本メールは、VMware Webサイトからの製品・資料ダウンロードやイベントにご参加いただいた方にお送りしています。
配信停止は末尾をご覧ください。
閲覧に問題がある場合は、 オンライン版をご覧ください In case of garbled, please see Here.

VMWare Cloud Provider Program Newsletter
HOT TOPIC
変⾰の推進:アプリとクラウドの変⾰を促進

アプリとクラウドの変⾰をテーマとした画期的なイベントにぜひご参加ください。これまで 20 年間にわたって世界中の基幹アプリケーションを⽀えてきた VMware の経営陣が、市場の未来を切り開く VMware の現在の取り組みについてお話しさせていただきます。VMware のクラウドをご利⽤いただければ、レジリエンス、セキュリティ、ガバナンスが保証された柔軟な最新のインフラストラクチャを使⽤して、ごく短期間でアプリを提供できるようになります。

あらゆるクラウドの持てる⼒をどのように活かし、モダン アプリの価値をどのように⾼めるか、持ち帰ってお客様にご提案いただける内容が盛りだくさんです。どうぞお⾒逃しなく。今すぐご登録を。4 ⽉ 1 ⽇にお待ちしております。

第37回 日本語プロダクトウェビナーのご案内:vSphere with Tanzu Deep Dive

開催日時: 2021年3月25日(木)14:00~(40分程度を予定)
スピーカー:
ヴイエムウェア株式会社 クラウドサービス技術統括部
クラウドソリューションアーキテクト グエン クオン

アジェンダ:
1. アーキテクチャー概要
2. ネットワークモデルの詳細 & デモ
3. Q&A

参加URL ※事前登録制
https://VMware.zoom.us/webinar/register/WN_jQDUUToKQEKfQtf_xQYgnw

【概要】
前回のVMware Tanzu ポートフォーリオ紹介のWebinarに続き、今月はVCPPパートナー様が手間をかけずすぐサービスラインアップに取り込むことができるvSphere with Tanzuについてアーキテクチャー概要からネットワークの詳細をデモを交えながらご紹介いたします。

【アーカイブのご案内】第36回プロダクトウェビナー

Partner Connectにて、ウェビナーの録音と当日の講演資料をまとめてダウンロードできます。

VMware アプリケーションモダン化の世界観 ~VMware Tanzuポートフォーリオ~https://vmstarcommunity.force.com/partnerconnect/s/contentdocument/0692H000005LFoG

こちらの「VCPP Monthly Webinarバックナンバー」から過去すべてのアーカイブをダウンロードいただけます。

2021年03月号
Partner Central ご利用はこちら

弊社のパートナー様向けコンテンツはSalesforce.comベースの専用ポータル Partner Central にてご提供しております。ログイン画面が表示された場合は Partner Central のIDとパスワードをご利用ください。

VMware Cloud ご利用はこちら
クラウドパートナー様向けアセットページ ご利用はこちら

VMware Partner Connect最新情報

Partner Connect 情報まとめ/パートナー資料館 >

Partner Connect 説明会(2019年10月18日開催)の動画とQ&A >

Partner Connect 説明会資料 >

Partner Connect ハイライト(2019年第3四半期版)日本語版 >

Partner Connect_Transition Dashboard 確認方法 >

Partner Connect FAQ_日本語版(2019年8月版) >

VMware トレーニング

各種トレーニングスケジュールは
こちら

トレーニングに関するお問い合わせ

コース予定や内容、オンサイトトレーニングに関するお問合せは 教育部宛にお問合せください。

VMware FY22 カレンダー

・Q1 2021/01/30-2021/4/30/

・ Q2 2021/05/01-2021/07/30

・ Q3 2021/07/31-2021/10/29

・ Q4 2021/10/30-2021/01/28

VCPP関連最新コンテンツ

ビデオ: Feature Friday Episode 35 - PrimaryIO migration to VCD and CDs

ブログ: Feature Friday Episode 35 - PrimaryIO migration to VCD and CDs

ビデオ: Feature Friday Episode 36 - Backup and Restore services with Veeam in VMware

ブログ: Feature Friday Episode 36 - Backup and Restore services with Veeam in VMware Cloud Director

ブログ: Deploy Cloud Director orgVDC Edge API Way

資料: HOL-2160-01-ISM – VMware Cloud Director on Dell Technologies Cloud Platform

ブログ: VMware Cloud on Dell EMC now available for Managed Service Providers

ビデオ: VMware Cloud on Dell EMC via Cloud Partner Navigator

ブログ: Join us in the VMware vExpert Cloud Provider Community!

ブログ: Workload Migration for Cloud Providers - Part 1

記事: Check for metering changes before upgrading to a newer version of vCloud Usage Meter

過去のコンテンツはこちらの「最新コンテンツ(英語)」からご覧いただけます。

セールス

お客様の価値を⾼めるパートナー インセンティブ

VMware は先⽉、既存のインセンティブの刷新を発表し、Sell Through、Orchestrate With、Build With という固有のパートナー モデルすべてにわたってエンゲージメントを構築できるようにいたしました。モデルは今後増える予定です。VMware では、皆様がお客様中⼼のカスタマー エクスペリエンスを創出し、ソリューションから価値ある成果を上げることがいっそう容易になるよう、引き続き全⼒で取り組んでまいります。今後の発表にご注⽬ください。近々、詳細を発表いたします。アップデートされたプログラム ガイド、利⽤条件、FAQ については、インセンティブに関するページをご覧ください。

更新:Workspace ONE SnS の最新情報

2022 年度(2021 年 1 月 30 日より開始)から、すべてのWorkspace ONE SnS は VMware の標準取引更新活動に統合されます。今四半期(1 ⽉ 30 ⽇開始)より有効となり、無期限の⾒積もりはすべて標準更新テンプレートで提供されるものとなります。詳細については、Renewal Central でご確認ください。

VMware SD-WAN 無償提供(NFR)プログラム

この NFR 資格についての詳細はこちらをご覧ください。この資格は、対象のパートナー様が実演やトレーニングの⽬的に限って VMware SD-WAN NFR 製品およびサービスを購⼊できるようにするものです。

Partner Connect プログラムの To Do リスト

  1. 3 ⽉ 19 ⽇の vmLIVE にご登録いただき、Partner Connect プログラムの年度末監査の結果の内容、Partner University でまだ⽤意されていない学習コースの分野に関する段階的な計画、レベル別のクレジット計算とスケジュールなどについて、詳細をご確認ください。

  2. 3 ⽉ 22 ⽇の vmLIVE にご登録いただき、コマーシャル市場での案件獲得に向けた新しいコマーシャル パートナー販売戦略のリソースについて、詳細をご確認ください。

  3. Partner Connect プログラムの更新期限が近づいている場合は、このプログラムのもとで取引と昇格の機会を維持するためにも、Renewal Dashboard から今すぐ更新を⾏ってください。

  4. 最近よくあるお問い合わせで、更新に関するヒント、主なプログラム ツール、よくいただくご質問への回答を参照いただけます。

  5. Partner Connect プログラム ガイドで新しいインセンティブについてご確認ください。お客様のライフサイクル全体にわたって価値を提供し、SaaS ベースの戦略的エンゲージメントを推進するようなお客様中⼼の成果にフォーカスすることで、セールス チャンスの増加が⾒込めます。パートナー様独⾃のスキルを活かしてお客様の価値を⾼め、利益拡⼤につなげてください。

VMware Cloud on AWS でコミットメント ベース契約が必要

VMware Cloud on AWS の 25 万ドル以上の全案件について、コミットメント ベース契約(CBC)の添付が必要となりました。VMware Cloud Partner アクティベーション インセンティブは、全 CBC モデル(前払い、購⼊時⽀払い、⽉払い)に対応しています。詳細については、こちらのアセットをご確認ください

IHS Markit が VMware のハイブリッドクラウド ソリューションによりインサイトを提供する時間を短縮

2016 年に Markit と IHS が合併して新たに設⽴された同社は、IT 運⽤の合理化という当初からの取り組みにおいて VMware のデータセンターのモダナイゼーション ソリューションを採⽤し、統合されたオンプレミスのプライベートクラウドを構築しました。VMware のソリューションがどのような成果を上げたかについて、こちらをご覧ください。

ソリューション
お客様のオンプレミス データベース管理を簡素化

Amazon Relational Database Service(RDS)on VMware では、Amazon RDS テクノロジーを使⽤して、マネージド データベースをオンプレミスのVMware vSphere環境に導⼊できます(すでに⼗万単位のAWS ユーザーによる実績があります)。
この新しい AWS に関するホワイトペーパーをダウンロードして、以下の点を検討の際にお役⽴てください。

  • Amazon RDS on VMware をご検討いただくにふさわしいお客様とは
  • Amazon RDS on VMware の仕組み
  • Amazon RDS on VMware の導⼊によるメリット

vRealize 8.3 リリースを発表

8.3 リリースでは、VMware vRealize Cloud Management ポートフォリオのオンプレミス/SaaS ソリューション全体に新たなイノベーションを導⼊しており、ハイブリッドクラウド/マルチクラウド環境の最適化、保護、モダン化をいっそう向上させることができます。8.2 リリースを基盤にして、IT のモダン化、クラウドの進化の促進、開発者の⽣産性の確保といった、お客様がもっとも重視するユースケースに役⽴つ機能を刷新いたしました。詳細については、こちらを参照してください。

vSAN 7 Update 2 の GA を発表

vSAN 7 Update 2 では、コンピュートとストレージをソフトウェアベースで完全に分離できる⾰新的な機能、HCI Mesh を再導⼊いたしました。これにより、vSAN クラスタから提供されるストレージリソースをコンピュート クラスタで利⽤できます。HCI Mesh は HCI の導⼊を促し、HCI の簡素な運⽤管理を⾮ HCI クラスタにも拡げます。最新情報をこちらでご確認ください

VMware Tanzu を使⽤したハイブリッドクラウドとマルチクラウド

多くの企業がアプリケーションのモダナイゼーション戦略の⼀環として、ハイブリッド/マルチクラウド アーキテクチャの評価を進めています。VMware はそうした活動を、パブリッククラウド プロバイダーとの強固な関係を通じてかねてから⽀援してきました。VMware Tanzu エディションには、データセンターを変⾰するにあたって避けては通れないセキュリティ、コンプライアンス、ガバナンスの変更を管理できる機能がいくつか⽤意されています。VMware Tanzu を現在のクラウドの運⽤に統合する⽅法の詳細については、こちらをご覧ください。

VMware SD-WAN リリース 3.4.5 および 4.2 の提供を開始

  • これは 3.4.x のパッチ リリースであり、重要な修正が多数含まれています。リリース 3.4.0 の新機能や機能強化を必要とするすべてのお客様、およびリリース 3.4.4 以降に修正された問題に影響を受けているすべてのお客様に推奨します。リリース ノートをご覧ください

  • リリース 4.2.0 は 4.x の最新の機能リリースであり、新機能、機能強化、重要な修正が多数含まれています。リリース 4.2.0 の新機能や機能強化を必要とするすべてのお客様、およびリリース 4.1 以降に修正された問題に影響を受けているすべてのお客様に推奨します。リリース ノートをご覧ください

イネーブルメント
日本語コース新登場!VMware vSphere: Install, Configure, Manage [V7] オンデマンド トレーニング

以下、3つの日本語でご受講可能なvSphere系オンデマンドコースがリリースとなりました。
オンでマンンドコースとは、30日間(一部コースは10日間)、ご自身のペースで学習を進めていただく自己学習型トレーニングです。 連続した講師リード型トレーニングへのご参加が難しいエンジニアに最適なソリューションです。

VMware vSphere: Install, Configure, Manage [V7] - On Demand Japanese
https://mylearn.vmware.com/mgrReg/courses.cfm?ui=www_edu&a=det&id_course=430134
ご受講費用:$4,250 (43 Credit)
ご受講期間:30日間でコンテンツ視聴 / Lab学習 / Assessmentテスト合格 (5回以内) / アンケート を完了いただきます

VMware vSphere: Optimize and Scale [V7] - On Demand Japanese
https://mylearn.vmware.com/mgrReg/courses.cfm?ui=www_edu&a=det&id_course=430140
ご受講費用:$4,625 (46 Credit)
ご受講期間:30日間でコンテンツ視聴 / Lab学習 / Assessmentテスト合格 (5回以内) / アンケート を完了いただきます

VMware vSphere with Tanzu: Deploy and Manage [V7] - On Demand Japanese
https://mylearn.vmware.com/mgrReg/courses.cfm?ui=www_edu&a=det&id_course=430137
ご受講費用:$1,850 (19 Credit)
ご受講期間:10日間でコンテンツ視聴 / Lab学習 / Assessmentテスト合格 (5回以内) / アンケート を完了いただきます
(*) VMwareパートナー企業所属の方はご契約に応じた割引が適用されます

全オンデマンドコースはこちら
https://www.vmware.com/jp/jpedu_ondemand.html
お問合せ・お申し込み:japan-education@vmware.com

VMware SD-WAN および VMware Edge Network Intelligence の認定に関する最新情報

VOP-SE 認定は、2022 年度(2022 年 2 ⽉ 4 ⽇まで)には、VMware SD-WAN または VMware Edge Network Intelligence の販売要件とはなりません。オプションの認定である VOP-SD については、この FAQ ドキュメントをご覧ください。このオプションの⾃習トレーニング(3 ⽉ 1 ⽇開始)を受けると、サブスクリプションベースの VMware SD-WAN 製品の⾒積もりから⼊⾦までのプロセスやハードウェア移送についての理解を深めることができます。

NSX Service-Defined Firewall の新しい認定とトレーニング

VSP セールスと VTSP プリセールス テクニカルの新しい認定が登場しました。この認定は NSX Service-Defined Firewall with Advanced Threat Protection が対象です。

Dell Technologies Cloud Platform 上の VMware Cloud Director を対象とする新しいハンズオン ラボ

HOL-2160-01-ISM:Dell Technologies Cloud Platform(DTCP)上の VMware Cloud Director」が公開されました。このラボでは、Dell Technologies Cloud Platform 上で VCD を実⾏するための、新たに認定された対応アーキテクチャを紹介しています。この優れたアーキテクチャにより、Dell Financial Services の柔軟な各種利⽤モデルにソフトウェア向けの VMware Cloud Provider 利⽤モデルを組み合わせたプライベートクラウド体験およびパブリッククラウド体験をお客様に提供することができます。「DTCP」または「HOL-2160」でカタログを検索して、今すぐこの「ハンズオン」ラボをご利⽤ください。

Carbon Black ソリューションの最新情報と新リソース

  • 予算に制約のある市場向けに、エントリ レベルの防御機能を備えた VMware Carbon BlackCloud Prevention を提供します。製品データシートと FAQ をご確認ください。
  • Carbon Black Container Security の提供が開始されました。この新しいコンテナ セキュリティ製品により、保護対象のワークロードが Kubernetes 環境にまで拡張されます。その詳細を 3⽉ 1 ⽇の vmLIVE でご紹介しましたが、お⾒逃しの場合は、録画をご覧ください

VMware Cloud on AWS 向けのクラウド ディザスタ リカバリ(DR)

このポッドキャストでは、主なユースケースと DR ソリューションの構築過程でお客様が直⾯する課題、および VMware Cloud Disaster Recovery(VCDR)によってそのような課題をどのように解決できるかを取り上げています。

NEW! VSP:NSX Advanced Load Balancer(旧 Avi Networks 製品)コース

VSP:NSX Advanced Load Balancer(旧 Avi Networks 製品)」コースに今すぐご登録ください。Avi ソリューションとポートフォリオの概要、ユースケース、価格設定とパッケージ、ターゲットとなる市場やお客様、競合他社との差別化要因について取り上げ、対話式のセールス シナリオが含まれています。

Azure VMware Solution Partner Boot Camp

Azure VMware Solution Partner Boot Camp が 2021 年 3 ⽉ 23 〜 25 ⽇に開催されます。皆様のご参加をお待ちしております。3 ⽇間にわたるこのオンライン パートナー イベントでは、新しい AzureVMware Solution に関するトレーニングをご⽤意しており、Microsoft Azure 上で VMware を実⾏するためのプライベートクラウド環境を準備、導⼊、管理する⽅法について学習していただけます。Microsoft と VMware のエキスパートによるプレゼンテーション、デモ、ワークショップが⾏われる予定です。今すぐご登録ください

このメールに対するご意見ご質問等は パートナープログラム事務局までお願いいたします。
ヴイエムウェア株式会社 - パートナープログラム事務局 - Japan-Partners@vmware.com

Copyright © 2021 VMware, Inc. All rights reserved.
714670_INV_Jan
VMware, Inc. 3401 Hillview Ave. Palo Alto CA 94304 USA Tel 1-877-486-9273

Copyright © {{my.Emailyearfooter}} VMware は、米国およびその他の地域における VMware, Inc. またはその子会社の登録商標または商標です。このメールに含まれる内容およびリンク情報は、指名された受取人のみを対象としており、別途指定のない限り第三者と共有してはなりません。

このメールは、過去に VMware のイベントへの参加、製品の購入や使用、ホワイト ペーパーのダウンロード、ニュースレターの配信登録など、お客様と VMware の以前のやり取りに基づいてお送りしています。VMware からの情報配信を希望されない場合は、VMware サブスクリプションページ からいつでも配信を停止できます。

または、お客様情報の更新、Eメール配信リクエストの管理などは Customer Connect にアクセスしてください。VMware におけるお客様の個人データの取り扱いについて、詳しくは VMware グローバル プライバシー ポリシー をご覧ください。

このメールは送信専用アドレスから配信されています。このメールに直接返信されてもご回答いたしかねますのでご了承ください。ご質問がある場合は こちら よりお問い合わせください。