本メールは、VMware Webサイトからの製品・資料ダウンロードやイベントにご参加いただいた方にお送りしています。
配信停止は末尾をご覧ください。
閲覧に問題がある場合は オンライン版をご覧ください In case of garbled, please see Here.

VMWare Cloud Provider Program Newsletter

HOT TOPIC

 
VMware Explore 2022 US | 8月29日〜9月1日

マルチクラウドに関するセッション、アクティビティおよびプログラムを多数ご用意しております。パスは複数の種類をご用意しておりますので、ご都合に合ったものをお選びください。
さまざまなセッションにおいて SME(対象分野の専門家)から、社内のマルチクラウドの課題を解決してネットワーク環境の拡大を進めるうえでのアドバイスを得られます。パートナー様限定セッションでは、パートナー様の投資効果を最大限に高めるために進めているPartner Connect プログラムおよびエクスペリエンス [PAR2810US]の提供方法の変革など、パートナー様に提供される新たな機会についてご紹介します。
本年の開催場所となるモスコーニセンター北館上階に設置されるパートナーラウンジをご活用ください。

  • シアターではパートナー様限定セッションにご参加いただけます。
  • 「情報」ステーションでは、パートナープログラムについてエキスパートから直接話を聞くことができます。
  • ほかの参加者の方々と談話を楽しみながら、休憩を取っていただけます。

旧知のお知り合いと久しぶりに直接会えるだけでなく、人脈をさらに拡大できる VMware Explore 2022US への参加登録をぜひご検討ください。

 
第53回 What’s New in VMware Cloud Director 10.4

開催日時:8月25日(木)14:00~15:00

【参加URL】※事前登録制です
https://japanevents.vmware.com/seminar/detail/1293

【概要】
7月14日(PDT)に VMware Cloud Director の最新版となる 10.4 がリリースされました。本リリースにてネットワーク機能やストレージ機能、カタログ機能など、様々な機能のアップデートが実施されております。
本セッションでは VCD 10.4 の機能アップデートに加え、"第42回 VMware VCPP Monthly Webinar : What’s New in VMware Cloud Director 10.3" 以降に実装された主要機能(VCD 10.3.1,10.3.2, 10.3.3) も併せてご紹介させていただきます。

【スピーカー】
ヴイエムウェア株式会社 クラウドサービス技術本部
クラウドパートナーSA部 部長 重野 幸一

 
【アーカイブのご案内】 第52回プロダクトウェビナー

Partner Connectにて、ウェビナーの録音と当日の講演資料をまとめてダウンロードできます。

第52回 VMware Cloud Director Availability のご紹介
https://vmstarcommunity.force.com/partnerconnect/s/contentdocument/0692H000009MMFk

こちらの「VMware Cloud Provider Monthly Webinarバックナンバー」から過去すべてのアーカイブをダウンロードいただけます。

 
2022年第三四半期のVMware Cloud Provider プログラム

プロダクト利用ガイドを下記に掲載しておりますので、ご活用ください。

【ダウンロードはこちら▼】※Partner Connect へのログインが必要です
https://vmstarcommunity.force.com/partnerconnect/s/contentdocument/0692H000009MPsG

Partner Central
ご利用はこちら ▷

弊社のパートナー様向けコンテンツはSalesforce.comベースの専用ポータル Partner Central にてご提供しております。ログイン画面が表示された場合は Partner Central のIDとパスワードをご利用ください。

VMware Cloud
ご利用はこちら ▷

クラウドパートナー様向け
アセットページ
ご利用はこちら ▷

VMware Partner Connect 最新情報

Partner Connect 情報まとめ/パートナー資料館 >

Partner Connect ハイライト(2019年第3四半期版)日本語版 >

Partner Connect_Transition Dashboard 確認方法 >

Partner Connect FAQ_日本語版(2019年8月版) >

VMware トレーニング

各種トレーニングスケジュールは
こちら

トレーニングに関するお問い合わせ

コース予定や内容、オンサイトトレーニングに関するお問合せは 教育部宛にお問合せください。

VMware FY23 カレンダー

・Q1 2022/01/29-2022/4/29

・ Q2 2022/04/30-2022/07/29

・ Q3 2022/07/30-2022/10/28

・ Q4 2022/10/29-2023/01/27

セールス

 
価格設定の全般的な見直しを 8 月に実施

通常のビジネス戦略の⼀環として、VMware では、⾃社の製品とサービスの価格体系に実際の価値が正確に反映されるよう価格を継続的に⾒直しております。
VMware ソリューションの優れた投資回収率をお客様が確実に得られるようにしながら、可能な限り価格の変動を抑え、予測の範囲を超えて価格が変動しないようにすることが、VMware の最優先事項です。
⼀⽅で、価格体系の確⽴と維持にあたっては、インフレ、サービスおよび製品サポートに関連するコスト、為替レートを考慮に⼊れております。昨今のインフレの加速を受け、VMware では⼀部の製品/サービスの価格改定を実施いたします。

2022年8⽉4⽇に、以下の価格設定の⾒直しが⾏われます。

  • 無期限ライセンスの SDDC ソフトウェア(vSphere Enterprise Plus、vSphere Standard、vSAN、NSX、vRealize)およびこれらの製品を含む関連バンドル/パッケージの価格が 10% 引き上げられます。
  • エンドユーザー コンピューティング(EUC)製品では、通貨為替レートの変化を反映した追加の価格改定が次のように実施されます。
    • ⽇本円で取り引きされる EUC サービスの価格引き上げ
    • 豪ドル、ユーロ、英ポンドで取り引きされる EUC サービスのレート調整
      • 直販および再販:影響する SKU の変更とあわせて、豪ドル、ユーロ、英ポンド、⽇本円の通貨を調整(すべてのサービスで予定通り 2022年8⽉4⽇より実施)。価格に関する最新情報については担当ディストリビュータにご確認ください。
      • MSP:影響する SKU の変更とあわせて、豪ドル、ユーロ、英ポンド、⽇本円の通貨を調整(9⽉4⽇より実施)。
      • ⽶ドルと⼈⺠元では価格変更がありません。

  • 提供終了(EOA)となる EUC 製品として、Workspace ONE Express、Workspace ONE Express Plus、Workspace ONE Telecom アドオン、Horizon IBM Capacity、Horizon Cloud Starter Edition、下位エディションからWorkspace ONE Enterprise with Horizon Universal(すでに提供終了)へのサブスクリプション アップグレードがあります。提供終了⽇については、最新の価格表をご覧いただくか、VMware セールス担当者までお問い合わせください。
  • EUC のお客様は、こちらのKB記事でも詳細をご確認いただけます。

さらに、2022年10⽉の使⽤状況レポート(2022年11⽉請求分)から、クラウド プロバイダー向けのFlex ライセンス レンタル モデル内の Flex Core サービスが 7 ポイントから 7.7 ポイントに上がります。予定されているこの調整の内容は、製品使⽤ガイドに反映されています。

今回の価格の⾒直しは、VMware の業務の⼀環であり、インフレや⼀般的な市場状況だけでなく、VMwareのサブスクリプションや SaaSサービスなど、お客様の新たなニーズに投資しながら、お客様に最⾼の価値を提供するというVMwareのコミットメントを考慮に⼊れて⾏われるものです。

 
履歴ビュートラッカーを新たにリリース

パートナー様の収益性の⾼い技能の強化に役⽴つ、履歴ビュートラッカーが Partner Connect ポータルの [Business Insights] タブでご利⽤いただけるようになりました(当初はプリンシパルパートナー様とアドバンストパートナー様向けにリリース)。パートナーレベルのパートナー様は8⽉17 ⽇よりご利⽤いただけます。フォーキャストビューと案件⾒積もりツールは、近⽇リリース予定となっております。詳細は以下のリソースをご覧ください。

 
VCD10.3とNSX-T3.1によるマルチサイトテナントネットワークアーキテクチャ

テナントごとに複数の拠点に複数のアセットが分散している場合、複雑なテナントのルーティングとネットワークに要する管理オーバーヘッドを削減することがクラウドプロバイダーに求められます。詳細については、こちらをご覧ください。

 
VMware Cloud Director による、サービスとしてのオブジェクトストレージマルチサイトアーキテクチャ

拠点ごとに専⽤のクラウドプラットフォームとオブジェクトストレージインフラストラクチャがある場合に、複数の拠点からオブジェクトストレージサービスを管理する⽅法については、こちらからご確認いただけます。

 
グローバルなロードバランシングを備えたVMware Cloud Directorのマルチサイトアーキテクチャ

クラウドプロバイダーのテナントには、複数の拠点に分散しているリソースを管理するための単⼀の管理画⾯が必要です。複数の拠点にクラウドプラットフォームを構築し、拠点ごとに専⽤のクラウド管理プラットフォームとパフォーマンスに優れた単⼀の管理画⾯を⽤意する⽅法について、こちらからご確認いただけます。

 
提供開始:Cloud Director 10.4

さまざまな最新情報と機能強化についてはこちらのデータシートをご覧ください。収益化が以前よりもはるかに容易になった NSX Advanced Load Balancer のシンプルなライセンス モデルのほかにも、さまざまな機能強化や最新情報がこのデータシートに記載されています。

 
VMware Tanzu Application Platform および Tanzu Data Services ポートフォリオの提供を開始

Tanzu Application Platform と Tanzu Data Services で開発者の⽣産性を向上させ、アプリケーションのモダナイゼーション ライフサイクルを加速させる⽅法をこちらからご覧いただけます。

 
提供開始:SASE ROI 計算ツール

Forrester Consulting が⾃社の調査レポートである『The Total Economic Impact of VMware SASE』をベースにVMware SASE⽤のROI計算ツールを開発しました。このツールでは、従業員数や拠点の数などのデータ、および MPLSとVPNSにおいて現在かかっている費⽤を⼊⼒します。その結果として、インフラストラクチャ、削減される管理時間、⽣産性の向上率、侵害リスクの低下率などの要素を考慮に⼊れた、可能なROIを⽰すカスタマイズ レポートが⽣成されます。

 
VMwareがSPARK Matrix でゼロトラストネットワークセキュリティ(ZTNS)ソリューションのリーダーとして選出される

Quadrant Knowledge Solutions による 2022 SPARK Matrix において、VMware がゼロトラストネットワークセキュリティ(ZTNS)のリーダーに選出されました。競合他社と市場の現状を分析したこちらのレポートでは、VMware Secure Access がクラス内でトップと結論付けられています。

 
Six Degrees、耐障害性、安全性、効率性に優れたマネージド サービスをクライアントに提供

Six Degreesがマルチテナント型のスケーラブルなプラットフォームを展開することで仮想データセンターリソースのプール化を実現しつつ、VMware Cloud Directorで運⽤効率の向上を促進させた⽅法については、こちらのお客様事例をご覧ください。

 
お客様事例:iland、設備投資コストの75%削減を達成

iland は VMware NSX Advanced でオペレーションとコスト算出モデルを簡素化しました。iland が VMware NSX Advanced と分散ファイアウォールを使⽤して、数⽇かかっていたサービス時間を1分未満に短縮し、俊敏性とスケーラビリティを向上させた事例については、こちらからご覧ください。

 
複雑なマルチクラウド環境をシンプルにするためのアプローチ

Terraform on VMware Cloud Director によって、ほかの Infrastructure-as-Code フレームワークと同じレベルの柔軟性が得られるマルチクラウド環境の実現に向けた Arvato System のアプローチがどのように簡素化されたか、その事例をこちらからご覧いただけます。

イネーブルメント

 
[VMware Learning] 注目の有償トレーニング情報

MSPサービスとしてもVMwareのセキュリティ戦略の重要な位置付けとなる、Carbon Black Cloud を学ぶトレーニングに新コースが誕生!

コース名:VMware Carbon Black Cloud: Advanced Operations and Troubleshooting
コース日数:2日間
ご受講費用:$1,850 もしくは19クレジット
* VMwareパートナー企業所属の方は、ご契約に応じた割引が適用されます
開催日程:10/13(木) - 10/14(金)
コース概要:VMware Carbon Black Cloudと他のサードパーティコンポーネントの統合、APIとSDKの活用による製品および自社運用の自動化について学習いただくコースです。

全コーススケジュール : https://www.vmware.com/jp/jpedu_classroom.html
お問合せ/ お申込み:japan-education@vmware.com

 
近⽇中に多要素認証をPartner Connectポータルに導⼊

Partner Connect ポータルへのアクセス時に期限付きのワンタイム パスワードを⽣成するサードパーティ認証アプリ(Salesforce、Google、Microsoft など)のダウンロードを、近⽇中にすべてのパートナー様に⾏っていただく予定にしております。

  • 多要素認証は、ポータルへのログイン時に 2つ以上の要素を提供して本⼈確認を⾏うことがユーザーにとって必須となる、安全な認証⽅法です。
  • 多要素認証では、ユーザー アクセスを複数の種類の要素に紐づけることで、フィッシング攻撃や⼝座乗っ取りなどの⼀般的な脅威が成功をおさめることを難しくしています。


多要素認証への対応準備として、以下のことを⾏っていただきますようお願いいたします。



ユーザーガイドのポータルへのログインに関する記載にご不明な点がある場合は、Partner Connect サポートチームまでメールでお問い合わせください。

 
SD-WAN 暫定マスターサービスコンピテンシー(MSC)の提供を開始

こちらのプログラムでは、短期間で最上位の SD-WAN パートナーになるための暫定 SD-WAN MSC を獲得することで、MSCの要件を満たしながら、カスタマーライフサイクルインセンティブを得ることができます。

 
新コース:VMware Cloud DirectorとTanzu Kubernetes Gridの統合

こちらの⾃習型トレーニング コースでは、サービス プロバイダー環境で VMware Cloud Director v10.3.x を使⽤して VMware Tanzu Kubernetes Grid を構成、管理する⽅法を解説しています。

 
マネージド サービス プロバイダー向けの Tanzu Mission Control

Tanzu Mission Control は Kubernetes のあらゆるニーズに対応した統合管理プラットフォームです。Tanzu Mission Control は、Kubernetes 環境全体でセキュリティとコンプライアンスを効率的に管理するうえで威⼒を発揮します。

 
今すぐ視聴:マルチクラウドの説明会(7 ⽉)

VMware のビジネスリーダーであるトム・ギリス(Tom Gillis)、アンビカ・カプール(Ambika Kapur)、クリス・クルーゲル(Chris Kruegel)、ヴィットリオ・ヴィアレンゴ(Vittorio Viarengo)が、SANS Institute、LIQ、Booz Allen Hamilton の業界エキスパートとともに、マルチクラウド業界におけるエンタープライズ セキュリティの⾒直しについて話し合います。 説明会の様⼦はこちらからご覧いただけます。

 
VMware パートナーシップの展望ポッドキャスト

デジタル時代においてビジネスを前進させるためのトレンド、トピック、戦略について紹介している、最新のポッドキャストエピソードをぜひご覧ください。⾃社の課題、成功事例、将来に対処するための戦略について、世界各国のテクノロジーとビジネスを担当する経営陣(VMware の経営陣を含む)の皆様からお話を聞くことができます。ポッドキャストのフォローと登録はこちらから⾏っていただけます。

 
基礎コースの要件を満たすためのオプションを MSPに提供開始

新たなクラウドプロバイダーパートナー様向けに、基礎コースの要件を満たすためのオプションとしてVOP-MSP基礎トレーニングの提供を開始しました。MSP に目標を絞っている新規のパートナー様は、以下のいずれかのトレーニングコースを受講していただくことで、VMware Cloud 運用関連のタスクと自社のSaaS ベースのマネージドサービス製品を管理するうえで欠かせないツールを活用していただけるようになります。

  • VOP-CP(ホスティング/マネージドサービス)トレーニング(契約を締結)
  • VOP-MSPトレーニング(SaaS ベースのマネージドサービス製品を取り扱うための契約を締結)

 
Partner Demand Center の最新情報(8月)

こちらのブログ投稿では、Partner Demand Centerの最新情報、最近公開されたキャンペーン、ワークショップ、キットについてご紹介しています。いずれも複数の言語で提供されており、VMware を利用したクラウドジャーニーの加速、クラウドネイティブアプリケーションの構築、ハイブリッド型ワークスタイルの安全な推進にお役立ていただけます。VMware のマーケティングでは3 つのコアとなる戦略的優先事項に力を入れています。また、今回ご紹介した新たなパートナーリソースキットは、VMware の市場開拓プレイシステム(GPS)、プレイ、市場の要因の理解にお役立ていただけます。



キットのソリューションガイドをご覧いただくことで、各VMware ソリューションの価値を明確にご理解いただけます。各ガイドは、3つの戦略、およびお客様とパートナー様のバリューチェーンをまとめてご覧いただける形式をとっています。Velocity Play キャンペーンを通じてパートナー様が成果を達成できるよう、VMware では戦略的優先事項マーケティングキャンペーンで皆様を導いてまいります。 Partner Demand Center をフル活用する方法についてご興味をお持ちの場合は、今後予定されているWeb セミナーか毎月開催されるオフィスアワーにご参加ください。ご質問がある場合は、helpdeskplus@vmware.comまでお問い合わせください。

ニュース

 
VMware Explore 2022 Europe | 11⽉7⽇〜10⽇

マルチクラウドイベント「VMware Explore 2022 Europe」がバルセロナで開催されます。ご興味のある⽅はぜひこちらから参加登録をお願いいたします。パスは複数の種類のなかからお選びいただけます。コンテンツカタログがすでに公開されており、パートナー様限定セッションをはじめとして、新たなセッションが毎週追加されています。

 
Rackspace Technology:カスタマーエクスペリエンスへのこだわり

Rackspace Technology にとってマルチクラウドはビジネスそのものです。同社では、インフラストラクチャだけではなく、顧客に⻑期的な成果をもたらすことに注⼒しています。こうした哲学が VMware との理想的なパートナーシップにつながっています。詳細については、こちらをご覧ください。

 
Power of Partnership:最近の投稿

1602299_NL_AUG