本メールは、VMware Webサイトからの製品・資料ダウンロードやイベントにご参加いただいた方にお送りしています。
配信停止は末尾をご覧ください。
閲覧に問題がある場合は、 オンライン版をご覧ください In case of garbled, please see Here.

VMWare Cloud Provider Program Newsletter
HOT TOPIC
「Cloud ナレッジ」 マルチクラウド時代の最新情報をお届けするポータルサイト

●クラウド管理とは?マルチクラウドの課題から解決方法まで基礎から解説
https://jp.cloudknowledge.vmware.com/column/cloud-management/

その他の情報はこちら→ https://jp.cloudknowledge.vmware.com/

第50回 日本語プロダクトウェビナーのご案内:Tanzu Mission Controlでマルチクラウドに跨るK8s クラスターへガバナンスを!

開催日時:4月28日(木)14:00~15:00

【参加URL】※事前登録制です
https://japanevents.vmware.com/seminar/detail/1174

【概要】
昨年より徐々にコンテナ・Kubernetesの本番環境利用が増え続けており、すでに本格的な普及期に突入しています。
増加の一途を辿るKubernetesクラスターの管理はどのように実施していますか?
マルチクラウド利用が当たり前の昨今、これらKubernetesの管理も煩雑になってきていませんか?
従来の運用、つまり俗人的かつ組織毎の運用になっていませんか?
また、まだコンテナ・Kubernetesを利用していない企業も予め最適な管理手法を用いて導入してく必要があるのではないでしょうか。
本セッションでは これら課題に対し、Tanzu Mission Control を用いた合理的な管理手法とその魅力をご紹介いたします。

【スピーカー】
ヴイエムウェア株式会社 クラウドサービス技術統括部
シニア クラウドソリューションアーキテクト 重野 幸一

【アーカイブのご案内】 第49回プロダクトウェビナー

Partner Connectにて、ウェビナーの録音と当日の講演資料をまとめてダウンロードできます。

第49回VMware Cloud Provider Monthly Webinar : NSX-T Data Center セキュリティによるゼロトラストセキュリティの実現
https://vmstarcommunity.force.com/partnerconnect/s/contentdocument/0692H000007mOGo

こちらの「VMware Cloud Provider Monthly Webinarバックナンバー」から過去すべてのアーカイブをダウンロードいただけます。

[最新版]VMware Cloud Provider Program プロダクト利用ガイド

プロダクト利用ガイドの最新版をアップしました。

▼ダウンロードはこちらから▼
https://vmstarcommunity.force.com/partnerconnect/s/contentdocument/0692H000007mSPp

重要:2023 年度第 1 四半期の終了日に関するお知らせ

ご注文の締め切り日時は、4 月 29 日午後 6 時(南北アメリカのご注文については太平洋標準時、それ以外の地域のご注文についてはアイルランド、コークの現地時間)です。4 月 15 日午後 5 時(太平洋標準時)までに提出された Advantage+ の登録申請とそれに関連する案件は、4 月 29 日までに手続きが完了するよう優先的に処理されます。案件の処理の進捗は、さまざまな要素に左右されます。

補足説明:価格設定の全般的な見直しの実施

[2 月および 3 月の] ニュースレターでご説明しましたように、3 月 1 日付で、VMware vRealize Operations(および関連バンドル)や Tanzu プロフェッショナルサービスなどの一部の製品とサービスについて価格の引き上げを実施いたしました。外国為替レートの調整に起因する特定の Tanzu SaaS 製品および VMware Cloud on AWS 製品(I3 または R5 製品を除く)の価格変更の詳細を明確にするため、FAQ が先般アップデートされました。詳細については、FAQ ドキュメントと各地域の最新の価格表をご確認ください。

2022年4月号
Partner Central ご利用はこちら

弊社のパートナー様向けコンテンツはSalesforce.comベースの専用ポータル Partner Central にてご提供しております。ログイン画面が表示された場合は Partner Central のIDとパスワードをご利用ください。

VMware Cloud ご利用はこちら
クラウドパートナー様向けアセットページ ご利用はこちら

VMware Partner Connect最新情報

Partner Connect 情報まとめ/パートナー資料館 >

Partner Connect 説明会(2019年10月18日開催)の動画とQ&A >

Partner Connect 説明会資料 >

Partner Connect ハイライト(2019年第3四半期版)日本語版 >

Partner Connect_Transition Dashboard 確認方法 >

Partner Connect FAQ_日本語版(2019年8月版) >

VMware トレーニング

各種トレーニングスケジュールは
こちら

トレーニングに関するお問い合わせ

コース予定や内容、オンサイトトレーニングに関するお問合せは 教育部宛にお問合せください。

VMware FY23 カレンダー

・Q1 2022/01/29-2022/4/29

・ Q2 2022/04/30-2022/07/29

・ Q3 2022/07/30-2022/10/28

・ Q4 2022/10/29-2023/01/27

セールス

新着情報:VMware インセンティブプログラムを最適化するカスタマーライフサイクルインセンティブについてのビデオ

新しい VMware カスタマーライフサイクルインセンティブについてのビデオをご覧ください。このビデオでは、マルチクラウドへの移行過程のあらゆる段階でお客様が求める成果に応えるためのサービスやソリューションに対して、VMware がどのようにインセンティブを提供しているのかについて説明しています。これらのプログラムの詳細については、カスタマーライフサイクルインセンティブのページをご覧ください。

vmLIVE 再生 | ISV Propel による2023 年度のTanzu セールスの導入と拡張

VMware 初の共同販売プログラムである ISV Propel では、データ中心のインテリジェントなエコシステムソフトウェアでTanzu の販売を伸ばすことができます。モダンアプリケーションのトレンドを活用し、お客様のビジネスニーズに応える魅力的な共同ソリューションを提供します。こちらを視聴してご確認ください。

アジアパシフィックおよび日本地域におけるvRealize Cloud Management SaaS の拡張

VMware は、インドにおけるvRealize Cloud Management Services の提供を発表しました。この拡張により、VMware のクラウド管理サービスは、世界中の10 の地域(米国⻄部、米国東部、ブラジル、カナダ、英国、ドイツ、オーストラリア、シンガポール、日本、そして今回加わったインド)で利用できるようになりました。お客様は、最小限の遅延で現地でのデータホスティングを利用できるようになり、パフォーマンスの基準とデータレジデンシーに関する法律に準拠することができます。VMware のクラウド管理の、グローバルサービスの可用性に関する詳細をご確認ください。

AWS Marketplace に含まれるCloud Universal の利用

AWS Marketplace Private Offers またはConsulting Partner Private Offers(CPPO)を介して、SPP クレジットでの購入が可能になりました。クレジットは、VMware Cloud on AWS またはVMware Cloud Universal の購入と引き換えることができます。取引はVMC on AWS 以外でも可能になり、差し迫ったEDP コミットメントに反映できるようになりました。 詳細については、こちらをご覧ください。

AUCloud が VMware Sovereign Cloud で100% の保持率を維持

VMware パートナーシップにより、AUCloud のお客様は、拡張性、自動化、柔軟性を備え、グローバルクラウドサービス関連コストの削減を実現する主権的なデータ保護からメリットを得ることができます。お客様事例をご覧ください。

NxtGen がソブリンクラウドの設定においてソフトウェアベースのアプローチを導入

NxtGen は、VMware パートナーシップとソブリンクラウドを活用して、17% の成⻑を達成しています。NxtGen では、容易なクラウド管理、可搬性、セクター固有のコンプライアンスを実現するソブリンクラウドの提供が可能です。詳細については、こちらをご覧ください。

Lenovo と VMware がデジタルサービスへのアクセスによってニウエ島を変革

ニウエ島では、ハードウェアのサポート終了(EOL)に伴い、IT変革において次のステップに踏み出す必要がありました。行政機関は、困難な環境で確実に機能する十分に堅牢な新しいインフラストラクチャにアップグレードする戦略に着手しています。Lenovo とVMware の ThinkAgile VX HCI アプライアンスは、コンピュートとストレージ両方のリソースに適しており、管理と拡張も容易に行えます。 詳細については、こちらをご覧ください。

パートナーサービスアクセラレーション:MSC パートナーのセールスチャンスを拡大

パートナーサービスアクセラレーションイニシアティブでは、対象となるお客様のライフサイクルにパートナー主導のサービスが投入されます。資格のあるパートナー様は、特定のユースケースについてサービス契約をリードし、お客様がVMware NSX、VMware Cloud Foundation、またはVMware vRealize Automation から最大限の価値を得られるように支援します。このイニシアティブは、導入の拡張を目的に策定されており、お客様、パートナー様、VMware の三者に成功をもたらします。このイニシアティブの最初の重点的取り組みは、第 2 四半期に開始される予定です。詳細については、こちらをご覧ください。

ソブリンクラウドがヨーロッパの企業に最善の成果をもたらす理由

VMware Sovereign Cloud のプロバイダーは、ヨーロッパにおけるデジタル主権の拡大を率先してリードしています。 IDC のこちらのホワイトペーパーを読むと、「信頼できる」クラウドが「ソブリン」クラウドとイコールではない理由を知ることができます。また、ヨーロッパの組織の20% がデジタル主権のことを、グローバルなクラウドプロバイダーではなく国内のクラウドプロバイダーを使用するほうがメリットがあると考えさせる要因として現状捉えている理由を理解できます。

イネーブルメント
注目の有償トレーニング

以下、人気のトレーニングコース開催が確定いたしました。
両コースとも早期の満席が予測されますため、ご検討いただける方はお早めにお申込みください。仮予約のご相談も承っております。

コース名:VMware Cloud on AWS: Deploy, Configure, Manage 2021
コース日数:4日間
ご受講費用:$3,700 もしくは37クレジット
開催日程:7/19(火) - 7/22(金)
コース名:VMware Workspace ONE: Deploy and Manage [V21.x]
コース日数:5日間
ご受講費用:$4,250 もしくは43クレジット
開催日程:6/27(月) - 7/1(金)
全コーススケジュール : https://www.vmware.com/jp/jpedu_classroom.html
お問合せ/ お申込み:japan-education@vmware.com

新着情報:VMware カスタマーサクセスエキスパートコンピテンシー認定

カスタマーサクセスエキスパート(CSE)認定のお申し込みの受け付けは、4月 29 日より開始いたします。詳細については、FAQ ドキュメントをご確認ください。第 2 四半期のカスタマーサクセスコンピテンシーに備えるため、Partner Universityに登録して、カスタマーサクセスマネージャ(CSM)認定とカスタマーサクセスアーキテクト(CSA)認定の取得に向けた準備を始めていただくよう、皆様のパートナーにすすめてください。

新着情報:Tanzu for Kubernetes Operations(TKO)Partner Connect ページ

こちらから新しいTanzu for Kubernetes Operations Partner Connect ページにアクセスして、ツールとリソースをご確認いただけます。

vmLIVE | Tanzu for Kubernetes Operations(TKO)を新たに発表

4 月 5 日午前8 時(太平洋標準時)に開催される vmLIVE にご登録ください。プリセールスの担当者とコンサルタントを対象としたコンテンツで、Tanzu の新しい主力製品である TKO の位置付けをいかに行うかを習得できます。

VSP:NSX Advanced Load Balancer(Avi)2022

この認定は、VMware NSX Advanced Load Balancer(Avi)の現在の市場に関する知識を提供し、効果的に販売を行うために必要となる重要な情報を特定することを目的としています。詳細については、こちらをご覧ください。

VMware パートナーシップの展望ポッドキャスト

VMware のグローバルパートナーおよびアライアンスマーケティング担当副社⻑、キャスリーン・タンディ(Kathleen Tandy)がホストを務めるポッドキャストの最近のエピソードをお聞き逃しのないよう、今すぐご登録ください。

今すぐPartner Demand Center Scavenger Hunt にご参加ください

今四半期のPDC Scavenger Hunt に関しては、2022 年 4 月 29 日の終了日までにScavenger Hunt を完了されたパートナー様のうち、先着150 社様に限定賞品を差し上げます。今回はバックパック(Osprey 製およびCamelbak製)とタンブラーをご用意しています。ぜひ参加して、賞品を獲得してください。参加方法(適用される条件と規約)については、チェックリストをご確認ください。

  • 1等賞:Osprey 製バックパック(15 社)
  • 2等賞:Camelbak 製バックパック(12 社)
  • 3等賞:タンブラー(123 社)
  • 特別賞(抽選):Apple AirPods Pro またはBeats Fit Pro ヘッドフォンのいずれかを選択(1 社)

Partner Demand Center の最新情報

マルチクラウド、Anywhere Workspace、モダンアプリケーション、ネットワークの各種キャンペーンに最近追加された、新しいキャンペーンと各言語版のキャンペーンすべての概要については、こちらの投稿をご覧ください。

分散化したエッジにおいて働く場所を選べる働き方を実現するためのSASE:このネットワークキャンペーンにより、VMware のパートナー様は、働く場所を選べる労働環境における VMware SASE に対する需要を推進することができます。Secure Access Service Edge(SASE)は、クラウドネットワークサービスとクラウドセキュリティサービスを結合することで、アプリケーションへのアクセスを最適化し、エンタープライズエッジの変革を加速します。

VMware Tanzu でモダンクラウドネイティブアプリケーションを構築:この新しいモダンアプリケーションキャンペーンは、インフラストラクチャチームやクラウドプラットフォームチーム内で、VMware Tanzu ポートフォリオに対する需要を創出するのに役立ちます。購入に至るまでの各段階に適したアセットが複数提供されており、これが仮想インフラストラクチャ管理者より上の購買委員会に影響を与えるとともに、DevOps チームの興味を引いてそのサポートの確保につなげます。

マルチクラウドキャンペーンおよびマルチクラウドキャンペーンによってパイプラインを構築する方法の詳細については、こちらをご確認ください。

ニュース
VMware のパートナー様の大きな成功と革新

VMware のパートナー様には、ビジネスの変革の推進や、革新をはじめとする価値ある成果の実現など、VMware のお客様に実現できることを知っていただくうえで、重要な役割を果たしていただいています。毎年のこうした成果を讃えるため、VMware の製品とソリューションを使用して大きな成果をあげたパートナー様を選出し、VMware Partner Achievement Awards で表彰しています。

2022 年 VMware Partner Achievement Award の受賞企業

  • VMware Partner of the Year Award:Softchoice
  • VMware Worldwide Partner Lifecyle Services Award:Xtravirt
  • VMware Worldwide Partner Cloud Innovation & Transformation Award:Google Cloud
すべての受賞企業をご覧いただくにはこちらをクリックしてください。

VMware Tanzu:パートナー様が知っておくべき5 つの新しいインセンティブ

パートナー様の収益を高める新しいインセンティブによってモダンアプリケーション市場を勝ち取っているTanzu に関する業界の評判をこちらからご確認ください。

Google Cloud と VMware がグローバルパートナーシップを拡大

Google Cloud と VMwareは、お客様によるアプリケーションのモダナイゼーションとクラウド変革の促進を支援するため、パートナーシップを拡大することを発表しました。お客様は今後、Google Cloud VMware Engine のサービスの購入と利用にVMware Cloud Universal プログラムを使用できるようになります。今回のパートナーシップ拡大を通じて、企業のお客様にはより大きな財務上の柔軟性と選択の自由がもたらされます。また、お客様はクラウドへの移行を加速し、エンタープライズアプリケーションをより迅速にモダナイズできるようになります。詳細はこちらをご覧ください。

VMware, Inc. 3401 Hillview Ave. Palo Alto CA 94304 USA Tel 1-877-486-9273

Copyright © {{my.Emailyearfooter}} VMware は、米国およびその他の地域における VMware, Inc. またはその子会社の登録商標または商標です。このメールに含まれる内容およびリンク情報は、指名された受取人のみを対象としており、別途指定のない限り第三者と共有してはなりません。

このメールは、過去に VMware のイベントへの参加、製品の購入や使用、ホワイト ペーパーのダウンロード、ニュースレターの配信登録など、お客様と VMware の以前のやり取りに基づいてお送りしています。VMware からの情報配信を希望されない場合は、VMware サブスクリプションページ からいつでも配信を停止できます。

または、お客様情報の更新、Eメール配信リクエストの管理などは Customer Connect にアクセスしてください。VMware におけるお客様の個人データの取り扱いについて、詳しくは VMware グローバル プライバシー ポリシー をご覧ください。

このメールは送信専用アドレスから配信されています。このメールに直接返信されてもご回答いたしかねますのでご了承ください。ご質問がある場合は こちら よりお問い合わせください。
1264316_NL_Apr