本メールは、VMware Webサイトからの製品・資料ダウンロードやイベントにご参加いただいた方にお送りしています。
配信停止は末尾をご覧ください。
閲覧に問題がある場合は オンライン版をご覧ください In case of garbled, please see Here.

VMWare Cloud Provider Program Newsletter

HOT TOPIC

 
「Cloud ナレッジ」 マルチクラウド時代の最新情報をお届けするポータルサイト

●キッティングから故障対応まで、リモートワーク時代のPC運用をお助け
https://jp.cloudknowledge.vmware.com/solution/wizaas_help_with_pc_operation/

●アプライアンス型とパブリッククラウド型の“いいとこどり”を実現したロードバランサー
https://jp.cloudknowledge.vmware.com/solution/networld_software_load_balancer/

●最適なITインフラへの迅速な移行によりクラウド活用の価値を最大化
https://jp.cloudknowledge.vmware.com/resource/resource-2543/?post_id=2543

その他の情報はこちら→ https://jp.cloudknowledge.vmware.com/

 
第52回 VMware Cloud Director Availability のご紹介

開催日時:7月28日(木)14:00~15:00

【参加URL】※事前登録制です
https://japanevents.vmware.com/seminar/detail/1259

【概要】
VCPPパートナーで「移行」と「DR」サービスを検討いただく際に、最適なVMware Cloud Director Availability を紹介します。
「移行」についてはCore Bundleに包含し、追加料金不要で利用いただける為、ご負担がなく移行サービスを開始できます
お客様は「セルフサービス」で各サービスを利用することで、容易に導入いただくことが可能です。
この機会に理解を深めていただき、皆様の新しいサービス検討にご活用ください。

【スピーカー】
ヴイエムウェア株式会社 クラウドサービス技術統括部
シニアクラウドソリューションアーキテクト 長谷川 和宏

 
【VCPPウェビナー】アーカイブのご案内

Partner Connectにて、ウェビナーの録音と当日の講演資料をまとめてダウンロードできます。
こちらの「VMware Cloud Provider Monthly Webinarバックナンバー」から過去すべてのアーカイブをダウンロードいただけます。

 
2022年第二四半期のVMware Cloud Provider プログラム

プロダクト利用ガイドを下記に掲載しておりますので、ご活用ください。

【ダウンロードはこちら▼】※Partner Connect へのログインが必要です https://vmstarcommunity.force.com/partnerconnect/s/contentdocument/0692H00000CODsj

 
7/27 開催 ウェビナー「Cloud Universe by VMware - マルチクラウドのパワーを手に入れる」

マルチクラウドの経営戦略的活用をテーマに、マルチクラウドという広大な世界へのジャーニーを成功させるヒントをお届けします。

ご登録はこちら:https://japan.zdnet.com/info/event/vmware/202207/index_vmware.htm
開催日時:2022年7月27日 (水) 10:30-16:30
開催場所:オンライン
主 催:朝日インタラクティブ株式会社・ヴイエムウェア株式会社
参加費:無料(事前登録制)

 
VMware Explore

マルチクラウドの世界の中心で、トップクラスのクラウドパートナーと同業者から成る広範なエコシステムを探検してみませんか?VMware Explore では、パートナー様専用のセッション(セッションタイプ =パートナーセッション)に参加することもできます。このセッションでは、Partner Connect プログラムの大きな変更についてもご紹介します。
久しぶりの対面で再会を喜びあったり、新しい交流の輪を広げたりすることができるこの機会にぜひご参加ください。

Partner Central
ご利用はこちら ▷

弊社のパートナー様向けコンテンツはSalesforce.comベースの専用ポータル Partner Central にてご提供しております。ログイン画面が表示された場合は Partner Central のIDとパスワードをご利用ください。

VMware Cloud
ご利用はこちら ▷

クラウドパートナー様向け
アセットページ
ご利用はこちら ▷

VMware Partner Connect 最新情報

Partner Connect 情報まとめ/パートナー資料館 >

Partner Connect ハイライト(2019年第3四半期版)日本語版 >

Partner Connect_Transition Dashboard 確認方法 >

Partner Connect FAQ_日本語版(2019年8月版) >

VMware トレーニング

各種トレーニングスケジュールは
こちら

トレーニングに関するお問い合わせ

コース予定や内容、オンサイトトレーニングに関するお問合せは 教育部宛にお問合せください。

VMware FY23 カレンダー

・Q1 2022/01/29-2022/4/29

・ Q2 2022/04/30-2022/07/29

・ Q3 2022/07/30-2022/10/28

・ Q4 2022/10/29-2023/01/27

セールス

 
価格設定の全般的な見直しを 8 月に実施

2022 年 8 月4 日に、以下の価格設定の見直しが行われます。価格の見直しは、VMware の業務の一環であり、インフレや一般的な市場状況だけでなく、VMware のサブスクリプションや SaaS サービスなど、お客様の新たなニーズに投資しながら、お客様に最高の価値を提供するという VMware の計画を考慮に入れて行われるものです。

無期限ライセンスの SDDC ソフトウェア(vSphere、vSAN、NSX、vRealize)と、これらの製品を含む関連バンドル/パッケージの価格が10% 引き上げられます。

  • 以下の場合には、通貨為替レートを反映して、追加の価格変更が行われます
    • 日本円で取引きされる EUC 製品
    • 豪ドル、ユーロ、英ポンド、人⺠元で取引きされる EUC SaaS のレートの調整
  • EUCのお客様には、次の情報も提示される場合があります(詳しくはこのKB記事を参照してください
    • 期間、請求頻度、ホスティング要因により、更新時または新規購入時に追加の価格変更が行われます。
    • 提供終了(EOA)になる EUC 製品には、Workspace ONE Express、Workspace ONE Express Plus、Workspace ONE Telecom アドオン、Horizon IBM Capacity、Horizon Cloud Starter Edition、下位エディションから Workspace ONE Enterprise with Horizon Universal(すでに提供終了)へのサブスクリプションアップグレード製品などがあります。


さらに、2022年10 月の使用状況レポート(2022年11月請求分)から、VMware はクラウドプロバイダーvRAM使用量モデルの24GBの上限を撤廃します。製品ごとの使用量の増加に対して最大10%を実装します。詳細については、次の更新版プロダクト利用ガイドにてご案内します。また8月1日以降に詳細をクラウドパートナーの皆様へお知らせする予定です。

 
重要:2023 年度第 2 四半期の終了⽇に関するお知らせ

ご注⽂の締め切り⽇時は、7⽉29⽇午後6時(南北アメリカのご注⽂については太平洋標準時、それ以外の地域のご注⽂についてはアイルランド、コークの現地時間)です。7⽉15⽇午後5時(太平洋標準時)までに提出された Advantage+ の登録申請とそれに関連する案件は、7⽉29⽇までに⼿続きが完了するよう優先的に処理されます。案件の処理の進捗は、さまざまな要素に左右されます。このページをブックマークし、パートナー様と共有しておくと、これらの期限の最新情報を常に把握できます。

 
2023 年度第 3 四半期の開発資⾦プログラムの拡充

VMware は、パートナー様が直⾯している問題の領域を特定するため、パートナー様の声を聞き、クレーム解析を実施しています。2022年8⽉1⽇より、パートナー様のエクスペリエンスを向上させるため、開発資⾦プログラムの拡充を実施いたします。こちらより8⽉または9⽉のトレーニングにご登録ください。プログラムの改善内容として、⺠間企業向け販売促進⽤商品の資⾦の上限引き上げやアクティビティの簡素化などについて詳しく解説いたします。

 
提供開始:Workspace ONE 社内利⽤ライセンス(IUL)プログラム

初のSaaSベースのIULが利⽤可能になりました。対象のパートナー様は、Partner Connect で新規注⽂、更新、アドオン⽤のWorkspace ONE IULをリクエストできます。詳細については、こちらをご覧ください。

 
vSphere+ およびvSAN+ の提供開始を発表

VMware は VMware vSphere+およびVMware vSAN+の提供開始を発表しました。この製品を活⽤する企業は、ワークロードやホストを停⽌せずに、クラウドのメリットを既存のオンプレミス インフラストラクチャで享受することができます。これらの新しい製品では、⼀元化されたクラウドベースのインフラストラクチャ管理、統合されたKubernetes、新しいハイブリッドクラウドサービスへのアクセス、柔軟なサブスクリプション モデルが提供されるため、お客様がオンプレミス インフラストラクチャを強化するのをサポートできます。詳細については、こちらのブログをお読みいただくか、vSphere ページをご覧ください。

 
VMware Cloud Director 4.4:新しい⾰新的な機能

クラウド プロバイダー パートナー様は、vSphere ベースのクラウド向けの DR および移⾏サービスを拡張できるようになりました(エンドポイントとしての VMware Cloud Director は必要ありません)。これは、オンプレミスの vSphere プラグインと、1つまたは複数のクラウドプロバイダー専⽤ vSphere クラウドを対象として更新されるレプリケーターアプライアンスでサポートされています。こちらのデータシートをダウンロードして、新機能、拡張機能、メリットなどの詳細をご確認ください。

 
VMware Cloud Provider Life Cycle Manager 1.3:機能強化されて提供

こちらのブログ記事を読み、これらの優れた拡張機能(状態の永続性と GUI)に加え、VMware 製品(VCD、Usage Meter、RabbitMQ、vROPS Tenant App など)の展開、アップグレード、構成を簡素化するデータセンター コンポーネントのサポートの強化についてご確認ください。

 
VMware Cloud Universal に特化した Cloud Acceleration Benefit について

VMware の Cloud Acceleration Benefit(CAB)は、お客様に財務的弾⼒性をもたらし、マルチクラウドおよびアプリケーションモダナイゼーションの⽬標を推進できるようにサポートします。CAB は VMware Cloud Universal(VMCU)プログラムでのみ利⽤可能です。詳細については、こちらのCAB プログラム ガイドをダウンロードしてご確認ください。

 
VMware Cloud on AWS を期間限定キャンペーン価格でご提供

新規のお客様を対象とした VMware Cloud on AWS の新価格キャンペーンを実施いたします。i3.metal と i3en.metal のホスト2台および3台を初回限定で低価格(20% の追加割引)にてご利⽤いただけます。さらに、VMware Cloud on AWS の i3.metal を15% オフでご提供するキャンペーンの期間を 2022 年 7 ⽉ 26 ⽇まで延⻑いたしました。詳細については、こちらをご覧ください。

イネーブルメント

 
[VMware Learning] 注目の有償トレーニング情報

MSPサービスとしてもVMwareのセキュリティ戦略の重要な位置付けとなる、Carbon Black Cloud を学ぶトレーニングに新コースが誕生!

コース名:VMware Carbon Black Cloud: Advanced Operations and Troubleshooting
コース日数:2日間
ご受講費用:$1,850 もしくは19クレジット
* VMwareパートナー企業所属の方は、ご契約に応じた割引が適用されます
開催日程:10/13(木) - 10/14(金)
コース概要:VMware Carbon Black Cloudと他のサードパーティコンポーネントの統合、APIとSDKの活用による製品および自社運用の自動化について学習いただくコースです。

全コーススケジュール : https://www.vmware.com/jp/jpedu_classroom.html
お問合せ/ お申込み:japan-education@vmware.com

 
VOP - Subscriptions Expert(SE)2022 & VOP – Subscription Consumption(SC)

新しい VOP-SE 2022 認定は、VMware サブスクリプションサービスを利用するパートナー様向けです。この認定では、Cloud Partner Navigator(CPN)の製品がどのように機能するかについての基礎知識が提供されます。またCPN に移行されていない製品については、VMware の現在のサブスクリプションサービスプラットフォームに関する教育が引き続き行われます。さらにVMware は、超過使用に重点を置いたスタンドアロンのサブスクリプションモジュール VOP-SC をリリースします。このモジュールは、VOP-SE 2022 を取得していないすべてのパートナー様に必須です。

 
新しいPartner University の体験

新しく革新的なデザインでは、アクセシビリティ、学習体験、グローバル検索とページ個別の検索機能、コミュニティのコラボレーション、Web セミナーイベントのサポート、受講者ダッシュボードの改善に加え、EMPOWER の録画、学習プログラム、コース、認定などに重点が置かれています。詳細はこちら をご覧ください。

 
新しいVMware 学習プログラム

セールス、マーケティング、技術の各役割を対象にしたVMware 学習プログラムでは、VMware 製品およびソリューションの知識を深め、VMware 製品を簡単に売り込み、販売するためのリソースを提供します。自分の役割に対応する学習プログラムを提案された順序で開始することも、ご自身のニーズに合わせてコースをカスタマイズすることもできます。詳細については、こちら をご覧ください。

 
刷新されたTanzuパートナーの価値提案とリソースデッキ

こちら よりTanzu パートナーの価値提案とリソースデッキをダウンロードして、新しいサービスのインセンティブの最新情報と新しい Tanzu Application(TAP)リファレンスアーキテクチャをご確認ください。

 
AWS の戦略的再販によって提供されるクラウドプロバイダー向けCloud Director Service

マネージドサービスプロバイダーは、VMware Cloud on AWS とCloud Director の両方のサービスをAmazon Web Services を介して購入できます。Cloud Director サービスにより、パートナー様は、マルチテナントのパブリッククラウドソリューションで現在の VMware Cloud on AWS サービスを拡張できるようになり、本番環境のSDDC 全体でワークロードの密集がない SMB のお客様が参入するうえでの障壁が取り除かれます。詳細については、こちら のブログをお読みください。

 
市場開拓戦略プレイについてのvmLIVE に今すぐご登録ください

vmLIVE 録画 | 市場開拓戦略プレイ:企業のクラウド変革の促進
自律性とセルフサービスを主軸とした新しいクラウドオペレーティングモデルについて学ぶとともに、お客様がクラウドセンターオブエクセレンス(CoE)を構築し、クラウドインフラストラクチャに移行し、クラウド運用の自動化および保護を実現するうえで、どのような支援ができるのかについて学びます。

 
VMware パートナーシップの展望ポッドキャスト

VMware のグローバルパートナーおよびアライアンスマーケティング担当副社長、キャスリーン・タンディ(Kathleen Tandy)がホストを務めるポッドキャストの最近のエピソードをお聞き逃しのないよう、こちら より今すぐご登録ください。

 
Partner Demand Center の最新情報(7月)

VMware のクロスクラウドソリューションを使用することでお客様がクラウドジャーニーを加速させ、クラウドネイティブアプリケーションを構築し、ハイブリッド型のワークスタイルを安全に推進できるように、新たなキャンペーンとその各言語版を最近追加いたしました。そのすべての詳細については、こちら の投稿をご覧ください。

こちら よりマーケティング分野のVMware 学習プログラムの詳細をご確認ください。このプログラムでは、Partner Demand Center を使用した市場開拓およびパイプライン構築の方法、VMware との共同ブランド化の方法、開発資金プログラムの活用方法(対象者のみ)、およびIgnite ActivationとIgnite Momentum プログラムのマーケティング要件に関する知識向上のためのリソースを提供します。PDC トレーニングWeb セミナーと、 まもなく提供されるvmLIVE セッションもあわせてご覧ください。
次の2つの新しいキャンペーンをご確認ください。

  • HCI デマンドジェネレーションキャンペーン:HCI キャンペーンによるデータセンターのモダナイゼーションにより、パートナー様は、お客様と見込み客が、仮想化からハイパーコンバージドインフラストラクチャやハイブリッドクラウドへの移行を迅速に行えるように支援できます。
  • VMware NSX Advanced Load Balancer キャンペーン:新しいソーシャルキットとWeb バナーにより、パートナー様は、お客様がVMware の高度なロードバランシングを利用して、迅速性、拡張性、安全性を備えたアプリケーションエクスペリエンスを実現できるように支援できます。

 
コミュニケーションの同意を得るための新しい Partner Preference Center

絶えず改善を進めているプライバシー規制では、VMware が個人の同意を得て処理を行う方法に重点が置かれています。今月、OneTrust 上に新しい VMware Partner Preference Center が開設されました。これにより、単一のプラットフォームで、複数のエントリポイントにわたってマーケティングコミュニケーションの設定を選択/変更し、データの使用方法を制御および可視化できるようになります。この新しいPartner Preference Center には、いつでも Partner Connect プロファイル からアクセスし、次の情報を共有/検証できます。

  • パートナー様がこれらのマーケティングコミュニケーションを受け取る方法。
  • 最新のパートナーサービスと知識向上サービス、デマンドジェネレーション活動、今後のパートナー向けの戦略的イベント/活動に関する最新情報を受け取るうえでの、マーケティングコミュニケーションのタイプ。
  • これらのマーケティングコミュニケーションを調整する必要がある地域。

ニュース

 
VMwareが 「2021 Google Cloud Technology Partner of the Year」(インフラストラクチャモダナイゼーション部門)を受賞

VMware は、Google Cloud エコシステムの一員として、双方の顧客企業がクラウド変革を促進できるように支援してきた実績が評価されました。VMware とGoogle Cloud は協力して、小売、通信、製造などの業界にわたるお客様がGoogle Cloud VMware Engineを使用してエンタープライズアプリケーション向けのクラウドモダナイゼーションイニシアティブを促進できるようにサポートしています。こちら のブログより詳細情報をお読みください。

 
Power of Partnership:最近の投稿

 
最新情報の入手

ニュース、ベストプラクティス、ヒントを見逃さないよう、LinkedIn, Twitter, Facebook で VMware のパートナー様向けソーシャルメディアチャネルをフォローしてください。また、VMware のパートナーシップの展望ポッドキャストパートナー様向けニュースのブログを随時ご確認ください。

1541364_NL_July