たすソリューションでした

株式会社富士経済 システム部主査 佐々木 朗 氏

楽天株式会社 ( Rakuten, Inc. )

 

Cloud FoundryベースのPaaSプライベートクラウドを採用。 (new-jp)

PaaSのシステムを作るにあたって、色々な製品を評価しましたが、Cloud Foundryがオープンソースであることが決め手になりました。すべてが公開され我々のやり方にシステムをフィットできること、アーキテクチャーが洗練されていて拡張性が高いこと、IaaSと完全に分離されニーズに応じて基盤を自由に選択できること、対応言語の多さと拡張性を高く評価しています。

横手市(Yokote City)

 

秋田県横手市が日立システムズ、デル、ヴイエムウェアによる仮想化基盤を総合行政情報システムの IT 基盤に採用 50 台以上のサーバと 600 台のデスクトップ PC を、仮想サーバ 10 台に統合することで、 設置スペースを1/9 に削減、効率的な電力利用による節電環境を実現 (new-jp)

総務省のガイドラインにおいて、専用ネットワークでの利用が義務付けられている「住民情報システム」の接続用のデスクトップ環境として、同じ仮想化基盤上にVMware Viewを導入し、仮想デスクトップとして利用することとしました。仮想デスクトップの導入により、一般業務端末から住民情報システム、内部情報システム双方への接続が可能となりました。システム切り替え・並行運用期間中においては、Windows XP環境300台、Windows7環境 300台のデスクトップ環境を仮想化し、同時最大接続数で300台の端末から各々の環境への接続を実現するとともに、サーバ仮想化環境とデスクトップ仮想化環境の一元管理が可能になりました。

江戸川区 (Edogawa City)

 

全庁仮想基盤への運用管理に対して VMware vCenter Operations Managerを活用し、問題の事前検知と解決の早期化、そして最適なリソース配分を実現

「全庁を対象とした仮想環境の最適化にあたって、VMware vCenter Operations Manager は、非常に大きな効果を発揮しています。安定的なシステム運用を実現するだけでなく、ハードウェアの集約をさらに推進することも可能となりました」

江戸川区 経営企画部 情報政策課 基盤・ネットワーク係 長濱 宜之 氏

沖縄県北谷町 (Chatan Town)

 

VMware Virtual Desktop Infrastructure(VDI)で自治体業務に不可欠なセキュアなデスクトップ環境を実現

沖縄県北谷町(ちゃたんちょう)役場では住民情報システムのリプレイスに合わせて、情報漏えい防止対策として、 VMware Virtual Desktop Infrastructure(以下VDI)による仮想デスクトップの導入。VMware Infrastructure 3で基幹の住民情報システムを仮想化すると共に、VDIでPC端末も仮想化、高いセキュリティを確保した自治体業務システムを実現。

沖電気工業株式会社 (Oki Electric Industry Co., Ltd.)

 

VMware ESX Serverによる仮想化ソリューションを、 全社に渡っての基幹業務系アプリケーション用の サーバ統合に適用

基幹業務系アプリケーション用のサーバ統合が課題。 完全なマルチタスク環境が実現できる技術は、ESX Serverだけだった。

茨城県大同青果株式会社(Ibaraki Daido Seika)

 

公設事業者としての止められない業務を支える基盤としてVMware Horizon Viewの活用による事業継続性の確保とともに将来に向けたワークスタイル変革の素地を確立

「仮想デスクトップ環境を活かせば、自席以外の場所でも作業が可能な“フリーデスク”が実現できます。より自由で機動的な業務遂行が可能なワークスタイルの変革が、今回の仮想化を機にスタートしたと感じています」

茨城大同青果株式会社 執行役員 総務部部長 鈴木 義久 氏

財団法人 海外産業人材育成協会(HIDA)

 

VMware Viewでデスクトップ環境を仮想化。拠点分散型の管理体制から中央での集中管理に移行し管理工数の大幅削減を実現

地方拠点での作業は不要になりました。デスクトップ環境自体は、高信頼なプラットフォーム上で動いているので安心で、メンテナンスもサーバの管理と同じ感覚で簡単です。デスクトップ仮想化だけの効果で言えば、少なくとも65%は管理工数を削減できました。

財団法人 海外産業人材育成協会 AOTS事業部 総務部管理システムグループ担当長(情報システム)土居 哲也 氏

都立府中工業高等学校 ( Fuchu Technical High School )

 

生徒への教育機会を最大限増やすため、15教室300台に VMware Viewを導入し、教室とPCにとらわれない自由な アプリケーション利用を実現

東京都立府中工業高等学校では、一般的な公立高校のIT環境同様、実習室とPC、アプリケーションが結びつき、PCが空いていても、自由にアプリケーションを利用できない状態になっていました。そこで、同校では「VMware View」を導入、2010年4月段階で15教室300台の仮想デスクトップが稼働しています。これによって、生徒は他の実習室から自由にアプリケーションを利用できるようになり、校内のPCリソースを効率的に活用できる環境を実現しました。府中工業高校では、生徒への教育機会を最大限増やすべく「学校間クラウド」の実現に向け、他校とのITリソースの共有化を呼びかけています。

鈴与システムテクノロジー株式会社 (Suzuyo System Technology)

 

運用負荷軽減、セキュリティ強化ほか、グループ全体を支えるITインフラの強化に向けて、VMware Horizon Viewを選択。 BCPを意識した新たなワークスタイル創出にも貢献。

「クライアントの運用負荷軽減、セキュリティ強化、そしてBCPを含めたワークスタイルの変革という意味で、VMware Horizon Viewは大きな導入効果を上げました。今後のグループ内展開においても同様の導入効果を期待しています」

鈴与システムテクノロジー株式会社 取締役 アウトソーシング事業部長 千頭和 清治 氏
Results 61-79 of 79   |   Previous 1 2 3 4
Sorted by Date or Alphabetically

  • United States