本メールは、VMware Webサイトからの製品・資料ダウンロードやイベントにご参加いただいた方にお送りしています。
配信停止は末尾をご覧ください。
閲覧に問題がある場合は、 オンライン版をご覧ください In case of garbled, please see Here.

VMWare Cloud Provider Program Newsletter
HOT TOPIC
VMworld 2021 | 10 月 5 〜 7 日 | 世界中からオンラインで

VMworld 2021 は、皆様が変化を歓迎できる世界、すなわち多機能ながらも複雑性が排除され、自動化の増大によりオーバーヘッドが縮小され、選択肢が増えて妥協の必要がなくなった世界の実現を目指して開催されます。
今すぐ登録して、皆様のお客様、VMware の経営陣、業界のリーダー、各分野で第一人者として活躍している専門家の方々とともに、この 48 時間のイベントにご参加ください。必ず皆様のお役に立つと存じます。

  • 南北アメリカ地域 | 10 月 5 〜 6 日
  • アジア太平洋地域 | 10 月 6 〜 7 日
  • ヨーロッパ、中東、アフリカ地域(EMEA)| 10 月 6 〜 7 日
ぜひコンテンツカタログにログインして、パートナー専用のセッションをご視聴ください(そしてお気に入りに登録してください)。パートナーゼネラルセッションに、弊社 CEO のラグー・ラグラム(Raghu Raghuram)とワールドワイドパートナーおよびコマーシャル担当上級副社⻑のサンディ・ホーガン(Sandy Hogan)が登壇します。また、エミー賞受賞俳優であり、作家であり、患者支援活動家でもある Michael J. Fox 氏の談話風のセッションも見逃がせません

「Cloud ナレッジ」 マルチクラウド時代のパートナー最新情報をお届けするポータルサイト

●今こそ取り組む「デジタルビジネスのためのクラウド基盤」
https://jp.cloudknowledge.vmware.com/resource/resource-350/?post_id=350

●働き方改革とITコスト軽減を実現!
https://jp.cloudknowledge.vmware.com/resource/resource-1385/?post_id=1385

●フローチャートでわかりやすい 「クラウド移行ガイド」
https://jp.cloudknowledge.vmware.com/resource/resource-295/?post_id=295

●従来のアンチウイルスでは不十分!? 中堅中小企業にも最適なセキュリティ製品とは?
https://jp.cloudknowledge.vmware.com/resource/resource-373/?post_id=373

【第43回ウェビナーのご案内】 VCPP Monthly Webinar: VMware Cloud Director service (CDs) アップデート

開催日時: 2021年9月22日(水)14:00~15:00
スピーカー:
ヴイエムウェア株式会社 クラウドサービス技術統括部
シニアクラウドソリューションアーキテクト 金子 真人

【概要】
2020年10月にGAとなったVMware Cloud Director service(CDS)ですが、昨年7月のVCPP Monthly Webinarで最初にご紹介してから1年が経ちます。この1年でCDSのベースとなっているvCDも進化し、日本でもCDSを利用した
サービス提供がアナウンスされております。そんなCDSのUpdate情報をお伝えするとともに、サービス化の際の注意点などをご紹介します。

【アジェンダ】
1. VMware Cloud Director service おさらい
2. VMware Cloud Director service Update
3. サービス化の進め方と注意点
4. Q&A

【参加URL】※事前登録制
https://VMware.zoom.us/webinar/register/WN_Zu8pdYsJSbGHTSN6YX27cw

【アーカイブのご案内】第42回プロダクトウェビナー

Partner Connectにて、ウェビナーの録音と当日の講演資料をまとめてダウンロードできます。

第42回What's new in VMware Cloud Director 10.3
https://vmstarcommunity.force.com/partnerconnect/s/contentdocument/0692H000007kdGp

こちらの「VCPP Monthly Webinarバックナンバー」から過去すべてのアーカイブをダウンロードいただけます。

2021年09月号
Partner Central ご利用はこちら

弊社のパートナー様向けコンテンツはSalesforce.comベースの専用ポータル Partner Central にてご提供しております。ログイン画面が表示された場合は Partner Central のIDとパスワードをご利用ください。

VMware Cloud ご利用はこちら
クラウドパートナー様向けアセットページ ご利用はこちら

VMware Partner Connect最新情報

Partner Connect 情報まとめ/パートナー資料館 >

Partner Connect 説明会(2019年10月18日開催)の動画とQ&A >

Partner Connect 説明会資料 >

Partner Connect ハイライト(2019年第3四半期版)日本語版 >

Partner Connect_Transition Dashboard 確認方法 >

Partner Connect FAQ_日本語版(2019年8月版) >

VMware トレーニング

各種トレーニングスケジュールは
こちら

トレーニングに関するお問い合わせ

コース予定や内容、オンサイトトレーニングに関するお問合せは 教育部宛にお問合せください。

VMware FY22 カレンダー

・Q1 2021/01/30-2021/4/30

・ Q2 2021/05/01-2021/07/30

・ Q3 2021/07/31-2021/10/29

・ Q4 2021/10/30-2021/01/28

VCPP関連最新コンテンツ

ビデオ: Episode 50 - VMware Cloud Director Autoscaling
ブログ: VMware Cloud Director Assignable Storage Policies to Entity Types
資料: VMware Cloud Provider Lifecycle Manager Deployment Guide
ブログ: Feature Friday Episode 50 - Autoscaling for VMware Cloud Director 10.2
デモ : Deploy VMware Cloud Director using VMware Cloud Provider Lifecycle Manager
デモ: VMware Cloud Verified Application Process

過去のコンテンツはこちらの「最新コンテンツ(英語)」からご覧いただけます。

セールス

VMware Cloud on AWS(およびモダンアプリケーション)の新機能

• モダンアプリケーションに関連して、パートナー各社の IT 管理者の皆様は、こちらの投稿の「次のステップ」セクションにあるリンクからビデオをご覧ください。皆様のスキルセットの高め方や、Kubernetes ワークロード用に VMware Cloud on AWS を活用する方法をご紹介しています。

以下のよくある質問に答える 5 本のビデオをご覧ください。
  ・VMware Cloud on AWS にホストの追加は必要?
  ・柔軟性の高い分散リソースで自動拡張?
  ・レジリエンスを確立?ハイブリッドリンク管理を導入?HCX を使って移行?

新しいエンドユーザー導入ハブが登場

お客様はこのページ 1 か所から、導入/変更管理により EUC プロジェクトから価値を創出する方法について理解を深めることができます。このページには、VMware の支援のもとで導入プログラムをセットアップし、ユーザーと効果的なコミュニケーションを図り、プロジェクト成功の度合いを測定するための最新リソースが用意されています。

Azure VMware Solution(AVS)キャンペーンキット

Microsoft は VMware と協力して Azure VMware Solution を開発し、既存の VMware アプリケーションを Azure に効率良く経済的に移行できるようにしました。パートナーの皆様がこのまたとない機会を活かして Azure VMware Solution をお客様にお届けできるよう、すぐに利用できる共同マーケティングアセットをこちらの市場開拓キャンペーンキットに揃えました。ソートリーダーシップからLinkedIn キャンペーンまで、皆様がお客様とさまざまな形でつながる際にお役立ていただけます。

VMware vRealize Automation 8.5 の一般公開開始

モダンなインフラストラクチャ自動化プラットフォーム、vRealize Automation 8.5 がクラウド体験をシンプルにします。最新の発表についてはこちらをご覧ください。

新規のお客様向け特別 EUC 価格キャンペーン

Workspace ONE および Horizon Subscription 製品向けに特別価格キャンペーンをご用意しました。この特別な割引をお客様にご案内して、柔軟なワークスタイルの導入を促してください。詳細については、こちらを参照してください。

マネージドサービスプロバイダーへの vRealize AWS の再販

Cloud Partner Navigator を使用して、VMware Cloud on AWS とアドオンサービス(vRealize LogInsight Cloud など)を Amazon Web Services から購入していただくことができます。AWS 経由でお取引いただいているパートナー様は、vRealize Automation Cloud、vRealize Operations Cloud、vRealize Network Insight Cloud など、VMware のマルチクラウドサービスも購入いただけます。これらのサービスを Cloud Partner Navigator からエンドカスタマー向けにプロビジョニングする方法については、こちらのアセットをお読みください。

2022 年度第 3 四半期 Partner Connect プログラムのヒントと最新リソース

  • Partner Connect プログラムの更新期限が数か月以内に迫っているパートナー様は、このプログラムのもとで取引と昇格の機会を維持するためにも、 Renewal Dashboard から今すぐ更新を行ってください。
  • 最近よくあるお問い合わせで、更新に関するヒント、主なプログラムツール、よくある質問への回答を参照いただけます。
  • Partner Connect プログラムガイドの最新版をご確認ください。

窓口担当者様およびコンプライアンス担当者様への注意事項:適正評価のためのアンケート(DDQ)を見逃さないようにご注意ください

DDQ の記入をお願いする E メールが届いた場合、それは VMware から送信された正当な E メールです。パートナーの皆様には、チャネルにおける企業倫理順守に向けた継続的努力の一環として、DDQへの回答または更新を協業継続の条件の 1 つとしてお願いしております。詳細については、こちらのFAQ をご覧ください。E メールに記載の期限までに DDQ にご回答いただけない場合は、パートナーコンプライアンスチームまでご連絡ください。

イネーブルメント
注目のトレーニングコース:担当講師からのおすすめポイントご紹介

VMware vSAN: Plan and Deploy [V7]
【コース名称:VMware Cloud on AWS: Deploy, Configure, Manage 2021】
コース日数:4日間
受講費用:$3,700 / 37クレジット
開催予定日:10/12 (火) - 10/15 (金)
受講形態:ライブオンライン (zoomを利用したオンライントレーニング)
コース概要:VMC on AWS インフラストラクチャを展開、管理するためのスキルを習得し、AWS を活用した vSphere ベースのアプリケーションの近代化、保護、拡張を実現する手法を学ぶコースです。


【コース名称:VMware Kubernetes Fundamentals and Cluster Operations】
コース日数:4日間
受講費用:$3,400 / 34クレジット
開催予定日:11/9 (火) - 11/12 (金)
受講形態:ライブオンライン (zoomを利用したオンライントレーニング)
コース概要:コンテナと Kubernetes の基礎及び、クラスタの操作について学ぶ最初の一歩です。コース通してコンテナと Kubernetes の基本的な概念を理解し、2 層のアプリケーションを Kubernetes にコンテナ化して展開する方法を習得します。

VMwareパートナーにはご契約に応じた割引が適用となります。

新しい Tanzu Partner ROI Calculator トレーニング

Tanzu Partner ROI Calculatorは、Tanzu ソリューションの構築に関心をお持ちのパートナー様向けに、Tanzu Basic、Standard、Advanced の販売、導入、継続的な管理サービスによる収益を予測して、複数年にわたる収益機会を明らかにします。
新しいビデオトレーニングを視聴し、ツールの概要を読むと、皆様のビジネスに合わせて計算機能をカスタマイズする方法をご理解いただけます。

VMware クラウドネイティブ MSC の要件が 2021 年 10 月 31 日から変更

クラウドネイティブスペシャリスト試験に代わって VCP-Application Modernization(VCP-AM)認定が始まります。クラウドネイティブマスターサービスコンピテンシー(MSC)の取得に関心をお持ちのパートナー様は、今後は新要件の修了を目指していただく必要があります。クラウドネイティブ MSC をすでに修了しているパートナー様の認定は引き続き有効です。詳細については、こちらのFAQ ドキュメントをお読みください。また、『Tanzu パートナーの価値提案とリソース』をご確認ください。

最近の VMware パートナーシップの展望ポッドキャスト

VMware のキャスリーン・タンディ(Kathleen Tandy)がホストを務めるポッドキャストの最近のエピソードは以下のとおりです。お聞き逃しのないよう今すぐ登録を。

919067_INV_Sep
VMware, Inc. 3401 Hillview Ave. Palo Alto CA 94304 USA Tel 1-877-486-9273

Copyright © {{my.Emailyearfooter}} VMware は、米国およびその他の地域における VMware, Inc. またはその子会社の登録商標または商標です。このメールに含まれる内容およびリンク情報は、指名された受取人のみを対象としており、別途指定のない限り第三者と共有してはなりません。

このメールは、過去に VMware のイベントへの参加、製品の購入や使用、ホワイト ペーパーのダウンロード、ニュースレターの配信登録など、お客様と VMware の以前のやり取りに基づいてお送りしています。VMware からの情報配信を希望されない場合は、VMware サブスクリプションページ からいつでも配信を停止できます。

または、お客様情報の更新、Eメール配信リクエストの管理などは Customer Connect にアクセスしてください。VMware におけるお客様の個人データの取り扱いについて、詳しくは VMware グローバル プライバシー ポリシー をご覧ください。

このメールは送信専用アドレスから配信されています。このメールに直接返信されてもご回答いたしかねますのでご了承ください。ご質問がある場合は こちら よりお問い合わせください。